スカーレット

【スカーレット】107話のあらすじと感想!進路を相談するため八郎に電話をする武志

ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第18週「炎を信じて」107話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)は、武志(伊藤健太郎)に進路について聞いてみますが、はぐらかされてしまいます。

武志は、マツ(富田靖子)から喜美子が進学したくても出来なかったことを聞き自分の将来について向き合い始めます。

喜美子が作業場で作陶しているところに武志が向かうと、喜美子に促されて電子ろくろをまわす武志なのでした。

【スカーレット】106話のあらすじと感想!高校2年になり進路に迷う武志NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  107話のあらすじ(ネタバレ)

喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)が高校に入ってから陶芸を教えるようになっていました。

陶芸をしながら「お母ちゃん、陶芸楽しいな!」と言う武志。

喜美子は武志に「陶芸やりたいと思うてんの?陶芸家になりたいん?」と尋ね将来について2人で話します。

「なりたい思うてなれるものでもないやろ。小さい時から見てきて分かってる。そんな甘い世界じゃない。」

「そやから言わんかったん?」

「陶芸家になってほしいん?お母ちゃん、大学行って欲しいんやろ?違う?」

「やりたいことがあるんならやったらええ。それが陶芸ならやったらええ。」

「やりたいことをやって上手くいくかどうかはわからん。ほんまはどうしていいかわからん。」

「そうか、自分の人生や。自分で決め。」

「そうや、テレビジョンが来た日のこと覚えてる?日曜日やった。俺まだ寝ててん。俺のこと起こしに来たお母ちゃんが来たで!!やっと来たで!!って言ったんや。俺、お父ちゃんのことやと思ったんや。」

突然、武志が八郎(松下洸平)の話を始めたことに驚く喜美子。

「言わんかったけど。子供やったから。テレビジョンも嬉しかったけど、その後もずっとお父ちゃん帰ってこんかった。知らぬ間に離婚してた。お母ちゃんは陶芸家として成功する代わりに大事なもんを失った。」

喜美子はその武志の言葉に何も言葉が出ません。

「そこまでして陶芸を出来るのか分からん。分からんのや。」と言って武志は作業場から出て行きます。

喜美子は7年前穴窯に成功した日、八郎が見に来たことを思い出します。

八郎はただその作品を見て何も言わずそこにいました。

喜美子も声を掛けることはしませんでした。

喜美子が夫婦ノートを机から取り出すと、その最後のページには「すごいな、すごいな。すごいな喜美子。」と書いてあります。

その後、八郎は信楽から京都へ移り住みました。

喜美子が穴窯で成功し2年が経ったころ、個展会場にやって来た柴田(中村育二)から八郎が愛媛に移ったことを聞きます。

「一から出直したいというてたわ。」という柴田。

個展の芳名帳には「十代田八郎」の名前がありました。

そのことを機に「一から出直す。」という意味を感じ取った喜美子は八郎に離婚届けを送ったのです。

友人の宝田(大江晋平)と永山(七瀬公)とともに遊んだ後、進路について話しをする武志。

2人とも進路は父親に相談したと言い、武志にも父親に相談するように進言します。

そのことを聞いた武志は、家に帰ると箱の中に入っている八郎からの手紙を見つめ考えこみます。

そして、意を決した武志は八郎の職場に電話をかけます。

電話口に出た声は5年ぶりに聞く父・八郎の声なのでした。

「川原です。お父ちゃん。武志やで。」



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  107話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  107話の感想

やはり喜美子と八郎は正式に離婚していたのですね。

八郎が喜美子の目指していた作品を見て、心の底から素晴らしいと思ってくれて本当に良かったです。

これからは同じ陶芸家として尊敬しあい、そして武志の親としては協力しあって欲しいですが難しいのでしょうか?

夫婦ノートには最後に「すごいな。喜美子。」と書かれていました。

八郎は早くから喜美子の才能を認めていましたから、改めてその才能のすごさに驚いたのでしょう。

ふたりの別れは寂しいですが、陶芸家として生きることを喜美子は選んだのですから仕方ありません。

喜美子の陶芸家としての成功と八郎との別れを経て、今度は武志の今後に注目です!

武志は陶芸家としての才能に溢れていると感じるので、喜美子や八郎のように陶芸家として活躍して欲しい気持ちもあります。

しかし、陶芸家である両親の苦労を見て育っていますので決断が難しいそうです。

きっと陶芸家になっても武志にもたくさんの苦悩があるのだと思います。

武志は喜美子ではなく八郎に進路の相談をしたいようですね。

喜美子には言えない気持ちが八郎には話せるのでしょうか?

緊張の面持ちで八郎に電話をする武志が印象的でしたね。

伊藤健太郎さんは、若いながらも多彩な役柄を演じることが出来る演技力のある俳優さんなので、これから楽しみです!

【スカーレット】108話のあらすじと感想!京都の美術大学に合格し陶芸家を目指す武志NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...