2019年秋ドラマ

【科捜研の女 season19】24話のあらすじネタバレと感想!ミレニアム集団自殺はテロだった?!さらば土門!

ドラマ「科捜研の女 season19」第24話が2019年12月12日(木)に放送されました。

ここでは、「科捜研の女」第24話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

土門薫刑事(内藤剛志)の妻も関わるミレニアム集団自殺事件に隠ぺいがあったこと、それが原因で現在の連続殺人が起きたことが見えてきた事件の後編です。

火浦義正元刑事(升毅)は犯人なのか、そして土門刑事の決断は…?

ファン要チェックの24話です!

【科捜研の女】24話のあらすじ(ネタバレ)

『File.24 土門刑事の選択』

第2の殺人も元刑事が容疑者?!

1999年大晦日の「ミレニアム集団自殺事件」を調査した、フリーライター・広辺誠児の殺害事件。

土門薫刑事(内藤剛志)が死んだはずの火浦元刑事(升毅)を探しに出ている間に、京都中央大学法学部長・森迫宏成も殺される。

榊マリコ(沢口靖子)の「土門さんどこにいるの?!」という心の声が響く。

・ ・ ・

森迫の殺しは、広辺と同じ手口だとわかる。

携帯の履歴から古河大儀という人物と頻繁に連絡を取っていたことが判明。

「元警察OBの国会議員だ」と土門刑事が現場にやってくる。

マリコは「火浦について、土門さんが知っていること全部教えて」と迫る。

亡き妻・有雨子(早霧せいな)と火浦についての話を語る土門には、引っかかっていることがあった。

有雨子の「許さないことをした」との真意は不倫ではないのではないか。

火浦も「刑事として、人間として犯してはいけない罪を犯した」と言っていたのだ。

有雨子の遺品を取り出す土門。

ミレニアム記念の京都タワーのチケットで、広辺の殺害現場に落ちていたのと同じものだ。

「隠された真実を絶対に明らかにしなきゃいけない、土門さんと私の手で必ず!」

そう言って土門を見つめるマリコだった。

20年前の変死の謎

森迫の死因が「頸部圧迫による窒息死」という点、凶器の形状も、広辺の殺害時と同じだ。

傷口の微物から宇佐見裕也(風間トオル)がアクリルシリコン樹脂を検出、工事現場や住宅建材に使われる成分とのこと。

防犯カメラに火浦は写っていないので、非常階段などを利用したのだろうか。

日野和正所長(斉藤暁)が、有雨子のチケットと広辺の殺害現場で発見されたものが通し番号であることを発見する。

蒲原勇樹刑事(石井一彰)の調べでも、ミレニアム前夜午後10時以降に2枚一緒に発券された可能性が高い。

ここでマリコの無茶ぶりが発動!

風丘早月先生(若村麻由美)に20年前の変死体の記録を押し付け、医大生・楡井敏秋の自殺を再検証してほしいというのだ。

広辺が「ミレニアム自殺の11年目の殉教者」とした根拠が隠されているに違いない!

「でたー、最大級の目ヂカラビーム!」と観念して取り組む早月先生。

楡井が自殺ではない可能性を発見する!

両腕に複数の圧迫痕、足に生活反応のない大きな傷があることが根拠だ。

一方、橋口呂太(渡部秀)と涌田亜美(山本ひかる)は、楡井の死亡現場は京都タワーが正面に見える屋上だと確認する。

ということは、楡井の死亡時刻の午後11時ごろ、展望台には火浦義正と土門の亡き妻・有雨子がいたはずだ!

殺人を目撃したのだろうか?

・ ・ ・

いつもの屋上の土門とマリコ。

所轄とは言え、自殺と殺しを見誤るはずはない。

八条中央署に「ミレニアム自殺」の資料がほとんど残っていなかったこと、火浦の燃やした書類の「テロ」「極秘捜査」などの文字を考えると…。

当時の事件は公安の対象になるようなテロ事案で、その極秘捜査の過程で火浦と有雨子は「罪を犯した」と推測できる。

悩むマリコと土門だ。

・ ・ ・

その頃の火浦義正。

夜の京都タワーを見上げながら、とある青年を探していた。

工事現場に会いに行ったが青年は逃げ出し、見失ってしまう。

事件隠ぺいの事情

古河大儀議員に会いに行く土門とマリコ。

古河はミレニアム当時、警備部長として公安課を率いていた。

森迫が殺害された事件との関係、過去の隠ぺいの事実を追求する2人。

観念した古河は当時の事情を語る。

「ノストラダムスの会」は面向き週末思想研究のサークルだったが、実は自分たちの死に多くの人々を巻き添えにしようと、自殺テロを計画していた。

メンバーの楡井が、医学部の病理研究所から「アルタイラ出血熱」の致死性の高いウィルスを盗み出す役を命じられた。

当時京都中央大学病院で看護師をしていた有雨子は、臨床実習中の楡井と親しくなり、自殺テロの話を打ち明けられる。

「1人じゃ止められない」との嘆きを受けて、土門に相談しようとした有雨子。

しかし土門は広域強盗事件で大阪府警に出張中で、とほうに暮れた有雨子の相談に乗ったのが、火浦元刑事だったのだ。

火浦は古河に情報を上げ、テロ事案として公安で扱われることになる。

厳重に口止めされた有雨子は土門に相談することもできず、楡井の説得と相談相手を引き受ける。

楡井は復縁した彼女が妊娠したとのこと、「だったら、彼女と赤ちゃんのためにもわかっていることを話して」と説得する有雨子。

大晦日の日、楡井からの電話で「自分は見張られている、場所と散布方法が書かれた紙を京都タワーで渡す」との連絡が入る。

タワーに駆け付ける有雨子と火浦を、あの日土門は目撃していた。

楡井は手書きの地図を有料双眼鏡に隠し、2人との接触を避ける。

すかさず火浦が古河に連絡し、処理班が現場「東山大社の鳥居」に急行。

装置を解除してテロは防げたが、学生10人はウィルス散布成功を信じて服毒自殺してしまった。

「それほどの事件がなぜ公表されなかったんです?」と責めるマリコ。

当時東京で起きたばかりのテロの印象が強かったため、またテロが京都で起きかけたとは公表できないとの判断だった。

「テロの呼び水か…」と怒る土門。

「京都、そしてこの国の治安を守るためだった」と古河は言うのだった。

火浦に接触した青年

藤倉甚一刑事部長(金田明夫)に報告する土門たち。

火浦の辞職は、楡井を死なせてしまったことが原因だろう。

今回の2件の殺人が火浦の犯行だとすれば、
・広辺は金のために記事をボツにしようとした
・森迫は保身から大金を払い隠蔽に加担した

つまりは、事件を隠蔽した人間を次々と殺害しているのだろうか。

「火浦義正の行方を追うのが急務」と指示を出す部長だ。

・ ・ ・

解剖鑑定書を調べなおすマリコ。

広辺の「胸部の圧力による亀裂骨折」に疑問を持つ。

火浦の指紋が手を重ねる形で被害者の衣服の胸についていたことを考えあわせると…。

「心臓マッサージみたいですね」と宇佐美。

火浦は殺人犯ではなかったのだろうか。

防犯カメラを確認していた亜美と呂太にも発見があった。

広辺の殺害当日、火浦の古本屋から青年が飛び出していく様子が映っていたのだ。

顔認証でも身元も前歴もヒットしないが、思いついたマリコは蒲原刑事に「あること」の調査を依頼する。

押収した古本屋台帳から手がかりを探すマリコ。

店は開店休業状態だったが5月に買い取りが1件、『室岡厚也・19歳・専門学校生』が、医学の参考書を売却したことがわかる。

該当図書の末ページには『楡井敏秋蔵書』との印が押されていた!

蒲原の調査で、楡井の元恋人・室岡ちさ子が、今年の4月に病気で亡くなっていたことが判明。

古本屋を売り払った人物は、楡井の息子に違いない!

楡井の息子の真意

室岡厚也のバイト先の工事現場に急行した土門と蒲原。

被害者に付着した塗料を確認、また、厚也のロッカーからチラシを発見する。

『クリスマスチャリティー音楽祭:12月1日京都文化博物館ホール、入場無料』とあり、古河議員が列席することが明記されている!

厚也の狙いは古河、開会まであと1時間10分しかない!

・ ・ ・

マリコと亜美は博物館に急行、土門・蒲原と合流する。

古河議員は警護をつけてイベントは続行するとのこと。

立食パーティ形式のホールには、すでにお客さんがたくさん入っている。

防犯カメラで、厚也は10分前に別館入り口から入館していることが判明。

古河が開会の言葉を述べるために壇上に上がった時…マリコが厚也を発見!

ナイフを立ち上げ、議員に近づく淳也!

土門の怒号がお客を振り向かせ、乱れたお客の間から、火浦が厚也と古河の間に立ち塞がる!

「邪魔しないで、どいて!」と厚也。

「やめるんだ、君が殺すべきなのは俺なんだ」と火浦。

「俺は君のお父さんを見殺しにした」と真実を語り出す。

・ ・ ・

ミレニアム直前の京都タワーで、火浦と有雨子は、楡井がサークルのメンバーに連れ去られる瞬間を目撃していた。

追いかけるも見失った火浦だが、展望階にいる有雨子がビルの屋上にいる彼らを発見、携帯で知らせる。

警察官と会っていたことがばれた楡井は暴行を受けている最中だった。

「早く通報して」と言う有雨子、判断を迫られる火浦。

自暴自棄になった連中が、処理班が到着する前にウィルス散布を開始したら…と逡巡したのだ。

2人が苦渋の決断で通報をあきらめた時、目の前で楡井が突き落とされる!

それがミレニアムの1時間前の出来事だった

・ ・ ・

厚也の説得を続ける火浦。

…楡井を見殺しにした自分は死んでも構わない。
しかし、君のお父さんは大勢の命を、生まれてくる君を守るために命を落としたのだ。
だから、君は生きてくれ!

ナイフをおろして涙ぐむ厚也。

火浦は厚也の肩を抱き、土門がそっと厚也のナイフを取り上げる。

すべてを見守るマリコだった…。

火浦の告白

取調室で、土門は火浦義正を、蒲原は室岡厚也を担当する。

滋賀でホームレス同然の暮らしをしていた火浦は、バラックが焼失した時偶然難を逃れ、自分が死んだことになっていた。

火浦の成りすましていた古本屋に、母の遺物だと厚也が本を売りに来て2人は出会う。

楡井が殺害されたことを話したが、見殺しの件は打ち明けられなかった火浦。

厚也は広辺に事件の調査を依頼したが、広辺は記事を隠ぺいして森迫を脅迫。

原稿のコピーを持っていた厚也は公表したいと火浦に見せたが、恐怖を感じた火浦はその場で燃やしてしまう。

厚也の怒りは隠ぺいした人物たちに向く。

広辺の殺害シーンを目撃した火浦は、蘇生を試みる時にミレニアム展望チケットを落としたのだった。

厚也は、父の自殺は自分が望まれない子だからだと思い続けていたことを「あいつらのせいで…」と嘆いていた。

火浦は土門に有雨子を巻き込んだことを詫びる。

立ち上がったものの何も言えない土門。

マリコが入ってきて「それでも、あなたは生きてください」と語る。

20年前、1人の命と大勢の命を天秤にかけるような選択を迫られた…だとしたら、あなたはその答えを受け止めて生きるべきです。
亡くなった楡井さんや有雨子さんの為にも、あなたには生きる義務があるはずです!

目をつぶる火浦、沈黙の土門だった…。

土門刑事の選択

土門が警察学校への辞令を受け取り、大騒ぎの科捜研だが…。

蒲原刑事は藤倉刑事部長に落ち着いて決意を語る。

「土門さんには刑事として1番大切なことを教えていただきました。今度は俺が、あの人のようになる番です!」

満足そうにうなずく部長だ。

そして、京都府警察学校。

教壇に立った土門は若い警察官候補生に、“ある刑事”火浦の話を語る。

「目の前の1人の命と無数の命、どちらを選ぶか」を迫られた火浦。

…警察官の仕事は残酷な選択に立ち向かうものだ。
それが辛く苦しく大事なことか、それをキミらに伝えることが自分の使命だと思っている!

・ ・ ・

1人、いつもの屋上で京都タワーを見つめるマリコ。

まだ隣に土門さんがいるような気がする…。

寂しい気持ちを押し殺して、歩き出すマリコだった。



スポンサーリンク

【科捜研の女】24話の感想

「えー!もう土門さん出てこないの?!」との一言に尽きる、第24話でした。

最後まで逆の可能性があると信じて見ていましたが、ついに本当に土門刑事が異動になってしまいましたね。

今まで刺されたり撃たれたり(!)本庁への異動の話があったりしても、ずっと現場にしがみついていたのに…1ファンとして、相当ショックです!

事件としては、火浦元刑事だけではなく土門の妻・有雨子の方も20年前の事件のキーパーソンだったという展開にはびっくりでした。

不倫はなかっただろうとは思っていましたが、ずいぶん話が大きく広がりましたね。

また、11人もの自殺の真相がテロ未遂だったことの隠蔽が、今回の連続殺人のきっかけだったことにも衝撃を感じました。

楡井には「失恋したくらいで変な団体に入るな!」と怒鳴ってやりたくなりましたし、厚也には「事件を隠蔽した人物は父親の仇じゃないぞ!」と言い聞かせたくなりました。

でも、不幸なときに責任転嫁する気持ちで何かを追い求めたくなる衝動は、わかる気もするんですよね。
(苦笑)

最後の殺人を無事防ぎ、土門刑事は警察学校に…と、一応円満解決となった事件でした。

今後土門の不在で、科捜研と刑事たちの関係も変わってきそうな予感がしますね。

ラストの屋上でのマリコは、涙を見せなかったものの、かなり寂しそうに見えました。



スポンサーリンク

【科捜研の女】24話の視聴者の声

まとめ

SNSも土門ロス…どもまりロスで荒れ模様です。

土門刑事が異動で離れたことで、逆にマリコと恋人に…という展開はなしでしょうか。
(笑)

興奮冷めやらない事態ですが、次回予告はこれまたビックリなヒキとなっていましたね。

サイバー犯罪対策課に異動した“ヤスノさん”こと吉崎泰乃(奥田恵梨華)が久々に顔を出してくれるのは楽しみですが、なんと蒲原刑事にも異動の噂が…。

ここまでくると大改革すぎて、ドラマとしてどうなってしまうのか気が気ではないですね。

ともあれ、上海に出張鑑定するマリコと蒲原刑事の活躍を楽しみにしたいと思います!