なつぞら

【なつぞら】155話のあらすじと感想!牛とともに生きる

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」の155話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)は千遥(清原果耶)、千夏(粟野咲莉)と一緒に十勝へ帰省します。

千遥との久しぶりの再会に、千遥をそっと抱きしめ涙を流す泰樹(草刈正雄)。

なつは雪月を訪れると、とよ(高畑淳子)から泰樹が「大草原の少女ソラ」を見て朝日に感動していたことを聞き、涙が溢れるのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  155話のあらすじ(ネタバレ)

昭和50年、この年十勝は冷害、水害に見舞われました。

照男(清原翔)は新しい牛舎を建てて、泰樹(草刈正雄)の作ったしばた牧場を十勝一の牧場にすると張り切っていました。

しかし、新しい牛舎を建てて機械化するには多額の借金をするリスクが伴います。

そのことを不安視する剛男(藤木直人)でしたが、泰樹は「これは照男の開拓じゃ。照男に任せる。」とだけ言って部屋に戻ってしまうのでした。

ある日、十勝の天気が大荒れになり大雨と落雷が発生し柴田家も停電してしまいます。

大きな雷鳴にすぐに泰樹(草刈正雄)が起き上がると電気はつかず、停電になっていることに気が付きます。

泰樹は照男に「牛はどうした?搾乳は?」と聞くと、「昼くらいまでなら牛も待てるだろ。」と話す照男。

「昼まで搾乳しなかったことなんてあるの?」となつが聞くと「うちではまだないけれど、大丈夫だって話は聞いたことがある。」と不安げに答える照男。

しかし、泰樹は「牛が泣いてる!牛をほっとくな!!毎日同じ時間に乳を搾ってやるから牛はわしらを信用して良い乳を出してくれるんだ。手で搾るんじゃ!!」と大声で言い放ちます。

いままで元気がなかったことが嘘のように大きな声で指示を出す泰樹。

「搾らなかったら乳房炎になってしまう!」となつが言います。

「早く行け!牛を助けるんじゃ、照男!」と言う泰樹。

手の空いてる人たちみんなで牛舎に向かい搾乳作業を行います。

泰樹となつは乳房炎になったことのある牛から搾乳を始め、夕見子(福地桃子)も富士子(松嶋菜々子)の作業を見ながら初めて搾乳をします。

しかし、停電でバルククーラーも止まっているため搾った牛乳を冷やすことが出来なくて困っていると、アイス屋の設備を壊して水槽で冷やそうと考える照男。

一久(中川大志)も必死に手伝い、全員総出で牛たちを守ろうと働きます。

昔のような気迫と威厳に満ちた泰樹の背中を見て、誇らしく思うなつ。

搾乳を終えると泰樹はみんなに「よくやった!みんなよくやった!!」と話しますが、照男は「俺はダメだ…。」と落ち込みます。

「お前はよくやった!一番大事なことは働くことでも、稼ぐことでもない。牛と生きることだ。」と照男に話す泰樹。

そして、照男の肩をそっと叩くのでした。

嵐が去った翌日、なつと泰樹は天陽(吉沢亮)の家の畑に向かいました。

天陽の家の畑も大雨にやられてしまいじゃがいもが倒れていました。

天陽の家にも被害は及びましたが、正治(戸次重幸)とトミ(小林綾子)は天陽の絵を守るためカバーをかけていたため、遺作となった馬の絵はキレイなまま残ります。

靖枝(大原櫻子)は「うちの畑もこの通りです。でも、いもは残っています。でんぷん用になら出荷できるかもしれません。」と話します。

「天陽が守ってくれたんだ。」という泰樹の言葉に微笑む靖枝。

泰樹となつもじゃがいもの収穫を手伝うことにいます。

「なつさん、なっちゃんって呼んでもいいかい?」と聞く靖枝に「もちろん!やっちゃん!!」と笑顔で答えるなつ。

幼い頃に泰樹と天陽とともに畑を作ったことを思い出しながら収穫を手伝うなつなのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  155話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  155話の感想

今日は元気のなかった泰樹が牛を守るために覚醒しました!

まるで昔の威厳に満ちた泰樹を見ているようでしたね。

「牛を待たせるな!牛は毎日同じ時間に乳を搾るからわしたちを信用しているんだ!!」という言葉は、北海道の荒地を開墾し、酪農を始めて牛とともに育ってきた泰樹だからこそわかる言葉でした。

そしてその開拓者精神は、なつや照男にも十分通じていることがわかりました。

照男は自分の不甲斐なさを恥じていましたが、泰樹の助言を聞いてなんとか牛と牛乳を守ろうと率先して行動していたところは頼もしかったです。

「牛とともに生きることが大事。」

これは今まで泰樹が牛たちと離れずに一緒に生きてきたからこそ言える言葉でしたね。

今日の放送回は、なつぞらで伝えたかった開拓精神が凝縮されていた気がしました。

私たちの生活は電気、水道、ガスなどが当たり前に使える時代で生きていますが、それがなくなった時に当たり前の生活が当たり前ではなかったと気づきます。

そんな些細な幸せを忘れないことも大事であることも改めて教えてもらえました。

明日はとうとう最終回です。

なつの物語がどう締めくくられるのか楽しみに待ちたいと思います。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク