スカーレット

【スカーレット】43話のあらすじと感想!火鉢のデザインを任される喜美子

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第8週「心ゆれる夏」43話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)は深野(イッセー尾形)の弟子になりたいとマツ(富田靖子)たちに話すとみんな応援してくれます。

常治(北村一輝)も「おまえには無理や。」と言いながらも認めてくれ、喜ぶ喜美子。

喜美子は無事深野の弟子になり、翌日から修行の日々が始まります。

そして3年後、喜美子は21歳になり運命が大きく変わる夏を迎えるのでした。

【スカーレット】42話のあらすじと感想!とうとう喜美子が深野の弟子に!!NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  43話のあらすじ(ネタバレ)

昭和31年、喜美子(戸田恵梨香)は21歳になりました。

丸熊陶業では火鉢の売り上げが右肩上がりで目まぐるしい日々を過ごしている喜美子。

喜美子は深野に弟子入りしてからひたすら技術の習得に励んでいます。

焼物の不用品を絵付けの練習のために集め、家でも絵付けの練習に没頭する喜美子。

昭和32年夏、絵付けの作業場に丸熊の社長(阪田マサノブ)がやって来て、火鉢の生産計画について話しているとその数が多いことに不安を見せる深野達。

「手が足らんのですか?誰か出来る人いいひんのやろうか?」という社長。

喜美子は深野と目が合うと、自分がそろそろ出来るのではないかとアピールします。

深野は考えている様子を見せますが「いてへんなぁ。」と言うと、「うちにも出来るんやないでしょうか?いや、やらせてください!お願いします!!」と言う喜美子。

しかし、その時は深野の許可は下りません…。

そして、昭和33年の冬。

喜美子が家に帰って来ると「お母ちゃん!フカ先生がよう出来るようになったって言ってくれたで!!」と上機嫌で報告します。

寝ている常治(北村一輝)を叩き押して「お父ちゃん、フカ先生に褒められた!褒められたっちゅうことは絵付けでお金がもらえるっちゅうことや!!」と大喜びで話します。

お金という言葉に反応して一気に目が覚めて起き上がり興奮する常治。

喜美子と常治は2人で外に出て万歳をして喜び合います。

ある日、喜美子は深野から「火鉢の新しいデザイン、見る?」と言われ、「ええんですか?」と喜んで見せてもらう喜美子。

そのデザインは多彩な色を使った美しい風景画でした。

その絵に見惚れていると「きゅうちゃんも1つ描いてみる?1番と2番の背中を必死に追いかけて頑張っているようやし。残りはデザインや。」と言われます。

毎年、丸熊陶業では深野のデザインを使用したいため、弟子のデザインは採用していませんでした。

しかし「きゅうちゃんは絵付けを一生の仕事にしていくつもりか?それなら採用されんでも挑戦してみるとええ。」と深野に言われ、デザインを考案することにする喜美子。

池ノ内(夙川アトム)と磯貝(三谷昌登)に「今年は私が頑張ります!実は私、学生の頃に絵画展で金賞を受賞したことがあるんです。」と話しますが、2人は喜美子よりずっと実績があることを知り気まずい喜美子なのでした。

家に帰った喜美子は妹たちに家事を手伝ってもらい、デザインを考え始めます。

深野の「いろんな人にええなぁと目を止めてもらえるような、求められているデザインや。」と言われたことを思い出しながら考える喜美子。

しかし、そのようなデザイン画を描くことは想像以上に難しく苦戦します。

試行錯誤をしているうちに喜美子の頭に荒木荘のみんなの幸せそうな笑顔が浮かんできます。

その笑顔を思いながら喜美子はデザイン画を進めて行くのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  43話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  43話の感想

喜美子が3年の修行を積んで絵付け師として認められるようになりました!

線を描き続け、模写を頑張り絵付け師になるために努力を重ねている喜美子は輝いていますね!

自分の歩む道を見つけて頑張っている喜美子はとても生き生きしていました。

3年の時間が経ち、成人した喜美子は少し大人っぽくなった気もします。

深野にも認めてもらえているようですし、すっかり弟子として頼もしくなりましたね。

そんな喜美子がとうとう火鉢のデザインを任されることになりました!

常治と喜美子がお金をもらえるようになると万歳をして喜んでいる様子はほほえましかったです。

川原家は百合子も大きくなって家の中も落ち着いてきたようで喜美子も絵付けに集中できていますね。

喜美子は幼い頃から絵の才能がありましたから、火鉢のデザインの才能もありそうです。

喜美子がどんなデザインを描くのかワクワクしていたら、それは荒木荘のみんなの笑顔を思い出して描いているようでした。

喜美子にとって大阪での荒木荘の仕事はそれだけ大事な時間で忘れられない大切なものなのでしょう。

荒木荘のみんなが今頃どう過ごしているのかも気になります。

きっと喜美子のようにそれぞれの道を進んで頑張っている気がします。

雄太郎だけはわかりませんが…(笑)

そのデザイン画がどのように出来上がるのか楽しみです!

【スカーレット】44話のあらすじと感想!照子が結婚し丸熊陶業に婿養子がやってくる!NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...


スポンサーリンク