2020年冬ドラマ

【科捜研の女 season19】33話のあらすじネタバレと感想!後妻業の女再び!NYと京都をつなぐ殺人事件!

ドラマ「科捜研の女 season19」第33話が2020年3月12日(木)に放送されました。

ここでは、「科捜研の女」第33話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

2週間ぶりの今回は大富豪の父娘がNYと京都で相次いで殺害されるという事件で、ゲストもにぎやかです。

再登場の高飛車な後妻業の女・聡美を演じる鶴田真由、そしてNY市警から来た刑事を演じる清水ミチコです。

『ブス』呼ばわりされる榊マリコ(沢口靖子)ですが、あくどい後妻に「4度目の正直」となるのでしょうか?

【科捜研の女】33話のあらすじ(ネタバレ)

『File. 33 ニューヨークから来た悪魔』

NYと京都で親娘の遺体

珍しくヒマな科捜研。

日野和正所長(斉藤暁)や宇佐見裕也(風間トオル)が、テリヤキングの会長・本多嘉壱の遺体がNYの自宅で発見されたニュースを見ていると…。

蒲原勇樹刑事(石井一彰)が科捜研の出動を要請しに来る。

河川敷で発見された頭にキズのある女性の遺体は、テリヤキングジャパンの専務・本多鏡子だった。

榊マリコ(沢口靖子)の見立てた死亡推定時刻は昨夜の8から10時、殺害場所は別、頭部のキズに光る微物が付着していた。

・ ・ ・

テリヤキングに事情聴取に向かう土門薫刑事(内藤剛志)。

現在の社長は本多嘉壱の次男・光二で、長男・幸一は以前父親に会社を追われたことを恨みに思っていた。

しかし、現在日本のテリヤキングは業績不振で、さらに妹で専務の鏡子に社長を交代させる考えが嘉壱にはあったらしい。

鏡子は死亡時スマホを持っていなかったが、殺された心当たりも含めて何も知らないという光二社長と宮下常務。

しかし、土門が目を付けた会社の会議室で致死量の血痕跡を発見、殺害現場と判明する。

宮下常務が兄・幸一も父妹ともめていたはずだと、嘉壱の「遺言書」を見せに来る。

『全資産の80%を森聡美に遺贈する』と書かれている。

森聡美といえば、“後妻業”、“令和の毒婦”と名高い女で、科捜研とも縁がある。

「アメリカの実業家にも公正証書とは」と、聡美にあきれる所長、

会長と娘が同時期に死亡とは「確かに怪しすぎる」と涌田亜美(山本ひかる)。

「それなら科学で証明しましょう!」とマリコ。

風丘早月先生(若村麻由美)にご遺体の血液採取を依頼して毒物検査、何とかNYの嘉壱の遺体についても情報提供を依頼することになる。

後妻業・聡美の言い分

土門による幸一・光二からの聞き取りで聡美のことが見えてくる。

光二と鏡子がNYの父親・嘉壱に会いに行った時、聡美については何も明かさなかった。

父が急死、警察の捜査後、フィラデルフィアの教会での葬儀に花を持った聡美が現れ、遺言書を見せられた。

『遺産の8割は聡美に、残り2割は遺言執行者の幸一に』という内容に引っかかる土門。

次男と妹には会社の株だけしか残されておらず、光二は「認められない」と憤る。

「遺産なんて諦めていた」と幸一。

幸一が遺言を執行すれば遺留分より少し多い遺産が手に入る…それも10億はくだらない額だ。

「親父は昔から人を使うのが上手かった」と皮肉を言う幸一。

怒る光二に「公正証書があると裁判でも勝てない」とうそぶく。

「父も妹もきっとあの女に殺されたんだ」と光二は悔しがる。

・ ・ ・

科捜研の鑑定の結果…

・鏡子の血液から毒物は発見されなかった
・微物は銀メッキ状のもの、凶器は不明
・殺害時刻、会社の防犯カメラに黒衣の女が映っていたが、歩容認証で聡美と判明

などがわかる。

死亡時刻に会社に聡美が来ていて、防犯カメラのない裏口から出たわけだ。

手袋をしていたので指紋は残っていないが、所長はハイヒールに注目する。

現場の日本では未発売のヒール跡と、聡美のものが一致しそうだ。

しかし聡美が犯人にしても、大阪から京都にご遺体を運んだ理由がわからない。

「彼女は今どこにいるのかしら」と、マリコたちが噂していた時…。

何と聡美(鶴田真由)が京都府警に出頭して来る。

犯行を否認するが、無実の証拠もないらしい。

土門が担当だと聞き「私ってもってる…あのブスを今すぐここに呼んで」と挑戦的だ。

取調室に入り、聡美のレンタカーの追跡結果を見せるマリコ。

事件の日、大阪府茨木市…京都方面に向かっている映像だ。

被害者・鏡子とはアメリカで会ったきり、大切な婚約者「いっちゃん」の会社を見たかった、などと主張する聡美。

「証明するのがソッチの仕事」と言い、しぶしぶ大阪の知人・水島の住所をメモる。

アメリカで実業家のパーティに参加し、「いっちゃん」の関心を引いた聡美。

「お金は私が集めた愛」と主張して、マリコにイヤミをぶつけて無罪を証明しろと迫る。

「必ず科学で証明します」と、冷静なマリコだ。

聡美は「私はいっちゃんに愛されていた、娘を殺すはずがない」と開き直って、迎えに来た幸一と悠然と帰っていく。

ブルックリンから来た刑事

科捜研に戻ると、佐伯志信本部長(西田健)がNY市警で研修中の刑事・朝比奈(清水ミチコ)を連れてきていた。

ブルックリン75分署殺人課で本多嘉壱会長の一件にも携わっていた。

聡美のことは気になっていた、しかし殺人の証拠は見つからなかったとのこと。

日本での殺人事件を聞いて、休暇を取って来日したのだった。

所長が嘉壱の毒物再検査の件を佐伯本部長に念押しする。

・ ・ ・

蒲原と土門は、大阪の水島宗助の家に向かう。

妻を亡くして独り暮らしの裕福な水島。

「よく次から次に探すもんだ」と語り合う刑事2人だ。

資産家限定のお見合いパーティで聡美と知り合い、海外旅行に行ったり看病してもらったりと、献身的な聡美に感謝している水島。

つい「殺されかけているのに」とつぶやく蒲原だ。

おととい、聡美は11時過ぎ来訪し、翌朝まで水島と一緒にいたとのこと。

レンタカーは水島が返却したのだが、「久しぶりの長時間運転にヒヤヒヤした」との話に疑念がわく2人。

案の定水島も、遺産を聡美に譲るという遺言状を書いていた。

聡美が水島宅に忘れて行ったというネイル用の紙やすりに注目した土門。

以前、神奈川県警での供述調書で「付け爪は(老夫の)お世話の邪魔なのでしない」と証言した聡美だったが…。

京都府警に現れた聡美は、ネイルではなく付け爪をしていたのだ。

科捜研で、違和感をマリコにぶつけてみる土門。

話しているうちにマリコはふと思いつく。

最近の事件で、付け爪で秘密のQRコードを隠していた被害者がいた。

聡美も何かを隠しているのだろうか?

凶器の発見と聡美の本音

携帯電話の位置情報を調査していた橋口呂太(渡部秀)。

聡美の携帯は夜、水島家を出ていなかった。

携帯を置きっぱなしにした、レンタカーを使わなかった、水島が偽証した…などの可能性などを考える一同。

蒲原が水島の自家用車と聡美のスマホを調べる手配をする。

・ ・ ・

テリヤキングの社長室では光二vs幸一と聡美という構図でもめていた。

遺言の執行を阻もうと、光二が通帳や印鑑を渡そうとしないのだ。

「会社のイメージダウンにもなる」とすごむ聡美、裁判も辞さないという光二。

土門が乗り込んで、聡美の毛髪提出を要求する。

その場でハサミで毛先を切り捨てる聡美。

土門が付け爪のことも追及すると「いっちゃんは死んだんだから」と居直る。

「新たな獲物では?」と水島の写真を見せると黙ってしまう聡美だ。

・ ・ ・

水島の車で見つかった長髪が聡美の髪と一致した。

またドライブレコーダーの復元映像に、死体現場と聡美の写っている瞬間も確認できる。

大阪・島本町の草原でも車を降りていることが判明。

凶器を破棄した可能性を考え、マリコは警察犬の出動を要請する。

呂太は聡美のスマホから削除データを復元。

『遺産の件で相談があります。今すぐ会社に来られますか?』との被害者・鏡子からのメールが死亡推定時刻に送られていた。

また、外国の医療器具の通販サイトで注射器などを購入している履歴も発見される。

人海戦術で島本町の山林を探し回る土門たちは、血の付いたテリヤキングソースの受賞トロフィを発見する!

事件の意外な真相

テリヤキングに乗り込むマリコと土門・蒲原。

トロフィは間違いなく鏡子殺害の凶器であり、血液指紋はなんと宮下常務のものだった。

「会長が専務(鏡子)を社長にする条件は、販売担当である自分をクビにすることだった」と、告白する宮下常務。

鏡子からそれを言い渡され、カッとなって殴り殺してしまった。

とっさに遺産でもめている聡美に罪を押し付けようと、恭子の携帯メールで呼び出したのだった。

しかし、聡美は宮下常務の予想の上を行き、凶器と遺体を移動した。

「さすが!苦労して運んでよかった」と取調室で笑う聡美。

聡美は「大阪府警はあてにならない」と思い、土門とマリコを目当てに一計を案じたのだった。

「ふざけないでください」と怒る蒲原。

「死体遺棄と証拠隠滅で済むと思うな」と土門。

マリコが凶器から発見された微物の鑑定書を持参する。

微物は聡美の爪、しかもエチレンブレコール系の薬物…代謝の早い毒物が検出されたのだ。

NY市警の再調査で、会長の遺体の口内に注射痕が、さらに舌苔から同様の毒物の成分が発見された。

「つまり本多嘉壱さんを殺したのはお前だ!」と、怒鳴る土門。

「アメリカに起きた事件でも日本で逮捕できます!」と蒲原。

土門が朝比奈刑事を取調室に招き入れる。

朝比奈はマリコと握手して、土門と取り調べを交代する。

「刑務所でも愛の残高は確認できる、良かったな」と土門。

土門に「人生を犠牲にして大金を得て、生きている実感を得ている化け物」と言われ、「犯罪者を逮捕することで生きている実感を得ている化け物」と言い返す聡美。

何も言わず、席を外す土門とマリコ。

いつもの屋上でそのことを話し合う。

自分の人生を犠牲にして犯人や証拠を上げている…でも、それが自分たちの人生だと、認め合う2人だった。



スポンサーリンク

【科捜研の女】33話の感想

さすが「科捜研の女」、以前の事件…『File. 32 マリコのネイルサロン』の内容をちゃんと踏んで、付け爪に目を付ける流れは興味深かったです。

「こんな夜更けに」と不服を言ったマリコでしたが、土門の付け爪とネイルを気にした疑問に打てば響く!という感じで、やっぱりいいコンビだなと思いました。

しかし“令和の毒婦”こと聡美もお見事、科捜研がドライブレコーダー映像の復元をすることまで織り込み済みだったのですね。

でも、欠けたツメから殺人の証拠である毒物が検出されるとは、それこそツメの甘い(?!)話でした。

携帯でアメリカでの凶器の注射器を購入したことも、海外サイトで履歴を消去したとしても危ういことでしたよね。

本当、この番組を見ていると「悪いことはできないものだな」と感じ入ります。

土門刑事も毒婦・聡美の逮捕に満足したのか、「刑務所でも愛の残高は確認できる」などとイヤミを飛ばすとは、結構珍しいことだなぁと思いました。

でも聡美のような女、結構犯罪者と確定されてもファンがついたり、たぶらかされた富豪から減刑の嘆願書が届いたりと、ややこしいことになりそうですね。

ふてぶてしく刑務所で生きて、どこかでまた登場することがあるかもしれませんね!



スポンサーリンク

【科捜研の女】33話の視聴者の声

まとめ

今回、清水ミチコの活躍は少なかったですね…友情出演という感じでした。

聡美を演じる鶴田真由に対抗するには、清水ミチコくらいアクのある女性が良かったということでしょうか。

さて、次回は2時間スペシャル、1年通して放送された「科捜研の女」の集大成です。

なんとマリコ本人は関わっていないものの、彼女の京都科捜研就任頃に起きた事件に戻るというのだから、ビックリです。

「20年前の真相です!」と、予告のマリコが言い切っているのですから、メンバーも普通に20年の年を経ていた設定だったと明らかになりました。
(苦笑)

懐かしいマリコの父・榊伊知郎(小野武彦)も久々に登場します。