2019年春ドラマ

【わたし、定時で帰ります。】3話のあらすじ(ネタバレ)と感想「新人・来栖の成長!」

スポンサーリンク



ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第3話が2019年4月30日(火)に放送されました。

ここでは、「わたし、定時で帰ります。」第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

来栖がCM現場で撮影した出演者が休憩中に商品を酷評する動画がネット上で拡散されて大炎上。

結衣たちはその対応に追われることに。

そんななか、反省する様子のない来栖に種田が説教すると来栖は会社を辞めると言い残し帰ってしまいます。

来栖はこのまま会社を辞めてしまうのでしょうか?

わたし、定時で帰ります。
【わたし、定時で帰ります。】キャスト(出演者)紹介!吉高由里子主演ドラマ2019年4月スタートの注目ドラマのひとつが、TBS火曜ドラマ、吉高由里子さん主演の「わたし、定時で帰ります。」 現在、働き方改革...
わたし、定時で帰ります。
【わたし、定時で帰ります。】視聴率推移と分析!視聴者の評価評判は?(最新速報)BS系列・火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」が2019年からスタートします。 主人公の東山結衣(吉高由里子)は、過去のある出来...

【わたし、定時で帰ります。】3話のあらすじ(ネタバレ)

炎上対応に追われる結衣

来栖(泉澤祐希)が撮影した動画が炎上していることを聞いた結衣(吉高由里子)は巧(中丸雄一)の両親に会う約束を急遽キャンセル。

種田(向井理)と賤ヶ岳(内田有紀)と共にクライアントの元へ。

クライアントは大激怒していた。

その後、結衣たちは動画削除のための対応に追われるのだった。

翌日…

来栖は能天気に出勤してくる。

結衣や賤ヶ岳は「何度も電話したんだよ?」と叱る。

来栖は休日だったから結衣の電話に出なかったと言うのだった。

その後、来栖は別室に呼ばれる。

来栖は仲間内のグループチャットから動画が拡散されたことを説明。

しかし反省した様子はなくどこか他人事。

その様子を見た種田は「新人だからって許されるわけじゃない。会社によっては即クビだぞ」と説教。

それを聞いた来栖は「じゃあ辞めます」と帰っていくのだった。

炎上が思わぬ展開に

翌日…

来栖は会社に来ない。

福永はこれで来栖がやめれば結衣の責任だと言う。

その後、会社に居酒屋から電話が。

昨晩その店で来栖が飲んでいて、来栖は財布を失くし支払いできないから迎えに来て欲しいとのことだった。

早速、結衣はその居酒屋へ。

結衣は支払いを済ませ来栖と話す。

来栖は今回の件で落ち込んでいた。

結衣は「これから挽回するしかないね」と慰める。

そしてとりあえず会社に行き、種田たちに謝るよう言うのだった。

その後、来栖は種田と賤ヶ岳に謝罪。

すると賤ヶ岳はクライアントは今後も契約を続行してくれることを伝える。

実は、今回の動画が逆に宣伝になり商品は売れていたのだ。

それを聞いた来栖は一安心。

種田は来栖に「今回はたまたま上手くいっただけ。これからどうするべきなのかちゃんと自分で考えろ」と厳しい言葉をかけるのだった。

数日後…

結衣は改めて巧の両親に挨拶へ。

結衣はマイペースな巧の母に圧倒されながらも無事に挨拶を終えるのだった。

翌日…

会社で結衣は来栖から別室に呼び出される。

そこで来栖は結衣に辞表を手渡す。

しかし結衣は「残念ながらこれは受理できません」と辞表を来栖に返すのだった。

新しい仕事依頼

会社に新しいコンペのオファーが。

それは以前、CMが炎上したスポーツメーカー。

そしてその担当として結衣と来栖が選ばれるのだった。

その後、結衣・来栖・種田・福永はクライアントの会社に訪れる。

クライアントの体育会系の社員に圧倒されながらも結衣たちは「どのようなイメージでお考えでしょうか?」と尋ねる。

すると「そういうのはそちらで考えてください」と投げやりに対応されるのだった。

翌日…

結衣は来栖や種田とCMの打ち合わせをしてあた。

来栖は「1歳から100歳まで」というキャッチコピーを提案。

しかしキッズやベビー向け商品は扱ってないからと種田に却下されるのだった。

その後、種田の案で仕事は進んでいく。

しかし、結衣はその案にあまり納得していなかった。

結衣はそのことを種田に伝える。

すると種田は結衣をフットサルに誘うのだった。

運動音痴の結衣は戸惑いながらも参加することに。

そこで結衣はみんなでスポーツする楽しさを感じる。

そして結衣は種田に「もう一度企画考えてみます」と言うのだった。

企画案をプレゼン

翌日…

結衣はクライアントに企画案をプレゼン。

そこで結衣は昨日参加したフットサルでクライアントのシューズを履いたことを話す。

「とても軽くて履き心地のいい快適な靴でした。」と褒め、そのシューズを出す結衣。

しかし、そのシューズは10年も前の製品で逆にクライアントの機嫌を損ねてしまう。

すると来栖はそのシューズのソールは低反発で初心者向けだと話し始める。

するとクライアントは「古い商品の方が優秀ということですか?」と来栖を睨む。

結衣はクライアントの会社創立当時のキャッチコピー”全ての人にスポーツを”というワードにフィーチャーし、初心者にもスポーツをするきっかけを作ってもらいたいという考えをプレゼン。

しかし、それはクライアントの考えとは違い反応は悪いのだった。

来栖の存在意義

一週間後…

来栖は結衣を呼び出す。

そこで来栖は異動願を結衣に手渡す。

そして来栖は「僕なんか何も役に立たないし」と話す。

それを聞いた結衣は「役に立ってるよ。シュレッダーのゴミとかこまめに捨ててるじゃん」と話す。

結衣は来栖がみんながやりたがらない仕事を率先して行う姿を見ていたのだ。

さらに結衣は「1歳から100歳まで」という企画案を気に入っていたと伝える。

「来栖くんは存在が面白い。人として面白い。私は来栖くんがいる意味はあると思うよ」と結衣は来栖を励ます。

コンペの結果

その後、コンペの結果が届き結衣の企画案が採用されることに。

プレゼン現場では反応が悪かったが、上層部が結衣の企画案を気に入ったのだ。

そして、引き続き結衣と来栖が担当することに。

来栖は喜んで担当を引き受けるのだった。

その後、仕事を終えた結衣は巧のInstagramを見る。

するとそこには巧が女性とバーベキュー写真が。

それを見た結衣は巧の浮気を疑うのだった。



スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】3話の感想

今回は新人・来栖が社会人としてひとつ成長した回でした。

来栖がCM出演者が商品を酷評する動画を撮影していてネット上で拡散されたが炎上。

しかし、結果的にはそれがインパクトある宣伝になりその商品は売れる結果になりました。

その場面を見て、子供の頃に青汁のCMで「まずい、もう一杯」というキャッチコピーがあり、そのCMを見て飲みたくなったことを思い出しました。

来栖は今時の若者で何も考えていない感じですが、実は会社では誰もやりたがらない雑用仕事を率先して行っていました。

その姿を結衣はちゃんと見ていたんですね。

そこを結衣から褒められた来栖も言葉にはしませんでしたがとても嬉しかったはずです。

また結衣のプレゼンは来栖の企画案を参考にしたものだと明かす場面でも、来栖は自分の仕事が認められたと感じ嬉しかったことでしょう。

その後の来栖の清々しい表情からその喜びが滲み出ていました。

結衣がプロポーズを受ける現場を目撃した福永は、そのことを結衣の元カレである種田に話していました。

その場面を見ていて、福永はとことんデリカシーのない男だなと思いました。

今回、巧の両親も登場し母親のキャラクターの強さが面白かったです。

次回はどのようなストーリーになるのか楽しみです。



スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】3話の評価評判

ドラマ【わたし、定時で帰ります。】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【わたし、定時で帰ります。】3話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

まとめ

最終的に来栖が会社を辞めることなく気持ちを新たに仕事する決意をする結果になり良かったですね。

結衣と巧がアスレチックで遊ぶ場面では、二人のやりとりが自然でとても楽しそうで見ていて微笑ましかったです。

しかしラストの場面で、まさかの巧に浮気疑惑。

おそらく複数人でのバーベキューでたまたま巧と女性が2人で写真に写っただけなのでしょうが、問題の写真の真相が気になるところです。

次回はオフィスに住み込んでいる吾妻が主役のストーリーになりそうです。

これまで謎だった吾妻の人となりなどが明らかになりそうで楽しみです。



スポンサーリンク