2020年冬ドラマ

【10の秘密】9話のあらすじネタバレと感想!由貴子が生きていた?!

ドラマ「10の秘密」第9話が2020年3月10日(火)に放送されました。

ここでは、「10の秘密」第9話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

圭太(向井理)の目の前で、由貴子(仲間由紀恵)が乗った船が爆発し…。

【10の秘密】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?カンテレ制作・フジテレビ系火9時の「10の秘密」は、サスペンスドラマです。 シングルファザーの主人公は突然愛娘を誘拐されてしまいま...

【10の秘密】9話のあらすじ(ネタバレ)

由貴子(仲間由紀恵)の乗った船が爆発し、一週間がたちました。

由紀子の遺体は見つからず、彼女が生きているのか死んでいるのかすらわかりません。

しかし警察は生存している可能性はないと、捜索は打ち切られてしまいました。

事故ではなく事件の可能性があり、警察は圭太(向井理)を疑っています。

圭太は由貴子と連絡をとっていた竜二(渡部篤郎)が怪しいのではないかとにらみ、そのことを警察に伝えました。

一方、10年前の事件に竜二が関わっていると考えた翼(松村北斗)ですが、「その日は自分は沖縄にいた。」と言われなすすべのない翼。

10年も前のことを覚えていることを逆に怪しく思った圭太と翼で竜二に会いに行きます。

そして、10年前のことを問いただす圭太。

すると竜二が、10年前に社長(佐野史郎)からアリバイ工作を頼まれたと告白しました。

そしてその後、社長のところへ圭太と翼を連れて行く竜二。

社長は、翼の母親と不倫関係にあったことを打ち明けます。

ある時妻にばれてしまい、翼の母親に別れ話を持ち掛けました。

すると翼の母親は、不倫関係にあったことや秘密をばらすと社長を脅します。

しかし、金を渡して別れたと話す社長。

「階段から落ちて、そのまま火事に巻き込まれて死んだんだろう。かわいそうに…」と、自分は関係ないと言い切ります。

10年前の証拠など何も残っておらず、社長が本当のことを言っているのか嘘をついているのかもわかりません。

しかし、圭太たちには一つだけわかったことがありました。

それは、10年前に社長に関わる重大な秘密があったということです。

そのことを竜二に伝え、彼も協力して一緒にその秘密を探ることにしました。

そしてついに、竜二はその秘密を見つけ圭太に報告します。

コストダウンを狙った違法建築を昔から行っていた社長。

圭太はその当時の下請け業者に会いに行き、業者の男性に問いただすとあっさりと違法建築だと認めました。

それも社長の指示だったと話す男性。

社長の過去

警察に呼ばれた竜二は、由貴子について尋ねられます。

「社長の指示で由貴子と会っていた。」と、警察に話す竜二。

その後、警察が社長のところへもやって来ます。

うまく警察を騙し帰ってもらう社長ですが、そこへ圭太と翼が再びやって来ました。

10年前、母親は指がうまく動かなくなる病気に侵されていたことを突き止めた翼。

ピアニストにとって、指は命です。

子どももいて、金に困っていた母親。

「そんな時に社長に別れを告げられて、母は困っただろう…」と翼は話します。

ただ、真実を知りたいと訴える翼。

すると、ついに社長は10年前のことを話し始めました。

金を渡して別れようとする社長に翼の母親がすがりつき、社長が振り払ったとたんに運悪く彼女は頭を打ってしまいます。

ふと社長が外を見ると、火が見えました。

怖くなった社長はそのまま一人で逃げ出します。

「お気の毒に…」のひところで済ませようとする社長。

切れて殴りかかろうとする翼を圭太が必死で止めます。

社長室を出ても怒りのおさまらない翼ですが、社長との会話をすべて録音していました。

今度こそ、マスコミにその情報を流して社長を社会的に抹殺しようと考えます。

すると、社長から圭太の携帯に電話がありました。

パスポートを探して

菜七子(仲里依紗)が家に帰ると瞳(山田杏奈)の姿はありません。

新聞で由貴子が乗った船が爆発したことを知った瞳は一人落ち込みます。

一方、社長に呼ばれた圭太は、社長から金を用意すると約束されました。

しかし圭太は、取引には応じられないと断ります。

圭太は、ずっと疑問に思っていたことを社長にぶつけます。

それは、由貴子を殺したのは社長ではないかということです。

すると、「君は何もわかっていない…」と話す社長。

偽装建築について隠し通そうとしたのは由貴子だと社長は告げます。

「私は彼女のことを恐れていた…」と言い、10年前のことについても話し始める社長。

一方その頃、瞳は菜七子と一緒に自分の家に帰ろうとしていました。

しかし家の鍵が開いており、不審に思った菜七子が先に家に入ります。

そこには由貴子といつも行動を共にしていた二本松がおり、ナイフで菜七子は襲い掛かられます。

しかし何とか無事だった菜七子と瞳。

連絡を受けた圭太は急いで家に帰ります。

二本松が家の中を探っていたことで、由紀子が生きている可能性を感じる圭太。

その頃、二本松はパスポートを取り返すことができなかったと由貴子に報告していました。

パスポートがないと金を引き出せない由貴子は焦ります。

一方圭太は、どうしても確かめたい10年前の疑問があり、もう一度だけどうしても由貴子に会いたいと願うのでした。



スポンサーリンク

【10の秘密】9話の感想

船が爆発したにもかかわらず、やっぱり由貴子は生きていましたね。

前回の様子では、ぜったいに由貴子は亡くなったと思っていたのですがね…。

なんともしぶとい女です。

そして、10年前の翼の母親殺しの犯人がついに判明しました!

竜二が怪しかったのですが、愛人関係にあった社長が犯人でしたね。

もし社長がすぐに救急車を呼んでいれば、きっと助かっていたのに…。

最低な男です!

圭太に脅しをかけて、金でなんとか買収しようとする社長。

以前の圭太であれば金に目がくらんですぐに録音したものを渡していたでしょうが、もう昔とは違います。

娘のために、かっこ悪くてもまっとうに生きようと考える圭太。

その姿をきっと瞳も待っていたと思います。

だからこそ、再び父親と一緒に暮らすことを決めた瞳が家に帰ってきました。

これでようやく、以前の暮らしに一歩近づくことができそうですね。

しかしそんな時に二本松が由貴子のパスポートを盗むために家に侵入し、またまた怖い思いをした瞳。

どれだけ娘を危ない目に合わせれば、由貴子は気が済むのでしょうか…。

菜七子が空手をしていて本当に助かりました。

10年前の火事ですが、もしかすると由貴子も関わっていた?可能性があり、これはまったく予想外でどうなるのか先が読めません。

そして、由貴子と二本松が一緒にいる姿を一人の男性がじっと見ていましたね。

彼はいったい誰?

社長を社会的に抹殺するためにマスコミに売り込んだ圭太たちですが、この話はどうなるのか?

まだまだ謎だらけで、最終回も見逃せません!



スポンサーリンク

【10の秘密】9話の視聴者の声

まとめ

船の爆発は、やはり由貴子の自作自演だったのですかね?

恐ろしい女です。

次回は何と最終回!

これまで謎だったことが、すべて明らかとなります。

警察の手がのび八方塞がりとなった由貴子は、圭太に接触をはかります。

そして、彼女に問いただしたいことのある圭太はパスポートをもって指定された場所へ向かうのですが…。

最後には衝撃の展開が待っているようで、次回の最終回も楽しみです!