2019年秋ドラマ

【科捜研の女 season19】20話のあらすじネタバレと感想!菌はマリコに何を語る?

ドラマ「科捜研の女 season19」第20話が2019年11月14日(木)に放送されました。

ここでは、「科捜研の女」第20話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

今回は、“菌”がキーワード、しかも被害者の妻と元妻で「乳酸菌vs納豆菌」なんて、ネタかと思って目が白黒してしまいますよね。

しかし榊マリコ(沢口靖子)も宇佐見裕也(風間トオル)も大真面目、見事“菌”から犯人に結び付く手がかりを発見します!

【科捜研の女】20話のあらすじ(ネタバレ)

『File.20 納豆菌の女VS乳酸菌の女』

パン職人の遺体と乳酸菌

パン工房の現場に臨場する榊マリコ(沢口靖子)たち。

焼きたてのパンの匂いがする作業場で、倒れていたのは店主・長内保男だった。

オーブンにはパンが入ったままなので、定休日だがパンの試作をしていたらしい。

既に死後硬直があり、死亡推定時刻は今日の12時から14時とマリコは土門薫刑事(内藤剛志)に報告する。

後頭部に裂創と陥没が見られるのは、作業台の角に血痕が見られる点と一致するようだ。

蒲原勇樹刑事(石井一彰)が息子と共に連れてきたのが、第一発見者の妻・長内花野(大路恵美)だった。

宇佐見裕也(風間トオル)が、“マダム・ヨーグルト”と呼ばれる有名人だと気が付く。

『マダム・ヨーグルトのはんなり菌活』というブログを愛読しているとのこと。

花野は15時半ごろ、ヨーグルト菌を夫に届けようとして遺体を発見したと証言する。

パン焼きに使われるビン詰めのヨーグルト酵母は、まだブクブクと発酵を続けていることに橋口呂太(渡部秀)が気づく。

パンと納豆菌と元妻

鑑定と解剖開始!

・死因は打撲による頭部硬膜外血腫
・後頭部の陥没骨折は、整パン台の角と形状が一致
・店内にない除菌液が1種類検出された
・来客用の上靴に稲ワラを発見
・被害者のPCに、納豆菌の権威・登矢奈津の情報を検索した履歴アリ

…ということがわかる。

“菌活の帝王”こと登矢奈津はキャラクターと一緒にCMに出演したりなどして納豆研究家として有名だが、実は被害者の元妻だった。

被害者と離婚後、東京で暮らしているが、ちょうど現在仕事で京都に滞在中らしい。

「今の奥さんは乳酸菌で、前の奥さんは納豆菌か」と、感心してしまう呂太だ。

被害者が亡くなる直前に焼いたパンを調べてみることを思いつくマリコ。

何と、焼きたてだった食パンから、納豆菌が検出される。

そうすると稲ワラも納豆を包むためのものだと考えられる。

しかし、納豆菌はパン酵母にとっては天敵で、パン工房に持ち込んではいけないはずだ。

現場に納豆を持ち込んだのは誰なのだろうか。

・ ・ ・

登矢奈津(西尾まり)に会いに行く土門刑事と蒲原刑事。

CMの撮影中だった奈津は「離婚して1度も会っていない」と元夫との関与を一切否定する。

頑固な態度に、脇でフードプロデューサーの冨川がとりなす。

12時24分に奈津が被害者・長内に電話をかけたことを指摘すると、ベーカリー2号店の計画に冨川が関わるので、顔つなぎの挨拶をしたと証言する。

事件の日は有機納豆協会のイベントに出て、午後は冨川と車で大原へ観光に行ったとのこと。

帰りがけに奈津は「私がデザインした納豆菌の妖精」と、キャラクターグッズを2人にプレゼントしてくれる。

「笑わネバー」と気丈にふるまっている奈津だった。

涌田亜美(山本ひかる)がホテルの防犯カメラで冨川と奈津が大原方面に向かったことを確認、一応奈津はアリバイ有となる。

発酵が教える花野のウソ

土門刑事とマリコはベーカリーに向かう。

納豆菌の出どころにこだわるマリコに、苦笑いの土門だ。

ベーカリースタッフの照屋・東野は、納豆菌が検出された話に大いに驚く。

天然酵母が売りのパン工房に、納豆菌は絶対NGなのだ。

アリバイを聞く土門。

男性・照屋は竹富山へ新しい材料を探しに、女性・東野は自宅にいたとのこと。

モジモジしていた2人は、長内夫婦がもめているのを目撃した話を披露する。

奈津が開催する納豆教室が京都だということで、息子・翔に近づくことを恐れて花野が怒っていたのだった。

・ ・ ・

マリコが科捜研に戻ると、宇佐美が花野のヨーグルト酵母について疑問を感じていた。

“マダム・ヨーグルト”のウェブサイトではヨーグルト酵母の作り方をホームページで紹介しており、事件の朝ブログにアップされたビンの写真もある。

『発酵が落ち着いてきた』、『強力粉を加えるのは主人の役目』とつづられていた。

「変だわ」とマリコも気が付く。

現場にあったビンの中身は、落ち着くどころかまだブクブクと発酵が活性化していたのだ。

成分を調べてみると、強力粉が入っているため再発酵していたことがわかる。

つまり、ヨーグルト酵母を花野がパン工房に持ってきたとき、まだ被害者は生きていたのだ。

翔少年と納豆教室

「ばい菌!」といじめられている翔少年を助けたマリコ。

翔が「笑わネバー」のマスコットを持っていることに気づき、自分のも見せる。

「笑わネバーのおばちゃんがくれた」と言う翔。

「納豆菌は強いのよ、君の味方になってくれる」と励まして、「手作り納豆教室」のチラシをくれたらしい。

父親に行く許可をもらったが、母親・花野には内緒にしていたことだった。

花野が駆けつけてきたので、土門刑事と長内宅にお邪魔するマリコ。

花野は夫婦間のトラブルを否定していたが、ヨーグルト酵母のビンについて質問されると、観念して語り出す。

・ ・ ・

朝、宅急便で翔が自作した納豆が届いたのが発端だった。

ワラに包まれた納豆に加え、添えられた集合写真に講師として奈津が写っているのに驚く花野。

奈津が翔を奪還する話が進んでいるのではと、パン工房に行ったのが、12時頃だった。

届いた納豆をベーカリーのカウンターに叩きつけ、夫に抗議した花野。

奈津の6年前の家出に責任を感じていた長内は謝るばかりだ。

自分は何だったのだろうと店を飛び出した花野だが、再度話し合おうと15時28分に行ってみたら、既に夫は倒れていた。

「私は殺していない、翔の父親を殺せるわけがない」と主張する花野。

マリコは、花野が「カウンターに納豆を叩きつけた」ことに注目、「納豆菌が空を飛んだ?」と考える。

再現実験・納豆菌は空を飛ぶか?

風丘早月先生(若村麻由美)が解剖鑑定書と共に届けてくれた「奈津のおススメ納豆」で再現実験をすることになった科捜研。

花野の言うことが正しければ、納豆菌はカウンターから2.5メートル先のテーブルか、3.5メートル先のオーブンまで飛んだことになるのだ。

ビニールで防護した室内に、殺害現場と同じ家具をベニヤで構築、パン生地も用意して準備万端だ。

「終わったらみんなで美味しくいただこうね」と日野和正所長(斉藤暁)。

実験開始!

マリコが何度も納豆のワラ包みをカウンターに叩きつける!

その後各所に置いた食パン生地を検査するのだ。

しかし、テーブルとカウンター、どちらにも納豆菌は検出されなかった。

実験は失敗だが、とりあえず焼きたてのトーストに納豆をかけて食べる一同だ。

一方、亜美が大原方面で冨川の車の履歴を確認するが、何と相手は奈津ではない女性だった。

取調べ室で詰問された冨川は、奈津のことはドラッグストアの前で降ろしたと供述する。

亜美が確認すると、確かに防犯カメラ映像にマスクをした奈津が映っていた

手元を拡大すると、除菌剤を買っていることが判明!

宇佐美が現場で検出した商品だった。

・ ・ ・

取調室に呼び出される奈津。

観念した奈津は「手違いがあった」と語り出す。

納豆教室で作った納豆が翔に届いたことだ。

長内に電話で「納豆は自分が引き取る」と謝った奈津は、自分が納豆菌をベーカリーに持ち込まないために除菌剤を購入し着替えて出発。

しかし、行ったときにはもう被害者は亡くなっていたというのだ。

思わず、証拠隠滅に作業台の上の納豆を持ち出して、除菌剤で徹底的に痕跡を消したのだった。

取調室に乗り込むマリコは「疑われるのが嫌で通報できなかった」という奈津に「翔の納豆」のありかを聞いて、ホテルの冷蔵庫から取り寄せる。

奈津は「作業台の上」から納豆を持ち去ったと証言しているが、誰がパン生地に納豆を近づけたのだろうか?

宇佐美が「納豆菌の中に別の筋が見えます!」と別の菌を発見する!

納豆菌の真相

土門とマリコは工房に向かう。

目当ては職人のスタッフ・照屋だ。

翔の納豆菌からはなんと納豆菌よりも菌糸の大きいヒヨリタケの菌糸、竹冨山に生息するものが検出されたのだ。

取調室の照屋。

「2号店を任せる」と長内に言われて張り切って食材探しに山に行った照屋だったが、被害者・長内が急きょ考えを翻した。

ヒヨリタケを持参した照屋に、突然2号店は妻・花野に任せると言い出したのだ。

「マダム・ヨーグルトの店にしてやりたい」という長内に「じゃぁ俺はどうすればいいんですか」とすがりつく照屋。

泥付きのヒヨリタケについて「雑菌を持ち込むなんて、まだまだ」と更に修行するように言われて、カッとなって突き飛ばしたのだった。

「花野さんはたった6年、俺は20年だ」と嘆き、奈津に罪を着せるつもりで納豆菌入りのパンを焼いた照屋。

「怒りや暴力ってのは、人を傷つけるだけじゃない、自分が大事にしてきたものまで奪っていく」と、そっと肩を叩く土門だった。

強がる母の想い

奈津を見送るマリコは「“笑わネバー”は強くなる呪文だったんですね」と声をかける。

「強くないと大事なものを手放したことを後悔するでしょう?」と奈津。

その時、花野が奈津を呼びとめる。

翔から“笑わネバーのおばさんに”とメッセージカードを預かったとのこと。

『ネバネバネバー
ぼくもナットウキンみたいに強くなる』と、マスコットのイラスト付きだ。

花野は納豆をパン工房に持ち込んだ自分を奈津がかばってくれたと思っていた。

「いらないよ、あんなマザコン坊や」と言ってみせる奈津。

翔は納豆教室で、「納豆が好き、ママと食べたい」とつぶやいていたらしい。

「そんな子から母親を奪うわけにはいかない」と言うのだった。

マリコは照屋の供述「2号店はマダム・ヨーグルトの店に」という長内の希望を披露する。

「そんな優しいこという男じゃなかったのに」と、花野の6年間を讃える奈津。

優しい言葉に泣き出してしまう花野だった。

マリコも涙ぐみ「納豆菌は強いのよ」と涙をこらえる奈津を見送る。

・ ・ ・

いつもの屋上、土門とマリコ。

「善玉菌と悪玉菌はどっちが多いんだ」と聞く土門。

「人それぞれかな、でも1番多いのは日和見菌よ」と教えるマリコ。

人間と同じだと笑う土門に、「人間は菌で出来てるんだもん」と言って“ネバネバネバー!”と笑う、マリコだった。



スポンサーリンク

【科捜研の女】20話の感想

先週からの『納豆菌が空を飛ぶ!』との予告は、なんじゃこりゃという感じで今週を待っていたのですが、メートル単位でもその飛距離が事件の決め手になるというところは面白かったです。

納豆菌が真犯人を示すか否かというところがポイントだったので、話題としては若干地味とも言えたのですが…。

科捜研のメンバーみんなが、再現実験ということで真剣にワラ包みの納豆を叩きつけているマリコを見つめるという構図は、コミカルとシリアスの合わせ技で、なかなかよかったです。

また、マリコが早月先生のお土産の納豆を抱きしめていたシーンも、思わず笑えました。

「納豆を抱いてこんなに目を輝かせている人、初めて見た!」という感じです。

今回は宇佐美研究員もなかなかのノリで、まさかヨーグルト酵母の発酵時間で被害者と容疑者の時間軸を確定していくとは驚きでした。

さすが食通(?)の宇佐美裕也!という感じです。

結局事件の真犯人は、三角関係とは別のところにありましたね。

18年の修行の成果を失って後悔を口にしている真犯人・照屋に対し、土門刑事が恫喝しなかったのは珍しいなぁと思いました。

また、元妻・奈津が、継母になついた実の息子・翔のために現在の妻・花野を守ろうとするとは、思い切った優しさだなぁと感じ入りました。



スポンサーリンク

【科捜研の女】20話の視聴者の声

まとめ

ラストのマリコの「ネバネバネバー」、可愛かったですね!

そこで見ていた土門刑事の方にも、何らかのリアクションが欲しかったところです。

・ ・ ・

さて、次回の事件は、“オモチャ博士”がらみで起きるとのこと。

“オモチャ博士”を演じるベテラン俳優・西村まさ彦は、2010年には科捜研の女SPにも出演した刑事ドラマの常連ですが、「警視庁機動捜査隊216シリーズ」では沢口靖子と定期的に共演もしています。

寡黙な機捜の女とマスコミの記者として訳アリな仲を演じていて、いいコンビですが…。

別のシチュエーションで2人を見られるのが楽しみです!



スポンサーリンク