なつぞら

【なつぞら】153話のあらすじと感想!「大草原の少女ソラ」が最終回!

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」の153話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

泰樹(草刈正雄)は「雪月」にとよ(高畑淳子)を訪ねます。

なつの作ったアニメの朝日を見て、昔を思い出し気力がわいてきたと話す泰樹。

とよも夜明けには力をもらったと共感します。

なつたちの制作する「大草原の少女ソラ」は佳境を迎えますます忙しくなります。

そして、とうとう最終回の放送を迎えるのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  153話のあらすじ(ネタバレ)

とうとう「大草原の少女ソラ」の最終回が放送されます。

夢を叶えて成長したレイがソラの元を訪れ、一緒に走り出すシーンで幕を閉じました。

マコプロダクションでは事務所でささやかな打ち上げパーティーが開かれます。

そこへ現れたのは「大草原の少女ソラ」の単独スポンサー「ミルコス」の社長である松武(大泉洋)でした。

松武の祖父は明治時代に北海道に入植した開拓者であったため、松武は「大草原の少女ソラ」の開拓者精神に共感してくれたのです。

松武は「大草原の少女ソラ」の大成功にとても満足しており、またぜひマコプロダクションで次の作品もお願いしたいという依頼をしてくれます。

そして、麻子(貫地谷しほり)は全話の演出を担当した一久(中川大志)を松武に紹介します。

「よくやってくれた!君にも開拓精神があるんだね。この作品は偉業だよ!!」と一久に声をかける松武。

すると一久は「開拓精神とは、偉業を達成することではでないと思っています。自分の生活を一から作り上げることが開拓の基本だと私は思っています。そして、われわれが作品を作るときの基本であると思います。ここにいるみんなに感謝します。」と話します。

次に麻子はなつのことを松武に紹介します。

「あんたがなっちゃんかい!あんたも北海道の開拓者なんだろ?」と話す松武。

「私は開拓者に育てられただけですが、そういう人たちがいたからこそこの作品が出来たのだと思います。そして、ここにいるみんなと出会わなければこの作品は生れませんでした。みんなに出会えて私は幸せです。」とみんなに感謝するなつなのでした。

松武に乾杯をしてもらおうとする麻子でしたが、松武はなつに乾杯をお願いしたいと言いなつは「すべての開拓者に、乾杯!!」と乾杯の音頭をとります。

そして松武が帰っていくとマコプロのメンバーたちで賑やかに打ち上げが進んでいきます。

桃代(伊原六花)と神地(染谷将太)がソラのテーマに合わせて踊り出し、みんなで大盛り上がりです。

打ち上げに参加していた咲太郎(岡田将生)と光子(比嘉愛未)からもねぎらいの言葉をかけられるなつ。

咲太郎も「これからは声だけでスターになれる時代が来ると思っている。」と言うと「お兄ちゃんも新しい世界を開拓しているんだね。」と話すなつなのでした。

なつと一久が家に帰ると富士子(松嶋菜々子)と優(増田光桜)とともにゆっくり夕食を食べます。

なつの仕事が落ち着いたため、富士子は翌日に北海道へ帰ることになります。

なつは、富士子が帰ってしまうことを寂しがる優に「夏休みになったら一緒に十勝に行こう!」と声を掛けます。

なつと一久は「本当にありがとうございました。」と富士子の助けに感謝すると、「なつ、本当によく頑張ったね。あんたはちゃんとした母親だわ。安心して帰ることが出来る。」と言う富士子。

次の日、なつは咲太郎に呼び出されて千遥(清原果耶)の店にやって来ました。

店の中に入ると、なんとそこには亜矢美(山口智子)が来ていました!!

久しぶりの再会を喜び合う亜矢美となつ。

亜矢美はとうとう東京に戻って来て新宿にまたおでん屋を始めることになったのです。

「ムーランルージュの復活だよ」」と喜ぶ咲太郎。

亜矢美は千遥の料理にとても感心し、「それにしてもこれよ。これにはまいった。美味しい。この料理。何が違うんだろう?」と話します。

すると「やっぱり出汁でしょうか?親方から出汁が命だと教えられました。一番出汁をとった後に二番出汁を手間暇かけて取ることが大事なんです。」と答える千遥。

亜矢美は人生を出汁に例えて、「私たちも二番出汁みたいなものかしら。人生の二番出汁。自分の人生を一生懸命生きて行く中で、こくと風味の二番出汁があるわけでしょ。でも、一番出汁の自分の家族のことは忘れない。」と話します。

その話に納得し、頷くなつたち。

そして、なつたちは夏休みに十勝へやって来ました。

その光景を見て「懐かしい。記憶の中にあるままだ。」と言う千遥なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  153話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  153話の感想

大草原の少女ソラの放送がとうとう最終回を迎えました!

なつが本当にアニメーションで表現したかった作品を大切な仲間たちとともに作ることが出来て充実感が感じられました。

なつが幼い頃十勝で学んだ開拓者の魂をたくさんの人々に届けることが出来て良かったです。

なつだからこそこれだけの素晴らしい物語が出来たのだと思います。

そして、信頼できる仲間たちがいたからこそですね。

今日はTEAM NACSの最後の1人である大泉洋さんが出演し、Twitterの盛り上がりも最高潮です!

役柄は明らかになっていませんでしたが、やはり北海道にゆかりのあるミルコスの社長役で納得しました。

多忙なTEAM NACSのメンバーがみんな出演とはさすが記念の100作目の朝ドラです。

朝ドラ歴代ヒロインの登場とともに様々な話題を呼んでいますね。

今日の大泉洋さんの出演はみんな待ちに待っていたので嬉しかったです。

なつも大きな仕事を終えて、これからは優との時間を少しでも多く取れるといいですね。

あれだけパパとママが家にいないで小学校へ通うのはきっと寂しさを我慢しているのだと思います。

優はソラが大好きだからこそ我慢できているのでしょう。

優にとってパパとママが「大草原の少女ソラ」を作っていることは誇らしいことなのだと思います

そして、東京に亜矢美が戻ってきました!

咲太郎と無事に再会し、また新宿でお店を出来ることになって良かったです。

このふたりもまた家族として新しい出発ができそうな気がしました。

なつぞらも残りあと3話。

最後まで楽しみです!

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク