エール

【エール】69話のあらすじと感想!梅が五郎に告白!しかし、五郎は古山家を去ることに。

ここでは、NHK朝ドラ「エール」第14週「弟子がやって来た!」69話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

裕一(窪田正孝)の指導を受ける五郎(岡部大)ですが、全く曲が作れずに思い悩みます。

一方で、梅(森七菜)も小説家の世界の現実と理想のギャップに悩み2作目の筆が全く進んでいませんでした。

梅が悩みを五郎に打ち明けると、「人生、文学だけでいいんですか?」と五郎に問われる梅。

その問いに何も答えずに梅は去って行ってしまいます。

また、梅を怒らせてしまったと思い、すべてに行き詰まり酔いつぶれてしまう五郎。

五郎の部屋に水を持ってきた梅を「梅さん!!」と突然呼び止め、何かを話そうとする五郎なのでした。

【エール】68話のあらすじと感想!梅と五郎の距離が少しずつ縮まる。NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ「エール」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「エール」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...
朝ドラ【エール】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までドラマガイドをもとに追跡中)朝ドラ「エール」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...

朝ドラ「エール」  69話のあらすじ(ネタバレ)

酔いつぶれて寝ていた五郎(岡部大)ですが、梅(森七菜)が水を持ってくると目を覚まし梅を呼び止めます。

「僕、梅さんの小説好きです。すごく共感出来て。どうして梅さんはこんなに人の気持ちが分かるんだろうって感動しました。僕はダメな人間です。居場所なんてどこにもない。でも、梅さんは違う。才能と人を慈しむ心がある。自分を好きになってください!」

そんな五郎の言葉が心に染みる梅。

梅にその言葉を伝えると、五郎はまた倒れ込んですぐに寝てしまうのでした。

翌日、梅は久志(山崎育三郎)を呼び出して自分の気持ちを相談します。

「梅ちゃんから呼び出してもらえるなんて嬉しいな。で、相談って何?」

久志は梅が自分との交際を音(二階堂ふみ)に反対されていると勘違いをしますが、梅はきっぱりとそれを否定し久志からもらったプレゼントを返します。

「これ、お返しします。もらう理由がありませんから。2人で会うのはもう金輪際ちょっと…。」

「え?何で?どうして?」

「私、おかしいんです。今まで小説さえあれば生きて行けると思っとったのに、あの人のことを思うと胸がきゅっとなって、ほっとけんっていうか。」

「梅ちゃん。それは恋だよ。」

「私どうしたらいいですか?」

「なんで僕に聞くの?」

「久志さん詳しいんでしょ?ほかに頼れる人がおらん。」

失恋した挙句に恋の相談をされ、うろたえる久志。

その頃、五郎は裕一(窪田正孝)の仕上げた譜面を届けにコロンブスレコードに居ました。

そこで廿日市(古田新太)から「この世界才能だから。技術は学べても才能は学べないから。」と言われ、その言葉が胸に突き刺さる五郎。

帰り道、五郎がまた神社で落ち込んでいると梅が通りかかり声を掛けます。

自分の才能のなさを嘆く五郎を励ます梅。

「大切なのは、五郎さんがどう生きたいかだと思う。文学は私の太陽なの。人から才能がないって言われてもいい。五郎さんの太陽って何?」

梅の問いに答えられない五郎。

「大丈夫。五郎さん、ダメな人なんかじゃない。ダメな人好きにならんもん。」

「え?」

「私、五郎さんのことが…。好き。」

そう言って先に走って帰る梅。

その日の夜、裕一は鉄男(中村蒼)のおでん屋に居ました。

鉄男から「裕一、お前もいつまでもうじうじしてないではっきり言ってやったらどうだ?」と言われます。

五郎に作曲の才能がないことをはっきりと言うべき時だと裕一も考えていました。

翌朝、五郎から裕一に食事が終わったら話があると切り出します。

裕一の仕事部屋で五郎と2人で話す裕一。

「先生。僕には才能がないんでしょ?」

「申し訳ない!!!」

「先生が謝ることじゃありません。突然押しかけて来た僕を受け入れてくれてありがとうございました。子供の頃に売られて居場所がない僕にとって、ここは心から安らげる場所でした。」

「五郎君、次の道見つかるまでここにいていいんだよ!」

「ダメです!これ以上みなさんにご迷惑をかけることはできません。」

「五郎君、困ったらいつでも来てね。」

涙が止まらず裕一に抱き着く五郎。

裕一も五郎のためになにかしてやれないかと考えますが何もできません。

そして、五郎が古山家を出て行く時がやって来ます。

五郎と一緒にいられなくなることが悲しくて泣きじゃくる華。

そんな華を見て、五郎も涙が止まりません。

そして「お世話になりました!!」と頭を下げて五郎は古山家から去って行きます。

五郎が去って行くのを見送った梅の目には涙が溢れているのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  69話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  69話の感想

今日は五郎が古山家を去ってしまうシーンで朝から涙でした。

五郎はまだ登場して数日のキャラクターですが、純粋でまっすぐな性格の好青年だったので感情移入してしまいますね。

作曲家の道を志して、その作曲の仕事で生計を立てられる人間は本当に一握りです。

裕一の近くにいてそのことを早くに察し、自分から身を引くことを決めた五郎はすごいと思います。

諦めないで欲しいとも思いますが、もう少し頑張ってみたらと声を掛けることもきっと酷なのでしょう。

裕一も五郎の力になりたいという思いは伝わってきましたが、こればかりは五郎の決断を応援してあげることしか出来ませんでしたね。

五郎を演じる岡部大さんは芸人さんなので、登場した時に演技は大丈夫なのかと心配になりましたが見事に五郎を愛すべきキャラクターにしています!

この五郎役のインパクトで、これから岡部大さんの俳優としての活躍も期待大です。

そして、五郎への恋心を明かした梅の恋の行方が気になります。

梅と五郎は夢に向かって真っすぐで純粋な心を持っている所が似ていますので、そこがお互い惹かれるのかもしれません。

五郎は梅から告白されましたが、何も答えずに古山家から去って行ってしまいました。

梅の恋がこのまま終わるとも思えませんので、五郎も新しい道を見つけて梅と生きる道を見つけて欲しいと思います。

【エール】70話のあらすじと感想!梅と五郎が婚約し豊橋へ帰る。NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...