2019年春ドラマ

【ラジエーションハウス】11話のあらすじ(ネタバレ)と感想「決断した唯織は杏に告白する!?」

スポンサーリンク



月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第11話が2019年6月17日(月)に放送されました。

ここでは、「ラジエーションハウス」第11話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

ついに甘春杏の父・前院長の正一の病気が手術で治ることが判明しましたね。

喜ぶ杏や五十嵐唯織たちですが、その後病院は窮地に陥ります。

さて、正一の手術は、そして2人の関係はハッピーエンドになるのでしょうか?

ラジエーションハウス
「ラジエーションハウス」キャスト(出演者)紹介!科捜研の次は窪田正孝演じる放射線技師!2019年4月スタートのフジテレビ月9ドラマは窪田正孝さん×本田翼さんの「ラジエーションハウス」です。 月曜日の夜は街から若い女性...
ラジエーションハウス
【ラジエーションハウス】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?月9ドラマ「ラジエーションハウス」が2019年4月からスタートです。 主人公の五十嵐唯織(窪田正孝)は天才放射線技師として、「写真...

【ラジエーションハウス】11話のあらすじ(ネタバレ)

甘春正一の病因

前院長の検査開始!

甘春杏(本田翼)の父親、前院長の正一(佐戸井けん太)は、慢性の硬膜下血腫だけでなく、五十嵐唯織(窪田正孝)の気にした髄液漏れも起こしていた。

半年前の脳の写真からも疑われたとおり、髄液が漏れて脳が下垂したとのこと。

MRIで確認し「低髄液圧症」だと断言する唯織。

自転車事故と、飛行機内で起きた気圧の変化で発症したもので、うつ病に似た症状もそれが原因だった。

「ブラッドパッチ療法」という方法で直せると唯織が解説し、杏と専門医を探すことで盛り上がる。

2人が信頼し合っている様子に、黒羽たまき(山口紗弥加)たち技師たちは、広瀬裕乃(広瀬アリス)のご機嫌を気にするのだった。

麗洋医大から専門医を呼んでくることに決定した矢先。

病院のベッドで正一は倒れ、容体が急変してしまう!

・ ・ ・

一方、小野寺俊夫技師長(遠藤憲一)は息子・大樹の訪問を受ける。

夏期講習受講料10万円のおねだりと共に、友人の不登校を相談されるのだった。

緊急手術!

血腫の肥大で意識障害を起こした正一。

院内にブラットパッチをやったことのある医師はおらず、手術は明後日の予定だったので、招へいした医師も到着していない。

「私がやります!」と決心する杏。

辻村駿太郎(鈴木伸之)は「リスクが高すぎる!」と止めるが…。

技師長の気合のもと、技師たちが動き出す!

手術は杏の隣で唯織が手伝い、技師長たちが画像をモニターしてフォローする。

胸椎に針を刺す難関に、固まる杏。

「先生?」と唯織が呼びかけ、正一の意識レベルの低下を技師長が伝える。

「お父さん…」と泣き顔になり、動けない杏。

唯織が、その杏の手をとる!

「かわります。僕がやります!」

「医師法違反だぞ!」と駿太郎。

「大丈夫です、僕は持っているんです、医師免許」と告白する唯織だった。

持っている?と驚く辻村、裕乃、どよめく技師たち…。

唯織に冷たいラジエーションハウス

手術は成功!

正一の意識は回復したが、暗いラジエーションハウス。

「ハッキリさせないとダメな性格なんだ」と“医師免許”の件を口にするたまき。

知っていた技師長は「五十嵐はれっきとしたお医者様」と保証する。

「これからも技師として頑張るって言ったよな」と軒下五郎(浜野謙太)。

「道理で病気に詳しいわけだ」とあきれる威能圭(丸山智己)。

「僕たちのことバカにしていたんでしょ」とすねる悠木倫(矢野聖人)。

裕乃の質問に「僕はただ診療放射線技師として働きたかったんです」と言うが、理由は言わない唯織。

みんなは釈然とせず、唯織を拒絶するように帰っていく。

交代して的確に手術してくれた唯織を思い出していた杏。

唯織が助けてくれるとはじめから期待していた自分を反省する。

「あの…」と待っていた唯織に、ニッコリとお礼を言い…去っていく杏。

微妙な笑顔を浮かべる唯織だった。

・ ・ ・

混んでいるラジエーションハウス内で、裕乃にすら避けられ、浮いている唯織。

技師長が「医者とか技師とか、どうでもいいような気がする」とフォローするも…。

裕乃は「患者さんを助けられる資格があるのに」と、隠していたことに不満なのだった。

技師長だけは唯織に話しかけて「低髄液圧症」の見識をホメる。

唯織がワシントンで出会った少年がうつ病と誤診された症例を話すと、つい食いついてしまう。

・ ・ ・

大森渚院長(和久井映見)に話を聞いてもらう唯織。

「虫屎茶」をふるまう院長は、ブラッドパッチの件を指摘し、放射線科医として働くようにほのめかす。

技師にこだわる理由や杏の存在を質問されても、何も答えない唯織だった。

帰っていく技師たちは、唯織の愚痴をこぼす。

…普通医師免許をあえて隠した唯織は、技師をバカにしているのか?
…「誰よりも患者を救いたい」と思っているのに、医者にならないのは何故なのだろう?

甘春総合病院にかかる圧力

駿太郎に会いに来た麗洋大系の医師が「診療放射線技師による明らかな治療行為」があったと騒ぐ。

「その必要はない」と言下に否定する駿太郎に憤慨する態度は、新聞記者の気を引いてしまう。

翌日から病院前はマスコミで大騒ぎとなる。

「何かの間違い」と鏑木安富部長(浅野和之)がきっぱり否定するも…。

話はとんでもない方向へ展開していく。

麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が「聴聞会を開く」と騒ぎだしたのだ。

焦る鏑木部長は「病院最大の危機」と院長にご注進するが、「五十嵐くんは医師免許を持っているんです」と聞かされ仰天する。

しかし、病院内は麗洋大系の派遣医師が消え、風評で患者も減り、大打撃だ。

嫌がらせに憤慨して父親を非難する駿太郎は、逆に辻村教授に「戻ってこい」と言われてしまう。

唯織とすれ違った駿太郎は、つい「キミは何故ここで技師をやりたいんですか?」と聞く。

しかし、唯織の無言を許し「僕もここで頑張ります」というのだった。

・ ・ ・

「医者も来なければ患者も来ない」と、ウンザリ暇なラジエーションハウス。

『病院ぐるみの隠ぺい』と叩かれて予約のキャンセルが続いているのだ。

そんな中、技師長は息子の引きこもりの友人を唯織に紹介する。

3ヶ月前ハードルの練習で転倒した、擦りむいたくらいだったが、翌朝からダルく学校に行けなくなったとのこと。

検査を張り切る技師長と五十嵐を「少しはおとなしくしてりゃいいのに」と横目に眺める技師たち。

「五十嵐さんは、技師は志士と同じくらい人を救えるって信じてるのかも」と思い至る裕乃だった。

・ ・ ・

辻村教授以下に問責を受ける大森院長。

クスクス笑う院長は「彼は技師ですが医師免許も持っています」と、問題のないことを語る。

五十嵐唯織がワシントン、ピレス教授のもとで学んでいたと聞き、騒然とする麗洋大サイド。

しかし、辻村教授が「技師という立場で医療行為をしたのが問題」と、組織の輪を乱した罰を与えるように言うので、ついに院長もムッとしてしまう。

強面で「私は、甘春病院は、くだらないルールで患者を見殺しにするような病院ではありません!」と断言するのだった。

唯織の決断

自分のせいで、病院が危機であるという空気に囲まれた唯織。

杏と駿太郎の会話から、唯織のことで麗洋大系が医師の派遣を拒否していることを聞いてしまう。

思わず隠れる唯織。

「おかしいです!彼は医師免許を持っているのに」と、唯織に手術を託した自分を責めている杏。

窮地に立つと知っていたのに、つい唯織に甘えてしまったと後悔していた。

コッソリ聞いてしまった唯織は、「杏を困らせているだけじゃないか」と悩む。

甘春正一を見舞う唯織。

体調が良くなり、久々に本が読めたと嬉しそうな正一は「ありがとう、杏を助けてくれて」とお礼を言う。

唯織のおかげで杏が「自分の弱さを認める勇気」を得たのだと語ってくれる。

「見守るだけではだめだった」と父親として感想を言う正一に、胸を打たれる唯織。

・ ・ ・

「脳脊髄液減少症」と判明し、手術で直せるとわかって明るい顔の、大樹の友人家族。

見送る小野寺技師長も明るい顔になっていた。

しかし、唯織から決心を聞き、ラジエーションハウスに戻ってきた技師長はすっかり暗い顔だ。

技師たちに唯織が辞める決心をしたことを伝えるのだった。

・ ・ ・

院長は唯織を放射線科医として正式採用するつもりだったが、唯織は「解雇してください」と申し出る。

自分が消え、病院が元通りになることを望んでいたのだが、それだけではなかった。

ピレス教授から「技師として」誘われている話をして、“大切な人”との約束のためにも、世界医師の医師を目指すと決意したことを説明する。

「仕方ないわね、甘春先生にはちゃんと話したの?」と院長。

無言で苦笑いする唯織だった。

唯織を受け入れるラジエーションハウス

翌朝、技師たちは唯織に軟化していた。

たまきは、男の中で負けん気で頑張っているうちに、患者に割り切りすぎていたと言い、「お土産は向こうのカップラーメン」と要求する。

軒下は「お前のせいで技師としてできることを考えるようになった」とド突き、金髪美人を所望する。

威能は、アメリカは美容グッズの宝庫だと言い、「向こうに行ったときは泊めてください、でも戻ってくる方が早いかな」と語る。

悠木は機械が好きで技師になったことを打ち明け、「戻ってきたら僕が勝つ」と宣言する。

裕乃は…。

「さみしい」と言い、唯織に頼れなくなる分「勉強して五十嵐さんみたいになる、あきらめませんから!」と、距離を縮めたいと話す。

見つめ合うけれど、何も言わない2人だったが…。

そのうちピザパーティに唯織を取られ、おいていかれる裕乃だった。

最後にIDカードを外して、技師長に挨拶する唯織。

「なんで医者じゃなくて技師として」なのか、率直に聞く技師長。

「それは?」と、みんなが注目する!

「昔約束したんです、甘春先生と。僕と杏ちゃん、本当は幼なじみなんです」と、昔の“約束”を白状する唯織。

「杏ちゃん全然覚えてなくて」と語ると、シーンとするみんな。

1拍おいて、「ウソだろ」「ありえません」「馬鹿?」と、ブーイングが集まる。

技師長が「お前みたいな変わり者、合うのはウチくらいだから」と、待っている気持ちを語る。

笑顔で「行ってきます!」という唯織を、送り出すみんなだ。

・ ・ ・

病院の外は雨。

鏑木部長が、迷惑だったと言いつつ激励し、傘を貸してくれる。

「少しは大人になって、戻ってきて」との言葉に頭を下げ、病院を振り返る唯織だった。

唯織の旅立ちと、新しい約束

唯織旅立ちの日。

病院で杏と駿太郎の横を「今日からあいつがいないなんてね!」と話しながら通り過ぎる技師たち。

唯織が辞めたことを知って、驚く杏。

「9:30発の成田行きのバスです!」と、つい裕乃が教える。

「行こう!」と駿太郎が手を取る!

見守る技師たち、部長と院長。

「これで平和」と呟きつつ、午前中が予約ゼロ件だと確認するみんな…。

・ ・ ・

唯織に追いついた杏と駿太郎。

「五十嵐さん!」と杏が呼び止め、「このまま会えなくなってもいいって思ってたんですか?」と責める。

「それは違います!」と唯織。

唯織はたどたどしく、“約束”を守りたいこと、22年と128日かかったけれど、また少し伸びるだけだと、話すのだった。

釈然としない杏、笑顔の唯織。

「では!」と去っていく唯織を、杏は再度呼び止める。

「言い忘れたことがあります!私、絶対に負けませんから!」と、ようやく笑顔を見せる杏。

優秀な放射線科医になって見せる、だから必ず戻ってきて欲しい。

「約束です!」との杏の叫びに、「はい、約束します!」と唯織も返す。

そこに、みんなが到着。

「面白いものは見逃せない」「広瀬は面白くないでしょう?」と、かしましい。

「来たくなかったけれど」とツンデレの部長に、「素直じゃない人ばかり」と院長が笑う。

「例のこと言わなくていいのかい?」と気にする技師長。

「いいんです!今、新しい約束ができました!」と幸せそうな唯織に、みんながグッジョブサインを返す。

「甘春先生、約束忘れないでくださいよ!」との念押しに、「ハイ!」とうなずく杏。

・ ・ ・

一列に並ぶみんなに見送られて、旅立つ唯織。

手には幼い頃の“約束”の証である古い写真を握りしめている。

でも今は…。

杏がスマホで唯織の後姿を撮影する。

…ここに1枚の写真がある…。

おまけのラジエーションハウス

相変わらずのようながら、少し変わってきた技師たち。

「自分も新人じゃないんで」と、すましている裕乃。

楽しみにしていた面々の前に到着していた新人は…田中技師45歳だった!

「フレッシュぴちぴち」などと言うおじさんに、がっかりするみんなだが、田中が唯織の席に座ろうとすると、一斉に止める!

「大切な仲間の席」には、唯織の職員証と制服が、大切に置かれているのだった…。

   [完]



スポンサーリンク

【ラジエーションハウス】11話の感想

前院長も無事回復し、納得のいく素敵なエンディングでした!

唯織が杏の手を取った時には「予告のアレだ!」とドキリとしましたが、一方で違反行為だと騒いだのが麗洋医大の医師だったのは、イラっと腹ただしかったです。

大森院長がビシッと言い返した瞬間は爽快でした!

「優しさとおとぼけの人」という感じの和久井映見も、あんなに厳しい感じになれるんですね、新発見です!

「技師か医師か」は、現実には差異はあるのでしょうが「仕事に貴賤はない」ということがすごくよくわかる、いいドラマだったと思います。

医師至上の鏑木部長や軒下が、唯織の存在によって考え方の幅を広げたのも良かったです。

対照的に麗洋医大病院の辻村教授は、ブランド志向が強調されていて、見事なヒール役でしたね!

最後の見送りのシーンに杏を引っ張ったのは辻村駿太郎だったわけですが…。

「駿太郎グッジョブ!」とも思ったのですが、ちゃっかり杏の手を取って付いていくあたり、唯織応援派としては「あの教授の息子だよな~」と、ウザさに1人で合点してしまいました!

唯織が「新しい約束を大事にするから」と、告白も思い出も明かさなかった決断には爽やかさを感じたのですが、それでも技師の誰かから杏には伝えてほしいですね。

杏が「五十嵐さんはライバル!」とだけ考えるなんてちょっとズルいので、記憶を掘り返して申し訳ながってほしいです!



スポンサーリンク

月9ドラマ【ラジエーションハウス】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、TverやFODで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

FODで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、FODプレミアムで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
月9【ラジエーションハウス】最終回(11話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【ラジエーションハウス】11話の評価評判

まとめ

最後に思ったのですが、「フレッシュぴちぴち45歳」の新人・田中こと八嶋智人のナレーション、ちょっとホッコリする感じで良かったですよね。

活舌のいい真面目な語りなのに、たまにコミカルでたまに泣けて、さすがだなと思いました。

さて、さすがの高視聴率ドラマ、間をあけずに素敵なお知らせがありましたね。

特別編2時間スペシャルが、来週6/24の夜9時から放送されます。

予告から見ると、唯織が乗っている飛行機の中で、何かが起きる様子ですね!

・ ・ ・
 
「ラジエーションハウス」のあらすじ・感想を、ご一読いただきありがとうございました。

フジ月9は、7月8日からドラマ「監察医 朝顔」が、上野樹里主演で始まります。

お楽しみに!



スポンサーリンク