なつぞら

【なつぞら】118話のあらすじと感想!亜矢美が姿を消す

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第20週「なつよ、笑って母になれ」の118話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

咲太郎(岡田将生)と亜矢美(山口智子)は出会った頃を思い出しながら話をします。

一方、なつ(広瀬すず)は一久(中川大志)に「私たちに子供が出来たら、その子は幸せになれるかな?」と将来への不安を露呈します。

そして8月15日、風車でなつの誕生祝いと咲太郎の結婚祝いが行われるのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  118話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(広瀬すず)の誕生祝いと咲太郎(岡田将生)の結婚祝いが賑やかに行われていました。

風車の立ち退き話をみんなが心配すると、亜矢美(山口智子)は茂木(リリーフランキー)に新しいお店をゴールデン街に紹介してもらう予定だから大丈夫だと話します。

すると「それはダメだ!新しい店は俺と光子に任せてくれ。新しい店は俺と光子で用意する。」と大きな声で言う咲太郎(岡田将生)。

すると光子(比嘉愛未)も「私は咲ちゃんの気持ちを尊重したいだけなんです。どうか気兼ねなさらないでください。」と話します。

しかし、亜矢美は「ありがとう。でもそれは断るよ。私はあんたの母親でも何でもないんだから。」と言います。

その言葉にショックを受ける咲太郎。

すぐにカスミ(戸田恵子)が「亜矢美ちゃん、それは言い過ぎよ。」とフォローします。

「俺はまだあなたに何も恩を返していない!!」と言う咲太郎に「十分もうしてもらった。」と話す亜矢美。

すると今度はなつが、「亜矢美さん、良かったら一緒に暮らしませんか?私ももう一人じゃないですが。」と言うと一久(中川大志)も「僕も構いません。僕がいてよければ。」と話します。

亜矢美はもう大事な家族だからと話すなつに心から感謝する亜矢美。

亜矢美は咲太郎となつの優しさに涙がこぼれてきます。

「でも、もう私を解放して。私はもう大丈夫だから。ここからまた私の人生が始まるの!」と話します。

そして、その場にいるみんなが亜矢美の今後を応援するのでした。

数日後、なつが慌てて風車にやって来ると店の中はものけの殻になっていて1人咲太郎がカウンターに座っていました。

亜矢美は誰にも行き先を告げずに引っ越しをしてしまったのです。

奥から出てくるカスミ。

カスミにも亜矢美の行き先は分かりませんでした。

亜矢美が居なくなった理由が全くわからず困惑する咲太郎。

するとカスミは「あんたの結婚を喜んでいるから居なくなったんだよ。光子さんに嫉妬する姿をあんたに見せたくなかったの。ずっとその思いを押し殺して母親を演じてきたんだよ。」と言います。

「ずっと前からカスミさんはそう思っていたんですか?」と尋ねるなつに「そうよ、でもなっちゃんが来てから亜矢美ちゃんは本当に楽しかったと思う。本当の家族になれたって。」と話します。

亜矢美は咲太郎と純粋に親子でいたいからここを去ったのだと言うカスミ。

そして亜矢美が残していった思い出のレコード「鐘の鳴る丘」をかけると、咲太郎は涙が止まりません。

なつはキッチンカウンターの中に置いてある一枚の封筒を見つけます。

中には咲太郎の実の家族を描いた絵に「頑張れよ!咲太郎。」のメモが添えられていました。

そのメモを見てなつと咲太郎は涙が止まりません。

その頃亜矢美はビールを片手に汽車に乗り、歌を歌いながらどこかへ向かうのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  118話の評価評判は?

 



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  118話の感想

亜矢美が風車から何も言わずにいなくなってしまいました…。

咲太郎は今までの亜矢美への感謝の気持ちをこれから恩返ししようと考えていたので、本当にショックですよね。

長年亜矢美と一緒にいるカスミの言葉から考えても、やはり咲太郎の親ではなく男性として思っていたのでしょう。

その気持ちをずっと隠して親として一緒にいた亜矢美の気持ちを考えると胸が痛いです…。

でも、なつが一緒に暮らすことで気持ちのバランスも取れて3人で本当の家族になれた気がしていたのですね。

咲太郎もどうすればいいか分からず涙を流すシーンは感情移入してしまいました。

最後に咲太郎に残した家族の絵と「頑張れよ、咲太郎」というメッセージはシンプルですが亜矢美らしかったです。

亜矢美は電車に乗ってどこかへ向かっていましたが、どこへ行くのでしょうか?

「私を自由にして」と言っていたので、亜矢美の思うままにいろいろな所に向かう気もします。

亜矢美の存在はなつぞらの物語を明るくしてくれていたので、このまま居なくなるのではなく再登場を期待したいです。

そして、咲太郎には亜矢美のためにも光子と幸せになって欲しいですね。

いつか亜矢美は何事もなかったようにみんなの前に現れる気もします。

ありがとう!亜矢美さん!

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク