2019年秋ドラマ

【おっさんずラブ Season2】最終回(8話)のあらすじネタバレと感想!コクピットからメリークリスマス!そして春田の告白!

ドラマ「おっさんずラブ Season2」最終回(8話)が2019年12月21日(土)に放送されました。

ここでは、「おっさんずラブ Season2」最終回(8話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

突然の黒澤武蔵キャプテン(吉⽥鋼太郎)の引退宣言や、四宮要(⼾次重幸)の寮脱出に動揺する春⽥創⼀(⽥中圭)。

機長引退宣言で何が起きるのか、成瀬⻯(千葉雄大)の「春田さんは大切な人」発言の真意はどこにあるのか。

そして春田を中心とする、それぞれの恋の行方はどうなるのか。

謎の相撲大会も含めて、最後までワクワクする展開です!

【おっさんずラブ Season2】最終回(8話)のあらすじ(ネタバレ)

『8th flight:天空のメリークリスマス』

寂しい春田創一

飛行機を眺める春⽥創⼀(⽥中圭)。

⿊澤武蔵(吉⽥鋼太郎)は機長を引退宣言、四宮要(⼾次重幸)は寮から出ていってしまい、寂しさを感じていた。

獅子丸怜二(山崎育三郎)に黒澤のことを聞くと、「パイロットとして完全なフライトができなくなったから」との申し出だったらしい。

寮では成瀬⻯(千葉雄大)にグラタンをもらって2人で寂しい夕食だ。

軽口をたたきつつも、四宮のことを心配する創一だった。

その四宮は…。

なんと橘緋夏(佐津川愛美)に連れられて、黒澤家に居候。

コチラの食卓は四宮の手料理で天ぷらなどがにぎわっている。

「3人ともはるちゃんにふられた組じゃん」と、明るい緋夏中心に楽しい夕食だ。

緋夏が黒澤の春田への気持ちを知っているということに驚く四宮。

黒澤が春田に対しむしろ感謝の境地にあると聞き、「弟子にしてください!」と食らいつく。

四宮の土下座を見て本気と思ったのか悪ノリしたのか、「相わかった、修行に耐えていく覚悟はあるか?」と言い出す黒澤。

急なノリに「これ何の時間?」とキョトンとする緋夏だ。

・ ・ ・

成瀬と黒澤。

引き留めたがる成瀬に、黒澤は自分が限界を感じたフライトについて語る。

悪天候で福岡に飛んだ日のことで、結局羽田に引き返す結果となったのだ。

難しい判断ながら自分の経験に即してフライトを決めたのだったが、今は烏丸孫三郎(正名僕蔵)や成瀬、チームの意見を優先させなかったことに反省を感じていた。

「そんな自分を、許せない」という黒澤に何も言えない成瀬だ。

・ ・ ・

創一と黒澤。

「グレートCAになるためにもっと教わりたかった」と嘆く創一を黒澤がなだめる。

「お前がグレートCAになる頃には、どのみち俺はとっくに引退しているよ」と言いつつ、くしゃみする創一に自分のマフラーを半分巻いてくれる黒澤。

黒澤の温かさに思わず抱きつく春田。

「ここは『離れてください』と突っ込むところだろ」と苦笑いの黒澤に、さらにしがみつく創一。

タジタジの黒澤は、自分から離れてマフラーを全部貸してくれる。

愛情込めて創一をぐるぐる巻きにする黒澤。

心が揺れる創一は、つい脳内アナウンスしてしまう。

「…当機は既に着陸態勢に入った模様です。しかし愛の執着地点はまだ見えておりません…」

レッツ黒澤杯・相撲大会

黒澤キャプテンのラストフライトはクリスマスイブに決まった。

「どういうふうに送り出すか」と話し合うCA達に、「普通が1番」と怜二がアドバイスする。

準備から着陸まで、普通のことを当たり前にすることが、1番大切なんじゃないかという話に、みんな感動する。

それはそれとしてアルバムを作ろうと怜二。

しかし、創一はカメラを向けられてもいい顔ができない気分だ。

怜二はそんな創一を「辞めてほしくないのは、はるっぴの我がままだ」となだめる。

笑顔で送り出すのが愛だと言われ、考え込む創一。

ふとロッカーを開けると、黒澤からのメモが挟まっていた。

『七郷土手にて待つなり 黒澤拝』と地図付きだった。

・ ・ ・

一方成瀬と四宮も、連れだって土手に向かう。

「春田とはうまくいっているのか」と四宮に聞かれ、成瀬は怒ってしまう。

3人そろった時、黒澤は「ハイヤー!」と、段ボールで土手を滑り降りて登場。

ずっこけるが、気を取り直して3人に「思い残すことがないように」と言って、“黒澤杯相撲大会”を宣言する!

芝生の土俵に集合する一同。

「まずは、カモン四宮さん!」と黒澤。

がっぷり組んだところで「この不幸体質戦士!」と決めつけた黒澤が、四宮を抱きしめて締め上げる!

創一への告白を後悔している様子に、突っ張りのビンタを飛ばして「テイクオフ!」と土俵外に放り投げてしまう。

人を好きになった自分を否定するな、誰かを愛するということは素晴らしいことだと言い、「バカ者!」と気合を入れる。

「次に成瀬さん、カモン!」と黒澤。

一計を案じて、後から駆け寄り「スキアリ!」と黒澤を抱きしめる成瀬。

「この自己完結型ベビーフェイスめ!」と黒澤はお姫様抱っこで抱え上げ、「春田のことが好きなのか?」と迫る。

「好きだけど、そういうのじゃ…」という成瀬を、「ソフトランディング!」と土俵外にそっと成瀬をおろす黒澤だ。

「機長を目指すなら、もっと周りを信用して自分を開け…俺は開きすぎだが」とアドバイス。

笑い合う2人だ。

最後に「春田さん、カモン!」と黒澤。

「よろしくお願いします!」と、正面からがっぷり組みにいった創一を受け止め、「この、まっすぐ甘えん坊将軍め!」と断じる黒澤。

「お前にいう言葉は…いや、何もない!」と言われ、「何か言ってください!」と粘る創一。

「ファイヤーアウェイ!」とプロレス調で遠くに飛ばされてしまうのだった。

「自分で考えろ」というのが、黒澤の言葉だった。

「全員まとめてかかってこい!」と煽られて黒澤に3人が襲いかかり、さんざん暴れまわる一同。

最後に夕日を見ながら、黒澤に抱き着いて懐くのだった。

仲直りの寮生活

黒澤家で、緋夏がかしこまって「今まで本当にお世話になりました」とあいさつして黒澤の第二の人生にエールを送っていた頃。

寮には四宮が戻ってきて、以前のように料理していた。

肉じゃがの夕食を美味しくいただく創一と成瀬。

成瀬がニンジンを克服している様子に大いに盛り上がる。

食後に創一に質問され、黒澤家では「いいおっさんになるための授業を受けていた」と語る四宮。

黒澤の無茶苦茶ぶりに笑い転げながら、「シノさんのチーズハンバーグが食べたいです」と甘える創一。

意外にも「甘えるな」と言う四宮と創一がじゃれていると、2人の間にヌッと成瀬が割って入る。

「コンビニ行こう」と誘われたのは創一だった。

夜道を歩きつつ、明日が黒澤のラストフライトだと話す2人。

「それだけ?お前そういうキャラだったっけ?」とからかう創一。

「失敗すんじゃねーぞ、バカタレ!」と不思議キャラを発動する成瀬に、「その方が成瀬っぽい」と笑う。

最近の自身の変化は創一のおかげだと、“感謝文句”を言いながら頭を下げる成瀬。

しかし「俺にとって春田さんは、大切な人だから」と、今の自分には軽く付き合うことができないと泣く成瀬。

黙って真剣に聞く創一。

「春田さんの事、尊敬しています」と、長所をいっぱい上げる成瀬に頭を下げる。

ちょっと泣きながら…抱き合う2人。

笑顔に戻りながら、肩を抱き合って帰るのだった。

黒澤武蔵のラストフライト

翌朝は快晴だ。

チームの打ち合わせでは黒澤が「いつも通り、安全第一でいきましょう」というものの、女性CA達は涙がこぼれてしまう。

173名の乗客、天候は問題なしの良好。

そこで創一が、自分に今日の機内アナウンスをやらせてほしいと申し出る。

スタンバイする黒澤以下フライトメンバー、見送る烏丸・四宮たちグランドスタッフだ。

・ ・ ・

大勢の乗客を前にアナウンスを受け持つ創一。

「ピーチエアライン松山行き309便をご利用いただき、誠にありがとうございます」と普通に話し始めるが…。

「本日は機長の黒澤にとって、最後のフライトとなります」と続け、「グレートキャプテンについて少しだけ」と、黒澤について語り出す!

コクピットで動揺する黒澤、笑う成瀬だ。

「黒澤キャプテンは本当にめちゃくちゃな人で」と続ける創一。

相撲のエピソードで笑いを取りつつ、絆を深める手助けをしてくれたことを語る。

「キャプテンにたくさん愛されたぶん、自分たちも誰かを愛して幸せにしたい」と、仕事への意気込みにつなげる創一。

「どうぞ、快適な空の旅をお楽しみ下さい」と言い終えると、客席から大いに拍手がわき上がるのだった。

苦笑いする黒澤。

成瀬とのアイコンタクトで、いよいよ離陸だ!

上空では「コクピットから機長の黒澤です」とあいさつが入る。

創一の紹介に触れ、「この瞬間は、一生忘れないものになると思います」と言う黒澤。

「30年間の感謝を胸に、今日も精一杯務めさせていただきます。それでは皆様、メリークリスマス!」

その言葉に、やはり拍手が沸き上がり、クルーたちも笑顔になるのだった。

・ ・ ・

無事にフライトから戻ってきた黒澤を社員みんなが拍手で出迎える。

即席の舞台に立った黒澤に、怜二が花束を渡す。

心づくしのアルバムを贈呈し、近しかった社員が順に挨拶していく。

「俺が機長になったときにはお客さんとして1番にのっていただきます!」と成瀬も挨拶し、黒澤から肩章をもらう。

少し泣き顔の黒澤だが、創一が挨拶に来ないことを不審がる。

そこで道端が春田からのメモを渡す…。

それぞれのクリスマス

「サンタが来ないかな」と戯れているCA 3人組。

その時怜二がトナカイ、烏丸がサンタの格好で踊りながら現れる。

「メリークリスマス!」と歌い出す怜二からは報告があった。

黒澤キャプテンが指導教官として会社に残ることが決定したとのこと。

大喜びの一同だ。

・ ・ ・

モジモジしながら緋夏を待ち構えていた道端寛太(鈴鹿央士)。

頑張って食事に誘い、『道端寛太クリスマススペシャルコース』のプランシートを渡す。

「可愛い」と喜んで、付き合う緋夏だ。

・ ・ ・

寮では、四宮が成瀬に手作りグラタンを用意していた。

成瀬がドバっと砂糖をかけるので、怒る四宮。

「甘いの、好きでしょ」とシレっと言う成瀬。

「俺のどこがいいわけ?」との四宮の質問に、「なんか見てられない」、「どことなく残念」と、イマイチ褒め下手な成瀬。

「どこがいいのかな~」と接近してくるので、ドキドキする四宮。

いい雰囲気になり、互いにスプーンを相手の口に運ぶ2人。

成瀬は隙を見て軽く四宮の唇にキスをする。

呆然とするが怒りはしない四宮、薄く笑う成瀬だった。

春田創一の告白

『ヘリポートで待つなり 春田拝』とのメモで、やって来た黒澤。

「ラストフライトお疲れ様でした」とあいさつした創一は…

「俺は、キャプテンが好きです!」と叫ぶ。

「冗談はやめてくれ」と本気にできない黒澤。

もう自分は前を向いている、優しいから困らせてしまったと、なかなか本気にできない。

「俺は、キャプテンと離れたくないんです!」と言いつのる創一。

正直言って、尊敬なのか友情なのか、恋愛感情なのかはわからない。

でもキャプテンから受けた愛情が嬉しくて、温かくて…。

泣き顔になる創一。

だから、これから先もキャプテンの隣で一緒に幸せを見つけたい。

「キャプテンのこと好きになってもいいですかー?」

改めて叫ぶ創一。

「絶対ウソだ」と信じられず、しゃがみこんでしまう黒澤。

しかし、泣きながら再度創一が叫ぶので、立ち上がる。

大きな円を手で作って「まるー!」と返す黒澤。

泣きながら笑顔になり、黒澤に抱きつく春田創一。

笑顔で受け止めて「はるたん?」とつぶやく黒澤武蔵だった…。

[完]



スポンサーリンク

【おっさんずラブ Season2】最終回(8話)の感想

「ほっこりした~」と、心から思える最終回でした。

春田が最後に黒澤に告白したのは正直意外でしたが、いろいろあった末に「1番いなくなって欲しくない人」ランキング1位が黒澤だったという感じでしょうか。

それはそれで春田らしいのかなぁと思いました。

黒澤のラストフライトは、「いつもどおりに」と言いつつも、すっかり春田色という感じでしたね。

考えてみれば、ワンカット以上に機内で働く春田のフライトシーンが映った、最初で最後の場面でした。

その他にも黒澤杯の相撲大会や、「3人全員はるちゃんに振られた組」のコミカルな食卓、春田と成瀬の友情など、面白さが途切れない最終回でした。

なんとなくペアが成立していくいい感じの終わりの中で、少しモヤモヤするのが獅子丸怜二です。

インパクトのある登場だったのに、なんだかおとなしく執行役員におさまってしまった感じがあり、ちょっともったいないなぁと思いました。

山崎育三郎には是非もうひと暴れしてほしかったのですが、何だか贅沢な配役でした。

考えてみれば、30代40代といえば一般的には中間管理職として悩みの多いお年頃とみられる「おっさん」ですが…。

このドラマのように自然と愛社精神を持って、仲間と和気あいあいと仕事できたら本当に幸せだろうなぁと、かなり羨ましく感じてしまいました。



スポンサーリンク

【おっさんずラブ Season2】最終回(8話)の視聴者の声

まとめ

昨年のシーズン1の流れを知っているファンとしては、「黒澤、ようやく報われて…」と、見守ってきた感慨もひとしおでしたね。

成瀬と四宮のその後が気になりつつも、これはこれで余韻があるいい終わり方だなぁと思いました。

性別を超えたラブに全く違和感のなかったドラマでしたが、夢のような会社の人間関係の良さにも憧れますね。

・ ・ ・

さて、同テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠の新年は、浜辺美波主演、安田顕・成田凌共演の「アリバイ崩し承ります」が放送されます。

本格推理小説と呼び名の高い大山誠一郎の小説を原作にしたドラマとのこと、コミカルなノリと上質のミステリが楽しみです!