スカーレット

【スカーレット】114話のあらすじと感想!戻って来ないアンリの心配をする喜美子

ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第19週「春は出会いの季節」114話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)のもとに再びアンリ(烏丸せつこ)がやってきて800万の大金を持ってきます。

アンリが欲しい作品は自分が穴窯で初めて成功した作品だと説明し、わかってもらう喜美子。

すると、アンリは作品から聞こえる音を聞きたいと言って作品を指で触り音を聞き始めます。

喜美子はそんなアンリの話に耳を傾けるのでした。

【スカーレット】113話のあらすじと感想!喜美子の作品から音が聞こえるというアンリNHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  114話のあらすじ(ネタバレ)

かわはら工房には喜美子(戸田恵梨香)を訪ねてアンリ(烏丸せつこ)が来ていました。

喜美子に花瓶の注文をするアンリ。

アンリは工房にある喜美子の作品を見ながら「これ、ええなあ。これはなんぼです?」と聞きます。

「これは5万で売りに出てますけど…。」と喜美子が言うと「5万!?安いなぁ!!」と言うアンリ。

表情が曇る喜美子を気にして「何か気に障るようなこと言うた?」とアンリが聞きますが「いえ。」とだけ答える喜美子。

「安いって言うたから?当たりやな。5万は安くないの?」

「安くないです!お米、半年分は変えます。」

アンリは突然喜美子に「美味しいワイン飲んだことある?」と聞いてきます。

「ワイン?」

「美味しいワイン飲んだらどんな所で作ってるのやろうと思うやん。先生の作品見て一目ぼれして、これを作った先生はどんな人なのか知りたいねん。知的好奇心がうずいてるんや。」

作品に触るように指で喜美子の顔を触り、喜美子から音が聞こえてくるか試してみるアンリ。

「なんや、どす黒い音が聞こえて来るなぁ。」とアンリが言うと2人で笑い合います。

「そんなら、何を思ってるの?」とアンリが聞くと「なんや、すごいなあと思ってるだけです。うちの作品買う人はお金あってすごいなって。うちとは違う人生を生きていたんだって。」

「違う人生?おもろいやん!違う人生を生きて交わることもなかった人間が、こういう風に交われるんやで!先生の作品が無かったらうちはここにはおらん。芸術はな、見知らぬ人の人生を引き合わせるねん。」

「先生、息子さんおるんやろ?」と聞くアンリ。

「よく知ってますね。今は1人で部屋を借りてます。」

「旦那さんは亡くなってはるんやもんな。」

「元気ですよ。名古屋にいると思います。」

「別れたんか。それで先生1人。私も独りぼっちや。」

そう言うと、アンリは何かを思いついたように「ええこと思いついた!ちょっと出かけてくる。日が暮れるまでには帰って来るわ。」と言って突然出て行ってしまいます。

しかし、アンリは喜美子が待っていても日が暮れても戻っては来ませんでした。

喜美子はアンリがいなくなってしまったことが気になり待ち続けましたが、翌朝になっても戻ってきません。

一方、窯業研究所では掛井(尾上寛之)に一本の電話がかかってきます。

部屋中に響き渡る声で「えええ~!!!!」と大きな声を出す掛井。

武志(伊藤健太郎)が事務員の真奈(松田るか)から掛井に電話がかかってきてから様子がおかしいことを聞くと、掛井の元へ向かいます。

すると掛井が驚いたのは掛井の妻が妊娠したというおめでたいニュースでした!

心配していた真奈におめでただったことを報告する武志。

陶芸の勉強に取り組み始めた竜也(福地那由他)を心配して、また敏春(本田大輔)が内緒で窯業研究所に様子を見にやって来ました。

「丸熊陶業の跡取りは勉強なんてしなくてもええんとちゃう?」と周りから言われても「お願いします!何でも教えてください!」と話す竜也。

そんな真剣な竜也の様子に周りの見る目も変わって行きます。

その様子を見ていた敏春は嬉しくて涙をこらえきれません。

喜美子は住田(田中美央)に頼んでアンリの行方を捜していましたが、全く手掛かりはありません。

「それにしても、すぐ戻ってくるって言ったのに戻って来ないなんておかしいと思いません?」と言う喜美子。

喜美子はアンリのことが心配で夕食も手につきません。

そこへ扉が開く音がして誰かがやって来ますがアンリではなく武志でした。

「何や…。」と言って元気がない喜美子を武志は「大丈夫か?」と心配します。

するとまた扉が開いてアンリが入ってきます!

「持ってきたで!5万円のワインや!!」と笑顔でやって来るアンリ。

「何してたん?どっかでのたれ死んでるかと思って心配したんやで!!」と言ってアンリを抱きしめる喜美子。

そんな母の様子に驚き呆然としている武志なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  114話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  114話の感想

アンリは元女優でスキャンダル女優と呼ばれていたほどだったんですね!

そんなアンリの「芸術は人を引き合わせるの。」という言葉が印象的でした。

喜美子とアンリもいつの間にか親しくなった感じがします。

喜美子に花瓶を頼んでからいなくなってしまったアンリですが、喜美子のためにワインを取りに行っていたのですね!

まだ数回しか会ってない喜美子とアンリですが、アンリが戻って来なかった時の喜美子の心配する様子は深刻でした。

これから喜美子にとってアンリの存在は大きなものになりそうです。

窯業研究所では掛井の妻が妊娠というおめでたいニュースが飛び込みましたね!

掛井はフカ先生とはまた違うタイプですが、日常の出来事を大切にする努力の人です。

きっとここまでになるのも相当な苦労があったはずですが、そんな様子は全く見せません。

だからこそ、人を引き付けるのかもしれませんね。

竜也も掛井の元で修業に励んで行けそうです。

敏春は心配でしょうがなかったようですが、本当に良かったですね(笑)

次週のタイトルは「もう一度家族に」。

これは気になります!!

予告映像を何度も見返しましたが、喜美子と八郎がハグしていましたね!

まさかの復縁、あるのでしょうか?

来週が楽しみです。

【スカーレット】115話のあらすじと感想!酔ってアンリに八郎への思いを口にする喜美子NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...