2019年秋ドラマ

【おっさんずラブ Season2】5話のあらすじネタバレと感想!春田ついに成瀬に告白!玉砕?!

スポンサーリンク



ドラマ「おっさんずラブ Season2」第5話が2019年11月30日(土)に放送されました。

ここでは、「おっさんずラブ Season2」第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

いよいよ春田創一(田中圭)が成瀬竜(千葉雄大)への恋心に目覚める回がやってきました。

すでにTV予告でキスシーンが公開されているので、心臓を強く持って、春田の心意気を見守っていきたいと思います!

また、四宮要(⼾次重幸)の家族の事情にも興味津々です!

【おっさんずラブ Season2】5話のあらすじ(ネタバレ)

『5th Flight:俺じゃダメか』

シノさんの息子

四宮要(⼾次重幸)に「小学生くらいの男の子がシノさんを探していて…」と報告した春⽥創⼀(⽥中圭)。

いつもの四宮とは違い「今ちょっと手が離せないって言ってもらえるか」と逃げ腰の様子。

思わず「詳しい事情をお知らせ下さいませ!」と脳内アナウンスをしてしまう創一。

待っている少年に「お父さんは仕事中で手が離せないみたい」と伝えるが、寂しそうな背中に釈然としない。

先輩CAの根古遥(MEGUMI)に質問すると、「プライベートだから」と言いつつも話してくれる。

四宮は10年位前に離婚歴アリ、妻は元天空ピーチのCAで遥の友人だった。

・ ・ ・

寮でつい四宮にその話を持ち出す創一。

「実はバツイチなんだ、笑えるだろ」としか言わず、深くはツッコミ辛いところだ。

今日はドリアを解凍している成瀬⻯(千葉雄大)の横で、パスタをご馳走になる。

意外にも「お子さんは何歳ですか?」と成瀬がさらっと質問するので、驚く創一。

息子は今年で10歳、翼という名前で、1歳のころ以来会っていないらしい。

「どうして成瀬は普通に聞ける?」とコッソリ聞く創一。

「恋愛対象は同性でも、普通に家族が欲しいっていう人はいっぱいますよ」と、簡単に返されてしまう。

「今更父親を名乗る資格なんてない」と苦笑いする四宮を、何とか息子と再会させたいと思う創一だった。

小学生の体験学習

⿊澤武蔵機⻑(吉⽥鋼太郎)に対し気まずい創一と、吹っ切れた様子で強気にふるまいつつメソメソしている黒澤をよそに…。

広報・橘緋夏(佐津川愛美)の仕切りで、穴守小学校の体験学習が始まる。

烏丸孫三郎(正名僕蔵)・道端寛太(鈴鹿央士)らと共に成瀬と創一も紹介リーダーに選ばれていた。

緋夏は創一と個人的に話したいのだが、うまく呼び止められずにしょんぼりしてしまう。

・ ・ ・

CAたちは救命胴衣の説明をするが、創一は着方を間違って絡まってしまい、悪い例で笑いをとっている。

パイロットの説明をする成瀬の方は、説明がぎこちないので「聞こえません」、「面白くない」、「彼女いますか」とヤジられて散々だ。

思わず「コンプライアンスって言葉、知ってる?」と怒り出す成瀬。

慌てて「子供にキレんなよ」と創一がたしなめ、ディスパーチャー紹介の方に烏丸が誘導していく。

その時、四宮の息子・翼くんを発見し、成瀬に囁く創一。

「絶対お父さんに会いたいんだ」と心配するのだが、成瀬はクールに「あの人が会わなくていいと言っているから」と、放置する考えだ。

動き出しそうな創一は「スーパーおせっかいだから」と止められてしまう。

成瀬の様子に「シノさんのこと詳しいな」とツッコむと、動揺する成瀬だ。

思わず「仲良しアピールか」とつぶやき、何だかモヤモヤする創一。

ブツクサ独り言に出てしまい「嫉妬です、それは」と烏丸に指摘されてしまう。

デートの失敗

久しぶりに“東京おでんラブストーリー”に来た緋夏と創一。

緋夏から誘われてデートの相談をしていると、「デートか」と突然黒澤が割り込んでくるので驚く2人。

美術館や巨大迷路をグイグイ進めてくるので「キャプテンも一緒に行きますか」と口走ってしまう創一。

緋夏が大いに父親を邪険にするのだった。

・ ・ ・

結局、2人きりでボートに乗りに行く緋夏と創一。

四宮の息子のことを話題にし、「成瀬にはおせっかいだと言われた」などと話す創一に、違和感を覚える緋夏だ。

タイムリーに成瀬から『ハイパーおせっかいですよ』とのメッセージと土偶のスタンプが来たので、はしゃぐ創一。

「あいつ変わったんだよ」と嬉しそうなので、緋夏は困ってしまう。

緋夏から手をつなごうとしてもすれ違う2人。

黒澤の勧める美術館に行こうかと言い、晩御飯には「シノさんがコロッケ作ってくれる」と思い出し、緋夏の分も頼むと言い出す創一に、ついに緋夏も我慢できなくなる。

「なんで?」と言っても、気づかない創一に「好きじゃないでしょ、ハルちゃん私のこと」と切り出す緋夏。

他に好きな人がいるのかとツッコまれ、つい「ごめん、俺頑張るから」と口走る創一。

デートを断らない優しさを指摘し「私は傷つきました」と言いおいて、泣き笑いで帰っていく緋夏。

追いかけられない創一だった。

・ ・ ・

創一が寮に帰ると、成瀬がうたた寝していた。

つい顔を覗き込み…唇に触ってみたくなる。

緋夏の泣き顔を思い出して急いで離れるが、気になりだして動悸が止まらないのだった。

翼くんと四宮

喫茶コーナーにいる四宮と遥。

遥は四宮の元妻・蘭から、ホテルのオープニングスタッフとしてバンコクに引っ越す話を聞いていた。

翼くんと共に日本を発つのは来週とのこと。

「ほんとに会う気ないの?」と追及する遥は、四宮の同性好きも知っていた。

「家族を愛する気持ちに嘘はなかった」と思い出しつつ、父親面する資格はないという四宮。

「2人の未来を邪魔したくない」とかたくなな様子に、「鬼ダサ!」と一刀両断の遥だ。

遥は創一に相談を持ちかける。

我慢できなくなった創一は、遠慮なく体験学習に四宮を引きずっていくことにする。

・ ・ ・

今日の体験学習では、整備士について道端が説明していた。

しかし地味な説明に「飛行機に乗りたい!」、「見たい!」とコールが始まってしまう。

なんとか工具をしまうゲームを始めた子供たちだが、不真面目な様子に通りすがりの成瀬がキレてしまう。

「整備ってのは超重要だから、マジで!」と、ケンカ腰で説明する成瀬。

レンチ1本だって、うっかりなくすと見つかるまで飛行機は飛ばせないのだ。

「それぐらい工具の管理っていうのは重要なんだ!」と怒鳴っている間に、創一は四宮に翼くんを指差す。

ブーイングの子供たちに「帰れ!」と言い出す成瀬を止め、「ごめんごめん」と割り込む四宮。

「確かに地味だよね」と言いつつ、物柔らかに整備士の誇りを語って聞かせる。

また、パイロット・CA・整備士の信頼関係について熱く語る様子に、意外に静かに聞いている子供たちだ。

なんとか四宮の号令に従って工具収納に取り組む子供たちは、質問したりなど意外に盛り上がっている。

そっと困っている翼くんを手助けする四宮。

将来はパイロットになりたいと言うので苦笑いしてしまう。

工具について説明し、いい雰囲気になった2人だ。

父と息子の別れ

体験した小学生たちが作った見学新聞が張り出されている。

『男性CAになりたい』という感想もあって、喜ぶ創一だ。

烏丸の似顔絵も面白い。

四宮に成瀬が指差した記事は『パイロットがイケメンだった』ではなく…翼くんの感想だった。

整備士について詳しく書いてあり、どうやらネームプレートで四宮に気づいていた様子。

『派手な仕事じゃないけれど、お父さんが自分の仕事に誇りを持っていて、とてもかっこいいと思いました』と書いてある。

感動する四宮。

涙ぐんでいる様子に、翼くんが描いた父子の絵を指さしてもう一押しする創一。

翼くんと母親は、今日のフライトで出発なのだ。

「翼くんだって、絶対もっとお父さんと話がしたいはずですよ!」という創一の言葉に胸を打たれた四宮は走り出す!

背中を見送る成瀬と創一、そして遥だ。

・ ・ ・

時刻表を確認し、搭乗口方面を探す四宮。

展望デッキまでくると、「要?」と元妻・蘭から声がかかる。

翼くんに会ったこと、すぐわかったことを伝える四宮。

蘭からは「今度結婚する」と言われて、少しショックを受けるが何とか祝福する。

別れた時のことを謝ると「要と結婚したことは後悔していない」と言ってくれる蘭。

「要も幸せになってね」と言われていると、翼くんが走り寄ってくる。

「あのイケメンパイロットがお父さんかなって思った」などとからかいつつ、「整備士も悪くない」と言ってくれる翼くん。

つい息子を抱きしめて、泣き出してしまう四宮だった。

それでも「母さんのこと頼んだぞ」と、なんとか泣き笑いで見送る四宮。

後ろで見守る、号泣の創一と成瀬。

泣きすぎにあきれて「いいヤツ代表かよ」と言いつつ、使いさしのティッシュを差し出す成瀬だ。

春田、ついに告白!

飛行機を見上げる四宮と成瀬。

新しい父親に遠慮する四宮を成瀬が「カッコつけ病ですよ」とからかう。

2人が楽しそうに話している様子を後から眺める創一。

無邪気な成瀬の笑顔に、モヤモヤが最高潮に達してしまう。

・ ・ ・

寮では四宮がいつものようにクリームシチューを作っている。

「ホワイトソースだしあいつも食うだろ」と成瀬を呼びに行くように頼まれた創一。

テラスに成瀬を呼びに行くが…ついその手をつかんで引き留めてしまう。

たどたどしく自分を説明しようとする創一。

…お前が誰かとしゃべったり笑ったりしているのは、イヤだ。
…いない時も、何してるのかって、気になる。

怪訝そうな成瀬。

色々言いながらも「誰にも渡したくない」、「俺、お前のこと好きみたいなんだよ!」と告げる創一。

訪れる沈黙。
逃げ出す成瀬!
捕まえる創一!

「俺じゃダメか」との創一の問いは「だめです」と否定されてしまう。

無理やり成瀬にキスする創一!

突き飛ばされて、つい「キスぐらい誰とでもするって言ったじゃねーかよ」と口走る。

またもや逃げ出されてしまい、悲鳴を殺して悶えるのだった。

春田、危機の予感

黒澤家。

ぼーっとしている娘・緋夏を気遣う黒澤武蔵。

「ハルちゃんにふられた」と聞かされ、ワンテンポ遅れて盛大に驚いてしまう。

「どうして緋夏がふられなきゃならないんだ」と、娘の肩を掴んで喚く父親に、逆に緋夏が驚く。

娘への同情より「俺は何のために身を引いたんだ」と高ぶって、エプロンを引きむしって飛び出そうとする黒澤。

必死に止める緋夏だ。

・ ・ ・

シチューの支度をしていた四宮。

創一が1人でやってくるが、ちょっと不審に思っただけで、明るく話し出す。

「お前のおかげで家族と向き合えたし、前に進もうと思えた」とのお礼を聞き流してしまう創一。

しかし「春田のことが好きだ」と改めて告白され、驚いてしまう。

「俺と付き合って欲しい」と言われ、うなだれるしかない創一。

しかし「そういう反応だと思った」と言いつつも、意外に明るく粘る四宮から意外な言葉が!

「まずはお試しで1週間!」と晴れやかな笑顔で言われ、悩乱状態になる創一だった。



スポンサーリンク

【おっさんずラブ Season2】5話の感想

春田と緋夏のデート別れから、四宮の家族の話題、春田と四宮の告白2連発と、超盛りだくさんの第5話でした。

相変わらず泣き所から抱腹絶倒まで感情を大いに揺さぶられるドラマです。

今回特に際立っていたのは、四宮要のキャラクターの振り幅でしょうか。

10年来の息子・翼くんとのコミュニケーションを渋るシャイなところから、春田にお試し交際を申し込む超ネアカモードまで、すごく変化したものだなぁと感心してしまいました。

それでもシノさんには腹黒さが感じられないので、つい共感してしまうところが多いんですよね。

一方で春田については、誰からも好かれる前向きで単細胞なイメージから、恋を意識して急に複雑化してきた感じです。

緋夏とのデートのときの春田は中学生かと思うくらい幼げで情けなかったのですが、成瀬にキスしておいて「誰とでもするんじゃなかったのか」と言うとは、どす黒さの発露がすごいです。

暗さを演じて眉間にしわを寄せると、意外に大人っぽく見える田中圭。

「おっさんずラブ2」でかなり若返ったイメージで登場したと感じていたのですが、渋い顔をしている様子に、初めて実年齢の35歳相応に見えた気がしました。

春田の告白に逃げ出してしまった成瀬の本音も、早く詳しく知りたいです!



スポンサーリンク

【おっさんずラブ Season2】5話の視聴者の声

まとめ

見事な三角関係を描いてしまった春田・四宮・成瀬。

ここに黒澤がどう乱入してくるのか、また成瀬はどう振舞うのか、ワクワクが止まらない来週です。

次回は新キャラクター・獅子丸怜二(山崎育三郎)の登場です。

予告で見てもご新規らしい違和感がゼロなのは、ドラマ「昭和元禄落語心中」などで微妙な関係の役柄を見ているからでしょうか。
(笑)

積極的な獅子丸が起こす嵐も楽しみです!



スポンサーリンク