なつぞら

【なつぞら】134話のあらすじと感想!天陽の死

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」の134話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)が作画監督を務めている「魔界の番長」のテレビ放送が始まります。

しかし、映像をみて「怖い。見たくない。」と言う優(増田光桜)。

一方、北海道では一度退院した天陽(吉沢亮)が再入院していました。

その天陽がある日突然馬の絵を仕上げたいと言って病院を抜け出して家に帰ってきます。

そして天陽は一晩で馬の絵を完成させ、その絵を見つめるのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  134話のあらすじ(ネタバレ)

病院を抜け出してきた天陽(吉沢亮)は病院に戻る前に畑を見てくると言います。

私も一緒に行くと言う靖枝(大原櫻子)でしたが、天陽に子供たちを頼むと言われアトリエに残ります。

天陽は今までの苦労を思い出すかのように畑を見まわし、土を触り「暖かいな。」と呟くと自分のかぶっている帽子を空に飛ばします。

その帽子が畑に落ちて行くのとともに、土の上に倒れ込む天陽…。

東京で仕事をしているなつ(広瀬すず)の元に陽平(犬飼貴史)が深刻な顔をしてやってきました。

なつに「驚かないで聞いてくれるか?天陽が死んだんだ。僕も信じられないんだけれど、嘘じゃないみたいなんだ。」と呆然としている陽平。

なつは「何を言っているんですか?」と突然の訃報を受け入れられないのでした。

なつは9月になり、まとまった夏休みをとることが出来たため優(増田光桜)とともに十勝へ帰省します。

柴田家のみんなはなつと優を暖かく迎えます。

優は富士子(松嶋菜々子)のことは覚えているようですぐに懐きますが、剛男(藤木直人)のことは覚えていません。

なつは牛舎にいる泰樹(草刈正雄)たちの所へ行き「ただいま。」と久しぶりの再会を果たします。

最初は泰樹の前で恥ずかしがる優でしたが、すぐに慣れ泰樹の元へ駆け寄っていきます。

「じいちゃん、照男兄ちゃん、忙しいのもあったんだけどびっくりして怖くてすぐには来れなかった…。」と天陽の死から時間が経ってしまったことを謝るなつ。

天陽の葬儀は立派だったと話す照男(清原翔)。

「なつ、すこしゆっくりしてそれから会いに行けばいいべ。」と言う泰樹なのでした。

なつと優は照男に連れられて牛舎へ行くと、今使っているというミルカーというものを見せてもらい、その機械を使うと手搾りの半分の時間での搾乳が出来ると聞きます。

なつは優が馬に乗りたがっていることを話すと、「優は馬に乗りたかったのか。残念だ。」と言う泰樹。

今はもう車とトラクターが主流になってしまい馬がいる家はほとんどなくなってしまったのです。

「天陽くんの家の馬もいなくなってしまったの?」となつが聞くと泰樹は「去年死んだ。なつ。あの時の馬だ。」と言って、なつと天陽が幼い時に畑を開拓し子馬を一頭あげたことを思い出します。

今頃あの馬は天陽と一緒にいるだろうと話す泰樹。

柴田家では優のためにアイスクリームを作って待っていました。

アイスクリームを食べて「美味しい!ありがとう!!」と言う優。

本当に躾がしっかりされた子だわと富士子がなつを褒めると、なつは光子(比嘉愛未)がいつも躾をしてくれていることを話します。

そして、剛男と泰樹で優の取り合いになりたくさんの人に可愛がられる優なのでした。

夜になり、なつは富士子に「私、仕事をこのまま辞めるかもしれない。自分が今何をしたいのか分からなくなって。今は優の傍にいてあげたい。」と話します。

少し疲れてしまったと呟くなつ。

そんななつに富士子は「なつの決めたことならそうすればいい。」と優しく背中を押してくれます。

次の日、なつたちは天陽の家へ向かいました。

天陽の写真を見て線香をあげ手をあわせるなつ。

そして、なつは天陽のアトリエに向かいます。

天陽の描いたたくさんの絵に囲まれていると、一緒にいた優が「あっ、本物だ!本物のお馬さんがいる!」と言います。

優が見ていたその馬の絵は天陽の遺作なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  134話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  134話の感想

天陽が遺作である馬の絵を描き上げて亡くなりました。

あまりにも突然の死で、なつだけではなく視聴者である私も受け入れがたい死でした。

天陽の言葉の所々に自分の命がもう長くはないと悟っているような言葉があったので、もしかしたら天陽は自分の死を覚悟して病院を抜けてきたのかもしれません。

そこまでして描き上げた遺作である馬の絵は素晴らしかったです。

そして、天陽を演じた吉沢亮さんの演技が本当に素晴らしかったと感じました。

今回だけではなく、なつぞらが始まった当初から自分の意思をしっかり持っていてそれでもどこかはかなげで影もある天陽を見事に演じて視聴者の絶大な共感を得ました。

吉沢亮さんはその端正な顔立ちに目が行きますが、それだけではなく天陽という人間を生きていた素晴らしい演技でした。

その天陽が亡くなってしまったことは残念ですが、今道に迷っているなつに何かを絵で伝えてくれるのではないでしょうか?

優は天陽の馬の絵を見て本物のお馬さんだと言いました。

天陽が魂を込めて描いたその絵が優の心の中に何か届いたのかもしれませんね。

いつも迷ったときに答えを導いてくれた天陽の死は、なつにとって大きなショックだったと思います。

なつはこのままアニメーターを辞めてしまうのでしょうか?

天陽が生きていたらなつに何と声をかけたでしょうか?

その答えをなつが見つけることが出来るのか、明日の放送を楽しみに待ちたいと思います。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク