2020年春ドラマ

【アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?

フジテレビ系・木曜10時の「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」は、原作が同名漫画で、主演を務めるのは人気女優の石原さとみさんです。

連続ドラマ初の主人公が病院薬剤師ということで、新しい医療ドラマが描かれるでしょう。

ここでは、ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の最新の視聴率(速報値)と推移、視聴者の評価評判などを紹介していきます。

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」最新話の視聴率とこれまでの推移(最新速報)

最終話(第11話)の視聴率は9.7%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

ここまでの視聴率は以下のようになっています。

10.2%(1話)
9.8%(2話)
8.8%(3話)
10.6%(4話)
9.4%(5話)
9.7%(6話)
9.3%(7話)
9.3%(8話)
9.6%(9話)
9.2%(10話)
9.7% 最終話(第11話)

病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマが始まりした。

薬剤師の葵みどりは、患者のために病院内を走り回ります。

初回視聴率は10.2%と2桁の好発進をします。

同枠としては、7作ぶりの2桁スタートになりました。

注目の第2話は9.8%と、前話より0.4%ダウンします。

巻き返しに期待が掛かった3話は8.8%を記録しました。

第4話は10.6%と、同番組最高視聴率を更新します

中盤に入った第5話は9.4%、第6話が9.7%でした。

第7・8話の視聴率は9.3%を記録しました。

第9話の視聴率は9.6%と、前話より0.3%アップします。

最終話直前の10話の視聴率は9.2%でした。

そして、最終話(第11話)は9.7%と2桁まであと一歩でした。

葵を中心に描かれた病院薬剤師の奮闘は最後まで目が離せませんでしたね。



スポンサーリンク

同枠(フジテレビ系・木曜10時)での視聴率の傾向

過去1年間、同枠(フジテレビ系・木曜10時)のドラマと平均視聴率を紹介します。(※ビデオリサーチ調べ)

アライブ がん専門医のカルテ (2020年 冬)
平均視聴率…7.1%

モトカレマニア (2019年 秋)
平均視聴率…4.42%

ルパンの娘 (2019年 夏)
平均視聴率…7.1%

ストロベリーナイト・サーガ (2019年 春)
平均視聴率…6.6%

木曜10枠は「木曜劇場」と呼ばれており、フジテレビの看板ドラマ枠の1つです。

月9枠に比べて、木曜10枠は意外と視聴率が伸びていません。

前作の「アライブ がん専門医のカルテ」は視聴者からの評価は高く、質の良いドラマでした。

しかし、平均視聴率7.1%と2桁に迫る事はでませんでした。

近年、ジャンルを固定していない木曜劇場は、話題性や独創性が出てきていますので、開花する可能性もありますね。

今後の同枠に期待をしながら、視聴していきましょう!



スポンサーリンク

同テーマ(医療ドラマ)での視聴率の傾向

監察医 朝顔(2019年 夏)
平均視聴率…12.6%

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~(2019年 春)
平均視聴率…12.1%

アンナチュラル(2018年 冬)
平均視聴率…11.1%

レディ・ダ・ヴィンチの診断(2016年 秋)
平均視聴率…8.1%

前クルーの2020年の冬ドラマでは、6本の医療ドラマが放送されて、今までにない事態が起きました。

高視聴率を記録する医療ドラマは、今では欠かせない存在になっています。

一方で、近年の医療ドラマの多さに視聴者からは不満の声も上がっているようです。

 

医者や看護師を中心に描かれる事が多かった医療ドラマでしたが、最近では傾向が少しずつ変化しているようです。(「監察医 朝顔」では監察医、「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」では放射線技師が描かれました。)

今まで描かれていなかった人物が主人公のドラマの方が新鮮で、視聴者からは良い評価を受けるのではないでしょうか。

これからも新たな医療ドラマが作られていくかもしれません。

石原さとみさんの主演時過去視聴率は?

石原さとみさんの過去主演作の視聴率は以下のようです。

Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜(2019 夏)
黒須仮名子 役
平均視聴率…8.6%

アンナチュラル(2018年 冬)
三澄ミコト 役
平均視聴率…11.1%

高嶺の花(2018年)
月島もも 役
平均視聴率…9.5%

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(2016年 秋)
河野悦子 役
平均視聴率…12.4%

ここ数年、様々なキャラクターを演じる石原さとみさんですが、視聴率は伸び悩んでいます。

2018年に放送された「アンナチュラル」では、法医解剖医の三澄マコト役を務めて、主題歌とともに注目を集めました。

しかし、前作の「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」ではキャラクターやシチュエーションなどで視聴者からの賛否が分かれてしまったのです。

実力派女優の石原さとみさんにしては、盛り上がりに欠ける状況が続いています。

今作の医療ドラマで彼女の良さが出るのか、注目です!

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の視聴率を予想!

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」のキャストは以下のメンバーが演じる予定です。

・葵 みどり役 石原さとみさん
・相原くるみ役 西野七瀬さん
・刈谷奈緒子役 桜井ユキさん
・羽倉龍之介役 井之脇海さん
・工藤 虹子役 金澤美穂さん
・販田 聡子役 真矢ミキさん
・七尾 拓 役 池田鉄洋さん
・荒神 寛治役 でんでんさん
・瀬野 章吾役 田中圭さん
・小野 塚綾役 清原翔さん

石原さとみさんを中心に実績のあるキャストが揃っています。

また、勢いのある若手の俳優・女優も出演しており、大いに盛り上がりそうです。

さらにスタッフ陣も紹介します。

・原作 荒井ママレさん「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」
・脚本 黒岩勉さん
・主題歌 – DREAMS COME TRUE「YES AND NO」

原作は荒井ママレさんの「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」です。

2009年に漫画家としてデビューを果たして、「死神のわけまえ」で新人コミック大賞に入選しました。

脚本は黒岩勉さんで構成作家・小説家で、2009年に脚本家としてデビューします。彼の作品はミステリー系が強く、「世にも奇妙な物語」では社会派系の作品に力を入れています。

「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」・「メゾン・ド・ポリス」・「盤上の向日葵」・「グランメゾン東京」を手掛けて、様々な賞を受賞しました。

木村拓哉さんが主演の「グランメゾン東京」でも脚本を担当して、高視聴率を出しています。

主題歌はDREAMS COME TRUEの「YES AND NO」です。

2つのバージョンのドラマチックなサウンドになっています。

また、社会に投げかける思いも入っており、ドラマを盛り上げていくことでしょう。

 

今回のドラマの視聴率は…10.0%と予想します!

「木曜劇場」ではハードルの高いかもしれませんが、十分に可能です。

新たな医療ドラマは、どのような内容になるのか注目していきましょう!

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」各話の視聴率と視聴者の評価評判

第1話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第1話の視聴率は10.2%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

病院薬剤師の葵みどりは、患者の事を第一に考えて仕事に取り組みます。

新人の相原くるみは葵の行動を見て、少しずつ心境の変化が現れてくるのです。

ある日、入院している患者の容態の異変に気付きますが、彼女の取った行動が担当の医師の反感を買いました。

視聴者からは面白かったとの声が多く上がっていました。

また、凄く素敵なドラマで毎回楽しみとの声もあります。

一方、ハマリそうにないとの厳しい意見もありました。

第1話の視聴率は10.2%と、2桁の好発進をしました。

同枠では、7作ぶりの2桁スタートに早くも期待出来そうです。

次回は骨折で入院している患者が、突然意識不明で倒れてしまいます。

お見舞いに来ていた女性とは、何か複雑な関係がありそうです。

薬剤部でも予期せぬ問題が発生しますが、どのような展開になっていくのでしょうか。

第2話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第2話の視聴率は9.8%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

葵は相原と一緒に入院患者の薬の状況を把握していきます。

突如、麻薬捜査官が調査に来る事になって販田達は対応に追われるのです。

しかし、麻薬管理室で在庫が合わない事に気付きます。

視聴者からはテンポが良いや面白いとの声が上がっていました。

また、ゲストの演技が上手いとの意見もあります。

一方でテンポが良くなく感じて、物足りなさを感じる人もいました。

第2話の視聴率は9.8%と、前話より0.4%ダウンします。

早くも1桁に突入しましたが、今後の巻き返しに期待しましょう。

救急センターに意識を失った男性が運ばれてきます。

その男性は入院をする事になりましたが、大量の薬を服用している事を知りました。

薬を出した薬剤師に詳しい話を聞くために、あるドラッグストアに葵は向かいます。

そこには小野塚がいましたが、一体どのような展開になっていくのか注目です。

第3話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第3話の視聴率は8.8%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

萬津総合病院に教師の新田が運ばれてきました。

彼は大量の薬を服用していて、葵が原因を突き止めようとします。

すると薬剤師の小野塚に遭遇して、彼のいつもとは違う一面を知るのです。

視聴者からは面白かったとの声が上がっています。

また、めっちゃ泣いたとの意見もありました。

一方で物足りなさを感じている視聴者もいるようです。

第3話の視聴率は8.8%と、前話より1.0%ダウンしました。

2週連続1桁を記録して、巻き返しに期待しましょう。

萬津総合病院に羽倉の父親が入院してきます。

しかし、羽倉と父親の間には何か問題がありそうです。

葵が2人の関係を解決してくれるのでしょうか。

第4話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第4話の視聴率は10.6%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

萬津総合病院に羽倉の父親が入院してきます。

羽倉は父親との仲が悪く、険悪の雰囲気が流れていました。

認知症の疑いがある羽倉の父親の行動から、葵は別の角度から他の原因を調べ始めるのです。

視聴者からは面白かったとの声が上がっていました。

また、出演している出演者のの演技が上手いと声もあります。

一方、瀬野のキャラクターが中途半端との意見がありました。

第4話の視聴率は10.6%と、前話より1.8%の大幅アップをします。

同番組最高視聴率を更新して、勢いが出てきました。

辰川は末期がんで入院していた父親の太一に本当の事を打ち明けます。

そして、抗がん剤の治療を行うように勧めるのです。

辰川家の家族がバラバラになりそうでしたが、絆を深める事は出来るのでしょうか。

第5話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第5話の視聴率は9.4%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

葵みどりは「娘娘亭」の店主・辰川秀三の娘の樹里から助けを求められます。

そして、秀三を説得して祖父の太一に末期がんである事を告知して、抗がん剤治療を勧めると決めました。

太一も家族と話し合って、治療をしていく事を決めます。

視聴者からは、神回との声が上がっていました。

また、感動したや良かったとの意見もあります。

一方、以前の瀬野のキャラクターでいて欲しいとの声もありました。

第5話の視聴率は9.4%と、前話より1.2%ダウンしました。

中盤に入りましたが、ここから巻き返す事が出来るのでしょうか。

区民センターを訪れていた葵の前で、1人の女性が倒れてします。

彼女に服用していた薬を尋ねますが、飲んでいないと答えました。

何かを隠しているようですが、葵はその理由に突き止めそうです。

第6話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第6話の視聴率は9.7%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

葵みどりは相原くるみと小野塚綾とともに区民センターへ服薬指導に向かいます

そこで小川早苗という人物と遭遇しますが、彼女の容体は良くありません。

萬津総合病院に入院する事になりましたが、体調不良の原因が分からなかったのです。

視聴者からは物語の展開が良いとの声が上がっています。

また、各登場人物が奮闘する姿に元気をもらえたとの意見もあります。

一方、モヤモヤするとの不満の声がありました。

第6話の視聴率は9.7%と、前話より0.3%アップします。

2桁まであと一歩のところまで来ています。

葵は瀬野から簑島の検査結果が出たと伝えられます。

簑島は葵が新人の頃から知っている患者で、今回退院できるようになりました。

同じ時期に古賀という議員が入院してきますが、彼女には何か秘密がありそうです。

第7話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第7話の視聴率は9.3%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

薬剤部では人員不足を解消するために、作業ロボットの導入する計画が進みます。

販田は院長との交渉をスムーズにするため、みどり達に問題を起こさないように釘を刺しました。

みどりは新人の頃から担当していた患者の簑島が退院する事を聞き、喜びます。

視聴者からは面白かったとの声が上がっていました。

また、ドラマの展開が良かったとの意見もありました。

一方で瀬野の出演が少なく、不満の声が上がっています。

第7話の視聴率は9.3%と、前話より0.4%ダウンしました。

3週連続1桁と、2桁になかなか届かない状態が続いています。

みどりは、調剤薬局で研修を受ける事になりました。

在宅医療に特化した薬局で店長の仁科に同行して、葵と小野塚は患者の家を回っていきます。

そして、荒神家を訪れる事になり、彼が仕事を休んで理由を知るのです。

葵は荒神の奥さんに、どう接していくのでしょうか。

第8話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第8話の視聴率は9.3%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

葵は研修で在宅医療を学ぶ事になりました。

小野塚も研修に参加する事になり、2人は現場で経験を積んでいきます。

病院では、瀬野がある子供の行動が気になるのです。

視聴者からは、良いドラマとの声が上がっています。

また、今日は良い話だったとの意見もありました。

一方、瀬野が倒れて心配する声が多く上がっています。

第8話の視聴率は9.3%でした。

2桁まであと一歩のとこまで来ています。

葵の前で倒れた瀬野は救急センターに運ばれて、処置を受けました。

同僚達には逆流性食道炎だったと伝えますが、肺に腫瘍の疑いがあり精密検査を受ける事になるのです。

消化器内科の医者から精密検査を聞かされますが、どのような結果になっているのか気になります。

第9話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第9話の視聴率は9.6%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

葵の前で倒れた瀬野はすぐに意識を取り戻します。

同僚達には逆流性食道炎と説明しますが、精密検査を受ける事になっていました。

その頃、病院にはオーバードズで若月という女性が搬送されます。

視聴者からは今回も泣いてしまったとの声が上がっています。

また、色々あって言葉にならないとの意見もありました。

余命宣告を受けた瀬野に生きて欲しいと声も上がっていました。

第9話の視聴率は9.6%と、前話より0.3%アップします。

視聴率が2桁まで、あと一歩のところに来ていきます。

葵は瀬野の担当薬剤師になり、副腎がんについて調べます。

なかなか有効な手立てが見つからない中、七尾がある提案をしてきました。

それは海外で有効性が認められる薬ですが、治験薬を病院で使用するには問題があったのです。

果たして、葵は治験薬の承認の条件をクリアする事が出来るのでしょうか。

第10話の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の第10話の視聴率は9.2%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

瀬野は重複がんの治療を行うために入院します。

担当薬剤師に葵が行う事になり、治療は進んでいきました。

しかし、既存の薬では効果がなかったのです。

視聴者からは涙したとの声が上がっていました。

また、出演者の演技を高く評価する意見もあります。

一方、モヤモヤするとの意見もありました。

第10話の視聴率は9.2%と、前話より0.4%ダウンします。

2桁までもう少しのところに来ています。

瀬野は同僚達を信じて、治験薬の治療を行います。

それから2年後、葵は病院を辞めて新たな職場で働いていたのです。

果たして、この2年間に何があったのでしょうか。

最終話(第11話)の視聴率と評価評判

ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の最終話(第11話)の視聴率は9.7%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

瀬野の治験薬での治療が始まって、2年が経ちました。

萬津総合病院に瀬野と葵の姿はありませんでした。

その頃、葵は萬津産婦人科医院で働いていたのです。

視聴者からは素敵なドラマだったとの声が上がっていました。

また、スッキリと終わって良かったとの意見もあります。

一方、雑な部分があったとの不満の声がありました。

最終話(第11話)の視聴率は9.7%と、前話より0.5%アップします。

2桁には届きませんでしたが、最後まで見応えのある展開でしたね。

瀬野の治験で責任を取った葵は萬津産婦人科医院で働いていますが、彼女らしさは健在でした。

葵はどの職場でも患者さんに対して、一生懸命向き合う姿勢が変わりません。

その後、瀬野と葵は萬津総合病院に復帰する事になって安心しました。

続編があるかもしれませんので、期待しましょう。

視聴率ニュース1 同枠ドラマ、2年ぶりの初回視聴率が2桁超え!

16日に放送された女優・石原さとみ(33)主演のフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜・後10時)初回の世帯平均視聴率が10・2%だったことが17日、分かった。

 同局「木10」枠での初回視聴率2ケタ超えは、2018年7月期の「グッド・ドクター」の初回11・5%以来、2年ぶりとなった。

参照:スポーツ報知

7月16日から始まった「アンサング・シンデレラ」の初回視聴率が10.2%と2桁の好スタートを切りました。

同枠のドラマで2桁を超えたのは「グッド・ドクター」以来、2年ぶりにとなります。

この勢いが2話以降も続くのか、注目しましょう!

視聴率ニュース2 視聴率が低迷の原因は!?

『アンサング・シンデレラ』視聴率低迷の一因として挙がっているのが、石原演じる主人公・葵みどりの「患者に対する話し方」だ。みどりは、患者のために全力投球する仕事にアツい薬剤師。患者一人ひとりに時間をかけてしまうため、薬剤部のメンバーからは効率が悪いと指摘されることもあるが、患者からは絶大な信頼を得ている。しかし、そんな設定とみどりの患者への態度がちぐはぐだという指摘が相次いでいる。

参照:日刊サイゾー

視聴率が低迷している原因として、主人公の葵みどりにあるようです。

彼女の患者への話し方を不快に感じる人もいるようです。

果たして、今後の展開で何か変化が出てくるのでしょうか。

視聴率ニュース3 視聴率が上昇する要素とは!?

実は、原作となった漫画『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(荒井ママレ著)に、この瀬野が病気になる展開はない。恐らく物語を盛り上げるために追加された設定なのだろう。メインキャラクターがステージ4のがんを患っているとは少々過激な展開だが、瀬野の人気が高い分話題性としては十分であり、最終回に向けて視聴率が上昇する可能性もありそうだ。果たして瀬野は助かるのだろうか。みどりは尊敬する上司の病とどう向き合っていくのだろうか。『アンサング・シンデレラ』第9話に注目したい。

参照:日刊サイゾー

9月3日(木)に放送された第8話の視聴率は9.3%でした。

2桁に届かずに伸び悩んでいますが、第9話は話題性があり視聴にも影響がありそうです。

原作にはない展開がドラマをどう盛り上げてくれるのか、注目しましょう。

視聴率ニュース4 低視聴率の救世主は?

そんな『アンサング・シンデレラ』の流れを一瞬だけ変えたのが、第3話にメインで登場した若手実力派俳優・成田凌の存在だ。成田が演じるのはドラッグストアで働く薬局薬剤師・小野塚綾。もっと患者としっかり向き合ってほしいと頼む主人公・葵みどりに対し、「そっちの理想押し付けんな」と怒りをあらわにし、その迫力ある演技や現実的でリアルな彼の心情に注目が集まった。また、第3話には実力派として知られる浅利陽介がゲスト出演していたことも相まって、「ここにきて凄い回が生まれたな」「成田凌と浅利陽介が存在感を見せた結果別ドラマのような仕上がりに……」「理想と現実をしっかりと描けているいいドラマ」などと大きな反響を呼んだ。

参照:日刊サイゾー

視聴率が2桁に届かない状況が続いてます。

しかし、成田凌さんの活躍次第で巻き返す可能性があるでしょう。

今後の展開に注目しましょう!

視聴率ニュース5 視聴率が伸び悩む

石原さとみの主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の視聴率が伸び悩んでいる。初回放送は10.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)と好調な滑り出しを見せたが、その後は第4話の10.6%を除き1ケタ台で低迷。ネットでは「展開がありえない」「わざとらしい」とストーリーに不満を持つ声が上がるほか、石原の演技について「鼻につく」という意見が上がっている。

参照:日刊サイゾー

初回と第4話の視聴率に関しては2桁を超えています。

しかし、初回と第4話以外の話数は1桁と伸び悩んでいます。

ネットではストーリーや石原さんの演技に不満の声が上がっていました。

この事が視聴率に影響しているようです。