スカーレット

【スカーレット】54話のあらすじと感想!深野組が解散し1人で丸熊陶業に残る喜美子

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第9週「信楽火まつり」54話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)は常治(北村一輝)から「深野先生だけが素晴らしい人間だと思っているなら出ていけ!」と言われます。

常治も毎日汗をかきながら家族のために必死に働いていることを改めて感じる喜美子。

そして、火まつりの日を迎えます。

喜美子は松明を持って山を登り、自分の今後について決意を固めるのでした。

【スカーレット】53話のあらすじと感想!信楽火まつりが始まり山を登る喜美子NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  54話のあらすじ(ネタバレ)

火祭りが終わり、翌朝からいつものように喜美子(戸田恵梨香)が朝ごはんを作っていると常治(北村一輝)がバツが悪そうに起きてきます。

それでも「いつ出て行くんです?素晴らしい深野先生について行くんちゃうのか?」と尋ねる常治に「1人で湯冷ましも飲めんようなお父ちゃんを置いて行けるわけがないやろ。」と言う喜美子。

汗もだらけの常治のことを喜美子は心配します。

そこへマツ(富田靖子)と百合子(福田麻由子)が起きてきます。

喜美子が深野について行かないと知って安心したような様子の常治。

その日、出勤した喜美子は敏春(本田大輔)のもとへ向かいます。

喜美子は敏春に今後の話をします。

「私は丸熊陶業にしがみつくことにしました。うちはここに残ってマスコットガールでも構いませんので仕事でしたらなんでもやらせていただきます。」

「つきましては、信楽初の女性絵付け師として一人前に扱って頂きたいんです。」

「賃金アップということですか?」と問う敏春。

「そうです。稼がなならんのです。私には家族がいます。妹を進学させてやらなきゃなりません。電話もつながなきゃいけません。お願いします!!」

喜美子は頭を下げて敏春に頼み込みます。

絵付け係に戻った喜美子は「やりました!賃金上げてもらえました!!」とみんなに報告をします。

すると、みんなが喜美子の賃金アップに喜んでくれ最後の深野組の体操をします。

「なんで体操や…。」と言いながらも立ち上がり「ええよ~。」と言う深野(イッセー尾形)。

そして、深野たちは信楽からそれぞれの道へ旅立って行き、喜美子の夏は終わるのでした。

季節は変わり、秋になります。

川原家では、喜美子のお給金が上がったことで百合子は高校に進学できることが決まります。

一方、丸熊陶業では植木鉢の生産が火鉢の生産を超えていました。

そんな中、喜美子のデザインした火鉢の試作品が出来上がり敏春が喜美子の元へ火鉢を持ってやって来ます。

敏春が「よろしいですか?開けますよ?」と言うと「待って!!試作品出来たら私も見るって言ったやん!」と急ぎやって来る照子(大島優子)。

お腹が大きくなった照子は、「食欲が止まらんわ~。」と言って干し芋を食べながら見ようとしますが、喜美子は「食べながら見んといて!神妙に見て!」と言います。

そしてとうとう喜美子がデザインした火鉢が目の前に現れます!

その素晴らしい出来栄えに目を見張り喜び合う喜美子たち。

喜美子は初めて出来た自分のデザインした火鉢を見て嬉しくて仕方がないのでした。

その試作品を八郎(松下洸平)に見せるために喜美子は商品開発室へ向かいます。

すると八郎は真剣なまなざしで陶芸をしているのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  54話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  54話の感想

深野組がとうとう解散してしまいました。

喜美子が下した決断は丸熊陶業に1人で残ることでした。

そのことを敏春に告げて賃金アップを要求するところは喜美子らしかったですし、いつも家族のことを考えて前向きに自分の道を進んでいくところはかっこいいです。

喜美子の人生にとって深野組で修業した時間は生涯忘れられない大切な時間になりました。

この経験を生かしてこれからも素晴らしい絵付けの技術を丸熊陶業で発揮していってもらいたいです。

そして、これで深野先生、1番さん、2番さんとお別れは寂しすぎますので今後の再登場を期待せずにはいられません。

1人になった絵付け係ですが、とうとう喜美子がデザインした絵付け火鉢の試作品が完成しました!

試作品を見る前の喜美子のドキドキする表情を見ていたらこちらまでドキドキしてしまいました。

深野の作風とは違って若い喜美子だからこそ表現できる斬新なデザインです。

Twitterでもみんな欲しいという意見がありましたが、火鉢としてだけではなく置いておくだけでも美しい作品でしたね。

この作品を見たら、これからの喜美子の活躍がますます楽しみになりました。

ラストシーンでは八郎の陶芸の様子を見て、心打たれたような表情をしていた喜美子。

ここから喜美子の陶芸家としてのスタートとなるのでしょうか?

来週の展開も楽しみです!!

【スカーレット】55話のあらすじと感想!陶芸の話をして距離が縮まる喜美子と八郎NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...


スポンサーリンク