2020年春ドラマ

【私の家政夫ナギサさん】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?

TBS系列・火曜10時の「私の家政夫ナギサさん」はラブコメディドラマです。

キャリアウーマンの相原メイがおじさん家政婦・鴫野サギサを雇うことになります。

突然現れたスーパー家政婦やライバル会社の田所優太の登場で、彼女の生活は一変していくのです。

ここでは、ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の最新の視聴率(速報値)と推移、視聴者の評価評判などを紹介していきます。

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」最新話の視聴率とこれまでの推移(最新速報)

第6話の視聴率は16.0%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

ここまでの視聴率は以下のようになっています。

14.2%(1話)
12.8%(2話)
12.7%(3話)
12.4%(4話)
14.4%(5話)
16.0%(6話)

ハートフルコメディドラマがいよいよ始まりました。

相原メイの前に家政夫の鴨野ナギサが現れた事で、彼女に新たな展開が訪れます。

初回の視聴率は14.2%と、驚異の数値を記録しました。

第2話は12.8%、第3話が12.7%でした。

中盤に入った第4話は12.4%と、前話より0.3%ダウンします。

第5話は14.4%、、第6話は16.0%と同番組最高視聴率を更新しました。

6週連続2桁を記録して、この勢いを今後も維持出来るのでしょうか。

ドラマの展開・視聴率とも目が離せませんね。



スポンサーリンク

同枠(TBS系列・火曜10時)での視聴率の傾向

過去1年間、同枠(TBS系列・火曜10時)のドラマと平均視聴率を紹介します。(※ビデオリサーチ調べ)

恋はつづくよどこまでも(2020年 冬)
平均視聴率…11.6%

G線上のあなたと私(2019年 秋)
平均視聴率…7.7%

Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜(2019年 夏)
平均視聴率…8.6%

初めて恋をした日に読む話(2019年 春)
平均視聴率…8.5%

同枠ではこの1年間、恋愛要素が強い作品が放送されています。

また、最近では人気のある女優が主演を務めており注目度が高くなっているドラマ枠です。

近年、視聴率が伸び悩んでいる恋愛ドラマですが根強い人気があります。

それを証明した作品が前作のドラマ「恋はつづくよどこまでも」です。

主演を務めたのは上白石萌音さんで、佐藤健さんとの共演を果たしました。

彼女はドラマの出演作品が少なく、知名度もあまり高くありませんでしたが、この作品で大きく飛躍して絶大な人気を得ます。

ドラマの途中からは恋愛要素が一気に増えて、視聴者の心をガッチリと掴みました。



スポンサーリンク

同テーマ(ラブコメディ)での視聴率の傾向

「私の家政婦ナギサさん」と同テーマ(ラブコメディ)のドラマでの視聴率の傾向を紹介します。(※ビデオリサーチ調べ)

恋はつづくよどこまでも(2020年 冬)
平均視聴率…11.6%

獣になれない私たち (2018年 秋)
平均視聴率…8.8%

海月姫 (2018年 冬)
平均視聴率…6.1%

ヤマトナデシコ七変化 (2010年 冬)
平均視聴率…8.3%

今では医療・刑事系のドラマの視聴率が高くなっています。

絶大の人気があった恋愛ドラマはパッとしない状態が続いており、新たなヒット作品が望まれていたはずです。

そこに2020年の冬クルーで放送された「恋はつづくよどこまでも」が大きな影響を与えました。

放送を重ねるごとに人気は急上昇して、ネットでも大きな話題になっていたのです。

平均視聴率も11%台と高い数値を記録して、恋愛ドラマの復活の始まりかもしれません。

明るく楽しめる内容が今は求められているのでしょう。

多部未華子さんの主演時過去視聴率は?

多部未華子さんの過去主演作の視聴率は以下のようです。

ドS刑事シリーズ(2015年 春)
黒井 マヤ 役
平均視聴率…9.3%

浪花少年探偵団(2012年 夏)
竹内 しのぶ役
平均視聴率…6.1%

ジウ 警視庁特殊犯捜査係(2011年 夏)
門倉 美咲 役
平均視聴率…8.66%

デカワンコ(2011年 冬)
花森 一子 役
平均視聴率…13.3%

多部未華子さんは女優として、映画・テレビドラマ・舞台・CMと様々な場所で活躍しています。

2007年の連続ドラマ「山田太郎ものがたり」で初出演を果たして、2009年には朝ドラ「つばさ」でオーディションを勝ち抜き、主演を勝ち取りました。

翌年にはエランドール賞新人賞を受賞して、2011年に連続ドラマ「デカワンコ」で初主演を務めます。

その後も数多くの作品に出演して、実力派女優として活躍中です。

彼女の元気な表情や強弱のある演技があれば、2桁の視聴率を狙う事は十分可能でしょう!

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の視聴率を予想!

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」のキャストは以下のメンバーが演じる予定です。

・相原 メイ 役 多部未華子さん
・田所 優太 役 瀬戸康史さん
・鴫野 ナギサ役 大森南朋さん
・福田  唯 役 趣里さん
・瀬川 遙人 役 眞栄田郷敦さん
・陶山 薫  役 高橋メアリージュンさん
・天馬 あかり役 若月佑美さん
・古藤 深雪 役 富田靖子さん
・相原 美登里役 草刈民代さん
ほか

様々なドラマで活躍中のメンバーが集結しており、面白くなりそうです。

主演の多部未華子さんを中心にドラマを盛り上げてくれるでしょう。

さらにスタッフ陣も紹介します。

・原作 四ツ原フリコさん「家政夫のナギサさん」
・脚本 徳尾浩司
・主題歌 あいみょん「裸の心」
・演出 坪井敏雄さん

原作は四ツ原フリコさんの「家政夫のナギサさん」です。

電子書籍サイト発のオリジナルコミックで、WEBコミックが原作としてTBSの連続ドラマに起用されるのは初めてになっています。

脚本は徳尾浩司さんで、2013年に放送されたドラマ「ハードナッツ!」が脚本家として転機になりました。

過去には「探検隊の栄光」・「スリル!〜赤の章・黒の章〜」・「おっさんずラブ」・「チア☆ダン」を手掛けています。

中でも「おっさずラブ」を大きな話題を集めて、第97回のザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞を受賞しました。

そして主題歌はあいみょんさんの「裸の心」です。

曲が完成したのは2017年で、いつかは発表したいと思っていた作品でした。

今回の曲はバラードとなっており、視聴者の心に響く歌詞になっているでしょう。

演出を担当するのは坪井敏雄さんで、今まで数々の作品に携わっています。

「凪のお暇」・「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」・「カルテット」・「中学聖日記」などです。

今回のドラマの視聴率は11%と予想します。

キャリアウーマンとスーパー家政婦が何を巻き起こしてくれるのか、楽しみですね!

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」各話の視聴率と視聴者の評価評判

第1話の視聴率と評価評判

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の第1話の視聴率は14.2%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

主人公の相原メイはキャリアウーマンとして、周囲の期待を背負いながら日々奮闘します。

その姿を見ていた妹の唯の勧めで、メイの家に家政夫の鴨野ナギサさんが現れるのです。

彼の登場に動揺するメイですが、徐々に家政夫の凄さや共感をしていくのです。

視聴者からは、面白かったとの声が多数上がっていました。

また、多部未華子さんや大森南明さんの姿に可愛いとの意見もあります。

一方、仕事内容の展開や給料面など共感を持てないとの声も上がりました。

初回の視聴率は14.2%と、好発進をしました。

14%を超える高視聴率を記録して、このままの勢いを維持出来るのか注目です。

メイのライバル会社のアーノルド製薬の田所が隣人だと分かり、彼女はより警戒をし始めます。

しかし、同僚の陶山の計画で参加した合コンで彼と遭遇して、急接近するようです。

忙しい日々を送るメイの周りでまた新たな展開が起こりそうで、目が離せません。

第2話の視聴率と評価評判

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の第2話の視聴率は12.8%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

メイはライバル会社に新たな仕事を取られて落ち込みますが、ナギサの言葉で立ち直りました。

再び仕事に力を入れるメイは、ライバル会社の田所の存在が気になるのです。

そして、家事代行のお試し期間を終えたナギサとも再び関係が繋がっていきます。

視聴者からは面白かったや可愛いとの声が上がっていました。

また、次回を楽しみにしている人も多くいて人気の高さを表しています。

今後、メイの母親の存在が大きな影響をメイ達に与えると感じている人もいるようです。

第2話の視聴率は12.8%と、前話より1.4%ダウンしました。

2週連続2桁を記録して、好調を維持しています。

母親にナギサの存在がバレてしまったメイは、様々な事を打ち明けます。

しかし、母親はメイに変わらず期待を掛けて、彼女も応えようと再び努力をし始めました。

メイは苦手な家事と仕事を両立する事が出来るのか、心配ですね!

第3話の視聴率と評価評判

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の第3話の視聴率は12.7%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

メイは母親にナギサの存在を知られてしまいます。

苦手な家事を克服すると決めたメイでしたが、仕事との両立に疲労が溜まっていきます。

そして、メイの身体に異変が出てくるのです。

視聴者からは、面白かったとの声が多く上がっていました。

また、主演の多部さんが可愛いとの意見もあります。

ナギサの言葉に勇気づけられた視聴者もいたようです。

第3話の視聴率は12.7%と、前話より0.1%ダウンしました。

3週連続2桁と好調を維持してしています。

メイは田所に同じマンションである事がバレます。

更にナギサの存在に気付いていましたが、父親だとメイは誤魔化しました。

ある日、本当に父親が訪ねてくるなど予期せぬ展開が待ち受けていそうです。

第4話の視聴率と評価評判

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の第4話の視聴率は12.4%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

メイは田所に同じマンションである事を知られてしまいます。

ある日、父親がメイのマンションに現れて、ナギサの事を色々と聞こうとしました。

ナギサの過去が気になるメイは、徐々に明らかになるナギサの過去に興味を示すのです。

視聴者からは面白かったとの声が上がっていました。

また、ドキドキと癒しのバランスが良いとの意見もあります。

一方で、ナギサの出番が少なくて、寂しかったとの声がありました。

第4話の視聴率は12.4%と、前話より0.3%ダウンしました。

4週連続2桁を記録して、好調をキープしています。

次回は、ナギサがメイの家族のために奮闘します。

メイとナギサは父親の願いを叶える事は出来るのでしょうか。

また、メイと田所の関係にも進展があるのか注目です。

第5話の視聴率と評価評判

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の第5話の視聴率は14.4%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

メイは父親の還暦パーティーで、母親と唯の仲を取り戻そうと考えます。

ナギサにも協力してもらい、準備を進めていくのです。

いよいよ当日を迎えますが、予期せぬ展開が待っていました。

視聴者からは面白かったとの声が上がっています。

また、メイやナギサが可愛いとの意見もあります。

一方で、話が広がり過ぎや瀬戸さんの出番が少ない事に不満の声もありました。

第5話の視聴率は14.4%と、前話より2.0%の大幅アップします。

同番組最高視聴率を更新して、勢いが止まりません。

過去にナギサがMRとして働いていた事を知り、メイは驚きを隠せません。

秘密主義のナギサの事を知りたいメイは尾行を開始するのです。

ナギサの日頃では見せる事のない姿を見つけ出す事は出来るのでしょうか。

第6話の視聴率と評価評判

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の第6話の視聴率は16.0%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴者の感想を紹介していきます。

メイはナギサが過去に自らと同じMRとして働いて事を知って驚りました。

彼の私生活を暴こうとするメイは、尾行を決行するのです。

そこにはいつも違うナギサの姿があり、メイは驚きを隠せません。

視聴者からは面白かったとの声が上がっています。

また、主演の多部さんが可愛いとの意見がありました。

一方で、今回はしんどくなるシーンが多かったとの声も上がっていました。

第6話の視聴率は16.0%と、前話より1.6%アップしました。

同番組最高視聴率を更新して、勢いが止まりません。

メイに忘れ物を届けた日以来、ナギサは落ち着きがなくなってしまいます。

その時に目撃した女性・箸尾の事が気になっているようで、メイはナギサの自宅を尋ねました。

自らの過去の秘密を明らかにするナギサにメイは、どんな対応していくのでしょうか。

視聴率ニュース1 初回から好調な理由は?

多部未華子さんが主演のハートフルラブコメディー「私の家政夫ナギサさん」は14.2%で、TBSの火曜午後10時枠としては歴代最高のロケットスタートとなった。

どうしてドラマだけは視聴率が好調なのか。一つにはドラマというジャンル自体の魅力が見直されたのではないか。

SNSとの親和性が高い名作の再放送がドラマというジャンルへの回帰を促したことも否定できない。直接会う機会が激減している中で、普段以上にツイッターの実況で盛り上がった人も多かったのではないか。こうして盛り上がった再放送を通じて視聴習慣がついた視聴者が、再放送が終了してもそのまま新作ドラマを楽しんでいるといえるだろう。

参照:MANTANWEB

好調な理由の1つは、質の高いドラマへの魅力が再認識されたようです。

2つ目はSNSの盛り上がりで、ドラマを視聴する習慣がついた人が多くなったからです。

以前はドラマ離れが進んでいましたが、再び注目されるようになったみたいですね。

視聴率ニュース2 同枠ドラマ、初回歴代最高を記録!

女優の多部未華子(31)が主演を務めるTBS火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(火曜後10・00)が7日にスタートし、平均世帯視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが8日、分かった。2014年4月期に新設された「火曜ドラマ」の初回歴代最高をマークし、好発進した。

参照:Sponichi Annex

7月7日(火)に放送された第1話の視聴率が14.2%と、同枠が新設された2014年4月以降で初回歴代最高を記録しました。

前の週まで2016年に放送された「逃げるは恥だが役に立つ」の特別編が放送されていた事もあって、上手く引き継いだ形になったようです。

果たして、どこまで視聴率を伸ばせていけるのか目が離せません。

視聴率ニュース3 好調な視聴率はシンクロ率が関係!?

このドラマの面白さの理由の1つに、役者とキャラのシンクロ率の高さがあると思います。たとえば、メイは仕事そのものは社内でも好評なバリバリのキャリアウーマンですが、私生活はナギサさんが来るまで部屋は散らかり放題で、テレビのリモコンはなくすたびに買って部屋に5コも同じリモコンが発見される始末。実は現実の多部も、メイには負けますがルーズな一面があるそうです

参照:日刊大衆

同ドラマは1話から3話まで2桁台を記録して、好調を維持しています。

これは役者とキャラクターのシンクロ率が影響しているようです。

多部未華子さんと大森南朋さんとの絶妙な掛け合いも、視聴者の注目を集めていますね。

視聴率ニュース4 関西地区で11.2%と好調な数値を記録!

女優の多部未華子(31)が主演するTBSドラマ「私の家政夫ナギサさん」(火曜後10・00)の第4話が28日に放送され、平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は12・4%だったことが29日、分かった。関西地区は、11・2%だった。

参照:Sponichi Annex

7月28日(火)に第4話が放送されて、関西地区の平均視聴率が11.2%を記録しました。

2桁の視聴率と好調を維持しているますが、最後までこの勢いが止まらないかもしれません。

次週からは第5話と折り返し地点となり、更なる盛り上がりに期待しましょう。

視聴率ニュース5 4週連続2桁の視聴率をキープ!!

女優の多部未華子さんが主演する連続ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が7月28日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回から4週連続で2桁をキープした。

参照:MANTANWEB

7月28日(火)に放送された第4話の視聴率は12.4%でした。

初回放送から4週連続2桁を記録して、好調が続いています。

この勢いがどこまで続くのか、注目です!

視聴率ニュース6 同番組最高視聴率を更新!

女優の多部未華子さんが主演する連続ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が8月4日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回の14.2%(同)を上回り、番組最高を更新した。

参照:MANTANWEB

8月4日(火)に第5話が放送されて、14.4%の高視聴率を記録しました。

初回の視聴率を上回り、同番組最高視聴率を更新します。

今後も高視聴率が出る事を期待しましょう。

視聴率ニュース7 高視聴率のカギは、胸キュンシーン!?

中でも瀬戸演じる田所がメイ(多部)を“アゴクイ”して見つめ合った末に唇についたマヨネーズを払うシーンには、ハートをズキュンと撃ち抜かれた視聴者から悲鳴にも似たコメントが数多く寄せられている。

参照:アサ芸プラス

同番組の勢いが止まらず、高視聴率が続いています。

その理由は、胸キュンシーンが関係しているようです。

今後も視聴者の心を掴む胸キュンシーンが視聴率に影響しそうです。