スカーレット

【スカーレット】37話のあらすじと感想!絵付けの仕事に時間も忘れて熱中する喜美子

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第7週「弟子にしてください!」37話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)は丸熊陶業で絵付けの仕事に興味を持ちます。

照子(大島優子)に頼み、絵付けについて教えてもらい作業場に忍び込む喜美子たち。

すると、丸熊陶業の絵付け職人たちが会社と折り合いが合わずみんな辞めてしまいます。

喜美子は照子に頼み込み、絵付けの仕事をさせてもらうことにしますが、翌日作業場に行くと知らない男性(イッセー尾形)がいるのでした。

【スカーレット】36話のあらすじと感想!絵付けがしたいと照子に頼む喜美子NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  37話のあらすじ(ネタバレ)

喜美子(戸田恵梨香)が絵付けの作業場に行くと一人の男性(イッセー尾形)がいました。

その男性は無言で頷き、喜美子を静かに作業場から出て行かせます。

驚きながらも喜美子はまた作業場に入ろうとしますが、入り口を押さえられて入れてもらえません…。

喜美子はいつもの食堂の仕事に戻ると同僚の女性に「なんか、変な人がいたんです。」と教えると「新しい絵付の職人さんでしょ?」と言われます。

驚いた喜美子は社長(阪田マサノブ)に聞いてみると「新しい絵付職人さんや。とうに決めておった。日本画を描いておった深野仙心っていうお人や。」と教えてくれます。

深野が作業場で弟子たちと準備運動をしているところに、社長は深野が絵付けをした火鉢の試作品を持って行きます。

その色合いに「ええ色に焼いていただいて~。」と喜ぶ深野。

そして社長は「この子が絵付けをやってみたいと言ってまして。」と深野に喜美子を紹介します。

すると「ええよ!」とすぐに了承する深野。

喜美子は絵付けの仕事をやらせてもらえることに驚き「ほんまにええんですか?ありがとうございます!!」と頭を下げます。

深野の一番弟子である池ノ内(夙川アトム)と、二番弟子である磯貝(三谷昌登)から自己紹介され「一番さんと二番さんでええよ。先生は深野の深でフカ先生。」と言われる喜美子。

深野はなんでも「ええよ。」と答えるだけです。

それから喜美子は見よう見まねで絵付けを始め、夕食の時間も忘れて熱中して続けます。

その頃、マツ(富田靖子)は陽子(財前直見)に喜美子が本当は絵の学校に行きたかったのに信楽に帰って来てくれたこと、絵の学校に行くために貯めたお金を借金返済に使ってくれたことを話します。

喜美子をいつか絵の学校に行かせてあげるために貯金を始めたと言い20円の入った瓶を出すマツ。

そして、常治(北村一輝)に使われないように、少しづつでもお金を貯めたいから預かって欲しいと陽子に頼みます。

常治は居酒屋でまた酒を飲み、忠信(マギー)と喜美子の婿に来てくれる人を探していました。

「婿に来てくれるええ男はどこかにおらんかの?」と言う常治。

そんなことを常治が考えているとも知らずに絵付けに熱中している喜美子なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  37話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  37話の感想

喜美子が丸熊陶業の新しい絵付師である深野と出会いましたね。

喜美子を「ええよ~。」と独特の言い回しで受け入れてくれた深野ですが、これから順調に絵付けをやらせてもらえるでしょうか?

喜美子が時間を忘れるくらい目を輝かせて没頭する絵付けの仕事に今後も携わらせてあげたいです。

深野はつかみどころのない性格のようですが、弟子の1番、2番さんも尊敬する先生のようですし何より試作品の火鉢が素晴らしかったですね。

流石、丸熊陶業に呼ばれるだけの実力の持ち主です。

今後、深野が喜美子の陶芸家への道で大きな影響を与えてくれそうな予感がしました。

喜美子の両親もそれぞれ喜美子のことを考えてくれていましたね。

マツがまだ20円ですが喜美子のためにとお金を貯めてまた勉強させてあげたいと思ってくれているのは嬉しいです。

それに、家に置いておかずに陽子に預けるところにも本気度が伺えました。

家に置いておいたら常治に使われてしまいますもんね(笑)

その常治は喜美子の結婚を考え始めたようです…。

喜美子はまだまだ結婚する気はなさそうですので、これもまた余計なおせっかいになりそうな気がします。

喜美子もきっと今は結婚どころではないと断るに違いありません。

喜美子が見つけた新しい道である絵付けの仕事をこれからも続けられることを願うばかりです。



スポンサーリンク