エール

【エール】15話のあらすじと感想!あっけなく初恋に破れる裕一…。

ここでは、NHK朝ドラ「エール」第4週「いばらの道」15話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

裕一(窪田正孝)は商業学校を卒業し川俣銀行で働き始めます。

しかし、その頃の地方銀行は世界恐慌の影響もあり仕事がなく呑気な雰囲気でした。

ある日、銀行の鈴木(松尾諭)に連れられてダンスホールに行った裕一は一番人気の志津(堀田真由)と踊れることに!

志津に恋をした裕一は翌日から談ずホールに通い詰めになるのでした。

【エール】14話のあらすじと感想!ダンスホールの踊り子に恋をする裕一NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ「エール」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「エール」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...
朝ドラ【エール】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までドラマガイドをもとに追跡中)朝ドラ「エール」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...

朝ドラ「エール」  15話のあらすじ(ネタバレ)

昌子(堀内敬子)は「交際の境界線」について裕一(窪田正孝)のために話し始めます。

みんなが意見を言う中「接吻ね。接吻しかないわ!」と言い出す昌子!

「せ、接吻!?ええぇ~!」と裕一は戸惑います…。

「いや、一口に接吻って言ってもどうすればいいのかわかりません!どうやってその状況に持ち込むかです。」

みんながその状況を提案しますが、昌子はすべてを却下。

「いきなりがいいわ!」

「いや、それは無理だばい!」

「女はドキドキしたい生き物なの!みんないい?ドキドキさせるために必要なのは、予期せぬ事態よ。」

そんな話をし、みんなが協力して裕一の接吻大作戦が決行されることになりました。

裕一は数日後、志津(堀田真由)とレストランで食事をします。

店には、銀行の仲間たちが作戦を実行するため裕一の周りの席に座っていました。

裕一は志津が話しかけても接吻のことしか考えられず、志津の口元ばかりを見てしまいます。

「裕一さんは、どんな人が女性が好み?」と聞かれた裕一。

すると、後ろの席の鈴木(松尾諭)が「君みたいな人」と書いてあるカンペを出してきます!

書いてある通りに「き、きみみたいな人」と答える裕一。

「お世辞でも、嬉しい。」

「ほ、本心だから。」

「ありがとう。ちょっと御不浄に…。」

志津が席を立ちます。

ここからが作戦本番です!!

作戦では、トイレから戻ってきた志津を鈴木が傘を出して転ばせ、その志津を裕一が受け止めて接吻という流れでした。

作戦通りに志津が転び、それを裕一が受け止めます!

しかし、裕一は「だ、大丈夫ですか?」とだけ言い、接吻は出来ませんでした…。

レストランからの帰り道、志津は裕一に話します。

「もう、店には来なくていいから。外で会いましょう。」

「わ、わかった。」

「じゃあ、私こっちだから。」

志津と別れると思わずにやける裕一。

そんな裕一に1人の男性が近づいてきます。

「何やってんだ、おめえ!」

怒っているその男性に裕一は「ご、ごめんなさい…。」ととりあえず謝ります。

「おれだ!鉄男だ!!」

「え?え?乃木大将!!」

裕一は、鉄男が夜逃げして以来の再会を果たします。

鉄男を家に招いた裕一は、鉄男が新聞記者として働いていることを知ります。

鉄男は藤堂(森山直太朗)からもらった名刺を頼りに新聞配りから頑張ってきたのです。

「良かったね~。本当に良かった。」

「良かったじゃねえだろ!音楽は?何で銀行なんかに住んでるんだ?女にうつつぬかして。なんで音楽やめた?」

「家族のためだよ。しかたない。」

「お前、昔の俺に言ったよな、しがみつけば必ず夢はかなうって!あれは嘘か?俺はお前の言葉信じて今でも詩を書いてる。」

「俺が詩を書きお前が曲をつくる。それがレコードになる。そんな夢を描いてたけど、せれもまた夢だな…。」

翌日になっても裕一は鉄男から言われた言葉が頭から離れません。

そんな時、茂兵衛(風間杜夫)が銀行を訪ねてきます。

怒っている茂兵衛は裕一に話します。

「たわけ!お前、踊り子にうつつぬかしとるらしいな?すぐに別れろ!お前の相手は俺が見つける!」

それだけ言うと茂兵衛はすぐに帰っていきます。

夢も自分も見失っていた裕一にとって、志津だけが心の頼りでした。

裕一は夜の街に志津を探しに出掛けます。

志津を見つけた裕一は意を決して志津に告白します。

「お、叔父には反対されたけど、俺、君のことが好きです!つ、付き合って下さい!」

「ふふっ…。あはははは!あ~おかしい!」と急に笑いだす志津。

「私が誰だか気づかない?とみよ。とみ。小学校の同級生の。やっと思い出した?」

そう言われてやっと気づく裕一ですが、言われてもピンときません。

「私はすぐに気づいたのにあんたは私を無視した。からかってやろうと思って近づいたの。惚れさせて、ここぞというときにバ~カって言ってやろうと思って。」

「ぼ、僕は真剣に!」

「なにが真剣よ。うちの店、つぶれたの。あんたは銀行の跡取り。あんた昔からそう!冗談じゃないわよ!」

裕一はショックのあまり立ちつくします…。

「あ~スッキリした。じゃあね!大人になりなさいよ。」

そう言って去っていく志津。

裕一の初恋は、はかなく散ってしまったのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  15話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  15話の感想

裕一があっという間の失恋です…。

しかも相手はなんと小学校の同級生だったとみでした!

裕一は、川俣銀行の跡取りになったことで嫉妬されてからかわれていただけだったのですね。

あれだけ川俣銀行のみんなが「接吻大作戦」を考えてくれたのに、あっけなく失恋とは残念です。

しかし、裕一がいきなりダンスホールの一番人気の女性と仲良くなったので、何か訳があるのではないかと悪い予感がしていたのが当たってしまいました。

裕一は失恋したことでこれからどうなってしまうのか心配です…。

また音楽を諦めた時の元気のない裕一に戻ってしまうのでしょうか?

そして、今日は夜逃げして以来の鉄男との再会がありました!!

これは嬉しい再会でしたね。

鉄男があれからどうしたのか気になっていましたが、藤堂から紹介された名刺を頼りに記者になっていました。

詩を書くことも続けているようで本当に良かったです。

この鉄男との再会が、裕一の音楽への思いを再燃させるきっかけになるような気がします。

昔、裕一が鉄男を励ましたように今度は鉄男が裕一を励ましてくれそうです。

やはり裕一には音楽が似合いますので、また音楽に没頭する裕一がみたいです。

来週の展開も楽しみですね!

【エール】16話のあらすじと感想!再び作曲をすることを決意する裕一。NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...