2019年秋ドラマ

【まだ結婚できない男】6話のあらすじネタバレと感想!ついにやっくんの正体が判明!

ドラマ「まだ結婚できない男」第6話が2019年11月12日(火)に放送されました。

ここでは、「まだ結婚できない男」第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

弁護士の吉山まどか(吉田羊)に依頼しているにもかかわらず、いまだにやっくんの正体がつかめずにイライラする桑野信介(阿部寛)。

そんな二人の目の前に…。

【まだ、結婚できない男】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?カンテレ制作・フジテレビ系火9ドラマ「まだ、結婚できない男」が2019年10月からスタートします。 阿部寛さんの主演で2006年に...

【まだ結婚できない男】6話のあらすじ(ネタバレ)

「やっくんブログ」が検索ランキング3位に上昇しており、憤る桑野信介(阿部寛)。

翌日、吉山まどか(吉田羊)の事務所を訪れて、やっくんのことを相談します。

「訴状をとるには時間がかかっているが、裁判所を急かしてみる」と話すまどかに、桑野はジムにやっくんとみられる男・ヤクマルがいる話をしました。

そこへ、まどかのいとこ・亮介(磯村勇斗)が事務所に入ってきます。

弁護士を目指している亮介は、まどかの下で修業中です。

しかし実は、まどかの母に頼まれて東京に来ている亮介。

長野にいるまどかの母親は弁護士で、自分のあとを継いでほしいと考え、まどかに彼氏がいるかなどを調査するために亮介をまどかに近づけさせたのでした。

ある日、まどかと岡野有希江(稲森いずみ)が、戸波早紀(深川麻衣)の部屋で集まって女子会を開きます。

隣の桑野におかずのおすそ分けをすると、「残飯処理ですか?」と言われてしまい、腹を立てる早紀。

しばらくすると、桑野がチャイムを鳴らします。

「さっきのお返しです」と言って、手作りの北京ダッグを差し出す桑野。

早紀の部屋に上がり込み一つ一つ丁寧に切り分ける桑野は、女子会を開いていたまどかたちに「女子と言えない年齢なのに…」と余計な一言を発してしまいます。

話題はまどかと母親の話になり、桑野はついついまた余計なことを言ってまどかを怒らせてしまいました。

まどかは帰ってしまい、有希江たちは桑野に謝ったほうがいいと促しました。

まどかと母

翌日有希江のカフェで、まどかと亮介はぐうぜん桑野と出くわします。

前日のことがあり、店内は微妙な空気が流れます。

するとサッと立ち上がり、前日のことを謝る桑野。

まどかは前日に話していた自分と母親との関係について話し始めました。

幼い頃に父親を亡くし、弁護士の母親が言うとおりにこれまで生きてきました。

そして母の下で働いていたある日、母親のすすめで同じ弁護士の男性と結婚をさせられそうになります。

しかし好きな人がいたまどかはその申し出を断り、恋人と結婚をしようとしたのですが、相手は詐欺事件で裁判沙汰となり、結局結婚はできませんでした。

それから色々あって母親とは距離を置いているまどか。

亮介は、長野に帰って弁護士事務所を継いであげてほしいと頼みます。

すると話を聞いていた桑野が、自分の考えを述べ始めます。

しかしまたしてもまどかの気に障ることを言ってしまう桑野。

やっくんの正体

翌日、村上英治(塚本高史)は「やっくんブログ」にやっくんがしている腕時計がうつり込んだ写真を発見します。

もしその時計をジムに通うヤクマル(デビット伊藤)がしていれば、同一人物だと言うことです。

ジムに行き、ヤクマルの腕時計を確認すると、ブログにうつっていた時計が同じことが判明。

サウナに入り、桑野はブログの話でヤクマルにせまります。

徐々に近づく桑野に、怖くなったヤクマルは急いでサウナから走って逃走。

その後桑野がマンションに帰ると、亮介が待っていました。

まどかを説得してほしいと頼む亮介。

しかし桑野はその申し出を拒否します。

翌日、まどかに呼び出された桑野はやっくんの正体が判明したことを知ります。

やっくんの名前は、「大和たかし」で、ヤクマルとはまったく関係がないことがわかりました。

事務所に大和を呼び出し、話を聞く桑野とまどか。

もともとは桑野のファンだった大和は、建築家になるのが夢でした。

しかしその夢は叶わず、ストレスのたまった大和は桑野のことを悪口を書いてストレス発散します。

これ以上桑野の悪口は書かないことで、とりあえずやっくんの問題は解決しました。

桑野はヤクマルに謝り、二人はすっかり意気投合します。

その後、まどかにこれまでのことを素直に謝る桑野。

するとまどかは「母親にいつか自分も謝ろうかな」と言います。

今すぐにでも電話をするべきだと急かされたまどかは母親に電話をして、長野には帰れないことを伝えて謝りました。

久しぶりに母親と話したまどかはすっきりした顔をして、それを見守る亮介でした。



スポンサーリンク

【まだ結婚できない男】6話の感想

ジムにいたヤクマルに、せまる桑野が面白い第6話でした。

サウナで、「僕と二人きりの気持ちはどんな気持ちですか?」と迫る桑野。

二人とも、いい体つきをしておられます。

ヤクマルは桑野に襲われると勘違いして、サウナから逃げ出していましたが、だからと言ってゴミ箱に逃げ込むことはないのに…と思ってしまいました。

よっぽど桑野が怖かったんですね。

このことでヤクマルから桑野が訴えられなくて良かったです。

素直に謝った桑野に、笑顔で対応してくれたヤクマルは本当にいい人で、桑野同様におひとり様を満喫している男性のようです。

ブログにはひとりキャンプなどの様子があげられ、桑野も珍しく羨ましがっていました。

何はともあれ、やっくんのことが片付いてホッとしました。

そうなると、これからまどかの事務所に行かなくなる桑野。

これからはあの二人の言い争いを聞かなくて済むのかと思うと、ちょっとホッとするような寂しい気もします。

まどかにはついつい本音で、心の声がだだもれの桑野。

余計な一言が多いから、いつも喧嘩になるので桑野には気を付けてほしいです。

そんな桑野とは真逆のまどかのいとこ・亮介は、さわやかで素敵な青年でした。

桑野には彼を見習ってほしいです。

亮介のキラキラした笑顔と対照的に、ムフッと笑う不気味な桑野。

長野に亮介は帰ってしまいましたが、どうかもう少し東京に残って桑野に爽やかさを分けてあげてほしかったです。



スポンサーリンク

【まだ結婚できない男】6話の視聴者の声

まとめ

パグのタツオがメスパグに近寄っていくシーンは、とっても可愛かったです。

次回はタツオの恋に進展があればいいなと思います。

第7話は、これまで人の住む家のデザインをしてきた桑野が、店舗のデザインを任されます。

しかしその店舗とは、有希江が働く店で…。

このまま有希江は店を失ってしまうのでしょうか?

次回は桑野の恋愛観が聞けちゃいます!



スポンサーリンク