エール

【エール】54話のあらすじと感想!病状が悪化し、裕一に改めて話をする三郎

ここでは、NHK朝ドラ「エール」第11週「家族のうた」54話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

裕一(窪田正孝)が福島へ帰って来たため宴会をしていると浩二(佐久本宝)が帰ってきます。

突然帰って来た裕一に冷たい言葉を浴びせる浩二…。

三郎の具合が悪そうなことも気になった裕一と音(二階堂ふみ)は福島にもうしばらくいることを決めます。

キツイ言葉ばかり浴びせてくる浩二に裕一が「何かあったのなら教えてくれ!!」と頼むと、浩二は三郎が胃がんを患っており余命が短いことを明かすのでした。

【エール】53話のあらすじと感想!浩二から三郎が胃ガンで余命が短いことを聞く裕一NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ「エール」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「エール」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...
朝ドラ【エール】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までドラマガイドをもとに追跡中)朝ドラ「エール」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...

朝ドラ「エール」  54話のあらすじ(ネタバレ)

三郎(唐沢寿明)の往診の日がやって来ます。

裕一(窪田正孝)は診察が終わると医師に「手術は出来ないんですか?」と尋ねますが「難しいです。手の施しようがありません。」と言われます。

そして「覚悟はしておいてください。」と言って帰る医師。

裕一は三郎の部屋へ様子を見に行きます。

「暇だろうと思ってさ。何か、食べたい物とかないの?」

「...ハーモニカ。久しぶりに聞きたいな。お前が商業高校時代に作ったあの曲なかなか良かった。」

「ごめん。持ってくれば良かったね。」

「ハハッ!大作曲家はハーモニカがなくても作曲できっからな!」

そこへ、まさ(菊池桃子)と音(二階堂ふみ)が昼食のうどんを持ってきてくれます。

音が出汁をとったうどんを食べると「いま一つだな…。」と言う三郎。

裕一は「美味しいよ!」と音をフォローします。

その頃、浩二(佐久本宝)は役場の仕事で養蚕所をりんご果樹園にする計画を進めていました。

浩二は必死に福島の気候はりんごの栽培に適していることを説明します。

しかし、養蚕農家の畠山(マキタスポーツ)は「上手く行かなかったら責任取れんのか?先祖代々の土地を成功するのかもわからない商売に変える何て出来ねえ。」と聞く耳を持ちません。

計画書だけ置いて帰ろうとする浩二に「お前の兄貴、船頭可愛いやの作曲家なんだって?今度来るときはレコードの1枚でも持ってこい!」と言います。

裕一の名前を出された浩二は苦い顔をして帰って行くのでした。

まさは三郎の前では気丈に振舞っていましたが、音と2人になると涙を見せます。

「怖いの…。いつ、お父さんがって思ったらすごく怖いの。川俣のことで苦労をかけてきたからかな?とか、もう少し早く気付いてあげられればって。」

三郎に泣いている声が聞こえないようにと、口を押さえて必死に涙をこらえようとするまさ。

そんなまさに音は寄り添います。

裕一は部屋で音に三郎に何かしてあげられることはないかと話していました。

東京の病院に連れて行けないかと話す裕一に、音は「汽車に乗るのは体に障るんじゃない。」と言います。

そして、まさは気丈に振舞っているが辛くて泣いていたことを裕一に話す音。

裕一はまさに「やっぱり受け取ってほしい。」と言ってお金の入った封筒を渡します。

しかし、またそこへ浩二がやって来ます。

「また、母さんにすり寄ってんのか?兄さんの手助けはいらねえ。」

「浩二、僕に頼りたくないのは分かっけどこのままじゃ…。」

「兄さんは何もわかってねえ。やれっことはやってきた。俺だって金の工面して福島で一番って言われてる医者に連れて行って、それでもだめだったんだ。兄さんはな、もうとっくに家族じゃないんだよ!!」

そう言われて浩二に突き飛ばされる裕一。

そこへ「騒がしいなぁ。起きちまったよ…。」と言って三郎が部屋に入って来ます。

「いいから寝てて。」とみんなに言われる三郎でしたが、突然裕一に「飲みに行くぞ!」と言い出します。

浩二やまさに止められますが「大事な話があるんだよ!!」と言って裕一と出かけて行く三郎。

裕一と三郎は神社へ向かいます。

「みんな心配しているから帰ろう。」と言う裕一。

「裕一、俺はもうだめだ。みんな必死にごまかしてっけどそれくらいわかる。」

「何の話?」と何もわからないふりをする裕一。

「その顔。お前、昔からちっとも変ってねえな。」

三郎は自分がもう余命わずかだということに気づいていたのです。

「おめえに、承諾してもらいたいことがあるんだ。」

真剣な表情でそう切り出す三郎なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  54話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  54話の感想

三郎は自分の病気に気づき、余命が短いこともわかっていました。

やはり胃ガンの痛みや、家族の様子を見ていれば気がつくのでしょう。

このタイミングで裕一が福島に帰ってきたことは良かったと思います。

三郎の思い、まさの思い、浩二の思いを知り家族としっかりと向き合える時間が出来ました。

そして、三郎の最期に家族とともに寄り添えること。

もし、このタイミングで帰ってきていなかったら三郎には会えなかったかもしれないのです。

今はとにかく裕一には時間の許す限り三郎のそばにいてあげて欲しいです。

浩二は、裕一がいなくなってから苦労を重ねてきたからこそ、あれだけ裕一に強く当たってしまうのだと思います。

ずっと両親のそばにいたのは浩二ですから、久しぶりに何も知らずに現れた裕一に怒りがこみ上げるのもわかります。

浩二は、三郎やまさに自分の努力も認めてほしいのだと思います。

はっきりと言葉にして欲しいのでしょう。

裕一は浩二に「兄さんはもう家族じゃない!」とまで言われしまいました…。

裕一と浩二の関係も少しでも良くなるといいですね。

そして、三郎には少しでも長く生きていて欲しいです。

三郎が裕一に承諾して欲しいこととは何なのか気になります!

【エール】55話のあらすじと感想!三郎が最後に浩二に家を託して亡くなるNHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...