スカーレット

【スカーレット】103話のあらすじと感想!穴窯での失敗を繰り返す喜美子

ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第18週「炎を信じて」103話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)は大阪で雄太郎(木本武弘)や大久保(三林京子)と再会します。

ふたりやちや子(水野美紀)から背中を押され、再び前を向き始める喜美子。

信楽に戻った喜美子は穴窯を見つめて「ただいま」と呟くのでした。

【スカーレット】102話のあらすじと感想!雄太郎と大久保にも背中を押してもらう喜美子NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  103話のあらすじ(ネタバレ)

喜美子(戸田恵梨香)は穴窯を続けるために80万の借金をすることを決めます。

そして八郎(松下洸平)と別々に暮らす生活が続いているため、武志(中須翔真)にきちんと話をします。

「お母ちゃん、お父ちゃんのこと大好きや。」

「そうなん?」

「そうや!大好きや!!」

「良かった~。」と嬉しそうに転げまわる武志。

「せやけどな、お母ちゃんやりたいことが出来てしまった。お父ちゃん、お母ちゃんのこと心配して言い合いになってしまった。だからしばらくな、別々に暮らす。どっちも武志の家や。」

そう話すと、喜美子は武志のことを強く抱きしめるのでした。

4回目の窯焚きは火の流れを考えて陶器の置き方を工夫しました。

しかし、思うような色は出ません。

喜美子は「灰がいい感じに被さってあの色が出来たのだろう。」と柴田(中村育二)が話していたのを思い出し、煙突へ続く穴の大きさを考え直します。

土の配合具合ももう一度見直しました。

そうして迎えた5回目の挑戦。

試し焼きをした中に、色が少し出ているものがありました!

その色が出た土を使い、試し焼きを続けます。

6回目の挑戦は焚口により近い場所で今までよりもっと多くの薪を使って火を燃やさなければなりませんでした。

しかし、そのための資金が足りません。

喜美子が八郎と別々に暮らすようになってから、その噂は信楽中に知れ渡り喜美子に仕事の話が入って来なくなっていました。

そこへ、ひろ恵(紺野まひる)が急に喜美子を訪ねて来ます。

絵付け小皿の大量注文の話を持って来てくれたのです!

喜ぶ喜美子でしたが、ひろ恵は「ただ一つ、こらえて欲しいことがあるんです。ご主人が女のお弟子さんと出て行かれたという噂があります。そういう噂を聞いた奥さんが可哀そうやと言って注文の話を。嫌だったら断っても…。」と話します。

しかし、噂話など気にせずにその注文を喜んで引き受ける喜美子。

その頃、八郎と武志は一緒に遊び終えてサニーに来ていました。

百合子(福田麻由子)は体調を崩した陽子(財前直見)の代わりにサニーを手伝っています。

陽子の体調も回復してきたことから「延期してきた結婚式の話も進めないとな!」と言う忠信(マギー)でしたが「結婚式はせんでいいって話してたの。正装して写真だけ取ろうと思って。」と言う百合子。

話をしているとサニーに柴田が八郎に会いにやって来ます。

「ハチさん、若い女のお弟子さんおったやろ。その子が出て行ったあとハチさんが家を出たから要らん噂が立ってる。京都の陶磁器研究所に空きが出た。このままここにおっても息苦しいだけとちゃう?信楽、離れ。」

話が終わると八郎は寝てしまった武志を送るため川原家へやって来ます。

「こんばんわ。」と挨拶する喜美子と八郎。

するとそこへ「喜美ちゃん!」という声がすると、そこには草間(佐藤隆太)の姿がありました。

久しぶりの草間の姿に驚くばかりの喜美子なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  103話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  103話の感想

喜美子はやはり穴窯を再び始めましたね。

雄太郎からの励ましや大久保からの言葉が喜美子の背中を押したのでしょう。

借金をしてまで続けていることが心配ですが、失敗をしながらも喜美子は少しずつあの目指す色に近づいています。

ただ、やみくもに穴窯を続けているのではなく、どうして失敗してるのか、次はどうしたらあの色に近づくのかをきちんと分析しているのがすごいです。

しかし、穴窯には1回で大金がなくなるので喜美子の借金がふくらまないうちにあの色を再現出来ることを祈るしかありません。

資金に困った喜美子の元にひろ恵がやってきました。

八郎が家を出たことは信楽で噂になっていたのですね…。

狭い町ですから仕方ありませんが、夫婦のことを噂されるのは気持ちの良いものではありません。

それでも喜美子はそんな噂は気にせずに穴窯に没頭しています。

ひろ恵からの大量受注がありましたから、少しは資金ができそうです。

そして、八郎には京都での仕事の話が舞い込んできました。

喜美子と八郎にはちゃんとこれからのことをもっとゆっくり話して欲しいですが、ふたりで話は出来たのでしょうか?。

八郎が京都へ行ってしまったら、もうふたりの関係を修復することは難しい気がします。

武志のためにも、ふたりがゆっくり今後について話を出来る日が早くくるといいですね。

そして、久しぶりに再会した草間が今の喜美子にどんな声をかけるのか気になります!

【スカーレット】104話のあらすじと感想!喜美子の2週間の窯焚きを止める八郎NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...


スポンサーリンク