2020年春ドラマ

【ハケンの品格】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?

日本テレビ系・水曜10時の「ハケンの品格」は、お仕事ドラマです。

本作は2007年に放送された「ハケンの品格」の続編で、主演は篠原涼子さんが務めます。

最強の派遣社員・大前春子が令和時代にどのような働く姿を見せてくれるのでしょうか。

ここでは、ドラマ「ハケンの品格」の最新の視聴率(速報値)と推移、視聴者の評価評判などを紹介していきます。

ドラマ「ハケンの品格」最新話の視聴率とこれまでの推移(最新速報)

第3話の視聴率は11.9%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

ここまでの視聴率は以下のようになっています。

14.2%(1話)
11.9%(2話)
11.9%(3話)

13年ぶりの続編が始まった「ハケンの品格」の初回視聴率は14.2%でした。

初回から2桁と好調なスタートを切ります。

第2話は11.9%と、前話より2.3%ダウンしました。

注目の第3話は11.9%で、前話と同じ数値を記録します。

3話連続2桁を維持しており、このまま勢いを保てるか注目です。

大前春子が現代で、どのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね。



スポンサーリンク

同枠(日本テレビ系・水曜10時)での視聴率の傾向

過去1年間、同枠(日本テレビ系・水曜10時)のドラマと平均視聴率を紹介していきます。(※ビデオリサーチ調べ)

知らなくていいコト(2020年 冬)
平均視聴率…9.5%

同期のサクラ(2019年 秋)
平均視聴率…10.6%

偽装不倫(2019年 夏)
平均視聴率…10.3%

白衣の戦士!(2019年 春)
平均視聴率…8.7%

同枠のドラマは話題性がある作品が放送されています。

毎クルーごとに主人公が様々な壁を懸命に乗り越えようと奮闘する姿が描かれており、視聴者に勇気を与えてくれます。

視聴率は10%前後を推移しており、少し物足りなさを感じますね。

前作の「知らなくていいコト」では、ドラマの内容に賛否の声が上がる展開もあり視聴率が伸び悩んだ点もあるでしょう。

心身ともに疲れが出てくる水曜日に元気を与えてくれるドラマが視聴者に求められているのではないでしょうか。



スポンサーリンク

同テーマ(お仕事)での視聴率の傾向

ドラマ「ハケンの品格」と同テーマ(お仕事)のドラマでの視聴率の傾向を紹介します。

わたし、定時で帰ります。(2019年 春)
平均視聴率…9.7%

ハケンの品格(2007年 冬)
平均視聴率…20.2%

主人公の女性が自らの意思を貫いて生きていく姿は、素敵ですね。

周囲とぶつかり合いながらも、自らのスタイルを曲げないのは憧れを感じます。

社会で働く人にとって、勇気を与えてくれるのではないでしょうか。

2007年に放送された「ハケンの品格」では、視聴率20%を超えるほどの人気がありました。

今作は続編になりますが、前作と内容がどれくらい変わってくるのか気になりますね。

視聴者がどのような反応するのか、注目です!

篠原涼子さんの主演時過去視聴率は?

篠原涼子さんの過去主演作の視聴率は以下のようです。

民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜(2017年 秋)
佐藤 智子 役
平均視聴率…6.7%

オトナ女子(2015年 秋)
中原 亜紀 役
平均視聴率…8.7%

ラスト♡シンデレラ(2013年 春)
遠山 桜 役
平均視聴率…15.2%

ハケンの品格(2007年 冬)
大前 春子役
平均視聴率…20.2%

篠原涼子さんは、テレビドラマ・映画・舞台・CMなど多方面に出演しています。

2004年のドラマ「光とともに…〜自閉症児を抱えて〜」で連続ドラマ初主演を務めて、2005年のドラマ「溺れる人」では演技が高く評価されました。

その後もドラマ「アンフェア」・「ハケンの品格」など彼女の代表作となる作品で活躍して、第44回ギャラクシー賞個人賞など、多くの賞を受賞します。

ただ近年の主演ドラマでは、視聴率が1桁台と伸び悩んでいます。

今作は2007年に放送された「ハケンの品格」の続編になるため、期待が出来そうですね!

ドラマ「ハケンの品格」の視聴率を予想!

ドラマ「ハケンの品格」のキャストは以下のメンバーが演じる予定です。

・大前 春子役 篠原涼子さん
・里中 賢介役 小泉孝太郎さん
・浅野 務 役 勝地涼さん
・近 耕作 役 上地雄輔さん
・東海林 武役 大泉洋さん
・福岡 亜紀役 吉谷彩子さん
・千葉 小夏役 山本舞香さん
・井手裕太郎役 杉野遥亮さん
・三田 貴士役 中村海人さん
・宇野 一平役 塚地武雅さん
・宮部 蓮三役 伊東四郎さん

前作で出演していたメンバーが今作で複数人いるため、ファンにとっては嬉しいですね。

前作同様に息の合ったやり取りが見られるのではないでしょうか。

さらにスタッフ陣も紹介します。

・脚本 中園ミホさん
・音楽 菅野祐悟さん
・主題歌 鈴木雅之さん「Motivation」

脚本を務めるのは取材力の長けている脚本家・中園ミホさんです。

「トットてれび」・「ドクターX 外科医・大門未知子 第4シリーズ」・「西郷どん」などの作品を手掛けています。

そして音楽は菅野祐悟さんで、音響・テクノポップ・オーケストレーションが得意の作曲家・音楽プロデューサーです。

映画・CM・アーティストへの楽曲を提供しており、幅広いジャンルで活動しています。

過去には「東京タラレバ娘」・「ウチの夫は仕事ができない」・「白衣の戦士!」・「 偽装不倫」を担当しました。

また、主題歌は鈴木雅之さんの「Motivation」です。

ドラマ制作からチームからの要望を受けて、思わず踊り出したくなるという曲になっているようです。

また、豊かな明日に向けて進むという意味も入ったラヴソングです。

実力のあるキャスト・スタッフ陣が集結しているため、期待が高まります。

 

今回のドラマの視聴率は…13.0%と予想します!

今作は前作よりどのくらいパワーアップしているのか、楽しみですね。

ドラマ「ハケンの品格」各話の視聴率と視聴者の評価評判

第1話の視聴率と評価評判

ドラマ「ハケンの品格」の第1話の視聴率は14.2%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

13年ぶりに帰ってきた大前春子のキャラクターは相変わらずでしたね。

再びS&Fで働く事になった彼女ですが、マイペースなところは変わりません。

今回は、会社の社運を左右する交渉に同席して里中達のサポートをします。

視聴者からは面白かったとの声が多数上がっていました。

また、前作と変わらないドラマの内容に最高との意見もあります。

一方で、前作に登場した人物がいない事や内容に不満の声もありました。

第1話の視聴率は14.2%と、初回から2桁と好発進します。

このまま高視聴率を維持出来るのか、注目ですね。

第2話は老舗の人気蕎麦店とのコラボ商品を開発する事になりました。

しかし、再び予想もしない展開が待ち受けていそうです。

果たして、会社のピンチを彼女は救う事が出来るのでしょうか。

第2話の視聴率と評価評判

ドラマ「ハケンの品格」の第2話の視聴率は11.9%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

今回は有名な蕎麦屋とのコラボ商品に挑みました。

大前が交渉に同席しますが、何やら険悪な雰囲気が漂います。

派遣社員の千葉の企画が通り、プレゼンで予期せぬ展開が待っていたのです。

視聴者から第2話も面白かったとの声が複数上がっていました。

また、出演キャストにキャラ設定や今後に期待の意見もありました。

一方で、前作の方が良かったとの厳しい声も上がっています。

第2話の視聴率は11.9%と、前話より2.3%ダウンしました。

視聴率は下がりましたが、2桁を維持して勢いは衰えていません。

第3話では新入社員の井手がネットで投稿した動画が炎上してしまいます。

「バイトテロ」だと大炎上して、S&Fは窮地に立たされるのです。

評判の良いカレーを作るために里中は大前に頼みますが、まさかの展開になります。

次回も大前の予想も出来ない行動に注目しましょう!

第3話の視聴率と評価評判

ドラマ「ハケンの品格」の第3話の視聴率は11.9%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

S&Fは新入社員の井手がネットに投稿した動画で、世間から批判を受ける事になります。

社内食堂で起こったバイトテロは問題が解決せず、会社はどんどん追い込まれていきました。

大前は以前に提供されていたカレーの復活のために奮闘するのです。

視聴者からは良かったや素敵なドラマだったとの声が上がっていました。

また、次回から東海林が登場するようで喜びの意見が多いです。

一方で、物足りなさを感じるとの声も上がっていました。

第3話の視聴率は11.9%と、前話と同じ数値でした。

3話連続2桁を維持しており、このまま勢いを保てるか注目です。

次回は井手が大きなミスをしてしまい、姿を消してしまいます。

大前は彼を探しますが、倉庫に閉じ込められてしまうのです。

また、東海林も登場しそうでお馴染みの掛け合いに期待が持てるでしょう。

一体、どのような展開になるのか注目しましょう。

視聴率ニュース1 大泉洋さんの出演増が視聴率をアップする!?

大泉さんは、春子に思いを寄せながらも、素直に気持ちを表せないツンデレ男の東海林を演じています。お互いを『とっくり』『くるくるパーマ』と呼び合う2人の掛け合いを楽しみにしていた視聴者は多い。ところが新作の大泉さんは“特別出演”で、17日の初回も出演シーンは多くなかった。一部の視聴者からは〈大泉さんあってのハケン〉〈春子と東海林の絡みをもっと増やして〉なんて声が飛んでいました

参照:日刊ゲンダイ

前作「ハケンの品格」では、大泉さん演じる東海林と大前春子の絶妙な掛け合いが話題になっていました。

しかし、今作ではその掛け合いの機会もあまりないため、不満の声も上がっています。

今後、大泉さん演じる東海林と大前春子の2人のシーンが多くなれば、視聴率も上がるかもしれません。

視聴率ニュース2 視聴率が伸び悩んだ意外な理由!

主演の篠原は13年前と変わらぬ美貌ぶり。キャラもまったく変わりなし。これは、あえて13年経っても変わらぬ春子でいようという演出の意図なのかもしれませんが、コロナ禍で前回の再放送を立て続けに見た視聴者にとっては、13年も経っているはずなのに何も変わらない姿に物足りなさを感じているのかもしれません

参照:アサジョ

主演の篠原亮子さんは13年前と変わらぬ素敵な容姿で、演じている大前春子もキャラが変わっていません。

そのため、視聴者の中には物足りなさを感じたのかもしれません。

新たな大前春子の部分が、今後見れる事を期待しましょう。

視聴率ニュース3 視聴率アップのカギは!?

初回の平均世帯視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好スタートを切ったものの、第2話は11.9%にダウン。このままだと1ケタに転落しそうだ。

主人公の超人的な仕事ぶり以外に、どう見どころを作るかが視聴率アップのカギとなりそうだ。

参照:日刊サイゾー

13年ぶりに復活した「ハケンの品格」は初回の視聴率14.2%と、好調なスタートを切りました。

しかし、2話では11.9%と2.3%の大幅ダウンをします。

巻き返すためには主人公・大前春子の仕事以外の面をもっと出していく必要があるようです。

視聴率ニュース4 視聴率の伸び悩みは時代の変化が影響!?

13年という月日は、視聴者を取り巻く環境もガラリと変えた。ドラマを見ていると、あからさまに派遣を差別したり、セクハラをする社員の姿は少し時代錯誤のような気がするし、典型的な勧善懲悪な演出には少し、胸焼けも覚える。その影響か、第2話の視聴率は11.9%に下落し、第3話も同じく11.9%をキープ。今後のドラマの行方に期待したい。

参照:日刊ゲンダイ

13年前に放送された前作で高視聴率を記録した「ハケンの品格」ですが、今作での視聴率は早くも勢いがありません。

現代社会や視聴者の捉え方が当時と比べて、多く変化した事が影響しています。

少し時代錯誤の部分もありますが、今後どのような演出を見せていくのか注目です!