エール

【エール】25話のあらすじと感想!演奏会を成功させる裕一と音

ここでは、NHK朝ドラ「エール」第5週「愛の狂騒曲」25話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

三郎(唐沢寿明)は裕一(窪田正孝)の結婚を古山家にも認めてもらうと約束して福島へ帰って行きます。

裕一と音(二階堂ふみ)はそれぞれ演奏会に向けて曲と詩を作り始めます。

梅(森七菜)にも詩を書いてもらっていると、曲作りについて梅から質問される裕一。

裕一は小説が思うように書くことが出来ずに悩んでいる梅にアドバイスをします。

そして、裕一の元には三郎から「万事良し。帰れ。」と電報が届くのでした。

【エール】24話のあらすじと感想!演奏会に向けて準備をする裕一と音。NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ「エール」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「エール」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...
朝ドラ【エール】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までドラマガイドをもとに追跡中)朝ドラ「エール」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...

朝ドラ「エール」  25話のあらすじ(ネタバレ)

裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)はとうとう演奏会当日を迎えます。

前日に練習しすぎて喉の調子が悪く、緊張と不安で手が震える音。

裕一は音の手を握り「僕も一緒だ!大丈夫だから。」と声を掛けます。

そして「喉に良いから!」と音にネギを手渡す裕一ですが、「生は無理!」と呟く音。

観客席には開演を楽しみに待つ光子(薬師丸ひろ子)、吟(松井玲奈)、梅(森七菜)、そして御手洗(古川雄大)も来ていました。

そして、裕一の指揮で演奏会が開演します!

三郎(唐沢寿明)のいびきから考え出した曲を演奏家たちが素晴らしいメロディーにしていきます。

そして、音の出番がやって来ますが音は緊張のあまり固まっていました。

何とか舞台に上がり歌い出しますが、途中で声が出なくなってしまう音。

裕一は「皆さん。少々お待ちください。」と観客席に声を掛けます。

声の出なくなってしまった音に「歌おう。声が出なくたっていい。かすれたっていい。音楽は心だ。僕がいるから。歌える。」と話します。

裕一の言葉に目を潤ませながらも何度も頷く音。

そして、裕一は観客席に向かって話します。

「え~。彼女は昨日ちょっと練習しすぎまして。声が出づらくなってますが私は彼女の歌声が聞きたいです!皆さんはいかがですか?」

たくさんの拍手で観客たちが答えてくれます。

「この曲は、早くに亡くなった彼女のお父さんに捧げる曲です。詩は彼女の妹の梅さんが書きました。曲は僕が作りました。聞いてください。」

音は、梅が裕一のアドバイスで書き上げた亡き父を想って書いた詩を力いっぱい歌いあげます。

そんな音の生きている歌声に観客たちは感動するのでした。

演奏会が終わり打ち上げパーティーで吟は音に「感動した!私の隣の人なんて涙流しとったわ。」と声を掛けます。

「先生は大号泣。なんか、怖くなるくらい感動しとった。」と話す光子。

そして裕一の演奏会での堂々たる姿を光子は褒めたたえるのでした。

演奏会が終わり裕一が福島に帰る用意をしていると、音がすごい剣幕で外出先から帰ってきます。

「大変!大変!!鶴亀が、鶴亀が金持ち逃げした~!!!」

音は怒り心頭ですが光子や吟、裕一は意外に冷静でした。

「だから言ったでしょ。いい薬になったわね。」

「警察に行く?それとも追いかけて捕まえる?あのお金があればお母さんに迷惑かけんで済むと思っとったのに!!」

「最初から出すつもりだったから。」と冷静な光子。

「裕一さんは悔しくないの?」

「音さんと舞台立てたし、楽しかったからいいんじゃねえ?」

それでも音は1人で怒っています。

そこへ吟が「海に行かない?お父さんに挨拶しておきたい。」とみんなを海に誘います。

海に着くと「お父さん!東京でいい人見つけるからね~!!」と叫ぶ吟。

「必ず、絶対、作家になりま~す!!」と叫ぶ梅。

そして、音は海に向かって歌を歌います。

演奏会を思い出しながら美しい歌声で父に捧げる歌を届ける音。

最後は裕一が「お父さん!音さんを産んでくれてありがとうございました~。」と叫びます。

その裕一の言葉に顔を見合わせる光子たち。

「音を産んだのは私。あの人はおろおろしとっただけ。」

「あ、あの。そういう意味ではなくて。広い意味で…。」

みんながそんな裕一の言葉に笑顔になり家に帰って行くのでした。

そして翌日、吟と音は東京へ、裕一は福島へ帰って行きました。

その頃、裕一の演奏会が大盛況だった様子が新聞に大きく掲載されます。

日本作曲界の重鎮である小山田(志村けん)の元にもそのニュースが届けられます。

秘書から「大絶賛ですね。良かったですね。若い人が出てこないと嘆いていましたから。」と言われる小山田。

「本物か…まがい物か…楽しみだね。」と呟く小山田なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  25話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  25話の感想

裕一と音の演奏会は大成功に終わりましたね!

音が声が上手く出ない時に音を落ち着いて励ます裕一は、今までで一番頼もしく見えました。

指揮を振っている裕一も、いつの間にこんなに指揮が上手くなったのかというほど様になっていました!

音の歌も自分の今出来る精一杯出し切っていて素晴らしかったです。

演奏会は大成功に終わって本当に良かったのですが、なんと興行師の鶴亀寅吉がお金をすべて持ち逃げしてしまいました!!

なんだか、三郎が連帯保証人になって逃げられた時のことを少し思い出してしまいました。

しかし、裕一はお金を貰うことが出来なくてもふたりで素晴らしい演奏会が出来たことに満足していました。

音は怒っていましたが…演奏会はやって良かったと思っていました。

ふたりにとってかけがえのない時間だったのでしょう。

そして、今日はこの作品が遺作となってしまった志村けんさんが登場です。

出演シーンは短かったですが、志村けんさんが登場しただけで涙がでそうでした。

出演シーンすべてを撮りきることが出来なかったようですが、代役は立てずに今後のシーンを対応するようです。

今後も撮影済みの分が残っているようなので、また志村けんさんと会えるのが嬉しいです。

志村けんさんは今までドラマ出演はないですが、今日のシーンだけでも渋くて良い雰囲気がでていました。

ふと、いかりや長介さんを思い出しました。

新型コロナがなければ今後も幅広い活躍が期待できたと思うと悔しいです。

今後の志村けんさんの登場回も楽しみに待ちたいと思います。

【エール】26話のあらすじと感想!兄・裕一への不満を爆発させる浩二NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...