2018年秋ドラマ

中学聖日記 11話(最終回)のあらすじと感想評判「結ばれた2人」

スポンサーリンク



ドラマ「中学聖日記」第11話(最終回)が2018年12月18日(火)に放送されました。

ここでは、「中学聖日記」第11話(最終回)のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

10話は末永聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)が思いを確かめ合っているところに警察が二人のもとにやってきたところで終わりました。

今回が最終話。どのような結末を迎えるのでしょうか。

中学聖日記 11話(最終回) あらすじ

末永聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)が2人で会っていたところに警察がやってきて2人は警察で事情聴取をされます。

聖に未成年者誘拐の疑いがあるとのこと。黒岩愛子(夏川結衣)が警察に通報したのです。

晶は自分が聖を連れ出したと主張しますが、未成年だから認められないと言われてしまいます。

警察には愛子と上布茂(マキタスポーツ)が迎えに来ていました。

愛子は大学で晶が聖を引っ張っていったところを見ていたのです。そして、晶から携帯を取り上げて聖の連絡先を消します。

そして、警察から解放された聖のもとに行き、明日1時に指定する場所に来てほしいと言い去っていきます。

警察から自宅に帰った聖のもとに、母の末永里美(中嶋朋子)が訪ねてきます。

里美は「もうあなたのことは信じられない。これからは1人でやっていきなさい。」と言い帰っていきます。

翌日、聖は愛子から指定された場所へ行くと、そこには弁護士がいました。弁護士から示談にする代わりに、今後一切晶に近づかないようにという誓約書を1週間以内に提出するようにと言われます。

聖が自宅に戻ると、家の前には丹羽千鶴(友近)が待っていました。千鶴は学校に残っていた聖の私物を持ってきました。

そして、聖に励ましの言葉を帰っていきます。

川合勝太郎(町田啓太)から聖と晶が警察沙汰を起こしたことを聞いた原口律(吉田羊)は、聖をカフェに呼び出し謝罪します。

聖は自分で決めたことだから。と言います。そして、誓約書を提出するように言われたことを伝えます。

そして2人で話している最中、律が倒れて病院に運ばれます。そして、病院で聖は、律の鞄の中から母子手帳を見つけます。

そして聖は、病院に駆け付けた勝太郎に律が妊娠3か月だということを伝えます。勝太郎は何も聞かされておらず、驚きます。

聖と勝太郎のもとに看護師がやってきて、律は念のため数日入院するようにと。

翌朝、聖が律のもとを訪ねると、律が会社に出勤しようとしていました。そんな律におなかの赤ちゃんより大事なものはない。と律を怒鳴ります。

その言葉を聞いた律は、病室に戻り、「母親になって一人で育てると決めた」と言います。

一方晶が自宅に戻ると、愛子と弁護士が誓約書について話しているのを聞いてしまいます。

晶は激怒し、愛子を責めます。そして、弁護士の資料に書いてあった聖の家に向かいます。

そして、晶は聖の家のドアの前で「会いたい、声が聴きたい」と言いますが、聖は開けませんでした。

その後、聖のもとに弁護士がやってきました。そして、聖の家の中に入り、晶がいないことを確認した後、誓約書の件で伺ったと聖に言います。

翌日弁護士事務所で聖は愛子に昨晩、晶がやってきたこと、ドアは開けなかったことを伝えました。

そして、サインした誓約書を渡し、愛子に謝罪して、もう会うことはないと言い去っていきます。

愛子は自宅で晶に聖がサインした誓約書を見せます。そして聖がどんな思いでこれを書いたのか、この思いにどう答えるか考えるようにと晶を諭します。

1人になった晶は涙を流します。

病院を退院して律のもとに勝太郎がやってきて、一緒に子どもを育てようと言いかけますが、律に断られてしまいます。

勝太郎と律が話しているところに聖も駆け付け、タイに行くことを伝えます。

聖が自宅にいると、律から電話がかかってきました。聖が指定された場所へ行くとそこには勝太郎の姿がありました。

そして、勝太郎から遊園地に連れてこられ、1人で観覧車に乗るように言います。聖が観覧車に乗っていると、律から電話がかかってきます。

律と話していると、ある人に電話を代わると。それは晶でした。

晶は、「聖ちゃんに幸せになってほしい。もう会わない。連絡もしない。聖の幸せを願ってる」と言います。

聖は晶にタイに行って働くことを伝えます。そして「会えてよかった。さようなら、黒岩君。」と言います。

晶は「聖ちゃん、頑張れ」と言って去っていきます。

観覧車から降りた聖に勝太郎は「これだったら会ったことにはならない。聖は観覧車に乗って1周しただけ」と言い、晶が書いた日記を渡します。

その後、勝太郎は律に「海外赴任を蹴ってでも、2人のそばにいる」と言います。律は「待ってるから行ってこい」と言い勝太郎を抱きしめます。

一方、聖は勝太郎から渡された晶の日記を読み、涙を流します。

そして、聖はタイへ向かう当日、里美に電話をかけなます。そして、タイに行って日本語を教える仕事に就くと伝えます。

里美は、「本当に辛いことがあったら帰っておいで。」と言います。

そして聖はタイへ行きます。

一方、晶は受験当日、晶を見送る愛子に「母さん。ありがとう。行ってきます」と笑顔で言い、家を出ます。

5年後、聖はタイで働いています。夕日の写真を撮っていると、そこには晶の姿がありました。

晶は、あの時書いた誓約書を聖に渡します。聖は誓約書の日付を和暦ではなく、西暦で書いてしまっていたのです。

そして、2人は笑い合い、抱き合います。

ここで最終話が終わります。



スポンサーリンク

中学聖日記 11話(最終回) 感想

今回はいよいよ最終回。2人の恋は実るのか楽しみにしながら待っていました。

聖が警察にも捕まり、愛子から晶に近づかないという誓約書を書かされたときは、もうダメか…と思いました。

そして、別々の道を選んだ2人。気持ちを新たに新しい道を歩み始めた時は、まぁハッピーエンドなのかもしれないけど、やっぱり別れてしまうのか…と残念な気持ちになりました。

律に子どもができた事、勝太郎とよりが戻った事、良かったなと思いました。一方で聖と晶が別れてしまうのはやっぱり嫌だな…とも思いました。

しかし、5年後、タイで夕日の写真を撮っていた聖の後ろに晶が現れた時は予想外の展開でビックリしました。

そして、2人が再会し、笑顔で見つめあった時は感動しました。

何年も時間はかかったけれど、愛子が2人の事を認めてくれて良かったです。

最後の最後で聖と晶が結ばれて本当に良かったな思いました。

晶も社会人になったし、今後は2人を遮るものはないので、幸せになってくれるだろうと思います。

聖と晶だけでなく、登場人物みんなが幸せな結末を迎えられて良かったなと思います。

嬉しい反面、ついに終わってしまったな。。と寂しい気持ちにもなってしまいました。

「中学聖日記ロス」になってしまいそうですが、ハッピーエンドで終わって本当に良かったです。



スポンサーリンク

中学聖日記 11話(最終回) 視聴者の声(評判)とまとめ

この結末迄に何年の月日が流れたのだろう。想い続ければ叶うんだ。
素敵な最終回ありがとうございました#中学聖日記 pic.twitter.com/z2Et6KA9aJ

— Mo絵 (@tmo_bs) December 18, 2018

どの視聴者も、聖と晶が最後には結ばれハッピーエンドで終わり、感動した方が多かったです。

そして、みんなこれからの
2人の幸せを願っていました。



スポンサーリンク