スカーレット

【スカーレット】38話のあらすじと感想!絵付けの仕事の厳しさを教えられる喜美子

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第7週「弟子にしてください!」38話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)は丸熊陶業の新しい絵付け職人である深野(イッセー尾形)と出会います。

喜美子が深野に絵付けをさせて欲しいと頼むと「ええよ!」とあっさり了解してくれます。

絵付けを始めると時間を忘れるほど熱中する喜美子なのでした。

朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  38話のあらすじ(ネタバレ)

喜美子(戸田恵梨香)は初めての絵付けに夢中になりすっかり時間を忘れてしまいました。

喜美子がいつもより帰りが遅くなってしまい謝りながら家に戻ると、家の中はちゃぶ台がひっくり返されてぐちゃぐちゃに散らかっていました。

「これ、どないしたの?」と喜美子が驚くと「いつものことや、酔っぱらって帰って来てお風呂が沸いてなかったからお父ちゃんが怒ったんよ…。」と言うマツ(富田靖子)。

百合子(住田萌乃)は怯えて小さくなり泣いていました。

「姉ちゃんが帰って来るのが遅くなったからや。ごめんな。」と百合子を抱きしめる喜美子。

直子(桜庭ななみ)はお風呂を沸かしていましたが、いつも帰って来るなり「喜美子!喜美子!」と騒ぐ常治(北村一輝)にイラついていました。

この日も酔っぱらって帰って来た常治に「いちいち喜美子喜美子うるさいねん!!」と常治に反抗した結果がこれでした。

お風呂を沸かしている直子の元に喜美子がやって来ます。

「仕事、4時までちゃうん?うちかて学校の宿題とかあるねん。早く帰って来て!」と言う直子。

そして直子は「洗濯も嫌い、風呂焚きも嫌い、お父ちゃんも大嫌いや!!」と怒鳴り家に入っていくのでした。

夜遅く、マツと喜美子は2人で話をしていました。

「喜美子の名前は喜ぶに美しいと書いて喜美子や。喜美子が生まれた時のお父ちゃんの顔が美しくてな。直子は素直の直。百合子は花の名前を付けたかったんや。」と言うマツ。

喜美子はマツをねぎらうようにハンドクリームを手に塗ってあげます。

「直子は家の仕事も嫌い。お父ちゃんも嫌いって言ってたわ。あれは素直と違うな。」と言う喜美子に「そうやな。あれは甘えんぼさんや。」と話すマツなのでした。

翌日、喜美子が丸熊陶業の絵付けの作業場に喜美子が向かうと深野(イッセー尾形)がやって来ます。

「誰?」と喜美子のことを覚えていない様子の深野に「昨日お世話になった川原です。遅くまでありがとうございました。」と話します。

深野にこれからは食堂の仕事が始まる朝の短い時間だけ絵付けの仕事をさせて欲しいとお願いすると、また作業場から出されてしまう喜美子。

喜美子が戸惑っていると池ノ内(夙川アトム)と磯貝(三谷昌登)がやって来ます。

2人に深野から押しだされてしまったことを話すと「この時間はフカ先生は集中してるんや。今は見ん方がええ。また遊びにきて!」と言われてしまいます。

「えっ?遊び?」と驚く喜美子。

改めて作業場に入れてもらった喜美子は深野から「遊びと違かったん?」と聞かれて「遊びとちゃいます!仕事のつもりで来ました!」と話します。

しかし、深野から「それを言うなら2番は3年かかったで。1番は住み込みで朝から晩まで修行して1年や。そんなん出来る?」と聞かれます。

修行中はもちろん無給だと言われ、自分の考えの甘さに愕然とする喜美子。

食堂の仕事に戻った喜美子は一緒に働く二人から「あのな、ここの仕事はあんたがいなくてもやれんねん。でも、これからはあんたとも仲良うしたいんや。これからは一緒におしゃべりしようや。」と言われる喜美子。

喜美子はその言葉に笑顔を作り「はい。」とだけ答えます。

喜美子が家に帰って来ると百合子が「お姉ちゃん、お客さんやで!!」と言います。

「お客さん?」と喜美子が顔をあげると目線の先にはなんとちや子(水野美紀)がいるのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  38話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  38話の感想

絵付けという新しい道を見つけた喜美子でしたが、厳しい現実が待っていました。

どうやら喜美子が絵付けに来たのは仕事としてではなく遊びに来たと思われていたのです。

さすがにこれは喜美子にとってショックですね…。

やはりこの時代に女性が絵付けの仕事をすることは考えられないことだったのかもしれません。

絵付けという職人の仕事をすぐにやらせてもらおうというのは喜美子の考えが甘かったのでしょう。

それでもやはり絵付けの世界に魅了された喜美子に学ぶ場を与えてあげたいです。

今の喜美子は家族のために働かなければなりませんから、修行をする時間もないので厳しいことなのでしょうか…。

喜美子にとっての幸せは自分の好きなことに向かって没頭して頑張ることです。

その喜美子の望む道をなんとか歩ませてあげたいですね…。

そんな落ち込む喜美子のもとに現れたのはちや子です!

大阪から会いに来てくれました!

喜美子に自分の道は自分で決めていいと教えてくれたちや子がこのタイミングで喜美子に会いに来てくれたことは今後の喜美子に影響を与えそうです!

ゆっくり話も出来ずに離ればなれになったふたりが何を話すのか明日の展開が楽しみです。

今、ちや子が仕事をしているのかも気になりますね!

ふたりがお互いに高めあって自分の納得した道を歩めるように祈るばかりです。

【スカーレット】39話のあらすじと感想!ちや子の前で号泣し自分の気持ちを話す喜美子NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...


スポンサーリンク