2020年冬ドラマ

【10の秘密】最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想!10年前からすべて仕組んでいた由貴子?!

ドラマ「10の秘密」最終回(第10話)が2020年3月17日(火)に放送されました。

ここでは、「10の秘密」最終回(第10話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

由貴子(仲間由紀恵)が生きていると知った圭太(向井理)は…。

【10の秘密】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?カンテレ制作・フジテレビ系火9時の「10の秘密」は、サスペンスドラマです。 シングルファザーの主人公は突然愛娘を誘拐されてしまいま...

【10の秘密】最終回(第10話)のあらすじ(ネタバレ)

空港で由貴子(仲間由紀恵)を見たと警察に通報がありました。

圭太(向井理)は、由貴子と共謀しているのではないかと警察に疑われます。

一方母親が生きていることを知ってホッとした瞳(山田杏奈)は、以前の暮らしに戻りたいと願っていました。

今度こそ由貴子とけりを付けて、すべてを終わらせようと考える圭太。

もしかすると再び家に押し入られる可能性もあり、瞳を菜七子(仲里依紗)の実家に預けることにします。

その後、圭太は翼(松村北斗)と共に週刊誌の男性と会いました。

男性からは、「確実な証拠がないので、10年前のことは記事にできない。」と言われ、どうすればいいのか悩んだ末に竜二(渡部篤郎)に相談します。

竜二は社長(佐野史郎)のところを訪れ、自殺した社員が持っていた手帳とUSBを見せました。

燃やしたはずの手帳は、実は竜二が書き写したものだったことが判明し焦る社長。

会社を守るためにも社長が全部の罪を背負うべきだと竜二は告げます。

圭太や翼が昔の偽装建築についても嗅ぎまわっており、このままでは社長も自分も共倒れとなってしまうと強くうったえました。

その後、社長は偽装建築を公表し、そのタイミングで10年前のことを書いた週刊誌の記事も出されることとなりました。

由貴子のピンチ

その頃、瞳の跡を追う由貴子の姿がありました。

それを圭太の母親が見つけて声を掛けます。

圭太の母親は、由貴子の母親と一度だけ会ったことがありました。

「娘のことを頼みます。」と頭を下げた母親。

由貴子はずっと母親のことを憎んでいました。

そして疎遠となり、葬式にも顔を出さなかった由貴子。

以前、瞳に由貴子はひどいことを言ってわざと嫌われるような行動をとりました。

「それは本音ではなく、わざとでしょ…」と、圭太の母親は由貴子に問いかけます。

由貴子は「瞳には幸せになってほしい…」とつぶやき、そのやりとりを陰で瞳は聞いていました。

立ち去ろうとする由貴子に、瞳は「さようなら、お母さん!」と叫び、母親への気持ちにけりをつけることができるのでした。

由貴子は二本松と一緒に場所を転々としていましたが、警察がやってきます。

二本松はついに捕まり、金も押収されてしまいますが、由貴子は一人逃げのびていました。

夜になり、由貴子は圭太に連絡をしてパスポートを渡すよう要求します。

どうしても確かめたいことがあり、会いに行くことを決める圭太。

新たな人生

翌日、約束した場所に圭太は出かけます。

警察を気にしながらも現れた由貴子に、圭太は10年前の火事のことについて尋ねました。

10年前瞳がいなくなり、圭太と由貴子はそれぞれ分かれて探していました。

その時、偶然社長を見ていた由貴子。

彼女が帝東建設の顧問弁護士になれたのは、社長を脅したからです。

もし10年前に火事のことを警察に正直に言っておけば、由貴子と圭太の人生は大きく変わってたかもしれず、「自分が隠し事などしなければ…」と、圭太はショックを受けます。

すべてを知った圭太は、パスポートを地面に置きました。

警察には由貴子と会うことを知らせていない圭太。

楽しかった由貴子との思い出もあり、本気で彼女を憎むことができなかった圭太は、そのまま立ち去ろうとします。

すると「あなたとならば良い妻に、良い母親になれると思っていた…」と打ち明ける由貴子。

しかし、結局そのどちらも叶いませんでした。

由貴子は新たな人生を歩むためにパスポートを拾い、圭太の前から姿を消します。

その後、圭太は警察に偽装パスポート以外のことをすべて打ち明けました。

翼は社長から直接謝罪を受け、竜二は元の役職に戻ります。

再び働き始めた圭太と共に瞳は暮らし、元の生活をスタートさせる圭太たちがいました。

その頃、日本から出国して海外逃亡をはかる由貴子の姿が空港にありました。

由貴子にパスポートを渡した事実をこれからも秘密にして生きていく圭太でした。



スポンサーリンク

【10の秘密】最終回(第10話)の感想

圭太が追ってくるのが目障りで、どうせであれば彼の前で死んだことにすれば、すべてがうまくいくと思い船を爆発させた由貴子。

圭太が追ってくることを予想していたなんて、びっくりです…。

しかもダイバーまで雇って、自分は死んだことに偽装しようとした由貴子って、やっぱり怖すぎます。

そして、10年前の火事の時に由貴子はやっぱり現場にいた社長を見ていたんですね!

そのことで社長を脅して、顧問弁護士になるなんて恐ろしい…。

それでも娘への本当の気持ちを聞けてホッとしました。

瞳もこれでなんとか前に進みだし、すべてが吹っ切れた感じです!

翼も社長から謝罪があり心の整理ができたようで、これからは普通の青年として暮らせていけそうです。

このドラマを見て、秘密ってよくないとつくづく思いました。

何かを隠そうとすると、真実が見えなくなりどんどん嘘をつく形となって、絶対によくありません!

このことを教訓に、これからは秘密を持つことをやめようと思います。

しかし、またもや圭太は大きな秘密を抱え込んでしまいましたね…。

パスポートを手に入れた由貴子は、他人の人生をこれからは海外で送るようです。

彼女のことなのできっとうまくやっていけると思いますが、どうか犯罪だけは侵さないようにしてほしいです。

そうじゃないと、圭太と瞳がまた悲しむことになりますもんね。

最後までハラハラドキドキの展開だった「10の秘密」。

すべての秘密が明らかとなり、スッキリです!



スポンサーリンク

【10の秘密】最終回(第10話)の視聴者の声

まとめ

翼を演じた松村北斗さんに、毎回ドキドキさせられっぱなしでした!

イケメンで演技力も高く、しかもピアノ演奏も素敵でしたね♪

みなさん早くも翼ロスのようです…。

そして、悪女の由貴子にはとことん逃げて、生き延びてほしいと思います。

続編を期待する声も多いので、ぜひ第2弾を楽しみに待っています!