エール

【エール】28話のあらすじと感想!裕一のためにレコード会社をまわり、売り込みをする音

ここでは、NHK朝ドラ「エール」第6週「ふたりの決意」28話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

家族に結婚を反対された裕一(窪田正孝)は藤堂(森山直太朗)に結婚と留学について相談します。

「何かを得たいなら何かを捨てなけでばならない。俺はお前に世界的な作曲家になってほしい。」と言われる裕一。

そして、裕一は音(二階堂ふみ)と別れる決意をして手紙を書きます。

しかし、その後裕一のイギリス留学が中止になってしまいます!

音と別れ、イギリス留学も無くってしまい、自暴自棄になってしまう裕一なのでした。

【エール】27話のあらすじと感想!音と別れ、イギリス留学の話がなくなり、打ちのめされる裕一NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ「エール」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「エール」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...
朝ドラ【エール】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までドラマガイドをもとに追跡中)朝ドラ「エール」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...

朝ドラ「エール」  28話のあらすじ(ネタバレ)

三郎(唐沢寿明)からの手紙で裕一(窪田正孝)の留学が中止になったことを知った音(二階堂ふみ)。

「私、福島に行ってくる!!」

裕一のことを心配した音は東京から急ぎ福島へと向かいます。

一方、福島の裕一は再び銀行での仕事に戻るため川俣に帰ることにします。

家を出る裕一に浩二(佐久本宝)は話します。

「兄ちゃん!辛いだろうけど、賞をもらう前に戻っただけだ。兄さんは茂兵衛おじさんの養子になる。僕はこの家を継ぐ。それが家族にとって一番幸せなことなんだ。」

「お前の言うとおりだ。お前は子供のころからいつも間違ってない。」

裕一はそう言うと川俣へと戻って行くのでした。

そんな2人の様子を見ていた三郎(唐沢寿明)が裕一を心配して追いかけようと店を出ると、そこへちょうど音がやって来ます!

音の姿を見つけて焦る三郎。

「家はまずい!息子をたぶらかす怪しい女だと思われてる!!」

「はあ?」

「今はそれどころじゃないだろ!」

「そうだ。裕一さんは?」

少し前に川俣へ向かってしまった裕一を追いかけて川俣銀行までやって来る音。

「すみません。あの。裕一さんはいますか?」

「どちらさんですか?本日の営業はもう終了してるんですが…。」

「音です。関内音です!!」

「も、もしかしてあの文通相手の?」

裕一の恋焦がれる文通相手の音がやってきたと知り、銀行のみんなは興味深々で集まってきます。

「そうです!こっちに向かうバスには乗っとったらしいんです。」

みんな総出で裕一の行方を調べると、音の前のバスに乗っており教会の方に向かったことが分かります。

音は急いで教会へと向かいます。

その教会に着くと、幼少時代に父と訪れて聖歌隊とともに歌を歌った思い出の教会であることを思い出す音。

そして、オルガンの前に座る裕一の姿を見つけます。

「裕一さん。」

音の姿を見つけて驚く裕一。

「裕一さん!私、ここに来たことある。子供のころ、お父さんに連れられて来た。歌った。ここで。」

「あの時、出会ってたんだ…。そこで、歌う君を見てた。はっきり覚えてる。」

幼少期に音と出会っていたことをハッキリと思い出し、涙を流す裕一。

「裕一さん。きっと道はある。諦めないで。」

「僕は酷い男です。あなたを捨てて、留学することを選んだ。あなたに会う資格はありません。」

「勝手に決めんで。私のこと嫌いですか?」

「あなたが期待するような人間じゃないんです。あなたにはもっとふさわしい人がいる。」

「運命だよ!昔に出会って。また出会った。音楽もそうだよ。また出会うよ。音楽が裕一さんをほっとくはずがない。」

「音さん。何もかも忘れたいんです。ほっといてください。」

「裕一さん!私、諦めないから。待っとって!!絶対諦めないから。」

その音の言葉を聞きながらも、裕一は教会を出て行ってしまいます。

音楽の道を諦めた裕一は、茂兵衛が進める縁談話も進めて音のことも忘れようとしていました。

音は東京へ戻り、裕一が音楽の道へ戻る手立てを考えていましたが思いつくはずもなく時間だけが過ぎて行きました。

週末に吟(松井玲奈)のお見合いに一緒に出席した音は、吟のお見合い相手である鏑木(奥野瑛太)の叔父がコロンブスレコードに勤めていることを聞きます。

「それだ!!その人を紹介してください!!」

音は鏑木に紹介してもらったコロンブスレコードのディレクターである廿日市(古田新太)に裕一の曲を売り込みます。

「国際作曲コンクール2位ですよ!!新しい曲も持ってきました。どうです?すごいでしょ?」

「すごいね~。でもうちには要らないな。分かりずらいもの。それに、さっき雇っちゃったんだよね、新人の作曲家。」

そこへ、その新人作曲家の木枯(野田洋二郎)がやって来て廿日市は行ってしまうのでした。

その後も音はたくさんのレコード会社を回りましたが、すべて断られてしまいます…。

そんな中、音の音楽学校の合格通知が届きますが音は裕一のことで頭が一杯です。

そんな時、光子(薬師丸ひろ子)が音を訪ねて来て励まします。

「これで、諦めるの?」

「だって。もうレコード会社ないもん。」

「だったら、もう1回最初からまわりなさい!裕一さんのことを助けられるのはあなたしかおらんのよ!!」

「どうせまた分かりずらいとか。金にならんとか言われる…。」

「ぐだぐだ言ってないで、契約してやるっていう気持ちで行きなさい!!このままじゃ、あなた一生後悔する。そんな音は見たくない!大事な人の為なら、向こうが呆れるくらいやるの!諦めるな、音。」

その言葉に背中を押された音は、またレコード会社を回ろうと決意します。

丁度その頃、コロンブスレコードの廿日市を呼び出した人物がいました。

日本作曲界の重鎮、小山田(志村けん)です。

緊張の面持ちで対面する廿日市に「君、この男を知ってるか?」と裕一の作曲コンクール入賞の記事を見せる小山田。

音が売り込みに来たことを思い出す廿日市でしたが「い、いえ。この男が何か?」と尋ねます。

「この男を君のところで契約して欲しいんだよ。」

まさか、こんなやり取りがされていることを知る由もない裕一と音なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  28話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  28話の感想

イギリス留学が中止になってしまい、ショックを受けている裕一を心配して音が福島へやって来ました。

音が必死に裕一を探すと、見つけたのはふたりが初めて出会っていた川俣の教会でしたね。

あの頃から裕一はすでに音に恋をしていた気がします。

はっきりと覚えていましたね!

楽しそうに聖歌隊とともに歌を歌う音を、憧れの眼差しで見ていたことを思い出しました。

裕一は留学中止で完全にうちひしがれていて、音の声も耳に入らないほどになってしまいました。

しかし、音もなんとか裕一を立ち直らせようと必死に頑張ってくれています!

裕一になんとかまた作曲をしてほしいですが、留学の話がなくなってしまった今、諦めて茂兵衛の養子になり縁談をすすめるしかないのでしょうか…。

また裕一の笑顔を見るためにもここはなんとか音に頑張ってもらうしかありません。

音はさすがの行動力で、レコード会社を回り始めました!

飛び入りで裕一の売り込みをするとはすごいですね。

古田新太さん演じるコロンブスレコードのディレクター廿日市が登場しましたが、これから裕一と音と関わってくるのでしょうか?

一癖ありそうですが、見方になってくれれば心強いですよね!

そして志村けんさん演じる小山田の狙いはなんでしょう?

裕一のような若い作曲家を育てようとしているのかもしれませんね。

これから裕一はコロンブスレコードで働くことになるのか気になります!

【エール】29話のあらすじと感想!コロンブスレコードと契約をし、裕一を励ます音NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...