スカーレット

朝ドラ「スカーレット」第1週ネタバレあらすじ「川原喜美子、信楽に越して来ました」

2019年9月30日からスタートしたNHKの朝ドラ「スカーレット」

ここでは、スカーレットのノベライズ版をもとに第1週のあらすじのネタバレを紹介しています。

※本記事のあらすじ内容は、テレビで放送される内容とは異なる場合があります。

朝ドラ「スカーレット」第1週ネタバレあらすじ

昭和二十年、長く続いた戦争が終わり、大阪で新しい商売を始めた川原常治。

しかし事業に失敗した常治は多額の借金を背負うこととなり、家族を連れて夜逃げ同然に大阪をあとにします。

常治の一番上の娘・川原喜美子(九歳)は、妹の直子(五歳)の手を引いて山道を歩いていました。

その後ろをリヤカーを引いて歩く常治と妻のマツ。

マツの背中には、一歳の百合子がいます。

大阪の家を出てから二日間歩きっぱなしの喜美子は、目的地はまだかと父親の常治にたずねます。

大人でも辛い山越えを空腹に耐えながら歩き続ける喜美子たち。

すると大きく道を曲がった先にまぶしい景色が広がり、喜美子と直子は「海や!」と走り出します。

そこは海ではなく、日本で一番大きな湖の琵琶湖でした。

喜美子たち家族が目指すのは、これよりもっと山の中にある、タヌキが目印の場所です。

再び歩き出した家族は、滋賀県の最南端・甲賀郡にある焼き物で有名な信楽にたどり着きます。

村を目指していた喜美子は、道の端にキラリと光る紅色の茶碗のかけらのようなものを拾いました。

「きれいや!」と見とれる喜美子は、それをズボンのポケットに入れます。

これが日本で初めて女性陶芸家となった、喜美子と信楽焼との出会いでした。

信楽での暮らし

「タヌキの道」と呼ばれる通りにある、目印の大きなタヌキの焼き物の前で待っていた喜美子たちの前に、一人の男が現れます。

その男は、戦時中に常治と同じ軍隊にいた大野忠信でした。

忠信は、信楽で雑貨屋を営んでいます。

戦時中、負傷した忠信を常治が背負い、何十キロの道のりを歩いて助けたことがありました。

このことでいつか恩返しがしたいと思っていた忠信は、商売に失敗して困っていた常治から相談を受け、信楽で働き口と住む場所を用意してくれたのでした。

一通りの挨拶が終わると、喜美子たちは平屋の古い一軒家に連れて行かれます。

水道も電気もありませんが、雨風をしのぐには十分です。

玄関には忠信の妻・陽子がおにぎりと漬物を用意して待っていてくれました。

真っ白いおにぎりを見て、歓声を上げる喜美子と直子。

マツは礼を言うと、まずは家の掃除に取り掛かります。

喜美子に百合子をおぶわせて、井戸で水を汲んで雑巾がけを始めるマツ。

常治はすす払いをして、喜美子も玄関の掃除を始めます。

するとそこへ、大野家の息子・信作が顔を出しました。

信作は喜美子と同級生です。

そこに喜美子らより二歳年上の黒岩次郎と仲間の悪ガキが通りかかります。

おぶっていた百合子が催していたことに気が付かずに作業をしていた喜美子に、「クッサ!」とはやし立てる次郎たち。

喜美子は百合子をマツに預けると、ほうきを持って次郎たちを追いかけはじめました。

帰ってきた喜美子の顔にはすり傷があり、それを見た常治は娘がいじめられたと思い次郎の家に怒鳴り込みに行きます。

しかし次郎の顔のほうが喜美子よりも傷だらけで、これからは二度と喧嘩をしないよう注意される喜美子。

その夜、寝ていたはずの直子が急に泣き出します。

直子は空襲警報で人々が混乱する中、喜美子の手をにぎり防空壕へ駆け込もうとしていました。

しかし運悪く喜美子とはぐれてしまい、それからというもの恐怖を感じ夜になると、時折泣いてしまう直子。

喜美子はそんな妹の背中をさすります。

タヌキとの出会い

喜美子は、信作と同じ信楽山小学校へ通い出します。

今まで妹の世話に追われてろくに学校に通っておらず、喜美子は漢字を読めません。

すると同級生の女の子・熊谷照子がやって来ます。

照子は信楽で一番大きな焼き物を焚き上げる、丸熊陶業のお嬢様です。

「お友達になってあげてもええよ」と、上からものを言う照子。

喜美子はそれを断ります。

友達と遊んでいる暇はなく、帰ってすぐに家事を手伝わなければなりません。

門の外へ出ると、そこへ次郎が待ち伏せしていました。

しかし常治から喧嘩は禁止されています。

喜美子は「耐えるしかない」と思っていたその時、タヌキが目に入ります。

タヌキを追いかけるように山道に入り込んだ喜美子。

山の斜面を削り取ったような土だらけの土地に出た瞬間、喜美子は追いかけたタヌキを見つけます。

しかしそれはタヌキではなく、一人の男でした。

喜美子が何をしているのかと見ていると、男が喜美子の存在に気が付きます。

男は、慶乃川と言う陶芸家だと名乗りました。

土を掘り、その土を使って丸熊陶業で焼き物を作っています。

草間との出会い

小学校に通い出した喜美子は、学校給食というものを知ります。

しかし給食費を払えない者は、給食の時間になると教室を出ていきます。

帰り道、マツが信作の母親に「給食費を払えなくなるかもしれない…」と不安を口にしているのを聞いてしまった喜美子。

その日の夕方、常治が大阪からたくさんの食料品などを買って帰ってきます。

そこには、見知らぬ男の姿がありました。

大阪で暴漢に襲われた草間宗一郎は、痩せこけていてぼうっと力ない印象です。

常治が医者に診せると、草間の心の傷を癒してやる必要があると言われました。

草間は東京出身で、戦時中満州での混乱の中、なんとか船に乗って引き上げてきた過去がありました。

喜美子は、草間がいつまで家にいるのかマツにたずねます。

すると「困ったときはお互い様」と言われ、喜美子は「だからいつも我が家はひもじいんや」と思いました。

それから一か月が過ぎてもまだ川原家に居候を続ける草間を連れて、喜美子は慶乃川のいる山の中に連れて行きます。

相変わらず土を掘り続けている慶乃川を見つけ、家に案内してもらった喜美子たち。

慶乃川は独り身で、家の中には古いろくろや陶器作りの用具が並んでいました。

慶乃川は、自分が作った作品を喜美子に見せます。

それはお世辞にも美しいとは言えないもので、喜美子は茶化し半分で「ただの土の固まりやないの」と、ついきつい言葉が出てしまいました。

慶乃川は「やっぱりあかんか…」と頭を掻いていましたが、その日の夜に喜美子がとった態度について草間から叱られてしまいます。

慶乃川を傷つけてしまったと反省した喜美子は、翌日謝りに向かいました。

慶乃川は笑って許してくれ、陶器作りはあきらめて田舎に帰ると話しました。

それからしばらくして、信楽を去る草間。

草間からの別れの手紙を読み、めったに泣かない喜美子が何度も涙をぬぐいました。

照子と喜美子

信楽に来て初めての冬がやってきます。

水道と電気が通り、常治がコツコツと作り上げた風呂も完成しました。

薪をくべて風呂を沸かすのは、喜美子の仕事です。

毎日真面目に勉学に励んむ喜美子は、その努力を先生から褒められます。

それは、照子のおかげでもありました。

喜美子を憐れんだ照子が家で勉強を教えてくれると言い、初めは照子を苦手だった喜美子ですが、二人の仲はじょじょに縮まっていったのでした。

そんな時、照子に墓地についてきてほしいと頼まれる喜美子。

照子は信作に恋文を渡し、その返事を聞かせてもらうためでした。

しかし、あえなく振られる照子。

喜美子がどうなぐさめたらいいのかわからないでいると、照子が戦死した兄が眠っている墓に挨拶をしたいと言い出します。

喜美子は照子がただのお嬢さんだと思い込んでいた自分が情けなくなり、人には他人の知らない色々なことがあるのだと、この時知ったのでした。

その数日後、喜美子が家に帰ると見知らぬ二人の男たちがいます。

マツの様子がおかしく、喜美子はその男たちが自分たちにとってよくない存在だとすぐに気が付きました。

「借金返してもらいまっせ!」と怒鳴る男たち。

朝ドラ「スカーレット」第2週ネタバレあらすじ「女にもな、意地と誇りはあるんじゃあ!」