2019年秋ドラマ

【まだ結婚できない男】最終話(10話)のあらすじネタバレと感想!ついに桑野がまどかとお付き合い?!

スポンサーリンク



ドラマ「まだ結婚できない男」最終回(第10話)が2019年12月10日(火)に放送されました。

ここでは、「まだ結婚できない男」最終回(第10話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

桑野信介(阿部寛)が家の設計を担当する男性・木村と、離婚を考える妻が建築差し止め訴訟を起こします。

その妻が弁護を依頼したのは吉山まどか(吉田羊)で…。

【まだ、結婚できない男】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?カンテレ制作・フジテレビ系火9ドラマ「まだ、結婚できない男」が2019年10月からスタートします。 阿部寛さんの主演で2006年に...

【まだ結婚できない男】最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)

家の設計を担当している木村の弁護士から、木村側の証人として出廷してほしいと頼まれる桑野信介(阿部寛)。

桑野はその申し出をすぐに承諾します。

その頃、岡野有希江(稲森いずみ)のカフェで木村の妻と話をしていた吉山まどか(吉田羊)。

有希江は、桑野とまどかが裁判で戦うことになり心配します。

その夜、桑野はタツオを散歩させていた戸波早紀(深川麻衣)と出くわします。

裁判で証言をすることをまどかから聞いていた早紀は、心配して裁判の話をしました。

しかし、桑野は全く気にしていません。

裁判を翌日に控えた桑野が有希江のカフェに行くと、まどかと鉢合わせします。

まどかから裁判の進み具合を聞かれて、守秘義務だと話す桑野。

険悪な空気を察した有希江が、村上英治(塚本高史)の結婚式でスピーチした桑野の写真を見せます。

するとブーケトスについてのうんちくを話しだす桑野。

話を聞いて、まどかは一気にテンションが下がります。

裁判の日

建築工事差し止めについての裁判が始まります。

そこへ英治や森山桜子(咲妃みゆ)、有希江や早紀も傍聴にやって来ました。

証人台にいる桑野に「設計しているのは、一人暮らし用ですか?」と尋ねるまどか。

桑野は設計図を取り出し、いかに快適に一人暮らしをするかを考えて設計しているかを説明します。

鉄道模型が趣味の木村は、これまで結婚生活でずっとそのことを妻に隠して生きてきました。

しかし離婚を機に、自分の趣味である鉄道模型のための部屋を作りたい木村。

すべての部屋に小さな穴をあけて、部屋中を鉄道が走れるよう設計してもらいました。

しかしこれまでそんな話を妻は聞いたことがなく、なぜこれまでそんなことを隠してきたのかとまどかは尋ねます。

そして裁判にもかかわらず、まどかも桑野もヒートアップしてしまい、裁判官から怒られてしまいました。

最後には、ついつい自分の感情をこめて語ってしまうまどか。

裁判が終わり、桑野は日課のヤクマルのブログを見ていると、「一人よりも二人が楽しい」と書いてありました。

すると早紀がやって来て、タツオと雌のパグを預かってほしいと言います。

タツオが恋するメスパグの飼い主の男性と一緒に出掛ける予定のある早紀は、桑野にタツオたちを任せてさっさと出かけて行きました。

桑野は、裁判でまどか話した言葉を思い出します。

そして、木村の一人暮らし用の設計図を眺める桑野。

その頃、有希江のカフェにいたまどかは、長野の母親が体調を悪くした話をしていました。

長野に帰って母親の事務所を引き継ぐかどうかを悩むまどか。

有希江は桑野に相談したかを尋ねますが、まどかは「有希江さんは桑野さんといい感じだから話せるけど…」と言います。

すると「実は私は桑野さんに無理やり合わせているだけ」と言う有希江。

ちゃんと桑野と喧嘩できる人はまどかしかおらず、「それはまどかさんが、桑野さんと向き合っているから」と有希江は話します。

そしてまどかが事務所に戻ると、桑野がやって来て裁判がどうなるかを尋ねます。

「もし木村さんが奥さんとやり直してもいいように、設計図をかえました」と新しい設計図を見せる桑野。

まどかから、木村夫婦にその図案を見せてほしい頼みます。

一人で暮らす家にこだわっていた桑野ですが、一人では寂しいと話したまどかの言葉に突き動かされたのでした。

長野に帰るまどか

後日、まどかに呼び出されてカフェに行った桑野に、まどかは木村夫婦がやり直すことを決めたことを伝えます。

桑野の新しい設計図のおかげで、二人はやり直すことができました。

「家ってすごい力があるんですね」とまどかは言い、長野の母親の事務所を引き継ぐことも報告しました。

その話を聞いた桑野は、コーヒーも飲まずに帰っていきます。

その後、偶然二人はコンビニで出くわします。

気まずい空気が流れ、長野に帰るのはいつか尋ねる桑野。

まだ長野に帰ることを正直迷っていて、「誰かがいかないでほしいって言ってくれたら…」と笑ってごまかすまどか。

こうして二人は別れました。

その後桑野は連絡をして、まどかと二人きりで会う約束をします。

「長野に帰るのはどうかな」と言い出す桑野。

「長野に帰るのはやめたほうがいい」と言い、「あなたがいないとつまらないし、寂しい」と気持ちを伝えます。

「男性にそんなことを言われると、うれしいものですね」とまどかは泣き出し、長野に帰らないことを約束しました。

するとホッとして笑顔になった桑野は、「次は本番でやってもいいですか?」と言い出します。

前の晩から言うセリフを考えていた桑野は、少し噛んでしまったのでもう一度やり直しがしたいと言います。

まどかは泣いてしまったことを後悔し、怒って帰っていきました。

喧嘩して別れた二人ですが、数日後に仲直りすることができました。

公園でお菓子を食べながら、世間話をする桑野とまどか。

桑野は、映画にまどかを誘います。

まどかはその誘いにのることにして、二人で見に行く約束をしました。

すると「早速行きますよ」と言い、そのまま映画館へ向かう二人でした。



スポンサーリンク

【まだ結婚できない男】最終回(10話)の感想

タツオがついにメスパグと結ばれ、めでたしめでたしです。

ずっと好きだった相手と一緒になれたタツオと雌パグは、本当に微笑ましかったです。

いつまでもお幸せに。

そして、ついに桑野も自分の気持ちをまどかに伝えることができました。

ちゃんと伝えられたわけではなく、まわりくどくしか自分の気持ちを伝えられない桑野。

しかもムードをぶち壊すようなこともしてしまいましたが、あれが彼なりの行動です。

素直になれず、照れ屋で人とは違いちょっと変わったところのある桑野。

それでも誰よりも人を想う気持ちはある人物です。

まどかのことを一生懸命考えて、きっと二人はぶつかり合いながらもこれから最高のパートナーになれると思います。

喧嘩するほど仲がいいと言います。

これからも言いたいことを言い合って、喧嘩しながらでも一緒にいられればそれでいいのではないでしょうか。

映画に誘われたまどかは、いつもならば喧嘩になりそうなところを少し大人になって桑野を立ててあげていました。

お互いを思い合う気持ちがあれば、この先もずっと二人は幸せに生きて行けます。

あの二人には、結婚という形にとらわれないほうがいいのかもしれません。

これまで通りの形で、新しい関係を築いていってほしいです。

桑野さん、まどかさんいつまでもお幸せに!



スポンサーリンク

【まだ結婚できない男】最終回(10話)の視聴者の声

まとめ

元乃木坂46の深川麻衣さんが可愛くて、すでに深川麻衣さんロスにおちいっている方が多いようです。

桑野は最後まで変人でしたが、決して悪い人ではなく、それがいつしか好きな人へとかわっていくところがこの物語の素敵なところだと思います。

もしかすると「まだまだ結婚できない男」として、第三弾があるかもしれません。

愛すべき桑野にもう一度会える日を願っています!



スポンサーリンク