スカーレット

【スカーレット】62話のあらすじと感想!常治に結婚の許しをもらうため川原家にやって来る八郎

ここでは、NHK朝ドラ「スカーレット」第11週「夢は一緒に」62話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)が抱き合っているのを目撃してしまった常治(北村一輝)。

八郎を殴り喜美子を連れて帰ると結婚なんて許さないと聞く耳を持ちません…。

家に帰った八郎の元に信作(林遣都)がとりなしてくれ、喜美子がやってきます。

結婚の話をしたがらない喜美子に八郎が詰め寄ると「もう会えないかもしれん。帰りたくない。」と話す喜美子なのでした。

【スカーレット】61話のあらすじと感想!喜美子と八郎の結婚に大反対の常治NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ【スカーレット】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までノベライズ版をもとに追跡中)朝ドラ「スカーレット」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「スカーレット」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「スカーレット」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...

朝ドラ「スカーレット」  62話のあらすじ(ネタバレ)

常治(北村一輝)に結婚を反対され、八郎(松下洸平)へ「帰りたくない。帰さんといて。」と言う喜美子(戸田恵梨香)。

その喜美子の可愛さに布団に顔をうずめて悶絶する八郎…。

八郎は、冷静を保とうといきなり喜美子にノートを渡し「釉薬と粘土の焼き加減について」を話しだします。

今までの八郎の電気窯で試した陶器の発色についての研究成果を見せて、釉薬の発色のメカニズムについて学ぶようにと言います。

そして「今日は帰った方がいい。」と言う八郎。

喜美子は「そういうことか…。そんなこと言うても、うち学び始めたばかりやで。」と言って寂しそうな表情を見せます。

「それなら土と友達になることから始め。」と言って陶芸の基礎が書いてあるノートを見せる八郎。

「今日は帰った方がええ。こんな足じゃ送れへんけど…。」という八郎に喜美子は「大丈夫や。送ってもらう距離じゃないし。それより足大丈夫?ご飯は?」と聞きます。

八郎は「そこを出たところに炊事場があるから大丈夫や。」と言います。

料理が出来るという八郎に感心する喜美子。

「うちのお父ちゃんなんて水も飲まれへんで!」と言うと「それじゃあどうするの?」と聞く八郎に「お母ちゃんが口移しするんや!」と冗談を言う喜美子。

その話を聞くと八郎は恥ずかしがり布団に顔をうずめます。

「きちんと話をしに行くさかい。日を改めて挨拶に行きます。」と言う八郎。

しかし喜美子は「それは、うちがやるわ。だから十代田さんは待っとき。」と言います。

「うちのお父ちゃんはほんま一筋縄ではいかんねん。小さい頃からうちが家のことしてきた。うちがちゃぶ台ひっくり返すの止めてた。うちが頭下げて許してもらう。」

「あほ、僕がおるで。これからは僕がおる。一緒に。一緒に頭下げよう。これからは1人じゃなくて一緒にやって行こう。」

「そやけど。また殴られるかも。」

「かまへん。好きな人の為やったらかまへん。」

「好きな人。うちも好きや。前よりももっと好きになった!」

「僕も好きやで。一緒になろう。結婚しような。」

八郎のその言葉に微笑み頷く喜美子なのでした。

一方、その日行われたお見合い大作戦は全く上手くいきませんでした。

ほとんどが冷やかしで真面目に参加してくれた女性は1人だけだったのです。

その女性はよし子(辻本みず希)という名前で、信作(林遣都)をとても気に入り、信作から離れようとしません。

翌日、喜美子は起きてきた常治に「もっかいちゃんと話したいねん。十代田さんも頭下げたいって言ってるから一度会ってくれへん?」と頼む喜美子。

すると「ええけど。かまへんよ。」という常治。

「そやけど結婚はあかん!あいつはあかん!!」と言う常治なのでした。

朝、丸熊陶業に出勤した喜美子は八郎に常治が会ってくれることにはなったが結婚に反対していることを伝えます。

「せやけど、会ってくれるんやろ?会ってくれるだけでもありがたい。100回でも200回でも会いに行くわ。許してくれるまで。一緒に乗り超えような!」という八郎。

喜美子が絵付け係で仕事をしていると、敏春(本田大輔)と照子(大島優子)がやって来ます。

「今日の朝、商品開発室にいたのは川原さん?朝から十代田と2人で。」と敏春に言われ「すみません!陶芸を教わっていました。」と言う喜美子。

照子は「陶芸を教わってるだけ?なんで今まで言ってくれなかったん??そういうことになってたなんて!!」と八郎と喜美子の関係を喜んでくれます。

「信作から?」と喜美子が聞くと敏春は「十代田からもきちんと話がありました。」と言います。

敏春と照子から十代田の将来が有望で才能があることを聞くと、嬉しくなる喜美子。

そして、その夜常治は八郎が挨拶に来るのを待っていました。

「何が陶芸家や。ふわふわしたこと言いおって…。」と呟く常治。

そこへ喜美子と八郎とともに帰ってきます。

常治を前に2人でお辞儀をする喜美子と八郎。

川原家にはなんとも言えない緊張感が漂っているのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  62話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「スカーレット」  62話の感想

常治が八郎にすんなり会うことになりましたね!

絶対に会わないと子供のように駄々をこねるのかと思っていました、会ってくれるとは驚きです。

ただ、どうやら常治は八郎が陶芸家になる夢を持っていることが気にくわない様子でした。

どういうことなのか、感情的にならずに常治の考えをきちんと聞きたいです。

今日は喜美子と八郎のやり取りに朝から思わずニヤニヤしてしまいましたね。

八郎が喜美子の表情一つで感情を爆発させる様子を見て思わず笑ってしまいました。

お互いの素直な「好き」という気持ちを確認することが出来て良かったです。

八郎の誠実さも伝わってきて喜美子は本当に良い人に出会うことが出来て幸せですね。

今まで幼い頃から家のために自分のことを犠牲にして頑張ってきた喜美子に、一緒に歩んでいけるパートナーが出来たことは本当に心強いと思います。

これからはなんでも1人で頑張らずに八郎と一緒に生きて行けるといいですね。

その為には常治の説得が必要です!!

八郎は100回でも200回でも許してもらえるまで頭を下げると言ってくれましたから、きっと常治も許してくれると思いたいのですがどうでしょうか?

明日の放送で常治が何を話すのか楽しみです。

頑張れ、喜美子!八郎!!

【スカーレット】63話のあらすじと感想!喜美子と八郎の前で照子の陣痛が始まる!NHK朝ドラ「スカーレット」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...