2020年冬ドラマ

【10の秘密】4話のあらすじネタバレと感想!由貴子の本性が怖すぎ!!

ドラマ「10の秘密」第4話が2020年2月4日(火)に放送されました。

ここでは、「10の秘密」第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

会社を首になった白河圭太(向井理)は、帝東建設社長(佐野史郎)を脅しにかかるのですが…。

【10の秘密】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?カンテレ制作・フジテレビ系火9時の「10の秘密」は、サスペンスドラマです。 シングルファザーの主人公は突然愛娘を誘拐されてしまいま...

【10の秘密】4話のあらすじ(ネタバレ)

帝東建設社長(佐野史郎)からいくらほしいのか聞かれた白河圭太(向井理)は、3000万円で取引したいと申し出ます。

すると社長から三万円渡されて、帰るよう促される圭太。

社長室から追い出された圭太に、竜二(渡部篤郎)は自殺した元社員の直筆の手帳とUSBがなくなっていること、そしてその両方を仙台由貴子(仲間由紀恵)が持っていることを話しました。

その頃、偽装のパスポートと大金を交換する由貴子がいました。

今度は手帳と引き換えに、会社から大金をゆすり取ろうと考える由貴子ですが、社長から電話がかってきます。

圭太が会社を脅したと知り、困惑する由貴子。

一方、会社を首になった圭太はハローワークに居ました。

その帰り、偶然石川菜七子(仲里依紗)と会った圭太は、会社を首になったことを伝えます。

圭太は「瞳(山田杏奈)には内緒にしておいてほしい。」と頼みますが、これ以上秘密を作るべきではないと考える菜七子。

菜七子は、瞳が母親と一緒に暮らしたがっていたことを伝え、それを聞いた圭太は複雑な顔をしました。

真犯人

その頃、瞳は翼(松村北斗)のいるジャズバーにいました。

翼に「10年前の秘密を父親から聞いた。」と伝えます。

すると「自分でもっと調べたほうがいいよ。」と言う翼。

しかし瞳は、これまで色々と相談に乗ってもらった礼を言うと、すぐにジャズバーを後にしました。

家に帰った瞳に圭太は由貴子の話をします。

瞳は母親と一緒に暮らしたいと考えていますが、圭太は首を縦に振りません。

圭太は改めて誘拐された日のことを尋ねます。

誘拐された日、由貴子の代理を名乗る男性から突然呼び出され、誘拐された瞳。

圭太は誘拐犯の顔を瞳から聞き出し、似顔絵を描きました。

そして完成した似顔絵を見ながら、誰が真犯人かを考える圭太。

似顔絵をもって由貴子の実家があった付近を探っていると、由貴子と知り合いの二本松という男性に似ていることが判明します。

その頃、由貴子は圭太の家に忍び込んでいました。

しかしそこへ圭太の母親が入ってきます。

母親は圭太と由貴子が復縁したと思い込み、すぐに圭太に電話をかけました。

電話を受けた圭太は、家に由貴子がいると知って急いで帰宅。

リビングには母親と談笑する由貴子の姿があり、圭太は拍子抜けします。

由貴子は圭太がデーターを持っているというのが、はったりだと見破っていました。

今後は、帝東建設を脅すような真似はするなと忠告する由貴子。

「そうでなければ、圭太が脅したことを警察にばらす。」と言います。

由貴子は会社の偽装行為を以前から知っていました。

そしてその事実を隠ぺいするために、ずっと手を貸していた由貴子。

自殺した社員に告発しないよう、由貴子が説得するはずでしたが、結局自殺されてしまいます。

次に会社に切り捨てられるのは自分で、命の危険もあると考え、手帳を持って逃げたと話す由貴子。

しかし会社に娘を誘拐されてしまい、データーを渡すことになったと説明しますが、圭太は「瞳を誘拐したのはお前だ!」と詰め寄ります。

「知らないほうがよかったのに…」と、あっさり認める由貴子。

「借金をチャラにして、せっかくスタートできると思っていたのに、圭太のせいで台無し」とも言い出します。

「瞳のためにも、母親が誘拐犯だと警察に突き出さないほうがいいのでは?」と話す由貴子に、圭太は「ふざけるな!」と殴ろうとします。

しかしその瞬間瞳が帰ってきました。

誘拐犯から自分を守ってくれた由貴子の言うことを信用し、完全に圭太のことは悪い父親だと勘違いする瞳。

10年前の真相

部屋に閉じこもっていた瞳は、「10年前のことを自分で調べてみようと思う…」と翼にメールをしました。

すると翼からすぐに連絡があり、「10年前の記事を調べたから、画像で送るよ。」と言われます。

翌朝、学校に行かずに「10年前の火事について、自分で調べる。」と家を出ようとする瞳。

この行動に焦った圭太は、これ以上は秘密にできないと考えこれまでずっと隠してきたことを打ち明けました。

会社を首になったこと、そしてお金をある人に10年間ずっと送り続けていることを打ち明ける圭太。

10年前に起きた火事で女性が一人死亡しており、その女性の子供にお金を送り続けてきました。

このことは、由貴子にも内緒にしています。

今度こそ嘘はないと言う圭太に、なぜ由貴子と言い争っていたのかと尋ねる瞳。

圭太は、母親が実は誘拐犯だと知ると瞳が落ち込むだろうと思い、またも秘密にしてしまいます。

「火事で女性を一人殺している自分を許せない…」と言って瞳は落ち込み、祖母のところから学校へ通うことになりました。

10年前、「隠し切れない秘密が一番罪深い。」と由貴子から言われたことを思い出す圭太でした。



スポンサーリンク

【10の秘密】4話の感想

ついに由貴子の化けの皮がはがれました!

母親が娘を誘拐するなんて、なんておぞましいのでしょうか…。

由貴子はいつからこんなに怖い性格になってしまったのか?

本人は、圭太と結婚する前からだと言っていましたが、本当のところはどうなんでしょうかね?

会社とグルになって不正を隠蔽しようとしていた由貴子は、すでに人を一人自殺に追い込んでいるわけで、どれだけ罪を犯せば気が済むのかと呆れてしまいます…。

こんな母親だとわかれば、瞳はどれだけ悲しむでしょうか。

圭太は瞳を守りたいがあまりとる行動がすべて空振り状態で、一つ嘘を付くとどんどん嘘が塗り重ねられて、気が付くととんでもなく大きな嘘となっていることがあります。

今回の10年前の火事のことも、名乗り出ておけば今のような状況にはなっていませんでした。

もっと言うなら、由貴子と離婚しなかったかもしれません。

嘘ってやっぱりよくないと、改めて感じます。

そして翼の正体ですが、火事で亡くなった女性の子供ではないかと思われます。

でもなぜ瞳と出会うことになったのでしょうか?

偶然でしょうか?

翼からすれば圭太も瞳も許せない相手で、今後瞳がそうとは知らずに彼に近づくとどうなるのかと不安になります。

そして大事な一人娘にも見放された圭太は、今後どうやって生活をして行くつもりなのか?

由貴子も新しい人生をスタートさせるつもりのようですが、今後の行動からも目が離せません!



スポンサーリンク

【10の秘密】4話の視聴者の声

まとめ

隠し通せない嘘と、隠し通す嘘のどちらが罪深いのですかね?

どちらにしても、由貴子はかなりヤバイ母親なことは間違いないです…。

次回は、瞳に頻繁に接触をはかる翼。

それを知った圭太が問い詰めると、翼がある告白をはじめ…。

第5話ではついに翼の秘密が明らかとなりそうです。

圭太が由貴子へ宣戦布告をするようで、ついに逆襲が始まります。

金も地位も娘も失った圭太の反撃が、楽しみです!



スポンサーリンク