エール

【エール】47話のあらすじと感想!裕一がコロンブスレコード契約解除の危機に!

ここでは、NHK朝ドラ「エール」第10週「響き合う夢」47話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

裕一(窪田正孝)のデビュー作「福島行進曲」は全く売れませんでした。

そんな時、鉄男(中村蒼)が福島の新聞社を辞めて作詞家になるために上京してきます!

驚く裕一でしたが、一緒に頑張ろうと廿日市(古田新太)に鉄男を紹介しますが廿日市が「福島行進曲」を酷評したため話になりません…。

ある日、裕一は木枯(野田洋次郎)から高梨一太郎(ノゾエ征爾)を紹介されます。

この高梨との出会いは、裕一の暗い作曲家人生を変えていくきっかけとなる出会いなのでした。

【エール】46話のあらすじと感想!鉄男が作詞家になるために福島から上京してくる!NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ「エール」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「エール」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...
朝ドラ【エール】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までドラマガイドをもとに追跡中)朝ドラ「エール」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...

朝ドラ「エール」  47話のあらすじ(ネタバレ)

裕一(窪田正孝)は木枯(野田洋次郎)から紹介された高梨(ノゾエ征爾)から「船頭可愛いや」の作曲を依頼されます。

高梨は「福島行進曲」や「紺碧の空」を聞いてぜひ裕一に作曲してもらいたいと申し出てくれたのです。

木枯から「俺のことは気にしなくていい。」と言われた裕一は、喜んでこの申し出を受け入れることにします。

もう書いて来てあるという「船頭可愛いや」の詩を読ませてもらうと、その素晴らしい歌詞に目を輝かせ作曲意欲が湧いてくる裕一。

裕一はその日の夜から早速作曲に取り掛かります。

そこへ音(二階堂ふみ)が夜食を持って裕一の部屋へやって来ます。

「お疲れ様。一息入れたら?」

「さすが高梨先生だよ。せっかく木枯君がつなでくれた縁だし頑張らないと。」

「うん。楽しみにしてる。」

「音は?稽古どう?」

「う~ん。難しいね。正確に歌うことと表現をすることを両立させるのって大変。」

「どっちかに気を取られるとどっちかが疎かになる。技術に関しては、意識しなくても自然に出来るようになるまで繰り返し努力するしかないかもね。音、頑張って。」

「そうだね。裕一さんもね!」

翌日、音は「椿姫」の稽古に臨みますがなかなか上手く行かずに練習が進みません。

周りでは音には荷が重く、千鶴子(小南満佑子)が本来やるべきだったという声まで上がっていました。

放課後も自主的に練習する音ですが、上手く行かずに苛立つばかりです。

そこへ環(柴咲コウ)がやって来ると「息を吸うタイミングがそもそも違うのよ。ここ!このタイミングで。ここは天井から引っ張られる感じで喉を開いて。」とアドバイスをくれます。

そして音は環の部屋へ案内されると、環が海外で「椿姫」を演じた時のレコードを貸してもらいます。

「このレコード、参考にして。残念だけど日本では発売していないの。本当は本場の直接見るのが一番勉強になるんだけどね。できれば海外で。」

「本場のオペラ。見てみたいな…。本当は夫の留学について行く予定だったんですけど、留学自体が無くなってしまって。」

「確か、旦那さんは国際作曲コンクールで賞を取られたとか。」

「はい。今はコロンブスレコードの赤レーベルで専属作曲家をしています。環先生は流行歌なんてお聞きにならないですよね…。」

「そんなことないわ。いい音楽なら何でも好きよ。子供の頃は長唄を歌っていたし。ご主人はどんな曲をだされているの?」

「それが、まだ1曲しかレコードを出せていないんです。実力はあるので、あとはきっかけさえあればと思うんですけど…。」

「そうね。きっかけは大事。あなたはそれを掴んだんだから無駄にしないようにね。」

「はい!」

その頃、裕一は廿日市(古田新太)に出来上がった「船頭可愛いや」を見せていました。

「なにこれ!作詞は高梨一太郎なの?」

「はい。」

すると廿日市は曲をほとんど見もせずに即採用を決めます。

歌い手は芸者が歌うことが流行っていたため、廿日市がいい芸者の歌い手を見つけてくれると言います。

「古山君。これ最後のチャンスだから。もし売れなかったら君もう要らないから。契約金も返済してね。一括で!」

まさかの廿日市の発言に驚き焦る裕一。

「待ったから!この2年、君、全く利益上げていないの。仏の顔もなんとやらだよ!!」

「わ、わかりました…。」

裕一はショックを受けながらも「船頭可愛いや」がヒットすることを願うばかりなのでした…。

その日の夜、裕一と久志(山崎育三郎)は鉄男(中村蒼)が始めたという飲食店へ向かいます。

すると鉄男が始めたのはおでん屋の屋台でした!

「まさか、鉄男君がおでん屋とはね。」

「親父さんが故郷に帰ることになって。この屋台を誰かに譲りたかったんだってよ。好きな時に詩も書けるし、時間の融通も利くから。」

裕一が2曲目のレコードを出すことに話が変わると、鉄男と久志は芸者が歌うことになったということに2人は色めき立ちます。

そして、レコーディング当日。

録音室に裕一が入ると、鉄男と久志が芸者見たさに興味本位で見学に来ていました。

「なんで2人がいるの!?」

「社会見学だよ。勉強のためにな。」

そこへ歌い手の女性(井上希美)が入って来ます。

「はじめまして。沼田松子です。あ、じゃなかった藤丸です。よろしくお願いします。」

芸者とは思えないその風貌に唖然とする裕一たち。

藤丸は芸者ではなく、下駄屋の娘だったのです!

「芸者は金がかかるんだよ。どうせ顔も見えないんだし!いいでしょ?芸者ってことで!」と言う廿日市…。

裕一は「廿日市さん、この曲だけはコケられないんで!ダメだったら変えてもらっても?」と言いますが、藤丸の歌声を聞くと何も文句が言いようがないほど素晴らしかったのです!!

しかし。

またしても「船頭可愛いや」はヒットせず…。

古山家は上京以来最大のピンチを迎えることになったのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  47話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  47話の感想

裕一は木枯から紹介された人気作詞家・高梨一太郎から依頼を受けて「船頭可愛いや」を作曲しました!

「福島行進曲」がヒットせず、2年以上ヒット曲を出せていない裕一にとって、これは願ってもないチャンスです!

高梨から作曲を直接依頼されるということは、裕一に作曲の才能があることは間違いないと思います。

しかし、廿日市がわかっていないのが残念なところですが…。

レコードの出来映えは最高でしたが、またしてもヒットにはつながりませんでしたね(涙)

歌い手の下駄屋の娘も予想外の歌の上手さでびっくりするほどだったのですが…。

ここまで裕一がヒット曲を出せないのは何が原因か、もはやわかりません。

廿日市から不良債権とまで言われている裕一がまたヒットを出せなかったことで、コロンブスレコードから契約を打ち切られ、しかも契約金返済をしなければならないという大ピンチ!

音と環が話していたように、何かきっかけさえあればヒット曲をだせるようになると思うのですが。

昨日のナレーションで、高梨が裕一の暗い作曲人生を変えていくことになると言っていたので、まだ望みはあると信じたいです。

【エール】48話のあらすじと感想!環の歌った「船頭可愛いや」が大ヒットに!音は妊娠!?NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...