2019年秋ドラマ

【まだ結婚できない男】7話のあらすじネタバレと感想!有希江が桑野に恋!?

スポンサーリンク



ドラマ「まだ結婚できない男」第7話が2019年11月19日(火)に放送されました。

ここでは、「まだ結婚できない男」第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

悩みの種であった「やっくんブログ」が無事解決し、ホッとしていた桑野信介(阿部寛)。

しかし次なる問題が起きて…。

【まだ、結婚できない男】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?カンテレ制作・フジテレビ系火9ドラマ「まだ、結婚できない男」が2019年10月からスタートします。 阿部寛さんの主演で2006年に...

【まだ結婚できない男】7話のあらすじ(ネタバレ)

住宅プロジュース会社につとめる森山桜子(咲妃みゆ)は、桑野信介(阿部寛)に店舗デザインの仕事を依頼。

これまで人の住む家を作ることに情熱を注いできた桑野は、詳しく話も聞かずに断ります。

しかし報酬が期待されると聞き、後日依頼主の男性と食事をしながら話をすることにしました。

男性は桑野の仕事にほれ込んでおり、現在営業中の店を全面的にやり直す計画を立てています。

男性の話を聞いているうちに俄然やる気になった桑野は、他の仕事をそっちのけで店舗のデザインに取りかかります。

その頃、カフェで働く岡野有希江(稲森いずみ)は、店を譲渡してもらえる予定が突然店を退去するよう迫られ、困り果てていました。

そのことを弁護士の吉山まどか(吉田羊)に相談。

まどかは、何とか話を円滑に進めようと考えます。

衝撃の事実

店舗のデザインが完成した桑野は、依頼主の男性と打合せをします。

そこで、改装するのが有希江の店だと知り驚く桑野。

閉店後の有希江の店を訪れ、その話をしようとする桑野ですが、まどかと隣に住む戸波早紀(深川麻衣)がいてなかなか言い出せません。

話は早紀の新しい舞台のこととなり、演出家から燃え上がるような恋をするようアドバイスをもらっていた早紀は、どうすればいいのか悩みます。

すると、恋愛について語り出す桑野。

「激しい恋愛には障害が必要だ」と言い、まどかから激しい恋愛とはどんなものかを聞かれた桑野は、気まずくなってカフェを後にしました。

結局、有希江に打ち明けることができなかった桑野は、いつばれるかとドキドキする日を過ごすこととなります。

一方、桜子と付き合っていた村上英治(塚本高史)は、ついに結婚を決意します。

しかしなかなか桑野に結婚の報告をできずにいる英治。

桜子はそんな英治に苛立ち、早く報告するよう急かします。

これまでお世話になってきた桑野に、二人の結婚を祝ってほしいと思っている英治は、結婚に良いイメージを持っていない桑野にどう報告すべきか悩みました。

ある日有希江のカフェに専務がやってきて、有希江に店から退去するよう急かします。

そして、新しい店舗の話をする専務。

新店舗の図面には桑野の名があり、それを見つけたまどかはすぐさま桑野に電話をかけて、有希江の店に呼び出しました。

「初めは有希江さんの店だと知らなくて、デザインをした」と、説明する桑野。

まどかは「なぜすぐに言ってくれなかったの?」と怒ります。

しかし今更桑野に腹を立てても仕方がなく、裁判で争う方向で進めるまどかと有希江。

いたたまれなくなった桑野は、依頼してきた男性(専務)に会って、仕事を断ろとします。

すると男性が、「報酬は五割増しにするので、三割は会社にバックしてほしい」と頼みます。

「少し考えさせてほしい」と返事をする桑野。

後日、男性が過去にも同じように取引相手にバッグさせていたと知った桑野は、バックした金がすべて男性に流れていることを知ります。

男性に会った桑野は、有希江のカフェは自分にとっての心休まる場所で、仕事を受けることはできないとはっきり断りました。

その後、桑野は社長へ電話をかけて、専務である男性が不正をしていることを伝えます。

そして社内調査の結果、男性の悪事が暴かれ男性は会社を去ることとなり、新店舗の話はなくなります。

このことで無事、店は有希江に譲渡されることとなりました。

桑野のことが気になる有希江

譲渡契約が無事終了し、有希江がついにオーナーとなる日がやって来ました。

その日、桑野からサプライズで新しい看板が届きます。

感動した有希江はすぐに電話をかけて礼を言いました。

その夜、桑野のことを考える有希江。

桑野は悪い人ではなく、もし恋愛をすればその女性は幸せかもしれないと考えます。

一方英治は、桜子との結婚がすでに桑野にばれていたこともあり、「結婚に賛成してくれますか?」と尋ねます。

すると「本当に結婚していいのか?」と、意味深なことを言う桑野でした。



スポンサーリンク

【まだ結婚できない男】7話の感想

有希江の店がどうなるかと冷や冷やしましたが、なんとか潰されずに済んでホッとしました。

しかも譲渡もできたようで、これで彼女の夢が叶いました。

本当によかったですね、おめでとう有希江さん!

それにしても、あの専務には腹がたちます。

あともうちょっとで桑野も騙されるところでした。

しかし憎き専務をぎゃふんと言わせ、しかも会社まで辞めさせることに成功してすっきりです。

有希江の店が心休まる店だとはっきり言い切った桑野は、素敵でした。

結果的に有希江を助けたにもかかわらず、自分の手柄だとは言わない桑野。

若者に人気の全面ピンクの店で、タピオカを真剣に飲んでいた桑野は気持ちが悪かったですが、彼の活きなところが好きです。

サプライズで看板をプレゼントしたり、あんなことをされると女性は好きになってしまいます。

このことで、有希江が桑野に心が傾いているのは間違いないと思います。

この調子で有希江と桑野の距離が縮まればいいのですが…。

一方、タツオが恋するメスパグを飼っている男性が、早紀に声をかけましたが、彼はいったい何を言おうとしたのでしょうか?

怖くなった早紀が逃げ出しても男性は走って追いかけてくるぐらいなので、何か重要なことだと思うのですが、とても気になります。

次回その謎が解けると良いなと思います。

タツオと桑野、恋が始まるのはどちらが先になるでしょうか?

激しい恋を求めている早紀にも、出会いがあればいいなと思います。



スポンサーリンク

【まだ結婚できない男】7話の視聴者の声

まとめ

タピオカを飲んでいる桑野が気になった方が多かったようで、桑野とタピオカは全く似合っていなかったですが、そこがまた面白かったです。

今回気になったのが、バーで飲んでいた桑野のテーブルにあった小さな置物が動いていました。

あれはいったい何だったのか?不思議です。

第8話では、ついに結婚式を挙げる桜子と英治。

その結婚式で主賓スピーチをすることとなった桑野ですが…。

結婚に後ろ向きな桑野がどんなスピーチをするかに注目です!



スポンサーリンク