2019年夏ドラマ

【TWO WEEKS】最終回(10話)のあらすじネタバレと感想!はなとの涙の別れ!

スポンサーリンク



ドラマ「TWO WEEKS」最終回(10話)が2019年9月17日(火)に放送されました。

ここでは、「TWO WEEKS」最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応を紹介していきます。

すみれと娘のはなが監禁されていることを知った結城大地(三浦春馬)。

結城は二人を無事救えるのか?!

【TWO WEEKS】最終回(第10話)のあらすじ(ネタバレ)

すみれ(比嘉愛未)もはなも、柴崎(高嶋政伸)に捕まっていると知り、結城大地(三浦春馬)はどうすることもできずその場で呆然とします。

するとすみれの居場所が判明した有馬(三浦貴大)から電話があります。

結城は、はなも誘拐されたことを伝えました。

自分はすみれを助けに行くので、はなのもとへ向かうよう指示を出す有馬。

その頃、柴崎がはなを連れ出したとわかり、警察は柴崎を指名手配します。

有馬は暗い倉庫に監禁されていたすみれを見つけだし、病院で手当てを受けさせました。

その頃、指定された場所についた結城ですが、はなはおらず代わりに灰谷(磯村勇斗)がいました。

目隠しをされた結城は、柴崎(高嶋政伸)のもとに連れて行かれ、横には怯えた様子のはながいます。

はなの未来を奪わないよう必死になって柴崎に頼む結城ですが、柴崎はそれを無視して灰谷に殺すよう命じます。

するとナイフをもった灰谷が、はなに襲い掛かりました。

しかし「子供は殺せない」と振り上げたナイフをおろす灰谷。

「自分の命令に逆らうのか?」と怒り出し、「育ててもらった恩を忘れたのか?」とたずねる柴崎。

すると灰谷は、「一度でも自分のことを息子だと思ったことはあるのか?」と問います。

するとナイフで灰谷の腹部を刺し、つぎにはなに襲い掛かる柴崎。

もうだめかと思われた瞬間、灰谷が柴崎の足にまとわりつきました。

はなと逃げる結城

すきを見て、結城ははなを抱き上げ走って逃げます。

必死で逃げていたはなの気持ちが悪くなり、近くの建物でしばらく休む二人。

はなは「助けてくれてありがとう」と礼を言います。

結城は、次に会うまで持っていてほしいと預かっていた人形をかえし、「元気になったら何がしたい?」と尋ねます。

やさしくはなに触れる結城。

その頃、柴崎が指名手配されたと知り、国家議員の久我早穂子(黒木瞳)は記者から追われ、自身の身も危ういと知り隠れていました。

そこへ検事の月島楓(芳根京子)がやってきます。

柴崎と密会するデジカメのコピーを見せつけ、「本当のことを教えてほしい」と罪を認めるよう言う楓。

楓は、早穂子の息子は一年前に亡くなっており、いつまでも現実から逃げてはいけないと諭します。

そして、辛いことから逃げずに、一緒に乗り超えようと言う楓。

ついに手術の日

結城とはなの居場所を突き止めた柴崎が、ナイフを持ってじわりじわりとそばまでやって来ます。

結城ははなをロッカーに隠し、柴崎に掴みかかりました。

すると階段から落ちたはずみで、ナイフは柴崎の足に刺さり、そこへ駆けつけた警察によってついに逮捕された柴崎。

はなは急いで病院に担ぎ込まれ、結城も病院で治療を受けます。

感染症にはかかっていませんが、結城はかなりの出血があります。

それでも手術をしてほしいと頼む結城。

そして結城の骨髄がとりだされ、ついにはなの手術がはじまりました。

一方、提出していた辞表を上司が保留にしてくれていたおかげで、検事を続けることができた楓。

刑務所にいる早穂子に会いに行き、これからも検事として頑張ることを宣言しました。

早穂子は楓に今までのことを謝り、楓の柴崎への復讐もこれでようやく終えることができました。

その二か月後、はなの退院の日となりました。

有馬がやってきて、すみれに別れを切り出します。

結城とすみれ、はなの気持ちを尊重することにした有馬。

そして一週間が過ぎ、キャンプに出掛けた結城たち。

結城は「父親になる準備ができた時に、再びはなと一緒に過ごしたい」とすみれに話します。

そんな結城の気持ちを受け入れるすみれ。

はなは結城とずっと一緒にいたいと言いますが、結城は少し時間が欲しいと言い、「はなちゃんに誇れるような父親になったときに、また会いに来る」と約束しました。

せっかく会えた父親と一緒にいられないとわかり、泣きだすはな。

結城ははなをやさしく抱きしめます。

夜空の下で、いつまでも二人は寄り添っているのでした。



スポンサーリンク

【TWO WEEKS】最終回(10話)の感想

灰谷がなぜ柴崎に従順だったのかがずっと謎でしたが、今回判明しました!

柴崎とは親子関係だった灰谷。

愛を知らずに育った灰谷は、父親である柴崎に少しでも愛されたい思いで、柴崎の下で命令に逆らわずに働いていたのだと思います。

しかしそれは叶わず、結局父親の柴崎に刺されてしまった灰谷。

悲しい関係ですが、愛を知らずに育ったのは結城も同じです。

それでも結城はすみれと出会い、娘がいると知り、彼の人生はすっかり変わりました。

この二週間で、すっかりパパの顔となった結城。

二週間、娘のために走って隠れて逃げまくった結城は、怪我などありましたが何とか手術を受けることができました。

はなちゃんも元気になって、一安心です。

ずっと気になっていたすみれと有馬との関係ですが、あっさりすみれとは別れを決意した有馬。

このまますみれやはなのそばにいても、むなしくなるだけですもんね。

有馬の男気に感謝します。

彼が身を引いたこともあり、結城がはなやすみれと暮らすとばかり思っていましたが、そんなにすんなりとはいかなかったです。

でも急に一緒に暮らすほうが、不自然かもしれません。

はなちゃんの父親として立派な人になったときに戻ってくると約束した結城。

きっといつか、偉大なパパとなって帰ってくるのを待っています!



スポンサーリンク

ドラマ【TWO WEEKS】の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ「TWO WEEKS」は、放送から一週間以内の場合、Tverやカンテレドーガで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

カンテレドーガで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、U-NEXTで1話分無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【TWO WEEKS】最終回(10話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【TWO WEEKS】最終回(10話)の視聴者の反応

まとめ

ナイフを持ち、髪を振り乱した柴崎が本当に怖かったです。

もう怒れ狂った柴崎を見ることもないと思うと、ホッとします。

その一方、天使のようなはなちゃんや結城とお別れかと思うと、寂しくて仕方がありません。

最後は、はなちゃんが「パパ!」と呼びかけ、結城が笑顔で振り返りドラマは終わりました。

ハラハラドキドキのシーンも多く、スリリングなシーンも多々ありましたが、親子の絆を感じる心温まるとてもいいドラマでした。

いつの日か結城とすみれ、はなちゃんの親子三人が、仲良く一つ屋根の下で暮らしていることを祈ります。



スポンサーリンク