なつぞら

【なつぞら】142話のあらすじと感想!大草原の少女ソラの制作が本格的に始まる

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第24週「なつよ、この十勝をアニメに」の142話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)たちは柴田家を後にすると帯広の雪月へ行き、とよ(高畑淳子)の話を聞きに行きます。

すると突然亜矢美(山口智子)が雪月を訪ねて来ます!

亜矢美との思いがけない再会に盛り上がる一同。

亜矢美は、また新宿で自分の店を出すためにお金を貯めながら全国を旅していたのです。

そのことを東京に戻って来たなつから聞いた咲太郎(岡田将生)は安心し喜びます。

なつは早速アニメの主人公であるソラのキャラクター画を描きますが、なかなかみんなが納得する絵が描けません。

しかしみんなのアドバイスもあり、なつは再びペンを握りソラを描き始めるのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  142話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(広瀬すず)がデザインしたソラがついに出来上がりました。

そのソラを見て、可愛さとたくましさを捉えたデザインにみんなが納得します。

みんなが納得するソラを描くことが出来て安心するなつ。

そしてなつは優(増田光桜)を迎えに仕事を抜けて行きます。

その頃、優は保育園が終わるとマコプロダクションで過ごすようになっていました。

マコプロダクションのみんなに支えられ、夜も仕事を進めるなつ。

ある日、坂場家に東京の放送局で働いている信哉(工藤阿須加)と明美(鳴海唯)が訪ねて来ます。

明美は結婚しても仕事を続けられる環境にいるなつをうらやましがります。

「なんだか明美ちゃんが本当の妹みたいなんだ。だから、ばしばし鍛えて早く一人前のディレクターになってもらわないとね。」と話す信哉。

なつは2人に新しい作品は北海道の開拓者の話であることを伝えると、明美は「なつ姉ちゃんを知っている人なら、みんなうちの話だと思うんじゃない?」と聞きます。

「僕はそう思われてもいいと思っている。それでも恥ずかしくないような、リアリティーが溢れる話にしたいと思ってます。」と話す一久(中川大志)。

すると明美は「それなら千遥ちゃんが見てもなつ姉ちゃんの話だと思うかもしれないね。」と言います。

なつたちはどこかで千遥(清原果耶)が見てくれることを信じていたのでした。

2人が帰ると一久は新しい作品について、なつに話し始めます。

「僕は君の実体験をもとに描いてもいいと思っているんだ。開拓者精神の底には悲しみもあることが感じられた。人との結びつきを大切にし、その優しさが生まれることを知った。それこそが僕らが描くべき物語だと思うんだ。」

「具体的には、どうするの?」と聞くなつ。

「新しいキャラクターを作るんだ。それは子供の頃の君であり泰樹さんでもある。そして千遥ちゃんでもある。家族かどうかは本当の家族かどうかではなくそれを望む意思があるかどうかなんだ。それを描きたい。」と話す一久。

「私にとっては魂を絵に吹き込むことだから、信じてついて行くだけです。」と答えるなつなのでした。

そしてマコプロダクションには制作進行に石沢(大野泰広)と町田(鈴鹿央士)が、動画チェックに立山(伊藤修子)が加わります。

みんなに1話の絵コンテが配られその概要を一久が説明します。

「大草原の少女ソラ第1話」

ソラたち一家が旅をしています。洪水で家を流されて新天地を求めていました。

その旅の途中、川に流されている少年を発見するソラ。

ソラは父さんに助けを求める。

少年の名前はレイです。

少年の家族は洪水で流されており孤児となっていました。

レイはソラたち家族とともに新天地へ向かって行くのでした。

なつは「ソラとレイ2人を通して開拓者家族の物語を描きたいんです。」とみんなに話します。

みんながその物語を聞いて目が輝いていました。

そのみんなの様子を見て、なつと一久は見つめ合い納得したように頷くのでした。

なつが作画作業を進めて一久にチェックを求めると、一久は馬車の動き方の細部まで追求するように求めてきます。

そこまで追求するべきかと話しながらも一久のリアリティーを追求する気持ちが伝わり、なつは再び書き直し始めます。

その様子を見て、相変わらずの一久の様子に締め切りが心配な様子の麻子(貫地谷しほり)。

なつは泰樹(草刈正雄)と幼い頃に乗った馬車の記憶を思い出し、再び作画を始めるのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  142話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  142話の感想

なつの描いたソラのキャラクター画が出来上がりました!

なつが描いたソラは「なつぞら」のオープニングに出てくる少女でしたね。

まさかラスト近くでここに繋げてくるとはビックリしました。

なつの描いたソラは以前描いたソラよりずっと日常にいるような普通の少女でした。

でも、だからこそこの少女の目線で開拓者家族をみれば自分のことのようにアニメーションを見ることができるのかもしれません。

他のキャラクターたちもどこか柴田家を思い出させるような、なつだからこそ描けるキャラクターたちばかりでした。

このキャラクターたちを見るだけでどんな作品になるのかワクワクしてきます。

そして、一久がなつに新しいキャラクターをつくることを提案しました。

一久は新しいキャラクターをなつに重ねることで、なつ自身の経験を物語にしてもいいのではないかと考えていたのですね。

一久の「家族かどうかは本当の家族かどうかなのではなく家族になる意思があるかどうかなんだ。」という言葉が印象的でした。

その新しいキャラクターのレイもまた魅力的です!!

なつの十勝での生活そのものがアニメーションになっていくようでワクワクしますし、マコプロダクションのみんなもワクワクしているのが伝わってきました。

なつたちが作る「大草原の少女ソラ」を実際に見てみたいです。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク