スカーレット

【スカーレット】142話のあらすじと感想!新しい作品のイメージが湧く武志

ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第24週「小さい希望を集めて」142話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

武志(伊藤健太郎)に会いたくなった真奈(松井るか)が川原家にやって来ます。

真奈は武志が「自分は病気であるから避けている。」と話したため、納得できずに「また会いに来ます!」と言って帰って行くのでした。

喜美子(戸田恵梨香)が京都へ出張する日がやって来ます。

八郎(松下洸平)が休みを取って武志についていてくれるのですが、発熱してしまう武志。

縁側で横になっていた武志は降って来た雨を見て、何かを思いつくのでした。

【スカーレット】141話のあらすじと感想!武志のことを諦めきれずに会いに来る真奈NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  142話のあらすじ(ネタバレ)

武志(伊藤健太郎)が縁側で横になっていると、雨が降ってきます。

干していた傘に雨水が入り込み、滴り落ちる様子を見ている武志。

傘をとりこもうとする八郎(松下洸平)に、武志は「待って!見ていたい。雨、見ていたい。」と言って外を見つめます。

作品のイメージが湧いてきた武志は、水が入った傘を見ながらイメージ画を書き始めます。

風が吹き、雨水が傘からこぼれ落ちた瞬間、武志はどんどんイメージが湧いてきました。

夕方になり、喜美子(戸田恵梨香)が出張から帰ってきます。

まだ武志は絵を書き続けていました。

そして、武志の熱を心配した大崎(稲垣吾郎)も川原家に来ていました。

大崎を見て「何かあったんですか?」と驚く喜美子。

武志は喜美子に「水を動かすことにした。水が生きてるっていう感じな。」と新しいイメージを説明します。

「水が生きてる。ええな。」

喜美子は大崎から武志が熱を出したことを聞きます。

「熱がでたんですか?」

「電話があったので、どうしたかと思って帰りに寄ってみたんです。」

「帰りに寄るようなところではないのに、すみません。」

「表情を見ても元気ですし、昼には熱は下がっています。高熱が続かなければ大丈夫です。」

「そうですか。」

「でもやりたいことがあるというのはいいですね。武志くんにとって大きな支えとなっていますね。」

その夜、武志は作陶に没頭します。

大崎が見ているのも気づかずに作り続ける武志。

大崎を見送る時に喜美子は「先生は何色がお好きですか?欲しい器はありますか?」と尋ねます。

「僕は大皿がいいですね。」

「色とか模様とかは?」

「う~ん。クールな感じがいいかなぁ。シュッっていう感じ。」

「よくわからへん。」と笑う喜美子。

しかし大崎は「患者さんからは頂き物をもらえないんです。」と言います。

「それなら、作りはります?今度、時間があるときにでも。」

「じゃあ、楽しみにしてます。」

そして大崎は帰っていくのでした。

武志は喜美子に出張はどうだったか尋ねます。

「女性陶芸家展。お母ちゃんが一番年上やった。でも一番可愛いかった。」と笑う喜美子。

「なんやそれ!」と武志も笑います。

武志は同じ白血病で入院している智也(久保田直樹)のことが気になっていました。

「智也に陶芸やってること話したんや。智也な、受験勉強してるで。大学行きたいんやて。だから勉強教えてあげることにした。」

「そうか。」

「俺の作品も出来たら見せるんや。」

智也の自宅が琵琶湖の向こうの琵琶湖大橋渡った所だと聞いた喜美子は、「お母ちゃんも行く!」と勢いよく言います。

「絶対行く!はよ作りや!」

熊谷家の次女、芽ぐみ(村崎真彩)の結婚が正式に決まりました。

照子(大島優子)と敏春(本田大輔)も囲んでお祝いをしています。

飲みすぎて酔った敏春。

「武志くん。川原さんのとこの武志くん。病気や。式、来てもらおうな。健康成就や~!」

敏春は武志のことを気にかけてくれているのでした。

川原家では八郎と喜美子が話をしています。

「武志がな、熱だしたやん。でも、熱だされるとドキッとするな。そして武志が病気だったことを思い出す。元気でいてくれれば、それでいいって思う。」

そこへ武志がお風呂から上がってきます。

「お父ちゃん、いつまでおるん?」

「週明けまでいれるっていうたわ。」

「ほな、明日うなぎでもとるか!」

武志が部屋に入っていくと、武志は1人自分の髪の毛を触ります。

するとたくさんの髪の毛が抜けてしまい愕然とするのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  142話の評価評判は?

 



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  142話の感想

武志が熱を出して休んでいると、雨水が落ちる様子を見て作りたい作品のイメージが湧いてきました!

「水が器で生きてる」イメージだと武志は話していましたね。

「生きる」というイメージは今の武志にしか出せないものだと思います。

発熱も心配ですが、熱を忘れるほどの作陶への武志の意欲はすごいです。

今の武志にとってこの作品をイメージ通りに仕上げることが「熱くなる瞬間」なのでしょう。

大崎は武志のことを心配して、わざわざ川原家まで様子を見に来てくれました。

大崎は患者さんのことをほっとけないと以前言っていましたが、本当に優しい先生です。

大崎も武志が作陶に没頭する姿を見て驚いていましたね。

今の武志にとって陶芸に打ち込むことはすでに病気と戦っていることなのかもしれません。

そして、体調が不安定になっていく武志を喜美子の周りの人たちも心配してくれています。

敏春も武志のことを本当に心配して、才能もかってくれていてありがたいです。

特に照子たち家族は喜美子と長い付き合いですから、親身になって考えてくれています。

ラストシーンの武志の髪の毛が抜けているのは、とうとう副作用が出てきたかと衝撃的でした…。

毎日思いますがみんなの思いが届いて、武志のドナーが見つかるといいですね。

【スカーレット】143話のあらすじと感想!喜美子が圭介とさだと久しぶりの再会!NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...