2020年冬ドラマ

【科捜研の女 season19】32話のあらすじネタバレと感想!マリコ、魔性のネイリストと対決?!

ドラマ「科捜研の女 season19」第32話が2020年2月27日(木)に放送されました。

ここでは、「科捜研の女」第32話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

今回は「マリコvs魔性のネイルアーティスト」ということで、ゲストには佐藤江梨子が出演します。

佐藤江梨子演じる佐和は不良から更生したネイリスト、被害者は元不良仲間なのですが…。

研究一筋の榊マリコ(沢口靖子)がマニキュアなんて、一番似合わない気がしますが、ネイルからどんな真相が読み解かれるのでしょうか?

【科捜研の女】32話のあらすじ(ネタバレ)

『File. 32 マリコのネイルサロン』

赤いネイルのご遺体

アパートに臨場する科捜研メンバー。

被害者は朝吹樹里・生命保険会社勤務の女性で、発見したのはフリーターの彼氏・北村だった。

遺体の腹部には刺傷が見られ、榊マリコ(沢口靖子)の見立てでは硬直状態から死後1時間以内ほどだ。

橋口呂太(渡部秀)が新聞にパールのネイルストーンが落ちているのに気付く。

『ラ・シャヴァンヌ』というネイルサロンのメンバーカードを蒲原勇樹刑事(石井一彰)が発見。

涌田亜美(山本ひかる)はその店が「みやびライフ」というタウン誌に紹介されているのを見つける。

『ネイルの魔法で女性を笑顔に』という記事で、ネイリスト・篠宮佐和が微笑んでいた。

・ ・ ・

鑑定と解剖開始!

・死亡推定時刻は昨日の午後2時から通報までの30分
・左腹部を刺された失血死、刃渡り8センチ超のナイフが凶器
・被害者の赤いネイルの爪は周辺がかぶれている
・パールのネイルストーンにはグリーンのマニキュアが付着

などがわかる。

指紋が前歴データにヒット、被害者・樹里(佐藤乃莉)には詐欺罪・恐喝罪の前科があった。

「1ヵ月前から上機嫌だった」、「“例の金のなる木”の客が来ると言っていた」という北村の証言とも合致する。

宇佐見裕也(風間トオル)の鑑定で、落ちていたネイルストーンの卸先にラ・シャヴァンヌも入っていることが判明。

ネイルサロンに走り出すマリコだ。

マリコ、ネイルをしてみる

ラ・シャヴァンヌでは3人のお客さんが盛り上がっていた。

「佐和ちゃん」と呼ばれる店長はシニア割引も実施しており、聞き上手だと愛されている様子だ。

戻ってきた篠宮佐和(佐藤江梨子)の爪を見て驚くマリコ。

マニキュアの色はエメラルドグリーン、しかもネイルストーンのパールが外れている指がある!

思わず指を握り締めて「これと同じ爪にしてください!」と頼むマリコだ。

つけ爪、マニキュアとジェルネイルの違いなどについて説明を受けるマリコ。

ジェルネイルは業務用ライトに当てるとすぐ固まるのが特徴だ。

マリコは鑑定用のライトを取り出し、固まるかどうか試してみる。

「ネイルはいつでも自分の目で楽しめるのでお得」と語る佐和。

ラインストーンのパールは「在庫がない」とのことだったが…

・ ・ ・

科捜研に帰り、ネイルを自慢するマリコ。

パールストーンも何と佐和の爪からはがしてもらい、付け替えてもらったので、成分分析ができると意気揚々だ。

ストーンもジェルネイルも被害者宅に落ちていたものと一致する!

佐和が被害者のアパートを訪問していたのは間違いない。

その頃、土門薫刑事(内藤剛志)は2人の関係がネイリストと客だけの間柄ではなかったと突き止めていた。

朝吹樹里と佐和は、万引きや窃盗を繰り返す不良チームの一員だったのだ。

マリコと蒲原の追求に、佐和はすんなり不良仲間だったことをネタに、樹里からゆすられたことを認める。

タウン誌を見て来店、常連とも馴染んでいたのに、突然「300万円をカンパしてほしい」と不良の時の写真を見せたのだ。

「写真のデータは隠してある」と笑う樹里に、佐和は「言いたければいえば」と強気で対応した。

「悔やんだって過去は変えられない、中傷は受け入れる」と言い返すと、樹里はジョークにしてその後は脅さなくなったとのこと。

事件当日は出張ネイルに行き、「合コン用に」とのオーダーでジェルではなくマニキュアをほどこした。

しかし13:45には終了し、その時にテーブルに指をぶつけたのでパールが落ちたのだと主張する。

殺害時刻のアリバイはない様子だ。

被害者のネイルの秘密

黒饅頭と解剖鑑定書を持参してくれる風丘早月先生(若村麻由美)。

被害者の血液からテトラサイクリン系抗生物質が発見されたとのこと。

樹里は3日前、口内炎で抗生物質を処方され、「薬剤性光線過敏症」になっていたのだ。

指のかぶれは3日経過ほどなので合致する。

指先がかぶれるならジェル用ライトだが、樹里にはマニキュアが塗られていたはずだ。

ご遺体に除光液を試してみるマリコ・亜美・呂太。

現在塗られているのはやはりマニキュアだった。

しかし、もっとこすってみると、花模様の別の層が見つかる!

マニキュアの下にジェルネイルが施されていたのだ。

しかもさらに確かめると、人差し指1本の爪に二次元コードがプリントされていた!

データ保管サービスに接続され、2枚の写真データが保管されていたことが判明する。

1枚目:若い頃の女性不良グループの写真
2枚目:中年女性と髪の長い若い女性の写真

「これがもう1つの金のなる木…」と、つぶやくマリコ。

「家庭用ネイルプリント」で手軽にこのような処置ができることに驚く日野和正所長(斉藤暁)と宇佐美。

亜美が写真の女性を解析すると、「真木英子」という傷害の前歴者がヒットする。

もう1つの金のなる木

京都西保護観察所。

土門・蒲原が真木英子について質問すると、「60がらみの桔梗のネイルをした女性」も真木の所在を聞きに来たことが判明する。

蒲原と「南風クリーニング」に話を聞きに行く。

三枝佳乃(藤田弓子)は、孫の真央と一緒にサロンの常連だったのだ。

その真央の母親・三枝沙織の顔を見て驚くマリコ。

例の写真で真木と話していた女性だった!

沙織は、樹里は単なる客仲間で手の甲の「ハートのアザ」について話したことがあるだけ、真木には道を聞かれただけと語る。

帰ってきた佳乃は、慌てた様子でマリコと蒲原を公園に連れ出す。

蒲原に脅迫のことを聞かれ、観念した佳乃。

昔、施設から引き取った養女が今の娘・沙織だった。

夫の亡くなった後、ネイルを勧められて佐和の店に通うようになった佳乃は樹里と出会う。

樹里は真木と沙織の写真を見せ、「犯罪者親娘だ」と脅迫、50万円するゴールドの3連リングを要求、さらに金を出せと脅迫を重ねたのだった。

マニキュアとアリバイ崩しの実験!

殺害は否定する佳乃に対し「3連リング」を気にする土門。

樹里の彼氏・北村がその指輪を付けていたのだ。

土門の追求に、北村は樹里の遺体発見時に指から抜き取ったことを白状する。

指輪の内側に付着しているマニキュアを分析してみると、樹里の赤いマニキュアに間違いない。

しかし指輪に付着したなら、樹里の死亡時刻後にまだネイルが生乾きだったということになる。

佐和の帰宅は13:45で死体発見は14:30、乾くのが遅すぎないだろうか?

佐和がウソをついているのか、湿度のせいで乾きが遅かったのか…。

「みんな手を貸してくれるわよね?」とマリコがニッコリ笑うので、おびえる一同だ。

・ ・ ・

マリコと亜美に、被害者と同じ赤いマニキュアを塗られてしまった、蒲原を含む男性陣。

ストップウォッチを並べたマリコ曰く「たくさんのサンプルが欲しい」とのこと。

塗布後平均21分13秒、最長でも23分9秒でマニキュアが乾くことがわかる。

つまり佐和がマニキュアを塗ったのは2時7分以降…偽証したことは間違いない!

・ ・ ・

責める蒲原に「確かに2次元コードを隠したのは私です」と白状する佐和。

佳乃の赤ギレた「働く手」が、バイクの修理屋で働いていた亡き母の油まみれの手と重なり、守りたくなったとのこと。

万引きで補導された時に、自分のために土下座した母の手を見て更生する気になった佐和だった。

「シニア割引」も天国の母への罪滅ぼしだった。

しかし、1週間前に樹里が佳乃を脅しているのを目撃した佐和。

出張ネイルで呼び出され、花模様を1本だけ付け爪に施すように頼まれた佐和は、その時、「金のなる木」との電話を聞いてしまった。

気になって再訪問したとき、既に樹里は死んでいた。

遺体の指の二次元コードを佳乃のために隠そうと、赤いマニキュアを塗った…というのが佐和の告白だった。

佐和が持ち去った樹里の付け爪を鑑定するマリコ。

付着物から新事実を発見する!

事件の真相と、母の手

とあるクラブに出向く土門。

付け爪から出た皮膚片は、真木英子(広岡由里子)のものだったのだ。

観念して凶器のナイフを提出する真木だ。

・ ・ ・

真木と樹里は更生施設からの付き合いだった。

2人で飲んでいた時、真木は子供を養女に出したこと、右の手の甲にハートのアザがあることを明かしてしまった。

樹里はネイルサロンで沙織を発見し真木に教える。

つい道を聞くふりをして会いに行ったところを樹里にツーショットで隠し撮りされたのだった。

樹里の母親を脅迫しようという話に乗って見せた真木。

しかし嬉々として脅迫を続ける樹里を刺殺「アナタには分からないでしょうね…」とつぶやくのだった。

「殺したのは娘と孫を守るためか?」との土門の問いに「まさか、金を独り占めするためよ」と真木。

しかし「私はそういう女」とつぶやく荒れた真木のマニキュアを見て、何かを思うマリコだった。

・ ・ ・

佐和は情状酌量で起訴猶予となった。

佳乃は「私なんかのために…」と泣きながら佐和にお礼を言う。

「次は春らしいデザインにしましょう?」と、笑って手を取る佐和だ。

・ ・ ・

いつもの屋上。

「今回の事件ではいろんな女性の手を見た気がする」とマリコはつぶやく。

「手は口よりも雄弁だからな」と言って、土門はマリコの横浜にいる母のことを「恋しくなったか?」と持ち出す。

「さあ、どうかしら」と微笑むマリコだった。



スポンサーリンク

【科捜研の女】32話の感想

ある意味ネイルアートがテーマになるのもうなずける、女性の心の機微のようなものが感じられるストーリーでした!

養女である娘の出自を隠そうとして脅迫に屈する三枝佳乃の桔梗のネイル、平気で旧友をも脅迫する樹里の派手なネイル。

不良時代から立ち直った佐和のグリーンとパールストーンのネイルは、働く女性の凛としたオシャレというイメージでしょうか。

そして何といっても、最後に真犯人だと判明した女性・真木の爪の赤いネイルがガタガタだったのは、脅迫と娘の間で揺れる心を表しているようで、痛々しかったです。

「捨てた娘」と口では言っても、やはりマリコの察した通り実娘の一家を守るために殺人に及んだということでしょうね。

ドラマながらも、この後の捜査や裁判で、佳乃の娘・沙織(実は真木の娘)や孫の真央に裏の事情が伝わりませんように…と祈りたくなりました。

しかし、乾燥スピードを実験するためだけに男性陣が真っ赤なネイルをされていたのには笑えました!

考えてみれば全部の指にマニキュアをしなくても、2,3本で良かったのかも…。

はがすまで捜査に出られないからか蒲原刑事が釈然としない感じなのに対し、宇佐美さんは平然としていたのが面白かったです!



スポンサーリンク

【科捜研の女】32話の視聴者の声

まとめ

来週は1回お休み、次回は3月12日の放送となります。

シーズン初期の第6話で嫌疑を逃れた「後妻業の女」こと聡美(鶴田真由)が再登場するのですね。

マリコの生き方と顔を合わせて『ブス』と表現する恐れを知らない聡美は、いったいなぜマリコを呼び出す気になったのでしょうか。

また、NY市警から来たという異色の刑事役として、清水ミチコもゲスト出演します。

何だか濃い展開になりそうで、ひょっとしたら2話続きになるのかもしれませんね!