なつぞら

【なつぞら】140話のあらすじと感想!泰樹の開拓時代の話を聞くなつたち

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第24週「なつよ、この十勝をアニメに」の140話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)が18年間勤めた東洋動画を退職する日がやって来ます。

今まで共にアニメーションを作り上げてきた仲間たちに挨拶をすると、みんななつを快く送り出してくれます。

そして休む暇もなくマコプロダクションで新しい作品「大草原の少女ソラ」の制作に取り掛かるなつ。

そして、マコプロダクションのみんなでアニメの舞台となる北海道へロケハンへ行くのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  140話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(広瀬すず)たちは、開拓者家族の生活を取材するため北海道十勝へやって来ました。

早速柴田家に行き、搾りたての牛乳を飲むと桃代(伊原六花)や神地(染谷将太)はその美味しさに驚きます。

「この美味しさをアニメーションで表現しなければならないんです。」と言う一久。

マコプロのみんなは泰樹(草刈正雄)の開拓時代の話を聞きたがっており、なつは泰樹に昔の話を聞かせて欲しいと頼みます。

「泰樹さんはどうやって北海道に渡って来たんですか?」と麻子(貫地谷しほり)が尋ねます。

すると泰樹は昔の話をし始めます。

「わしには親がおらんかった。幼い頃に流行り病で亡くしたんだ。親戚の家に預けられて働かなければただの厄介者だった。」

「18の時に北海道にやって来て、原野を開墾し3年のうちに切り開いて国の検査を受けて合格すればやっと自分の土地になった。でも、作物は上手く育たなかった。それで酪農を始めたんだ。」

「最初は帯広に近い十勝川の方にいたが洪水があってここにやってきた。」

富士子(松嶋菜々子)がまだ幼い頃にあった洪水で、家族と牛だけは助かったが土地はダメになってしまったことを話す泰樹と富士子。

今までの泰樹の苦労を知らなかったなつはその話に驚きます。

「開拓者にとって一番の心の支えは、やはり家族なんでしょうか?」と聞く一久に「家族に限らないかもしれん。みんなが支え合ってそれで開拓者は強くなったんだ。」と答える泰樹なのでした。

古い使わなくなった牛舎で富士子と砂良(北乃きい)が話をしていると、なつと一久がやって来ます。

ロケハンに来てみんなで柴田家に世話になることを富士子に感謝するなつ。

すると、富士子と砂良は使わなくなった牛舎を活用して「柴田牧場のアイスクリーム屋」を開こうと考えていると話します。

「これはわたしと母さんのいわば開拓だもんね!」と言う砂良。

なつは富士子に「母さんはじいちゃんの昔のこと知ってたの?」と聞きます。

「昔のことはあまり話したがらなかったから…。」という富士子。

富士子は「幼い頃になつがここに来たときは自分と重ねていたのかもしれない。」と話します。

なつの中で幼い頃なつに話してくれた泰樹の一言一言が甦ってきます。

マコプロのみんなは牛舎でミルカーでの牛の搾乳の様子を見ていました。

菊介(音尾琢真)が手搾りでの搾乳を教えてくれると言うと桃代が搾乳に挑戦します。

その後、門倉(板橋駿谷)と良子(富田望生)の家に行って大正時代に使われた農具を実際に見ます。

そこに貼られた昔の開墾の様子を写した写真を見て泰樹との昔の生活を思い出すなつ。

その頃、陽平(犬飼貴史)は山田家の畑を訪れて靖枝(大原櫻子)が畑を耕している風景をスケッチしていました。

十勝の大草原を見つめながら、麻子が「開拓者がいなければ見られなかった景色なのね。」と言うと、「アニメーションだって俺たちが作らなければ誰も見られないからな。」と言う神地。

その言葉に「我々の作る景色はいい景色にしましょう。」と決意を新たにする一久なのでした。

牧場で優(増田光桜)が走り回っていると、牛が優に向かって大きな声を出します。

蹴られるのではないかと心配したなつたちは、優を助けようとすると派手に転んでしまう一久。

なつが牛を落ち着かせて事なきを得ます。

北海道の大自然と開拓者の話を聞いて、マコプロの面々はそれぞれ新しいアニメーションに向けてたくさんの物を感じ取っていたのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  140話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  140話の感想

開拓者家族の生活を取材するためマコプロダクションの面々が北海道の柴田家にやって来ます。

そこで開拓1世である泰樹の話を聞くと、その話はなつも知らなかった事実でした。

泰樹が早くに両親を亡くして親戚の家に預けられたという話は驚きました。

親戚の家でもきっと働くばかりで苦労をしたのでしょう。

それで北海道へ自分の力で開拓をするためにやって来たのですね。

泰樹のその過去を分かったうえで昔なつに話していた一言一言を思い出すと、その言葉は本当に重みがありました。

自分もなつと同じような過去があったからこそ、泰樹はなつの気持ちにあれだけ寄り添えたのだと納得です。

そして、富士子と砂良も「柴田牧場のアイスクリーム」を始めようと開拓精神を見せていました。

牧場を見に来た人に古い牛舎を使ってアイスクリームを売るとはいいアイデアですね!

富士子と砂良の開拓も今後どうなっていくのか楽しみになりました。

北海道を舞台にした「大草原の少女ソラ」を作るためにロケハンに来たマコプロの面々はそれぞれ大きな収穫を得ました。

あの大自然と開拓精神は実際に見て聞いてしか感じ取ることが出来ないもののような気がするので、その感じたものを作品に生かして素晴らしいものにしてほしいです。

「大草原の少女ソラ」はリアリティーに溢れた人の心に響く作品になりそうな予感がします。

これから作品が出来上がるのが楽しみですね!!

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク