スカーレット

【スカーレット】48話のあらすじと感想!深野に日本画を売ってしまったことを詫びる八郎

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第8週「心ゆれる夏」48話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)は敏春(本田大輔)の提案で「信楽初の女性絵付け師」という新聞の取材を受けることになります。

しかし、喜美子を丸熊陶業のマスコットガールとして記事を書くと言われ、全くの作り話ばかりのため取材を断る喜美子。

1度は断ったものの、照子(大島優子)の説得とマツ(富田靖子)の喜びようを考えて、不本意ながらも最後まで取材を受ける喜美子なのでした。

【スカーレット】47話のあらすじと感想!信楽初の女性絵付け師として取材される喜美子NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  48話のあらすじ(ネタバレ)

喜美子(戸田恵梨香)が丸熊陶業のマスコットガールとして掲載された新聞記事が大きな反響を呼びます。

その記事には深野のことは何も触れられていません。

絵付け係の部屋では深野(イッセー尾形)、池ノ内(夙川アトム)、磯貝(三谷昌登)が喜美子の新聞記事を見て「きれいな写真や!タヌキが化けて出たみたいや!」と言って笑っています。

不本意な記事を載せられてもどかしく、深野にも申し訳ないと思う喜美子。

丸熊陶業には新聞記事の影響で各方面から花束やお酒などがたくさん届いています。

一方、川原家には直子(桜庭ななみ)を東京へ送って来た常治(北村一輝)が帰ってきました。

常治は帰って来るなり明るいうちからお酒を飲み、直子がいなくなった寂しさを紛らわせています。

直子の住むことになった蒲田の街の様子を何度も何度も喜美子たちに話し、そのうち酔いつぶれて寝てしまう常治。

そして「直子…。」と呟くのでした。

翌日、喜美子の元に八郎(松下洸平)がシャツのほつれを直してもらいにやって来ます。

しかし、八郎の様子がおかしく気になる喜美子。

「あの、出来ました。なにか怒ってはりますか?前に会った時と感じが違います。」と喜美子が聞くと「怒っているつもりはありません。」と言う八郎ですが、明らかに怒っている様子です。

「あなたが丸熊陶業のマスコットガールだとは知りませんでした。ホットケーキを食べたくて絵付師になったんですか?ミッコーさんって言うんですか?」

喜美子は八郎の様子がおかしい理由が新聞記事のせいだと知り慌てます。

「違います!全部勝手に書かれたんです!!」

「丸熊陶業の絵付師と言えばミッコーやそうですね。そう書かれてました。」

「違います!フカ先生です。」

「知っています!!深野先生です。それなのに記事には深野先生のことを一言も触れていないなんて失礼やないですか。ホットケーキのほうが大事ですか?」

「うちが悪いんです。こんなに騒がれると思ってなかったから。こんなに怒る人が出て来るなんて思ってなかったし。」

八郎は新聞記事に深野のことが全く触れられていないことに腹が立っていたのでした。

そして「川原さん、せっかく直してもらったのになんやかんや言うてすみませんでした。」と言って部屋から出て行きます。

その後、深野達と話していると「もう、この記事剥がしますね。」と立ち上がる喜美子。

すると深野は「信楽初の女性絵付師と言うのは本当や!剥がすことない。堂々としてったらええ。」と言います。

そこへ加山(田中章)がやって来て「川原さん!すごいですわ。川原さんのデザインした火鉢が出来上がったら欲しいいう電話が来てます!!」と喜んで報告にやって来ます。

そして「時代は深野心仙からミッコーですわ!!」と言って去って行く加山なのでした。

喜美子たちが作業をしている絵付け係の部屋に突然「ちょっとええですか?」と言い八郎が訪ねて来ます。

「ええよ。」と言う深野。

「最初にご挨拶に来た時に言いたいことがあったのですが、緊張して言えませんでした。実は、深野先生の描いた日本画が僕の家にありました。」

「どんな絵?」

「鳥が飛んでいました。山があって水辺があって日の光が。鳥は2羽飛んでました。祖父が日本画が好きでようやっと買えた絵でずっと飾ってありました。」

「ありがたい話や。」と言って深々と頭を下げる深野。

「いえ、それを白いご飯に変えました。11歳の時に闇市に行って僕が売りました。そして、米と卵に変えました。うちのもんみんなで美味しいなって言うて食べました。」

「今回、こちらに来ることになって絵付けの絵を描いているのが深野先生だと知って必然だと思いました。お会いしたら頭下げよう思ってました。先生の大事な絵を売ってすみませんでした。」

涙を流しながらそう言って謝る八郎に「忘れんとってくれて、ありがとう。」と優しく声を掛ける深野なのでした。

喜美子は家に帰ると八郎の言葉を思い出していました。

そして、机に1枚の紙を出して八郎が売ったという絵の特徴を思い出し、その絵を描き始める喜美子なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  48話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  48話の感想

喜美子の丸熊陶業のマスコットガールの新聞記事は大きな反響を呼んでいました。

新聞の影響はすごいとは言え、たくさんの花束やお酒が会社に届き、早くも喜美子デザインの火鉢が欲しいという問い合わせまで来ているとはびっくりです。

そんな反響に申し訳なさを感じている喜美子でしたが、深野は全く自分のことが書かれていないことを気にするどころか喜美子の記事を見て笑っていましたね。

「信楽発の女性絵付師」というのは本当やと言って励ましてくれるとは、深野の人間の大きさを改めて感じられました。

そして今日は八郎が新聞記事を見て険しい表情をしていた理由が明らかになりました。

八郎は大事にしていた深野の絵を食べ物に変えてしまったことをずっと気にしていたのでしょう。

きっと八郎も祖父の形見である深野の絵を売りたくなかったはずです。

しかし、戦後の混乱期に食料がなかったことを考えるとやむを得なかったに違いありません。

そのことを正直に話し、深野に頭を下げる八郎の涙が今日は一番印象に残りました。

そして、そんな八郎に優しく「忘れないでいてくれて、ありがとう。」とほほ笑む深野の表情も忘れられません。

深野も昔貧しかったころにご飯がなくてご飯の絵を描いていたと話していましたから、八郎の気持ちが分かるはずです。

今日はイッセー尾形さんと松下洸平さんの2人の演技が素晴らしかったです。

最後に喜美子が八郎の言葉を思い出して絵を描いていましたが、八郎の売ってしまった絵を再現しようとしているのでしょうか?

どんな絵が出来上がるのか楽しみです。

【スカーレット】49話のあらすじと感想!丸熊陶業の社長が急死するNHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...


スポンサーリンク