2019年秋ドラマ

【ミス・ジコチョー】5話のあらすじネタバレと感想!”炎上”する事実と隠れた真実。

ドラマ「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」第5輪が2019年11月15日(金)に放送されました。

手術中の患者の胸が燃え上がる?!

あり得ない動画の存在が、遺族と事故調査委員会の面々を揺さぶります。

患者が亡くなった本当の理由とは…手術室という密室で起こった真実を掘り起こす真奈子(松雪泰子)が辿り着いた”真実”とは。

ここでは、「ドラマ名」第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

【ミス・ジコチョー】5話のあらすじ(ネタバレ)

“綻び”が見え始めるとき

真奈子たちが調べ始めた病院スタッフの事故当日の対応は、完璧すぎるほどの整合性を見せており、逆にそれが胡散臭さを感じさせるほどでしたが、

調査を続けていた真奈子たちが行き詰まりを感じ始めたころ、真奈子の元に、謎の人物から映像が送られてきました。

件の手術の最中に、患者の胸元に青白い炎が上がっている、という…それは、まさに、遺族が告発した遺体の火傷の跡に合致する事実でした。

しかし、実証実験を行ったものの、電気メスではその状況を再現できず、真奈子は苦境に立たされます。

事故調の会見で、病院側には責任がなかった、という結論に達するかと思われたその時。

再び、真奈子の元に送られてきた動画…スクリーンに映されたそれは、手術中の電気メスの先から炎が吹き上がった、まさにその瞬間でした。

真奈子、解任?

事故調の委員長であり、医師免許を持つ弁護士・守康(寺脇康文)は、出どころの定かではない動画に懐疑的です。

マスコミに暴露されてしまったそれを“なかった”ことにはできず、疑いをかけられた栄倫会病院の海崎事務長(田山涼成)ら事故調の面々は「事態を混乱させた責任をどうとるのか」と真奈子に詰め寄りますが…。

「混乱しているのは、皆さんだけですよ」

そう言ってクールに状況を見ていた真奈子は、守康らによって委員としての資質に欠けるとして、解任されかかっていたのです。

燈(堀井新太)はそんな真奈子に苦言を呈します。

「あの映像が偽物だったらどうするんですか?」

「本物だって実証すればいい」

「守康さんたちをあんなに怒らせて、大丈夫なんですか⁈」

「あっちが勝手に怒ったんでしょ?」

「物事には順序ってものがあるし、あの人たちにもプライドだってあるだろうし…」

「そのくだらない“プライド”が失敗を生むのよ」

そもそも、動画自体は問題の手術の記録映像です。

関係者でなければ持ち出すことができないそれを入手できて、それを真奈子に送ってきた、ということは、その送り主は限定されるのです。

守康の暗躍

「解任されるまでは委員ですから」

そう言って、真奈子は苦い顔をしている海崎事務長に調査協力を要請します。

手術の映像が録画されている管理室で、何者かが動画のデータをコピーしたのではないか、と考えたのです。

動画は、録画後一週間で上書きされてしまいます。

それ以前にデータを持ち出したのが誰なのか…しかし海崎が開いた管理室の入退室リストには、手術の翌日の分が意図的に消された形跡があったのです。

「誰が消したか…」

真奈子は、海崎に「今日の入退室リストを見せて欲しい」と頼むと、自分たちがそこに入る前に、守康が訪れていたという記録が残っていたのでした。

「あいつ!」

問い詰めようと、病院の中を歩いていると、真奈子と燈に声をかけてきた人物がいました。

手術を担当した麻酔医・駒井です。

「映像を送ってくださったのは、駒井先生ですよね?」

「いえ…正直、テレビを見て私もびっくりしたんです」

彼は本来、モニターで手術中の全ての記録映像を見ていたはずでしたが…。

「実は、全部見ていたわけじゃないんです」

「誰かに“全部見ていた、問題なかった”と言うように、頼まれたのでは?」

真奈子に突っ込まれると、駒井は否定し、足早に歩き去ってしまいました。

「さて、本丸を攻めるか」

執刀医の椎名(山中聡)は「事務局を通してほしい」と真奈子から逃げ回るようになり、手術担当のナースらに対しても、恐らくは箝口令が敷かれたのだろう、という様子が見えてきました。

栄倫病院を辞めた仙谷医師(野間口徹)は真奈子が接触を図ろうとした瞬間にダッシュで遁走する始末です。

真奈子は、恐らく自身が解任されるだろうことを見越して、燈に後任を託しました。

「無理ですって…!」

燈は、呆然と真奈子の背中を見るしかなかったのです。

逆転の兆し

翌日の事故調で。

真奈子の解任動議の投票が行われました。

真奈子以外の、守康と残り三名の委員が満場一致で退任を投じていれば、真奈子は解任される、という選挙です。

しかし。

意外なことに、その解任に反対する一票が。

さらに意外だったのが、それを投じたのが守康だったのです。

真奈子らは、彼が立ちふさがる壁であり、自分たちに様々な妨害工作を仕掛けてきていたのだと思い込んでいましたが。

実は、守康自身が事件を再調査し始めていたのです。

彼は真奈子が提唱していた疑惑に関してはもっともなことであり、検証するに値する、と評価していたのです。

共闘体制、整う

「一体どういうこと?」

真奈子と燈が守康を伴って訪れたのはいつもの激辛料理を出してくれる中華料理店でした。

守康は、栄倫会病院の前理事長の顧問弁護士をしていた時期もありましたが。

現在は完全にスタンドアローンであり、病院とグルなのは、自身と真奈子以外の委員たちである、というのです。

「もし本当にあんな炎が手術中に上がったのであれば、火災報知機が反応したはずだ」

守康は病院の警備室に行ってみると、手術があった日、4時5分に火災報知機が鳴ったのだと言います。

すぐに駆け付けた警備員は、しかし、センサーの誤作動だと言われていまい、オペ室には入れなかった、と証言したのです。

「あの密室で何かが燃え、そこで事実が隠されたのは間違いない」

「やっと気づいたのね?」

これで話がつながる…と真奈子は当日の状況の検証を始めました。

「4時5分に患者の胸が燃えてしまい、その処理に4時45分までかかった。でも不自然だから、記録上は4時12分に手術が終わったことにして口裏を合わせた、と」

燈は百人力だとばかりに守康の参戦を喜びましたが、守康は動画の送り主が不明のままでは勝ち目がない、と言います。

「証拠として弱い。一部ではなく、全部が写った動画が必要だ。そして、なぜあそこまで火が上がったのか、科学的検証が必要だ」

「解ってるわよ…そんなこと」

まさに、真奈子自身も同じことを考えていたのです。

その時、燈が口に入れた料理を吹きそうになり悶絶しました。

真奈子や守康が平然と食べていたものが実は手に負えないほどの激辛ラーメンだったのです。

水を飲みほした燈に、真奈子は卓上のボトルから水を注いでやりましたが…。

燈はそれを一口飲んでさらなる悶絶に。

真奈子は似たようなボトルに入っていた水と酢を間違えてグラスに注いでしまったのです。

思いがけないエラー

その夜遅く。

真奈子は大学の研究室で「なぜ、電気メスの先端から炎が上がったのか」の仮説に取り組んでいました。

青白い炎。

それが覆布を瞬時に燃え上がらせ、患者は亡くなったのです。

しかし、真奈子が行った事件では同じ状況を作ることはできませんでした。

かといって、まったくの無駄骨だったわけではなく。

“再現しようとしていた”真奈子に対して、手術のスタッフらはとても微妙な表情を浮かべていたのです。

真奈子は手術の主義の一つ一つを思い出しながら、研究室に再現した手術台と、そのまわりのアイテムを見ていて、何かおかしな点はないのか、と突き詰めていました。

そして、あることに気付き、呟くのです___「私、失敗しちゃった」と。

「こんな遅くにご足労いただき、ありがとうございます」

呼びつけた守康を迎え入れ、真奈子はさらなる再現実験を行いました。

「電気メスを、どうするんだ?」

「私がやると失敗しちゃうんで…医師免許をお持ちの先生にやっていただきたいんです」

懐疑的な態度の彼に、真奈子は言いました。

「医師免許をお持ちなのに、法律家になるなんて、何かトラウマでも?あ、医療ミスとか」

「バカなことを言うな。法律家の方が結果的により多くの人を助けられると思ったからだ!」

「ふーん、ご立派ですねぇ」

そんな会話を交わしながら、守康が電気メスを手術モデルにちかづけたところ、思いがけない勢いで炎が上がったのです。

真奈子は燃えている部分にそっと布をかけて「消火!」と言い、炎を消しました。

ぱたぱたと、その布の上から燃えた部分を押さえ、再度めくってみたら…そこにあったのは、遺族が残した証拠と同様の焼けた組織。

「何でだ?!」

「まさか、こういう間違いは起きないだろう、っていうことが、現実に起こった、ということです」

仙谷医師の陥落

事故後すぐに栄倫会病院を去った仙谷医師が勤務する製薬会社のロビーで、彼はマスコミに囲まれました。

「仙谷さん!仙谷さん!!手術ミスについて認めますか?」

「どう責任を取るおつもりですか⁈」

「あなたのミスが原因で佐竹さんは大やけどを負ったんですよね?」

矢継ぎ早に責め立てられて、仙谷はパニックに陥りました。

「私のミス…待ってください!誰がそんなことを…」

レポーターのマイクが突き付けられ、カメラに追われて、彼は叫びました。

「信じてください!私じゃないんです!証拠はあります!」

彼は、鞄からUSBを取り出しました。

「ここに、当日のオペの全てが記録されています。これを見れば、私のせいではないことが判ります。ホントですよ!見て下さい!」

差し出されたそれを手に取った人物が叫びました。

「カーーーーーット!」

その瞬間、取り囲んでいたマスコミは一斉に退出し、ロビーには仙谷と、その人物…真奈子だけが残されたのです。

呆然とする仙谷。

「騙したのか…こんなことして良いと思ってるのか…?」

「私、真相究明のためなら手段を択ばないので」

狼狽を隠せない仙谷は「僕のせいじゃない。むしろ、僕は隠さない方が良いと言ったんだ」

「誰にですか?」

「海崎だよ…事務長の」

いつか暴かれるだろうそれを、黙って生きていくことはできないと考えた彼は、映像が消されるまえに保全し、管理室の入退室記録も消したのです。

白状して気が抜けたのか、力なく崩れ落ちて仙谷は尻もちをつき、言いました。

「自分が裏切り者だとバレるのが怖かったんだ…」

「内部告発は、裏切りではありません」

「なんで、僕だと判ったんですか?」

「勘です。辞めたのがあなただけだったので」

「蜥蜴の尻尾切りですよ」

「病院側は、あなたみたいな人を真っ先に切りたかったんじゃないですか?真面目で、嘘がつけない…そういう人は、時に、組織にとっては邪魔ですから」

真奈子の言葉に仙谷は「邪魔…って」と力なく呟き、目を潤ませていました。

「話してもらえませんか?どうして、あんなことになってしまったのか」

頼もしい援軍

真奈子と燈が研究室に戻ると、郁美(高橋メアリージュン)と志保(須藤理彩)が残って作業していました。

開発中のモーショントレースカメラを翌日の事故調の会見に使いたいのだと真奈子がオーダーしたため、急遽見かけない顔ぶれの助っ人も呼ばれ、さらにある意味最強で最凶の南雲喜里子博士までが現れたのです。

「ちょっと!なんでこの人がいるの?!」

真奈子はそう言って毒づきますが。

「世界で一番頼りになる工学者って言ったら、南雲博士しかありえないじゃない?」と志保は絶賛しています。

しかし、ケンカをしている暇はありません。

真奈子たちは実験を繰り返し、カメラの精度を上げていきました。

翌朝、納得がいくコンディションになったところで作業は終了しました。

志保に「ちゃんとお礼くらい言ったら?」と促されながらも素直になれない真奈子は、「だって、そっちがバイト来たんでしょ?」と言ってしまったのです。

「後日、請求書を送りますから!」と喜里子は告げて去りましたが。

それはまた次の恐ろしいことへの布石だったのです。

クライマックスへ

徹夜明けの真奈子は、そのまま事故調の会場に向かいました。

クライマックスの準備のためです。

そのころ、海崎と、三名の事故調査委員たちは記者会見場にいました。

今日は最終報告を行う日です。

「海崎さん、本当にバレないんでしょうね?」

「証拠が残っていないんです。知らないことは、知らないとしか言いようがありませんよ」

そう言ってにやりと笑う海崎。

しかし、集まってこないマスコミの様子に不安げな表情浮かべていた彼ら。

その様子を、モーショントレースカメラが克明に追っていたのです。

栄倫会病院の待合室に、被害者遺族の佐竹夫人と息子がいました。

真奈子は、彼らに告げます。

「これからご主人のことで、かなりつらい事実をお伝えすることになりますが、大丈夫ですか?」

夫人は、その言葉に「はい」と言って頷きました。

再度の検証

手術室にマスコミを引き入れての実験が始まりました。

最後列に佐竹母子が立っています。

「まずは皆さんに、先日の映像の全貌をご覧いただきます。ショッキングな内容を含みますが、佐竹さんおご遺族の了承を受けています」

真奈子が解説し、どうやってその映像が撮影されたかを説明します。

その場には仙谷も立ち会っていました。

電気メスで発火した瞬間の炎までが克明に映っていたのです。

何が原因でそうなったのか。

映像を、炎が出る前に戻すと、意外なものが映っていたのです。

傷を洗うための生理食塩水が、消毒用のアルコールとすり替わり、揮発性の高いそれがで

電気メスに引火、佐竹さんの心臓が燃えてしまった、というのです。

なにを、どう間違えたのか____生理食塩水と、アルコール消毒液が似た形状だったために、取り違えた、といのです。

その様子をモニターで見ていた執刀医の椎名と、そしてオペ・ナースたちは泣いていました。

守康が、病院側はその事実を承知の上で隠蔽しようとしたのだと告発すると、ざわめきが大きくなりましたが、さらなる言葉にはマスコミも絶句しました。

「病院だけでなく、事故調査委員会も、です」

スクリーンが切り替わり、海崎と3名の委員が記者会見場で待ちぼうけしているところを中継し始めました。

燈が仕掛けたモーショントレースカメラはばっちり彼らの姿を捉えています。

この時、会見も再現実験も、その全てがテレビで中継されていたのです。

「どういうことだ?海崎さん!」

「絶対バレないというから協力したのに!」

彼らの表情や動作はカメラで克明に解析され、彼らにとっては最悪の状況に陥っていました。

真奈子は、記者らに向かって言いました。

「ご覧のように、事故調の皆さんも、事実を知っていながら隠ぺいに加担していたんです。

静まり返る会見場の中で、一人が沈黙を破りました。

真奈子に密着取材していた榎波(中村靖日)です。

「それにしても、こういうミスは防げないものなんですか?」

真奈子はそれに対して答えました。

「取り違え自体は単純なヒューマンエラーです。大事なことは、ヒューマンエラーは結果であって、根本的な原因ではない、ということです」

頷いた守康がその言葉を引き取りました。

そこにあったのは医師の過重労働、看護師のオーバーワーク、その過酷な勤務実態が明らかにされたのです。

それこそが、今回の事故の本当の原因でした。

仙谷によれば、もともと消毒用アルコールと生理食塩水のボトルが似ているという指摘はあったものの、誰もが、そんなことで患者がやけどを負い、死亡するなどということまでは想像もしていなかった、というのです。

「起こりうることは、いつか必ず起こる。たとえ0.001パーセントでも。なぜなら、扱うのが人間だからです」

このような失敗は、広く共有し、同じような被害者や遺族が二度と生まれないようにするべき____真奈子が言いたかった、それが失敗学の極意だったのです。

“失敗”の向こう側で

佐竹母子は事実に衝撃を受けながらも、民事訴訟までは求めない、と言いました。

二度とこんなことがないようにするために、と彼らも納得してくれたのです。

目を潤ませながらも、二人は真奈子と守康に「ありがとうございました」と頭を下げました。

「私たちに例はいりません」

そう言って、真奈子と燈は病院を辞しました。

「どうしてわかったんですか?」

燈が不思議そうな顔をしていると「激辛ラーメンのおかげよ」と答える真奈子。

実は、守康と会食した時に、燈が咽た、あの酢と水の取り違えから真相にグッと近づいたというのです。

そして、真奈子に密着していたテレビクルーの取材もその時点で完了し、ようやく普通の日常が戻ってきました。

「熱血列島」

翌週、番組は放送されました。

「熱血列島」というタイトルの人気ドキュメンタリー番組です。

しかし、約束していたような失敗学を取り入れる話はほとんどなく、番組の内容は真奈子の日常をつなぎ合わせただけ、という代物でした。

違和感を感じた真奈子は榎波に連絡すると、守康から自身が写っているところは絶体に使うなと肖像権を盾に拒否されたのです。

テレビの中では「“失敗学”をこの胸に疾走する美人工学者、天ノ真奈子」___とカッコよく決めたはずが。

榎波からは仙谷を問い詰めた時に動員したエキストラたちの手配の費用250万円と、

喜里子からのバイト代の462万円の請求書が舞い込み、志保たちはパニック!

“THE事故調の女”とカッコよく持ち上げられながらも、意外とドジっ子な真奈子のキャラだけが強調された番組で終わってしまった、残念な密着でした。



スポンサーリンク

【ミス・ジコチョー】5話の感想

寺脇康文さん演じる守康弁護士が、最後までナイスな仕事をしてくれました。

中盤まではむしろ敵の匂いをぷんぷんさせておきながら、ストイックなその在りようを見せてから先はめちゃめちゃカッコいい!

結果的に彼と真奈子は無駄に反目しあっていたわけですが。

同じ方向を見始めて共闘態勢に入ったら強かったですね。

そうした緩急の付け方がとてもうまい演出で、グイグイ引き込まれました。

また、ゲストの野間口徹さんが「多分そういう人なんだろうなぁ」と匂わせておいて、事実そういう流れになっていきましたが。

野間口さん、こうした愚直なキャラクターがとても上手です(褒めています)。

真面目で融通が利きづらく、でも誰にも譲れないとても大切なものを持っている。

時々“怪演”して驚かせてくれるけど、今回の仙谷医師のキャラクターは彼本来の持ち味がしっかり出ていてとても良かったと思っています。

さて「熱血列島」…それ著作権とか大丈夫ですか?と思ってしまうタイトルですが。

カメラ目線でキメている真奈子はちょっとてれが入って可愛かったですね。

そしてがっつりレギュラー化しているご母堂・南雲博士。

安定感のある彼女が最奥でどっしり構えているからこそ、真奈子が割と好き勝手にやってもとっちらかる印象がないんだろうなぁ、と思った次第です。



スポンサーリンク

【ミス・ジコチョー】5話の視聴者の声


↑ デビュー作とかを覚えているのですが、今の方が美しいってすごいことです。


↑ 失敗はない方が良いけど。ただでは起き上がらないその根性が素敵。


↑ 失敗に対して、寛容でありつつも、それを無駄にしない、そういう姿勢大切ですよね。


↑ 松雪さん、貫禄です。


↑ ありえない、なんていうことはありえない。


↑ 守康さん、これからも登場するのでしょうか?!だとしたらちょっと楽しみなんですが!!


↑ このドラマでのこうした作り込みは、あのドラマへのオマージュだったんですか?!

まとめ

さて、5話でした。

物語は折り返して後半に向かいます。

この時点で最終話に登場する豪華なゲストさんが発表されました。

岩城滉一さんです。

この時点で、最終話までの物語の概要がキャストさんの紹介をからめて発表されているというのも珍しいのでは
ないでしょうか。

前川泰之さんも、エンジニアとして真奈子と絡むお芝居を見せてくれそうで、とても楽しみです。

さて、次回登場する、水橋研二さんはつい先週の「相棒」にも出演されていました。

名前を知らなくても、顔を見たら「ああ!」と判るはず。

凄い数のお仕事をこなしてきた素晴らしいバイプレーヤーさんです。

是非注目して観てください!