スカーレット

【スカーレット】49話のあらすじと感想!丸熊陶業の社長が急死する

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第9週「火まつりの誓い」49話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)が取材を受けた新聞記事は大きな話題となります。

深野(イッセー尾形)について記事に書かれていないことを申し訳なく思う喜美子ですが、深野は全く気にしません。

ある日、八郎(松下洸平)が深野を訪ねてきます。

八郎は、祖父の形見で大切にしていた深野の絵を戦後に闇市で米に変えたと言って、その事を深野に詫びます。

涙を流して詫びる八郎に「忘れんでいてくれてありがとう。」と話す深野なのでした。

【スカーレット】48話のあらすじと感想!深野に日本画を売ってしまったことを詫びる八郎NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  49話のあらすじ(ネタバレ)

喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)が闇市で売ってしまった絵を、想像で再現しようとペンを取ります。

一晩かけてその絵を完成させる喜美子。

八郎が丸熊陶業の食堂で朝ごはんを食べていると深野(イッセー尾形)がやって来ます。

八郎の向かいに座る深野。

「君がここで朝ごはん食べてると思って会いに来たんや。これを渡そうと思って。」

そう言って一枚の絵を八郎に渡す深野。

深野は八郎が闇市で売ってしまった絵を再現してくれたのです。

「そんな感じの絵やったと思うんだがなぁ。違ったか?」

八郎はその絵を見て、感極まった表情を見せます。

「こんなん描いていただいて。もらってもよろしいんですか?大事に大事に持ち帰って飾らせていただきます!」と喜ぶ八郎。

一方、喜美子は自分が想像で描いた絵を持ってきていました。

そこへ八郎がお茶を絵付けの部屋へ持ってきてくれます。

絵を持って八郎を追いかけて行った喜美子は、八郎が所属する「商品開発室」の中を見せてもらいます。

まだ準備中の為、中はまだほとんどなにもありませんでした。

喜美子は「お礼を言いそびれていました。やかんを持ってきていただいてありがとうございました。」と言うと「ついでですから。」と言う八郎。

「せやけど、もうせんでください。またやってもらえるかと甘えが出てしまいます。仕事には甘えが入ってはいけません。うちはまだ下っ端なんで。」

「その通りだと思います。余計なことをしてしまいました。」

お互いに謝り合う二人。

そして喜美子は「もうひとつ、ええですか?深野先生の絵の話。」と言って、昨晩描いた絵を出します。

「山があって、光がさして、鳥が飛んでて。想像して描いてみたんです。どうですか?」

驚いた表情を浮かべながらも「嬉しいです。」と話す八郎。

喜美子は「うち、よく考えたら差し出がましいことを。」と恥ずかしがりますが、八郎は「ほんまに嬉しいです。もらってもええですか?」と言います。

「もろうてくれるん?」

「もちろん。」

笑顔で笑い合う二人なのでした。

二人が商品開発室を出ると、加山(田中章)が慌てた様子で走ってきます。

「あ、川原さん。今日は仕事休みだと絵付け係に伝えてください。社長が倒れたんです!」

驚く喜美子ですが、加山の元に1人の社員がやって来ます。

「社長が亡くなられたそうです。」

丸熊陶業の社長が亡くなったという話はどんどん広がって行きます。

しかし、社長は葬儀は身内だけでお金をかけずに済ませたいと生前から言い残していました。

川原家でも常治(北村一輝)たちが信作(林遣都)からその話を聞いていました。

みんなが赤松に集まり話し合っていると聞いてすぐに出かけようとする常治。

「あんま飲まんようにな!」とみんなから言われますが常治は「こんな時飲まんでいつ飲むんや!!」と言い返します。

「心配なんや。飲まんといて!」

「丸熊の社長はお父ちゃんと年一緒くらいや。飲まんといて。」

それでも「大丈夫や!!」という常治に畳みかけるように「伊賀のおばあちゃんも5分前までは大丈夫や言うとった。人ってこんな簡単に亡くなるやと思いました。」と話す信作。

その言葉に常治は渋い表情をします。

みんなに深刻そうに「気いつけてな。」と言われる常治は何も言えません。

喜美子が照子(大島優子)に会えたのはそれからしばらくしてからのことです。

丸熊陶業の社長が亡くなったことは喜美子にとっても大きな変化をもたらすことになるのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  49話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  49話の感想

八郎が闇市で売ってしまったという絵を、喜美子が想像ですが再現しましたね。

八郎は新聞記事の一件で喜美子のことを怒っているようでしたが、今日はいつもの八郎に戻っていました。

深野に絵を売ってしまったことを謝ることが出来て、自分の中にずっとあった胸のつかえが下りたのかもしれません。

喜美子の想像の絵は本物とは少し違ったのかもしれませんが、八郎が喜んで受け取ってくれて喜美子はとても嬉しそうでした。

八郎も深野にもう再現した絵をもらっていましたが、そのことを喜美子には話さずに笑顔で受け取ったところは八郎の優しさを感じましたね。

今回の1件で喜美子と八郎の距離が縮まったように感じます。

これから2人の関係はどうなっていくのでしょうか?

そして、なんと丸熊陶業の社長が急死という大きな出来事が起きました!

社長が亡くなったことでこれからは敏春が社長を継ぐことになると思いますが、敏春は火鉢だけではなく新しい商品の開発にも力を入れそうです。

「この出来事が喜美子にとっても大きな変化をもたらすのでした。」という最後のナレーションがとても気になります。

絵付け火鉢が無くなることはないと思いますが、敏春は「深野心仙はもう古い」と言っていたことも引っかかります。

これからも喜美子がフカ先生の弟子として絵付けを続けられることを願うばかりです。

【スカーレット】50話のあらすじと感想!深野が信楽を離れる決意をするNHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...


スポンサーリンク