2018年秋ドラマ

中学聖日記 4話のあらすじと感想「聖(有村架純)と晶(岡田健史)の思いが繋がる」

スポンサーリンク



ドラマ「中学聖日記」第4話が2018年10月30日(火)に放送されました。

ここでは、「中学聖日記」第4話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

第3話は、末永聖(有村架純)が黒岩晶(岡田健史)への気持ちに気づいてしまったところで終わりました。今回はどのような展開を迎えるのでしょうか。

中学聖日記 4話のあらすじ

末永聖(有村架純)は黒岩晶(岡田健史)へ抱いた思いを断ち切り、生徒として向き合うと心に決めます。

そして心機一転、学校では明るく振舞おうとします。

岩崎るな(小野莉奈)は、先日晶の家に行き、愛子に聖の悪口を言ってしまったことを少し後悔します。

聖が生徒達とプール掃除をしていると、晶の母、愛子(夏川結衣)が学校に訪ねてきます。

そして聖に先日るなが晶の家に訪ねて来たこと、そして聖が晶をたぶらかしていると言っていた事を伝えます。その際、愛子は聖に「るなちゃんが心配です。るなちゃんのこと気をつけてみてあげてください」と聖に伝えますが、内心、晶と聖の関係は本当に大丈夫なのか気にしている様子です。

1学期の終業式後、聖は晶が提出した夏期講習の書類に愛子のサインがなかったので、サインをもらいに晶の家を訪ねます。

聖が自分の家に来ていると知った晶は聖に進路相談をお願いし、晶の家で3者面談を行います。途中、愛子に電話がかかって来て、愛子が席を外します。

そして、聖が帰ろうとしたその時、晶は聖の手を掴み、「花火大会、終わったら僕と…」と言いかけた時に愛子が戻ってきてしまったので、晶は伝えられませんでした。

夏期講習が始まり、聖に会えず、つまらなそうにしている晶…。

その様子を見たるなが、晶の元により、「花火大会に一緒に行ってくれるなら、末永の携帯番号教えてあげる」と言い、聖の携帯番号を晶に教えます。

夏休みに入った聖は、日々募る晶に対する思いを断ち切るために、晶にもらったハチマキを捨てます。

すると聖の携帯が鳴ります。知らない番号からでしたが、そのメールは晶からのメールだと聖は気づきます。「花火大会の日に会いたいです。天野崎神社で待ってます」との事。しかし、聖は返信できないでいます。

原口律(吉田羊)とシンガポールに出張に来た川合勝太郎(町田啓太)はなぜ先日キスをしたのか訪ねます。

すると律は、自分でもどういう感情なのかわからないとの事。

そして、聖と本当にうまくいっているのか、聖に他に気になっている人はいないのか、確かめてみた方が良いと助言します。

一方聖は、先日晶から届いたメールを削除します。

そして、その時、勝太郎からテレビ電話がかかって来ました。

勝太郎は聖に他に気になる人がいるのではないかと確認しようとしますが、結局何も聞けずにいました。

花火大会当日。

晶は聖からメールの返信が来ないことにやきもきしています。

そこに愛子の会社仲間の上布茂(マキタスポーツ)が晶の部屋へ入ってきます。そして晶に遠回しに聖を諦めるように諭します。

愛子はその話を聞いていました。

出張から戻った勝太郎と律。

律はこれから聖の学校の地域で行われる花火大会に行くので、一緒に行かないかと勝太郎を誘います。

花火大会の見回りにやってきた聖。そこでるなと一緒にいる晶を見つけ、何とも言えない気持ちになります。

花火大会の会場に到着した勝太郎は、学校の先生達と見回りをしている聖の姿を見つけ安心します。

るなと晶は花火を見ています。すると晶は、「今まで傷つけてごめん。」と伝えます。そして聖に告白したこと、全く相手にされなかったこと、「ただ先生と一緒に楽しくなったり優しくしたいだけなのに…」と聖に対する思いをるなに伝えます。

その言葉を聞いたるなは「黒岩のことぶん殴りたい」と言い急に晶にキスをして抱きしめます。

そしてその瞬間を見ていた聖は、その場から逃げ出します。気づいた晶は追いかけますが、聖を見つけることはできませんでした。

聖が歩いていると、律に腕を捕まえます。そして律は聖に「川合のこと好き?他の誰よりも?」と聞きます。

聖は「婚約しているんですよ私達。」と答えます。

律は「ちゃんと川合と話して。じゃないと誰も前に進めない」と言われます。それはどういうことか聖は尋ねようとしますが、他の先生に呼び止められてしまい、聖は律のもとを去ります。

晶の部屋に入った愛子は、晶が聖に送ったメールを見てしまいます。

花火大会が終わり、晶は聖を神社で待っています。

一方、聖は先生たちとバスに乗り込みます。晶のことを気にかけていた聖は、バスを途中で降り、神社に向かいます。しかしそこには晶はいませんでした。

勝太郎から携帯に着信がありましたが、聖は気づきません。

そして晶を心配した愛子は晶を探し回ります。

聖は汚れてしまった靴を海で洗っていたら靴が流されてしまいました。すると、そこに晶がやってきました。

そして晶は、「先生は僕のことどう思っていますか」と尋ねます。

聖は「私、結婚するの」と答え、断ろうとします。

晶は、「今日だけ僕と一緒にいてください、それで、僕先生のこと諦めます。」「先生のことが知りたい。」と言います。

聖は「知って、そのあと忘れるってこと?知ったらもっと好きになっちゃうかもしれないのに…」と答えます。

晶は「そうしないと先生が困るから…」と言います。

聖のうやむやな態度に面倒になってきた晶は、聖の腕を引っ張りキスをします。そして「誰が何と言おうと関係ない。僕は先生が好きです。」と言いもう一度キスをします。

自分の心に素直になった聖は、晶を受け入れ、抱き合います。

そして手を繋いで二人で聖の家に向かおうとしていると、聖の家の前で勝太郎と鉢合わせしてしまい、さらに愛子もその場にやってきます。

ここで4話が終わります。



スポンサーリンク

中学聖日記 4話の感想

前回は晶への思いに気づいた聖が諦めることを決心するところで終わったので、今回は聖と晶の関係が大きく変わるだろうなと楽しみにしていました。

聖は、晶への恋心を一生懸命諦めようとしているのに、自然と晶を目で追ってしまったり、考えてしまうところは、とても切なくなりました。

今までずっと謎のキャラクターの律ですが、どうも勝太郎に恋をしてしまったようです。二人の関係を壊したいのか何なのか、まだまだ謎な所が多いけれど、この人も波乱を起こしてきそうな気がします。

ようやく晶と聖は結ばれたのに、周りに気づかれてしまい、早くも波乱が起こりそうで、なかなか幸せになれなさそうでかわいそうだなと思いました。

ただ聖は勝太郎が花火大会に来ているのを知っていたはずなので、少し冷静になれば、この修羅場は回避できたのではないかな…とも思ってしまいました。

ようやく晶の思いが聖に届き、二人の思いが繋がって良かったー。と思っていましたが、勝太郎のあの表情を見ると何とも言えない気持ちになりました。

そして晶の愛子の晶への気持ちも痛いほどわかります。自分が愛子の立場だったら、愛子同様、すごく心配してしまうと思います。

次回は勝太郎にも晶の母愛子にもばれてしまった二人の関係。たくさんの修羅場がありそうな予感がして、今から次回の展開が気になって仕方がないです。



スポンサーリンク

中学聖日記 4話の視聴者の声(評判)とまとめ

今回は、やはりラストの展開に驚いた視聴者の方が多かったようです。

次回は波乱の予感…。どのような展開を迎えるのでしょうか。



スポンサーリンク