2020年冬ドラマ

動画配信ドラマ【シロクロ(シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。)】を見逃した方の無料視聴はこちら!(1話2話3話4話5話6話7話8話9話10話最終回)

ここでは、ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」をリアルタイムで見逃してしまった方のために動画を無料視聴する方法をご紹介します。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の見逃し動画を無料で配信しているサービスとは?

放送から1週間以内の場合の無料視聴方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)、日テレ無料!TADA(日テレオンデマンド)、GYAO!という動画配信サービスを利用すれば、無料視聴が可能です。(スキップできないCMが何回か流れます

これら3つのサービスでは1週間の限定配信となっていて、次回の放送開始直前まで視聴できます。

Tverで無料視聴する

日テレ無料!TADAで無料視聴する

GYAO!で無料視聴する

放送から1週間以上経っている場合の無料視聴方法

放送から1週間以上経過している場合は、Tverなどで見ることはできません。

調査したところ、国内ドラマの配信サービスを行っているVOD(ビデオオンデマンド)のなかで、ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」を見ることができるのは、Huluだけです。(独占配信)

主要VODサービスにおけるドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の配信状況

Hulu
Paravi
U-NEXT
dTV
TSUTAYA TV
ビデオパス
ビデオマーケット
FODプレミアム

Huluではドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は全話配信予定で、1話から最終回まで見放題となります。

CMもなく高画質なので快適に見られます。

2週間の無料お試しキャンペーンを実施中なので、登録して2週間は配信されている全作品が無料で見放題です。

また、無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

登録・解約手続きは非常に簡単にできますので、ぜひお試しください。

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

Huluの動画配信数は6万本以上ですべてが見放題!人気ドラマの配信多数!

Huluは映画、ドラマ、バラエティ、アニメなど6万本以上の動画が配信されています。

そして大きなメリットは配信中の動画がすべて見放題だということです。

これは通常の動画配信サービスにはない特徴です。

すべてが見放題作品なので「有料作品を間違えて見てしまった!」といったトラブルの心配は一切ありません。

もちろんドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は全話見放題ですし、最近の人気ドラマも多数配信中です。

Huluで見放題の作品例(放送前のドラマは今後配信予定)

  • 知らなくていいコト(吉高由里子主演・2020年冬)
  • トップナイフ(天海祐希主演・2020年冬)
  • シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(清野菜名、横浜流星主演・2020年冬)
  • 偽装不倫(杏主演・2019年夏)
  • ボイス(唐沢寿明、真木よう子主演・2019年夏)
  • あなたの番です(原田知世、田中圭主演・2019年春夏)
  • 白衣の戦士(中条あやみ、水川あさみ主演・2019年春)
  • 俺のスカート、どこ行った?(古田新太主演・2019年春)
  • 向かいのバズる家族(内田理央主演・2019年春ドラマ)
  • 3年A組 ―今から皆さんは、人質です―(菅田将暉主演・2019年冬)
  • 家売るオンナの逆襲(北川景子主演・2019年冬)
  • イノセンス 冤罪弁護士(坂口健太郎主演・2019年冬)

上記のように多くの人気ドラマが配信されていて、すべてが見放題なのでとてもおすすめなサービスです。

最後にHuluの特徴をまとめてみましょう。

Huluの特徴まとめ

現在2週間の無料お試し期間あり
無料期間中に解約すれば、料金は一切不要
ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は全話見放題
・6万本以上の配信中の全作品(国内・海外の人気ドラマ、映画、音楽番組、アニメなど)が見放題
・作品のダウンロードが可能(対象外作品あり)
・フルHD対応の高画質
・1つのアカウントに複数の機器を登録可能(同時視聴は不可)

Huluは無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひ試してみてください。

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

※2020年3月時点の情報です。配信状況など詳細はHulu公式サイトにてご確認ください。

動画共有サイトを使っての視聴はリスクがあるので、おすすめしません

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

などの動画共有サイトでも見逃し動画を視聴できる可能性はあります。

しかし、これらのサイトはドラマや映画を違法でアップロードしているので次のようなデメリットがあります。

動画共有サイトのデメリット

・画質、音質が悪い
・途中で止まったり、見られなくなる
・広告が多くストレスになる
・動画は急に削除されるので全話見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険

安全に高画質・高音質でドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」を全話見るならHuluがおすすめです。

無料期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

登録や解約手続きは非常に簡単です。

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」のあらすじ

1話のあらすじ

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、かつては天才囲碁少女と呼ばれるほどだったが、23歳になった今はネガティブな性格が災いし、負けてばかり。彼女はアルバイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が竹藪に吊るされた姿で発見されたというニュースを目にする。上坂を吊るした犯人は“ミスパンダ”の可能性が高かった。ミスパンダとは、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめて世間を騒がせる謎の人物。上坂には、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっていた。神出鬼没で自由奔放なミスパンダ。レンは、自分にはミスパンダのように生きることはできないと思うのだった。

精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンにとって通院の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンはときめきを感じていた。
直輝は、テレビ局の報道記者として働く恋人の佐島あずさ(白石聖)に頼まれて、“メンタリストN”という名でバラエティ番組に出演する。彼は、出演者たちの思考を操るようなパフォーマンスを披露する。

番組収録後、直輝は、あずさから、IT企業に勤める女性・愛菜が飛び降り自殺した話を聞く。愛菜は自殺直前、顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップしていた。衝撃的な愛菜の死に、ネット上では“整形手術の失敗を苦にして自殺したのではないか?”など、さまざまな噂が広まる。
一方、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から指示を受けた直輝からレンのもとに、“これからパンケーキ食べに行かない?”とのメールが届く。レンは、パンケーキ店で直輝と会う。直輝がパンケーキにシロップをかける。流れ落ちるシロップを見ているうち、レンの意識は遠のく……。

その夜、ビルの屋上で「グオオォォーー!」と吠えるミスパンダが出現。彼女を操る飼育員さんとなった直輝が「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げる。
ミスパンダは、愛菜の葬儀に現れる。騒然とする参列者に向かって「アタシがシロクロつけるから!」と言い放ち、ミスパンダは愛菜の死の真相を暴いていく――!

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(30代・男性)
まずは、なんといってもパンダの見た目がファンキーな姿でインパクトがありました。

そして、飼育員とパンダの見事なアクションシーンは見るものを釘付けにしてくれました。

今回は、ホワイト企業に選ばれる会社での自殺騒動に、整形失敗が関わってる事件課と思われましたが全く違いました。

歪んだ愛情表現を苦にしたモラハラが起こした殺人事件でした。

パンダがいなければ、解決できない事件でしたが、川田レンと森嶋直輝の過去が気になります。

2人共過去に大きな傷を抱えており、白黒はっきりしない事件で大きな問題を抱えていると思います。

それを知った、ミスターノーコンプライアンスが裏で事件解決する為に作ったコンビだと思います。

ミスターノーコンプライアンスが法務大臣だったのが驚きましたが、法律では解決できない事を法務大臣だからこそ気づいて作ったのかもしれません。

次回は、大学の不正入試に関わる白黒をはっきりつける問題だと思います。

これからも、全ての問題に白黒はっきりつけていってほしいと思います。

(20代・女性)
ミスパンダになったレンの笑顔が本当に可愛く、犯人を痛い目に合わせようとする姿がとても輝いていました。

直輝の能力はどのような物なのかはっきりわかりませんでしたが、mr.ノーコンプライアンスの指令をなぜ受け入れているのか気になりました。

直輝はレンと同じ人間だと言っていたが2人の過去にどのようなものがあるのかはっきりしていないので今後の見どころです。

レンが部屋に飾っていた写真と、入院している母親の部屋の写真に1人ずつ塗りつぶされている女の子の存在が気になりました。

過去を思い出したレンのみた母親の目や、ここから出してというセリフに反応したのを見て虐待を受けていたのではないかと思いました。

グレーゾーンという部分がいまいち掴めずにいるこで今後白でも黒でもないというタイトルを理解していくのが楽しみです。

気になる存在であるmrコンプライアンスや、囲碁喫茶にきたライバル、神代は今後どのようにレンと直輝に関わっていき、事件が起きていくのか気になります。

(30代・女性)
犯罪など重い内容を扱っていても、ストーリー全体は重くなりすぎていなかった点が良かったです。

何がきっかけで、直輝は催眠療法でレンのことを操るようになったのか気になりました。

レンはミスパンダのことは何も覚えてないようですし、直輝に惹かれているように感じたので少し可哀そうに思えました。

また、普段のレンは控えめでネガティブな印象だったのに、ミスパンダになったときとの生き生きとした姿とのギャップに驚きました。

アクションシーンがかっこよかったので、毎回楽しみなシーンになりそうです。

レンは母親のことで悩んでいるようで、1話のラストで母親の病室にあった写真が黒く塗り潰されていた点も気になりました。

直輝に関しても父親のことで深い闇を抱えているようなので、過去に何かがあった二人の関係性が今後どのように動いていくのか楽しみです。

Mr.ノーコンプライアンスについても謎が多すぎるので、なぜこのようなことをしているのか明かされることを期待しています。

(50代・女性)
囲碁将棋士のレンはおとなしい女性だが、ミスパンダに扮して世間の謎を、黒と白につける必殺仕事人のような存在でした。

精神科医にカウンセリングを受けるレンはマイナス思考の女性で、メンタリストの医学生森嶋直樹とパンケ-キを一緒に食べるシーンは本当に印象的でした。

直樹がパンケ-キにシロップを掛ける時が、ミスパンダになる合図とは、いささか不思議な内容に次第に巻き込まれていくという設定も面白かったです。

女性は整形が失敗して自殺をしたのか?会社で自由奔放に動きまわるミスパンダと彼女が残した映像に謎が残されていました。

犯人を吊し上げ、世間の目にさらけ出すのが目的であると感じました。

事件は終わったと思われたが、直樹は父親が数年前に殺害される前に託したパンダぬいぐるみの中のUSBの映像の謎を解こうとしているのではないだろうかと思いました。

横浜流星のアクションが見れるのかと思ったが、このミスパンダ役を演じているレン役の清野菜名のアクションシ-ンが凄く意外でした。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

2話のあらすじ

レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。
事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。“あの告発”とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。

池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。
レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく…。そして、ミスパンダが出現。直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。
そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが駆け付け…。

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(30代・男性)
今回、ドラマの中とは言え、テレビ業界の嫌なところが描かれていたなと思いました。

不正入試疑惑の息子に、疑惑を晴らすからと取材を申し込んだはずの神代が、わざと誤解を招くような編集をしていた所が、とても嫌な印象でした。

どちらかというと、それを嫌悪の目で見ていたあずさの方が、好感が持てました。

そんなあずさと、Mr.ノンコンプライアンスが、親子だということ、また、Mr.ノンコンプライアンスの正体を、直樹が知っていたという事実に衝撃を受けました。

表では、娘の父親と彼氏という形で会いながら、裏では別の顔で会っている。

そんな中での、父親と彼氏としての会話の違和感が、何だか怖かったです。

何も知らずに二人と過ごすあずさには、どこか気の毒な感じがしました。

あずさが、二人の関係を知ったら、そして、自分の彼氏がミスパンダと関わりがあると知ったら、一体どんな気持ちになるのだろうと考えると、少し心が痛む感じがしています。

(40代・女性)
直輝がレンをミスパンダにした時の様子が描かれていた第2話でしたが、レンと初めて出会った時、レンの心の声が聞こえたため、レンの過去を調べて、衝動的にレンを試してみたくなったようですが、興味を持っただけで、別人格を作り出すという行為は、酷いと思いました。

レンはミスパンダになっている自覚がないので、信頼している直輝に、操られていたと知ったら、精神的に不安定なレンの心は、壊れてしまうのではないかと思いました。

不正入試を暴く為に動く、直輝とミスパンダでしたが、人のちょっとの変化にも気づく直輝は、すごいと思いました。

直輝は、優秀なので、佐島が直輝に依頼するのもわかりました。

黒幕は、自分の私腹を肥したい柳本と、学長になりたい池渕の企みでしたが、金と権力の問題はなくならないし、どんな所にもあるんだと思いました。

不正をしたと思われていた、学長と学長の息子が救われて良かったです。

レンの家族の過去が、徐々に浮き彫りにされてきたので面白くなりました。

今後の展開が楽しみです。

(30代・女性)
今回もコミカルに事件を解決していくミスパンダが魅力的でした。

一方で、森島の父親が事件に巻き込まれ死んでしまった過去に、Mr.ノンコンプライアンスが関わっていることや森島の恋人の父親だったりと複雑な伏線が見えてきました。

レンの過去では放火事件によって死んでしまった姉の存在が明らかになり、死んでしまった姉に対して生きていることへの罪悪感に苦しんでいる姿が見られ、その事件が強いトラウマになっていると感じました。

また、母親のレンに対する異常な愛情や檻に入れて冷たい視線を浴びせていた姉に対するネグレクトが見られ、その光景もトラウマになっているように感じました。

しかし、森島が初めてレンに合った際に聞こえたという「檻から出して」という声や死んだのはレンではなくて良かったというような母親の発言、そして塗りつぶされた存在がレンの部屋にある写真と病室の写真でそれぞれ違うことから、実際に死んだのはレンであり、死んだとされる姉がレンとして生かされているのではないかと感じました。

1話での犯人が「ここから出して」という言葉に怒りの感情を出したミスパンダが見られましたが、母親に対して与えられた恐怖やレンに対する感情が怒りとなって現れたのだと感じました。

ミスパンダになることでトラウマを呼び起こされることが多くなっているレンですが、ミスパンダにどう影響を与えていくのか、今後の展開へ期待が高まりました。

(30代・男性)
直輝とレンの出会いが何だったのかを回想するシーンで少しだけわかってきました。

レンの火災によって精神的なダメージを相当受けているのはわかり、更にレンの姉妹のリコという存在が火事で亡くなっている事、直輝がレンの横を通り過ぎる時に聞こえた「檻の中から助けて」は幼い頃のリコだけが部屋の中で檻のに入れられていたのと重なります。

レンを名乗ってミスパンダをしている彼女がリコの可能性が高く、更にレンがアルバイトをしている囲碁喫茶の店主である加賀とレンの担当医である門田の繋がりからすると、リコは故意にレンと入れ替わりをさせられている状況にあって、姉妹のレンを失った悲しみと苦しさから精神的な不安感が体に出てしまった救いのシグナルを、メンタリストの能力が高い直輝が感じ取って、レンの精神的なバランスを保たせるためにミスパンダと変身させて悪党と直に対峙させ懲らしめる行動をさせていると、今回の出来事から考えてみました。

白黒つけるのがレンのミスパンダと直輝の飼育員さんの役割と考えると、テレビ局のディレクターである神代の大学受験の不正の被害者だった学長の息子の無実を告白させるという約束を無視して、数字が取れる悪意の構成に変えていた所に人間の醜さが感じられるので、ミスパンダによって成敗される候補者だと予想しています。

レンとリコの双子と思われる姉妹と病院に入院している母親の麻衣子が被害にあった火災の原因は、犯人が捕まっていないと資料に書かれていましたが、病室で麻衣子がタバコに火をつけようとしていた所と、檻の中のリコにバナナを投げつけた事から、苛立った麻衣子がタバコの火を投げつけた結果が火災になってしまったのかなと感じられ、全ては虐待から始まっているのではと思っています。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

3話のあらすじ

門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。

そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。

そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠が現れる。釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか?それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか? 世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。

会見の模様をテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるようにと告げられる。
沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里。亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。そこに世界選手権に出場する海外の有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチが訪れる。コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。その時、ミスパンダが現れる。ミスパンダは亜香里に向かって「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る。

レンは、入院中の沙奈恵を訪ねる。久しぶりの再会を喜ぶレンと沙奈恵。レンは沙奈恵から「リコちゃんが生きていたら…」と言われて動揺する。
レンは直輝と会い、沙奈恵と会ってきたことを伝える。レンの様子に異変を察した直輝は、悩みを聞こうとする。レンは直輝に、10年前の忌まわしいトラウマについて打ち明ける。その後、沙奈恵をめぐる一件に新たな事実が判明し…。

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(20代・女性)
レンに父親を亡くしたと打ち解けた直輝は、レンをミスパンダにするために同情したのか、本当の気持ちで伝え抱きしめたのか気になりました。

直輝はレンをどのように思っているのかとても気になります。

神代はミスパンダの存在を暴くため追い続けていましたが、あずさとの繋がりを知ってしまったことですぐに見つかってしまう気がします。

世界選手権の裏には、最近立て続けに話題になっていたパワハラや選手をつぶす存在の人たちを描かれていて、オリンピックが行われる日本に対しての何かのメッセージなのではないかと思いました。

レンは同級生や、母親の前で悲しい顔をしているがミスパンダの時笑顔を直輝に見せ、恋をしているときも笑顔になり悲しい過去を消してくれるのは直輝だと思いました。

レンはレンではなくリコなのではないかと、直輝のセリフで判明しました。

母親が可愛がっていたのはレンなのか、亡くなったのがレンなのか分かりませんが、檻に閉じ込められていることに怯えるのを見ていると虐待を受けていたほうがレンだということは確定しているので、名前を変えているのか今後の見どころだと思いました。

なぜ直輝はレンの名前が違うということに気づいたのか気になります。

(30代・女性)
ミスパンダは、クライミングするときも軽やかな動きでさすがでした。

あんなに動けると、運動していても楽しいだろうなと思いました。

ミスパンダと直輝のアクションシーンも、毎回見ごたえがあって好きです。

また、ミスパンダに変身する前のレンはピュアで真っすぐなので、直輝がレンのことを利用していないか心配です。

直輝は自分と同じように家族に対して悩みを持っているレンに共感もしていると思うので、そうでないことを願いたいです。

レンの主治医である門田が、レンと双子のリコの情報をまとめていた点が気になりました。

3話のラストで直輝が門田に言っていた言葉を考えると、門田は全てを知った上で隠していることがあるのだと思いました。

ミスパンダに変身したあとも、レンかリコの子供のころの記憶を一瞬思い出していたのでレンが心配です。

Mr.ノーコンプライアンスが、直輝の父親の警察手帳を持っていた点も何か関係があるのかと感じました。

二人の関係性についても謎が多いので、さらに多くのことが明かされてほしいです。

(30代・男性)
スピードクライミングの選手である宮澤が練習中に誰かにロープを切られて床に叩きつけられると言うショッキングな内容でした。

でもそれをやった犯人がなんと鹿野コーチだったとは夢にも思いませんでした。

あんな悪だったなんて想像つかないぐらいいい人に見えていました。

しかも、怪我させた理由が敵側の通訳の差し金で金を貰うためにやったと言うことがとても腹が立ちました。

鹿野コーチの前の磯貝コーチは全く悪いコーチではなかったことがわかって誤解が晴れてとても良かったです。

はじめ見た時は絶対に辞めさせられたので復讐で宮澤に怪我させたのかなと思っていたのでとても申し訳ない気持ちになりました。

その後、またミスパンダの配信で世間に不正の証拠を示すのでとてもスッキリします。

でもそのホテルから逃げ出す時にミスパンダのトラウマが蘇ってしまった時はすごく焦りました。

一瞬、催眠が解けてしまったのかと思いハラハラしましたがなんとか大丈夫だったので安心しました。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

4話のあらすじ

直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。レンは、直輝に好きになってもらえるような自分になるため、日本一の囲碁棋士になると決意。彼女は春男(升毅)に、改めて指導してほしいと頼む。

そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもった。涼介は縛られた上に鉄アレイを括り付けられた姿で飛び込み台に座らされる。
涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていなかった。翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実なのかシロクロつけてもらいたいと要求。ミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫する。

校長は記者会見を行い、いじめを否定。会見中、同席していたスクールカウンセラーの春香が学校側の嘘を指摘しようとするものの、制止される。会見後、学校側からマスコミに向けて取材自粛要請が出される。あずさ(白石聖)は学校側が何かを隠していると考え、取材することに。

時間が刻々と過ぎ、状況は緊迫する。涼介が助けを求めて声を上げると、翔太はいら立って今にも彼をプールに沈めようとする。その様子を見ていた楓は、ミスパンダの動画チャンネルに「早く来て!」とメッセージを送る。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝える。しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。一方、レンは門田から、直輝とは関わらないようにと忠告される。
ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫り…。

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(20代・女性)
直輝はどうしてレンがリコだと知り、更にレンとリコの存在を知っていたのか未だ謎でした。

リコと呼ぶ直輝は懐かしそうな顔をしたので過去が気になりました。

Mr.ノーコンプライアンスはくだらない事件に手をつけない事が分かりましたが、直輝が父親に言われた困っている人を助けらを守り抜く姿がカッコ良かったです。

しかし救ったのは自分の為だと言ったのは、どういう意味があるのか気になりました。

レンを知っているのは父親の教えと関係あるのではないかと思いました。

精神科に通うレンが直輝のことを考えている時の前向きな気持ちや笑顔がとても可愛いかったです。

直輝が門田を責める理由、隠されている事が気になりました。

全員が何が目的で動いていて、何を秘密に生きているのか隠されている事が多すぎて今後の見どころが溢れていました。

あずさは直輝の存在にいた気づき、コアラ男に再び狙われる日が来るのか不安に思いました。

レンの恋心も気になります

(30代・女性)
ディレクターの神代が、ついに直輝に迫ってきてハラハラする展開でした。

神代は勘が良いのでいつか近づくとは思っていましたが、思っていた以上に早くて手強い相手だと思いました。

また、もしかしたらとは思っていましたが、レンが自ら双子のリコになるのを望んでいたことに驚きました。

母親の麻衣子は、そもそもなぜリコに対してあのように冷たかったのか気になります。

子どもながらに、自分ではなくレンとして生きていくことを決めたリコの気持ちを考えると辛いです。

直輝の彼女・あずさが写真のレンの顔を見て、うずくまっていたのが気になります。

あずさを中学時代に誘拐したコアラと、レンは何か繋がりがあるのではないかと予想しています。

レンの主治医である門田に関しても、まだ何か隠しているように感じています。

親代わりである加賀にパンダのことを話していたのもあり、直輝が怪しんでいた通りに裏があるように思います。

レンが好意を寄せている直輝のことを、レンから引き離そうと今後さらに行動に移しそうです。

(30代・男性)
今回の話でレンが実はリコだったという事実がわかったので、とてもスッキリしました。

リコが過去に非行に走っていて母親から嫌われていたというのも色々とわかりそれで門田に頼んでレンになったというのも感慨深いものがありました。

その後、学校でいじめ問題が起きてミスパンダを要求されるのですがミスターノーコンプライアンスはこの事を拒否したのに森島はリコを送り込んでしまったことは良かったのでしょうか。

あとで何かミスターノーコンプライアンスが言ってきそうでとても怖いです。

でもやはりミスパンダが出てくるとワクワクしますしとても楽しめました。

あのスクールカウンセラーが真犯人だったわけですが、その動機がかなりしょうもなくてすごく腹が立ちました。

学校で問題が起きなかったからわざと問題を起こして活躍しようとしたなんて最低以外の何者でもありませんね。

でもミスパンダがそのスクールカウンセラーをプールに突き落としてくれたので少し溜飲が下がりました。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

5話のあらすじ

7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が、護送中に連れ去られた。護送車のドライブレコーダーや現場に居合わせた人が撮影した映像には、ミスパンダと飼育員が護送車を襲撃する様子が映っていた。マスコミは、ミスパンダが浜口を連れ去った可能性が高いと報道。警察は、ミスパンダを追う。

7年前、あるショッピングモールで発生した爆破事件は、多くの死傷者を出す大惨事だった。犯人として浜口が逮捕された。しかし、浜口は死刑確定後に無罪を主張。近々、再審請求が認められる見通しだった。

ミスパンダへの疑惑が深まる中、パンダちゃんねるから動画が配信される。ミスパンダは、拘束された浜口を彼の顔を水槽に浸けて残酷に責め立てる。そして「パンダ国民投票を実施しまーす!」と宣言。48時間以内にインターネットを通じた投票の結果で浜口が“クロ”か“シロ”かを決めるという。もし“クロ”なら、ミスパンダは浜口を殺しかねない。そんな状況で“クロ”への票がどんどん増えていく――。

レン(清野菜名)は、門田(山崎樹範)の診察に行かなくなっていた。門田はレンを訪ね、なぜ病院に来なくなったのかと問い詰める。レンは門田から、10年前の火事の幻覚を見るようになって症状が悪化したのは直輝が原因と言われる。レンは門田に反発し、自分の気持ちを直輝に伝えたいと訴える。

一方、直輝は佐島(佐藤二朗)に、何者かがミスパンダになりすましていると知らせる。浜口を連れ去り、国民投票を募っているミスパンダは、偽者だったのだ。直輝は、偽のミスパンダが浜口を誘拐した手口が、あずさ(白石聖)がコアラ男に誘拐された8年前の事件に似ていると指摘する。
レンは初めて、自分から直輝を呼び出す。「直輝さんのことが…好きです!」レンは勇気を振り絞って、直輝に思いを伝える。レンの告白に、直輝は――? そして、偽パンダの正体は、一体誰なのか!?

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(40代・女性)
ミスパンダと飼育員さんの偽物は、恐らく神代の知り合いの刑事達だと思います。

毎回ミスパンダに出し抜かれて、警察の面子が丸潰れのため、こんな悪どい方法を取ったんじゃないかと思います。

それも佐島の差し金だったかはわかりませんが、彼が段々と言うことを聞かなくなってきたことに危機感を覚えているのは間違いないと思います。

ここに来て、佐島の目的がますますよくわからなくなってきました。

最初は門田と繋がりがあるのかと思っていましたが、彼が殺されたことでその線は消えました。

というか、門田は自分の出世のことしか考えていない、予想通りのゲス男だっただけでした。

恐らく、門田を殺したのは春男だと思いますが、こんなチンケな脅迫に負けて罪を犯してしまったのはかなり残念でした。

レンは直輝に振られたも同然だし、ミスパンダは指名手配されるしで、今後の暗い未来しか見えないところが心苦しいです。

直輝はレンを守るためにミスパンダにさせないだろうし、このピンチをどう乗り切るのか、予想できないので続きがかなり気になりました。

(20代・男性)
今回は偽パンダと偽飼育員が現れて動画による国民投票で浜口死刑囚の処罰を決定するという展開から始まり、投票の結果浜口死刑囚は偽パンダらによって殺されてしまいました。

その時に本物のミスパンダと飼育員が駆け付けるが偽パンダらに逃げられてしまいまんまと嵌められてしまった結果殺人を犯した罪を着せられてしまいました。

正直今回の話は今後の展開を大きく変えるきっかけになると思います。

一つはミスパンダの素性がばれてしまう可能性があることです。

ミスパンダの正体はレンですが、レンの父にはまだばれていません。

しかしミスパンダは浜口死刑囚を殺したナイフを握ってしまいDNA鑑定を行った際にレンのDNAと一致しますのでその結果レンの元に警察が来てしまうとレンの父にミスパンダがレンであることがばれてしまいます。

また、レンは門田先生によってレンであることの催眠をかけられた梨子であるとすると、レンが実は梨子であることがばれてしまいます。

今回の濡れ衣を着せられた事件はレンにとってはかなり痛手なのでは無いかと思います。

また、そうなると偽パンダはレンあるいは梨子または直樹に恨みを持っている人だと推測されます。

第6話はレン達の打開策次第では展開が大きく動いてしまうので楽しみです。

(30代・女性)
冒頭でいきなり神代さんにお前が飼育員さんだろと言い当てられてしまったときは、これからどうなってしまうのかとドキドキしてしまいました。

今回はニセモノのミスパンダと飼育員さんが登場したこともあって、かなり波乱の回だなと感じました。

ニセモノたちはもちろん事情があるのかもしれないけど、なりすましをした上に殺人まで犯してミスパンダのせいにしてしまうなんて酷すぎました。

人殺しの罪を着せられたミスパンダと飼育員さんが今回は何とか逃走することができたけれど、次回に無実の罪で捕まってしまわないか心配です。

今回出てきた捜査一課の最強のふたり組は何だかとても強くて怖そうだし、これからもっともっと荒れそうな予感です。

飼育員さんの彼女であるあずささんが今まではお金持ちの娘で可愛らしい彼女という印象だったのに、今回の回では突然爪を噛んで表情が変わっていったのには驚きました。

これから先、悪者とか嫌な女に豹変しないことを願うばかりです。

(20代・女性)
第5話は、収容されている殺人犯を偽物のミスパンダと飼育員さんが輸送車から誘拐し、本物の2人が成敗しにいくというエピソードでした。

途中で出てきた被害者家族が偽物を演じてるのではと思う展開もありましたが、監禁場所に本物の2人が行き偽物を成敗した直後、警察の突入犯と鉢合わせしていますので、素人だけでできる展開ではないとも感じました。

そうなると、やはりミスパンダに一連の罪をなすりつけたい組織的な犯行か、スーパー素人のどちらかとしか考えられません。

第5話ではシロクロつけるシーンもなくミスターノーコンプライアンスの指令もなかったため、今後は今までの展開とは異なり、対立関係になるのかもしれないと予想します。

最後はレンの主治医の門田が死んでいましたので、殺した犯人や論文にまとめていた記憶すり替えの闇も明らかになるのではないでしょうか。

コアラ男やミスパンダの謎、さらに直輝の父親の死や理由に迫っていくのではないかと予想しています。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

6話のあらすじ

ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われる。何者かがミスパンダと飼育員さんになりすまし、殺人を犯した。直輝(横浜流星)は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員さんを突き止めなくてはならない状況に陥る。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。
門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野菜名)は大きなショックを受けていた。春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンが心配でならない。直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。

神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)を訪ねる。神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答える。陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがなかった…。ミスパンダを正義の味方ともてはやしていた世間の声は一転し、ミスパンダへのバッシングが高まる。直輝は警察の追手を逃れながら、偽ミスパンダと偽飼育員さんが誰なのかを探っていた。
神代から情報を得た直輝は、陽一と恭子に対する疑惑を深め「人殺ししましたよね?」と彼らに迫る。
レンのもとに、あずさ(白石聖)が訪ねてくる。あずさはレンに直輝との関係を問い詰める。
そんな中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れ――!

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

視聴者の感想を見る

(20代・女性)
レンばかり辛い思いをしてと言いながらも、親代わりになり世話をしてくれている人がいるのにリコになって帰ってしまったらどうなってしまうのか気になって仕方ありません。

神代の動きや犯人を追う姿は刑事のように鋭く、直輝と共に協力し合うシーンがワクワクしてたまりませんでした。

あずさに写真を送ったコアラ男からの連絡に怯えているのかと思えば、レンを突き止める元気があり、あずさの誘拐は偽物だったのではないかと感じました。

Mr.ノーコンプライアンスの企み、直輝の企み騙されているのは誰なのか謎が深まる一方でした。

リコと直樹が付き合ってほしいと思いました。

レンがリコになってしまったことで、隠し通していた実験がバレてしまうのではないかと思いました。

しかし門田が死んでしまった為責められるのは誰になるのだろうか。

直輝がレンをミスパンダにしていた理由は未だ不明ですが、リコと協力し合うことで何が解決されているのか見どころです。

早く直輝の父親の謎の死を解決できることを祈っています。

ミスパンダを追っていたはずの神代は、いつの間にか直輝と意気投合しており2人の推測は完璧に意気投合していて楽しいです。

Mr.ノーコンプライアンスに頭を下げながら笑う直輝、完璧に黒だと自分のことをいう直輝の企みが気になります。

(40代・女性)
直輝は、レンが決心してさよならと言っているのに、催眠術をかけて、ミスパンダにしたのは酷いと思いました。

レンは、囲碁喫茶のマスター夫婦から、喫茶店を任せてもいいと言われて前向きになっているので、直輝はもうレンに関わるのは、やめて欲しいと思いました。

偽飼育員と偽ミスパンダは、捜査一課の三津谷と坂下だったのは意外でした。

爆破事件の犯人として、浜口を誤認逮捕してしまった事を隠蔽する為に、浜口を殺す事はやりすぎだと思うし、警察の黒い闇が見えたように感じました。

直輝の父親は、コアラ男の事に関して佐島の黒い部分を知ってしまった事で、佐島に命令された警察に殺されたのかもしれないと思いました。

佐島は、直輝に、ミスパンダを殺処分するように言いましたが、佐島は権力も持っているし、黒の部分を知ってしまった人間を、容赦なく消しそうなので、レンの身が心配になりました。

レンが自分がリコであることに気づきましたが、直輝の事も覚えていなくて、リコの人格が現れたレンは、今後どうなっていくのか気になります。

(30代・男性)
まさか初っ端にミスターノーコンプライアンスから森島が関係を断たれてしまうとは思ってもみませんでした。

その後森島が助けてほしいとミスターノーコンプライアンスに頼むのですが、あの土下座のシーンは見たくなかったです。

きっとミスターノーコンプライアンスはこのように泣きついてくるだろうと想定して森島たちをはめたような気がしてなりません。

本当の目的はなんなのか全く想像ができないのですごく恐ろしいです。

しかし、最後にはミスパンダにシロクロはっきりされるターゲットになると予想しています。

それから、爆破事件を起こしたのが警察だったことがわかるのですが、それが真実だった場合世間はもう警察のことを信用してくれなくてかなりの反対運動が起こるのではないでしょうか。

これからの展開が最高に楽しくなりました。あとレンも人格がリコに戻りましたし一体どうなってしまうのでしょうか。

でも本当はリコだったわけですから真実の姿に戻ったと考える方が自然なんでしょうね。

(30代・男性)
ミスパンダと飼育員さんの偽者の登場で、白黒つけるように命じていたMr.ノーコンプライアンスを名乗っている法務大臣の佐島が権力を裏側から使って助けてくれるモノと思っていましたが、あっさりと関係を断ち切る言葉を放つとは驚きました。

精神科医の門田が亡くなった事でレンは治療を受けていた日々の中で前向きになれる言葉をかけてくれた優しさを思い出して涙を流す姿が切なく、落ち込む所にやって来たあずさが笑顔を見せているものの隠し撮り写真を見せて放つ言葉には、レンに対する敵対心と嫉妬心が溢れ聞いているだけで心が痛くなってしまう印象しかなく、突然の門田の死に落ち込む所に追い討ちをかけるあずさは悪魔にしか見えず、責め立てるならば恋人の直輝なんだけどなとあずさの暴走した姿にも悲しくなりました。

偽者のミスパンダと飼育員さんの犯人を神代と直輝が考えたのがショッピングモールでの爆発事件の被害者家族でしたが、どう見ても神代に近づいたハブとマングースの刑事コンビとしか思えず、どう物語に繋げるのかと思っていたら爆弾を作った犯人が警察官で、ハブとマングースがミスパンダと成りすまし殺害した浜口は冤罪で、この罪を被害者の家族に被せようとする警察組織に闇とわかる展開は予想できず、ここまで作り込む制作者の思考レベルの高さに感心しました。

神代は爆弾を作った警察官の母親の証言を取るために、直輝は法務大臣の佐島に力を借りるために相手の感情を揺さぶる行動をした後に思惑たっぷりな笑みを漏らす様子がソックリで、直輝が話した真っ黒という言葉通りに2人ともに一線を越えてしまった人物なんだなと思いました。

全てが明るみにした配信後、佐島が真顔でミスパンダと以前にも会っていたような呟きが気になり、レンが燃え盛る炎を見つめた瞬間に門田の記憶のすり替え消え去りリコに戻った上に直輝の事を忘れる展開にはビックリで、一体どうなるのか来週が待ち遠しいです。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

7話のあらすじ

レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱。直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。すべてを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。彼女にとって、門田は恩人だった。リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。リコは再び眠りにつき、レンが戻った。レンは直輝と別れた悲しみに耐え、囲碁に打ち込む。

直輝は、門田を殺した犯人を突き止めるため、門田の自宅に潜入。門田の書斎には、激しく争った形跡があったが、犯人につながる手がかりは見つからない。
神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。あずさは無事に発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていない。当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の闇に関わっているのではないかと推理する。

一方、リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。リコは直輝から「誰が犯人でも後悔しないね?」と告げられる。ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ、犯人の正体に迫っていく――!

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(20代・女性)
母親に殺そうとしたことや生まれてこなければよかったと言われたリコを見ていると、悲しくなりましたが、ミスパンダはリコがなりたかった望んでいる姿だと知りどれだけ辛く強く生きてきたのだろうと考えさせられました。

マリコも自分の娘を利用され、娘を消されるという気持ちで門田を殺しどれだけレンを愛していたかも感じました。

それを救えた直輝の力は一体何なんだろうとも思いました。

門田が亡くなったことで午後レンを救えるのは直輝だけだと思い、どうにかリコのお願いであるレンを幸せにするという条件を叶えて欲しいと思いました。

直輝の父親の死と佐島が関係しているのであれば、なぜ直輝を使い娘と付き合わせているのか疑問です。

シロクロつけてと笑いながら言った佐島は、神代が取材に行った時に一体何を話したのか、神代の裏切りだけは起きないで欲しいと思いました。

リコと直輝の悲しい顔を見るのが辛くなってきました。

直輝が父親の正体を見て暴れている姿を次はリコが助けてあげて欲しいと思いました。

(20代・女性)
門田先生を殺した犯人は、レンのバイト先のマスターだと思っていたので、犯人がマイコなのは予想外で驚きました。

ただ、双子の出産によって育児をうまくできず、レンの存在を疎ましく思っていたため火事で殺そうとしたという動機があまりにも自分本位で、無慈悲な行為だと感じました。

リコは再度レンに戻る暗示をかけると二度と意識が戻らないとのことですが、レンが直輝に惚れているという恋心を慮り、幸せにしてほしいと直輝にお願いするシーンは、姉妹の絆を感じました。

報道マンの上代さんは今回あまり登場しませんでしたが、過去のあずさ誘拐事件を追っているようで、そちらの進展も気になります。

そして最後のシーンで、直輝の父がコアラ男であると報道されましたが、優しかった記憶の父がそんな事件を起こすのか、目的は何か、疑問が溢れます。

常に法務大臣が何か企んでいるような笑みを浮かべていて、全ての展開の黒幕なのではないかと疑ってしまいます。

(30代・女性)
ミスパンダの破天荒な性格が、リコの人格であったことは驚きました。

門田に対して行動を起こした麻衣子も許されることではありませんが、論文を作成するためにリコのことを利用した門田も酷いなと思いました。

麻衣子に対してのリコの言葉は、リコの気持ちを考えると本当に胸が痛かったです。

リコに激しい嫌悪感を抱いている麻衣子の姿を見ると、リコがレンになることを選択したのも納得してしまうほどでした。

レンと同じようにリコも実の娘なのに、これほどまでに気持ちが異なってしまうことが不思議です。

自分のことを否定されてしまったリコの側に、温かな言葉を掛けてくれる直輝がいてくれて良かったです。

コアラ男の正体が直輝の父親だと報道されたことには、何か裏があるように感じました。

誘拐されたあずさの父親・佐島が、自分の当選を優位に進めるために仕組んだ出来事ではないかと感じます。

神代もそのことを推測したうえで、あえて報道して動きを伺っているのではないかと思いました。

(40代・女性)
レンではなく、リコ自身の人格がついに出てきてしまいましたね!

しかも、ミスパンダに変装している最中にリコになったため、ちょっと複雑でした。

リコがパンダの変装にまったく慣れていない、という様子が清野さんの演技でよくわかり、理解することができましたが、最初は見ていてちょっと戸惑いました。

ミスパンダに変身した時の、あの悪人を鮮やかに成敗していく姿は、もともとレンが隠し持っていた裏の顔、ということだったのでしょうか?

私は自分がこれまで勘違いしていたことに気づかされました。

これまで時々登場する、母親・麻衣子が幼いレンをとてもかわいがっている様子を、柵の中に閉じ込められた幼いリコが泣き叫びながら見ている、という回想シーン。

私はあのかわいそうな回想シーンでの、柵の中のリコの叫びがとても印象に残っており、てっきり、ミスパンダが生き生きと格闘する様子は、抑圧されたリコの意識が生み出したものだと思っていました。

なので、7話最初での清野さんの演技のおかげで、レンとリコに関して少し整理ができました。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

8話のあらすじ

8年前のあずさ(白石聖)誘拐事件の犯人・コアラ男が哲也(田中圭)と断定する報道に激しく動揺する直輝(横浜流星)。その報道は、神代(要潤)によるスクープだった。直輝は、なぜガセネタを流したのかと神代に詰め寄る。すると神代は、佐島(佐藤二朗)から哲也がコアラ男である証言と証拠を得たと告げる。神代は、哲也が犯行を告白している遺書の文面を写した写真を佐島から預かっていた。
直輝は佐島に「あなたが父を殺したんじゃないですか?」と迫る。佐島は、自分でシロクロをつければいいと直輝を挑発。直輝は「承知しました、ミスターノーコンプライアンス」と受けて立つのだった。

麻衣子(山口紗弥加)が門田(山崎樹範)を殺したという信じたくない事実に直面し、苦しむレン(清野菜名)。彼女は、拘置所で麻衣子と対面。なぜ門田を殺したのかと尋ねようとすると「レンなの!?リコなの!?」と麻衣子に問われ、レンは戸惑う。麻衣子はレンに、今すぐ直輝を殺すようにと言う。
直輝は、哲也が遺したUSBの中の動画を見返していた。その中の1つにパスワードでロックのかかった動画があった。直輝は心当たりのある文字と数字をパスワードとして入力してみるが、動画は開かない。直輝は、そこに重要な証拠が隠されていると考え、パスワードを探すことに。

あずさは、直輝が自分に近付いたのは父を殺した犯人を突き止めるためだったのではないかと疑惑を抱く。彼女は、本当のことを確かめるために直輝を呼び出す。直輝は、あずさに、近付いたのは利用するためだったと言い切り、父を殺した犯人として佐島を追い詰めるつもりだと告げる。
父の汚名を晴らし、佐島が犯人だという証拠を見つけようと命がけで奔走する直輝。一方、レンは、麻衣子の言葉に苦悩を深めていた。そんな中、レンの前に直輝が現れる…。

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(40代・女性)
あずさのお父さんが、本当に最悪すぎました。

まさかあずさを誘拐したパンダ男の正体が、あずさのお父さんの部下で、しかもあずさのお父さんが指示していたなんて衝撃すぎました。

あずさがかわいそうでした。

でも、森島さんのお父さんが無実だったので安心しました。

やっぱり森島さんのお父さんは、正義の味方で正しい警察官だったんですね。

そんな森島さんのお父さんを殺してしまったなんて、悲しすぎました。

しかし、あずさのお父さんが死んじゃうなんて信じられません。

どうして死ぬなんて選択を取ったのでしょうか。

それだけじゃなくて、自分の罪を認めてテレビの前で自供していたし、今までのあずさのイメージと違いすぎるので違和感を感じました。

何かまだ明かされていない真実があるのかなと、勘ぐってしまうような終わり方でした。

途中まではこれで事件解決して森島さんも少しは浮かばれるなと思ったのですが、まだスッキリ終われない感じだったので早く森島さんに真実が知らされるといいなと思いました。

(40代・女性)
直輝はレンがミスパンダである事を告白し、直輝に力を貸して欲しいと言われ、もう一度ミスパンダになる事を承諾しましたが、直輝を助けたいという人としての気持ちよりも、レンの直輝に対する恋心の方が大きいと思いました。

父親の汚名返上をしたい気持ちはわかりますが、直輝はレンを利用しすぎだと思いました。

直輝はあずさ誘拐事件が、佐島の自作自演だと突き止めましたが、佐島の動機がくだらなすぎて呆れてしまいました。

政治家としての好感度をあげる為に、娘を部下に命じて誘拐させ、あずさに恐怖を与える行為は父親として最低だと思いました。

しかし、佐島は何かを隠していて、直輝の父親を殺した黒幕が他ににいるようなので、気になりました。

あずさ誘拐事件は自作自演だけど、佐島がそうせざるをえなかった何かがあるように感じました。

佐島の政治家としての成功を約束して、佐島に自作自演を命じたのは、直輝の父親に弱みを握られた、警察上層部の人間か、佐島よりも大物政治家の誰かなのかもしれないと思いました。

(20代・女性)
いよいよ明らかになったコアラ男の真相、それはまさかまさかの法務大臣の自作自演でした。

とにかくびっくりです。

前回死んでしまった森島直輝のお父さんである森島哲也が犯人であるというところで終わって違うと分かっていてもドキドキしてしまったのに、それを遥かに超える衝撃度ですよね。

またその真相を暴いたときの佐藤二郎さんと横浜流星さんの吸い込まれてしまいそうなほどの迫真の演技が最高でした。

真相が分かったコアラ男の事件ですがまだまだ謎が多い部分もあって誰がお父さんを埋めたのか、そして今回の最後でれんちゃんを誘拐したのは誰なのか文字になるところです。

そしてそしてお父さんが息子に残したビデオテープには一体どんなメッセージが残されているのかなど本当に1週間待てないくらい次回の話が楽しみです。

そして最後に森島直輝と川田レンそして佐島あずさの三角関係?はどのようになるのかも個人的には気になるところです。

個人的な意見としては本当にレンちゃんの恋を応援していますが。

とにかくいろいろ気になりすぎて次回も楽しみです。

(30代・男性)
直輝の父親の哲也が、佐島の娘のあずさを誘拐していた真犯人と報道した神代は、権力を持っている腹黒い佐島に脅されたのか又はフリーディレクターという不安定な立場だけに金に目が眩んでしまって裏切り行為の報道をしたのかと考えていました。

ですがそれは全く違い、あの佐島の話をそのまま信じる姿には驚きしかない上に今度は直輝を極悪人の息子と見て脅して偏見が露呈した残念で、人間の醜い心理が出ていて恐ろしく感じました。

レンのアパートに行って待ち伏せをしていた直輝だけに、またミスパンダとなってもらって解決させようとするだけと考えていましたが、まさか催眠術をかけて復讐に利用していた真実を告白をするとは予想外でした。

ですが、ミスパンダとなったレンとパンダチャンネルを放映した後にリコは直輝に頼りにされた嬉しさと告げた時に直輝もリコを想っている気持ちを告げるという心の繋がりがあった事で、レンの人格とはキチンと別れる決意をしていたのだろうと思いました。

直輝の作戦の通りに佐島が姿を現して全てを告白したかのように感じましたが、知名度と地位の向上を狙った行動だったのに自殺してしまうのはどう考えてもおかしく、直輝の父親の哲也に詰め寄られた可能性はあるにしても殺害に関しては真犯人のコアラ男なのかなと考えられるので、佐島はコアラ男に脅迫を受けていただけの気がします。

また、レンが面会に行った母親の麻衣子が直輝の殺害を指示したのが異様で、もしかしたらコアラ男に繋がっている展開もあると感じました。

街中でレンが可愛らしいコアラのキグルミに拐われる展開に、一連の怪しい人物は全ていなくなった状況だけに一体誰なのか予想が出来ないので、物語がどのように進んでいき誰が黒幕なのか楽しみが膨らんでいます。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

9話のあらすじ

佐島(佐藤二朗)は、8年前のコアラ男誘拐事件は自作自演で、哲也(田中圭)を殺したのも自分だと告白する映像を残していた。その映像が報道され、哲也の無実が明らかになったはずだった。直輝(横浜流星)は神代(要潤)から「復讐が終わったらミスパンダの正体を教えてくれる約束だろ?」と言われる。神代に対して「まだ終わってないんです」と答える直輝。彼は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜いていた。
佐島が自分の命と引き換えにしてまで隠したかったこととは、一体何なのか? 直輝には、まだ解かなければならない大きな謎があった。
その頃、レン(清野菜名)は、コアラ男に連れ去られ、とある場所に運ばれていた――。

そんな中、直輝は、ビデオチャットの着信を受ける。連絡してきたのは、コアラ男だった。直輝は、コアラ男がレンに銃を突き付けている映像を見せられる。コアラ男がレンを監禁している場所は、8年前にあずさ(白石聖)が監禁された場所で、8年前の事件と同じ状況になっていた。
直輝はレンを救うため、あずさに手掛かりを聞きに行く。
命の危険にさらされ、恐怖に震えるレン。彼女は、コアラ男に「どうしてこんなことをするんですか!?」と訴える。すると、コアラ男は「森島直輝を恨むんだな」と告げる。
直輝は、あずさとともに、8年前にあずさが監禁された廃屋へ向かった。2人が廃屋の中へ入ったその時――!

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(20代・女性)
佐島が子供を守るためにやってきたことだと知り、直輝の父親の死んだ姿を見た時の涙や、素直に謝罪しようとしていた姿を見てとても良い人だと印象が一瞬で変わりました。

子供のくだらない理由で苦しむ人が沢山いて、直輝は今までずっと1人で抱え生きていて、家族を犠牲にしてまでもほしいものを手に入れようとするあずさのサイコパス感が恐ろしかったです。

しかしあずさへの愛情の足りなさが全てを起こしていて、いつも家にいない父やいつも自分優先してくれる兄という家庭環境にも問題があったのだとも思いました。

複雑でしたが家族愛を感じさせられました。

何が正しいかわかりませんが、家族と向き合う事が大切なんだと思いました。

自分への愛を試すことでしか、証明できないあずさが可哀想で切なく素直になることが大切だと思いました。

あずさはいつ直輝の父親が殺した相手だと気付いたのか、それを知りながらなぜ付き合い、自分のものにしたいという気持ちになるのか気になります。

(50代・女性)
父親のUSBに残されたメッセージは、復讐はするな自分の人生と楽しめだったが、親の気持ちがよくわかりました。

全ての始まりは、あずさの誘拐事件だったけど、偽装誘拐だって思ったけど、法務大臣が計画したのかなって思ったら、あずさが犯人だったとは驚きでした!

コアラ男は、あずさの兄で直輝の父親を殺したのもあずさの兄だったなんて・・・。

あずさは愛にお願いしたら何でも聞いてくれるのをわかっていて兄を利用した感じです。

あずさの兄がかわいそうにも思えました。

結局、佐倉大臣は何も知らず、直輝の父親に証拠を見せられて気付いたことでした。

全ての黒幕はあずさだったにも関わらず、直輝に過去は変えようがないから、二人で幸せになろうというあずさの精神状態がおかしいです。

狂っている感じで、直輝も父親のメッセージを聞いていたけど、我慢できなかったんだと思いました。

あずさを殺そうとしたけど、まさかレンがあずさをかばって、刺されるとは思わなかったから驚きでした。

レンの状態が気になります。

直輝の精神状態がどうなるのかも気になり、次回がはやく見たいです。

(40代・男性)
今回の展開は、私的には予想外でした。

それは、犯人が大臣の娘だったことが驚きました。

先週は、レンが大学で連れ去られていたので、学生が犯人かもしれない、大臣は病院に入院しているしもしかしたら大臣が誰かを雇っていたのか、マスター夫婦が仕込んだことなのかと頭の中でグルグル模索していました。

レンが縛られているとき、コアラの犯人は一人だったので、誰だろうとワクワクしてみていました。

そして、流星と大臣の娘と現場にたどり着いて娘が数人で連れ去られているときは、「なんだ!犯人は独りではなくては、複数いるのかよ!犯人は誰だろう」と、ますますわからなくなってきました。

これが、ドラマのおもしろいところで、恋愛と違った、2転3転と転がっていくところが、おもしろいです。

大臣は自殺しようとするし、記者が犯人の目星をつけたし、まさか娘が犯人とは思いませんでした。

最後がレンが、流星からさされたところが、おどろきでありました。

来週は最終回です。とても楽しみです。

(30代・男性)
胡散臭いという印象しかなかったMr.ノーコンプライアンスこと法務大臣の佐島に秘書をしている息子の一郎の2人がおそらく自作自演の誘拐事件を起こした真犯人で、父親の佐島に全く似ていない可愛らしさが溢れるあずさは何も知らずに生きているとばかり思っていただけに真実の重みは凄くて、とても疲れてしまった内容でした。

あずさが首謀者で嘘の誘拐事件を考えたキッカケは、父親の佐島が仕事ばかりで構ってくれない寂しさというわからなくもない事でしたが、それで直輝の父親で真面目な刑事だった哲也が殺害されてはたまったものではないと怒りを感じました。

佐島が何も知らずに誘拐されたあずさを心配に思うあまりに、マスコミの取材を受けた時の感情溢れる言葉と態度を見せた事がかえって怪しく感じさせ、優秀な刑事の哲也でさえあずさの魂胆とは見抜けず、あずさと一郎の兄妹が監禁場所で食事をする写真から父親の佐島の悪行と考えてしまう所が印象深く残りました。

追い詰められたあずさなのに、過去は変えられないかは未来を考えようと話した時には虫酸が走り、この子はもうどんな治療を施そうと無理ではないかと感じてしまう程に恐ろしく、直輝は最後の最後まで父親の哲也が話していた復讐はするなを守ろうとしていたのを、あずさのサイコパスが崩壊させてしまった気がしました。

人の多くは他者からの影響を受けやすいだけに、哲也が話していた通りに警察に任せる事が最善だったように思われ、リコの体を張った行動は愛しい直輝に復讐なんてして欲しくない部分は、父親の哲也と重なる思いになっていたために更に悲しさを増幅させていたなと思いました。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

10話(最終回)のあらすじ

すべての復讐が終わった直輝(横浜流星)は、レン(清野菜名)を利用してしまったことに責任を感じていた。彼は、春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)を訪ねて謝罪する。春男は、レンをミスパンダにした直輝に怒りをぶつける。
直輝は、佐島(佐藤二朗)に会いに行く。あずさ(白石聖)と一郎(きづき)が犯した罪と自分の過ちを背負って生きていくと語る佐島。直輝は佐島に「自分自身に決着を付けようと思います」と告げる。

神代(要潤)は直輝から、ミスパンダの正体を聞き出そうとする。直輝は「ミスパンダは、もう現れません」と答えるのだった。
復讐を遂げたにもかかわらず、直輝の苦しみは深まる。直輝は、自分のしたことが間違っていたのではないかと思い詰める。
そんな中、突然、パンダちゃんねるの配信が始まる。「どうして…!?」と驚く直輝。配信の映像には、拘束された神代とミスパンダらしき人物が映っていた。ミスパンダらしき人物は、飼育員の手を離れてこれからは好きにやると言い「アタシが嫌いなグレーなヤツを片っ端からボコボコにしていきます!」と宣言する――。

引用元:「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」公式サイト

視聴者の感想を見る

(30代・女性)
復讐をやり終えたなおきでしたが、するべきではなかったのでは、と思ったところがあり、ホッとしました。

やはり、復讐などすべきではないと教えたかったのが、このドラマの一つのテーマだったのではないのでしょうか。

また、レンがリコとして生きていくことを決心したところがよかったです。

このまま、自分としてではなくレンとして生きていっていたら、とても辛いだろうし、リコとして生きていく決心をした後の表情がとても、晴れ晴れとしていたので、見ていて気持ちがよかったです。

なおきが復讐するのにリコを使ってしまい、後悔していたのも、なおきの優しさが戻ったように感じました。

リコに今までのことや、なおき自信のことを忘れさせようとしたことは、少し悲しかったですが、それもリコを思ってのことだろうし、納得いきました。

それでも最後に2人が偶然に、パンケーキを横の席で食べるシーンがとてもよかったです。なんだかまだまだ続きそうな予感がする回でした。

(30代・女性)
レンがリコを想う姿、リコがレンを想う姿、そして、麻衣子が娘達を想う姿。

そんな姿を見て、胸が熱くなった回でした。

リコは、直輝だけでなく、母親や加賀夫妻にも存在を認識してもらったため、そのままリコとして生きる道もあったはずです。

特に、直輝が自分を想ってくれていることも分かっていただろうし、絶対に幸せになっていたと思います。

それでも、自分よりもレンの幸せを願って、レンの感情を選んだことは、本当に涙物でした。

レンはレンで、佳恵が直してくれた3人の写真を大切に持ち、何かあるたびに写真のリコに話し掛けていて、本当にリコを大切に想い続けているのが伝わってきました。

そして、1番驚いたのは麻衣子です。

あれほどリコのことを憎んでいたのに、今ではリコのことを考え、産まれてきてくれたことに感謝までしていると言ったシーンは、リコの嬉しそうな表情も合わせて、こちらも涙物でした。

ずっとすれ違っていた親子が、ようやく一つになれた感じがして、とても嬉しかったです。

(20代・女性)
この「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は前回までの話の内容で、「コアラ男誘拐事件」の真犯人や真相、森島哲也を殺した犯人、川田姉妹の過去については明らかになっていました。

そのため最終回ではどのような話の内容になるのか分かりませんでした。

実際に観てみると、誰も幸せになることもないハッピーエンドとは言えない内容だったように思います。

しかし登場人物全員がどんな形であろうと、それぞれが決めた道に向かって前向きに進もうとしているのが印象的だったように思います。

個人的には、直樹と川田レンちゃんがお互いのことを覚えていないこと、そして直樹とリコの別れがかなり切ないと思いました。

しかし、最終回の最後には直樹とレンは再会をしていました。

お互い覚えていない状態で目が合った2人の関係が今後進展するのか、それとも何事もなく進んでしまうのかと視聴者側に判断をさせるような終わらせ方がお洒落だと思いました。

有料サイトで完結させない所も好印象でした。

(30代・男性)
直輝の殺害された父親の哲也のための復讐への気持ちの強さが人としての一線を越えた瞬間をリコが体を呈して止めた事で、直輝が人としての心を取り戻した反面、今度は闇に引きずり落とされる結果になる振れ幅の凄さにはビックリさせられました。

リコが意識を取り戻していなければ直輝は命を絶っていたんだろうなと感じました。

ミスパンダは白黒つけたがるだけに、特ダネになると思うとすぐに飛び付いてしまうフリーディレクターの神代をいつかは成敗するだろうなとドラマが始まった時から思っていました。

今回遂に成敗するのかと思いましたが竹で殴りまくる姿にビックリ、飼育員が居なくなった途端に暴走を始めたと思いましたが、これが直輝を呼び寄せて上手く生きる方向に歩ませる方法だった事から、リコは直輝の事をよく理解しているのがわかり本当に好きだったのが伝わってきました。

直輝がリコを捜して奔走する中で、リコは加賀夫妻に別れを告げるために囲碁勝負に出掛け、春男の心にあった後悔を軽減する行動も素晴らしかったです。

この優しさが神代の心まで変えてしまい、ミスパンダの本性を明かすよりも正義のヒロインとしての印象を人々の記憶に残して希望を与えておく事した気持ちをタイトルに似た「世の中にはグレーのままが良いこともある」と話したように感じました。

直輝とミスパンダの白黒つけるという流れからら最終回で格闘という設定で舞うような華麗な動きを2人で魅せてくれるのが嬉しく感じていた所から、リコのレンの人格として生きる覚悟を語り、直輝とリコの惹かれ合いながらも別れを決める方向に進み切なさが溢れ出す構成が素晴らしく、リコの思いを叶えてあげる直輝の気持ちがまた堪りませんでした。

直輝がまさか自身で記憶消す方法をしてしまうとはビックリ、最後のパンケーキを2人並んで蜂蜜を滴ながら見つめ合うシーンで何か思い出すのかと思わせて、パッと終わるとは憎い演出だなと思いました。

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」放送前の視聴者の期待の声(ネタバレなし)

(30代女性)
はじ恋で横浜流星のファンになったので、主演ドラマの「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はとても楽しみにしています。

タイトルが変わったタイトルで、タイトルからはストーリーが全く想像もできないので、どのようなストーリー展開なのか期待しています。

横浜流星さん以外にも、要潤さんや佐藤二朗さんや鬼奴さんなど演技はな方から、お笑い系の方など幅広い方が出ているので、キャストの方たちの演技にも注目しています。

(40代男性)
独特な世界観のドラマのようで先ずは第一話を見てどんなドラマなのか確認したいです。

キャスト的には今人気急上昇の横浜流星と清野菜名がコンビを組むんで楽しみです。

横浜流星自体はバラエティーでの活躍はよく知ってるんですがドラマでの演技をキッチリと見たことないんで今回注目しています。

清野菜名に関しては今日から俺は!!の赤坂理子の演技が可愛らしくて良かったです。

今回の川田レンという囲碁棋士役もどんな演技をしてくれるのか楽しみです。

(20代女性)
主演の清野菜名さんと横浜流星さんのアクションシーンをとても期待しています。

以前ドラマで二人のアクロバットを見て、すごいなと思ったので今回のドラマでもどんなアクロバットが出るんだろうと楽しみです。

川田レンがどんな事件をきっかけに弱気になってしまったのかがすごく気になっています。

世の中のグレーな問題に白黒はっきりつけるというストーリーは見ていてとてもすっきりしそうなドラマだなと思いました。

このドラマをきっかけに世の中のグレーな問題がなくなればいいなと思います。

(30代女性)
横浜さんと清野さんのアクションシーンがとても楽しみですね。

清野さんはバク転が出来ると聞いているので、きっと迫力のあるアクションシーンが見られるのではないでしょうか。

横浜さんはあな番の時からそういうシーンはあったので、今回も楽しみです。

タイトルが少し変わっていてどういういことなのかよく分かりませんが、おもしろいのだろうな!という期待感があります。

主題歌がビリーアイリッシュなのも驚きました。世界観に合うと思います。

※ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」はHuluで全話見放題となっています。(初回登録後、2週間無料です)

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)

まとめ!ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の見逃し配信動画はHuluで視聴しよう

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の無料視聴方法などをご紹介しました。

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、Huluで全話無料視聴できます。

Huluの特徴まとめ

現在2週間の無料お試し期間あり
無料期間中に解約すれば、料金は一切不要
ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は全話見放題
・6万本以上の配信中の全作品(国内・海外の人気ドラマ、映画、音楽番組、アニメなど)が見放題
・作品のダウンロードが可能(対象外作品あり)
・フルHD対応の高画質
・1つのアカウントに複数の機器を登録可能(同時視聴は不可)

初回登録後、2週間は無料期間となり、期間中に解約すれば料金はまったくかかりません。

登録・解約手続きはとても簡単にできますので、ぜひ体験してみてください。

▼今すぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
Huluに2週間お試しで登録する(無料)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約手続きは非常に簡単です。)