エール

【エール】75話のあらすじと感想!福島3羽カラスの「暁に祈る」が完成し大ヒットを記録する。

ここでは、NHK朝ドラ「エール」第15週「先生のうた」75話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

裕一(窪田正孝)と鉄男(中村蒼)は故郷・福島へと向かいます。

すると古山家にはすでに久志(山崎育三郎)が来ていました!

3人は久しぶりに恩師・藤堂(森山直太朗)に会い懐かしさでいっぱいになります。

鉄男は「暁に祈る」の歌詞が書けずにいることを藤堂に相談すると、藤堂は自身が間もなく出征することを告げて自分のために詩を書いてくれないかと話します。

恩師である藤堂の出征を知り、それぞれが藤堂の存在の大きさを改めて感じる3人なのでした。

【エール】74話のあらすじと感想!故郷の福島へ帰り、藤堂と再会する裕一たち。NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...
朝ドラ「エール」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)をお得に視聴する方法はこちら!朝ドラ「エール」の見逃し配信動画をお得に見る方法をご紹介しています。...
朝ドラ【エール】あらすじネタバレ!(1話から最終回結末までドラマガイドをもとに追跡中)朝ドラ「エール」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...

朝ドラ「エール」  75話のあらすじ(ネタバレ)

出征していく藤堂(森山直太朗)への思いを込め、再び「暁に祈る」の歌詞を書き上げる鉄男(中村蒼)。

東京に戻った裕一(窪田正孝)と鉄男は、早速陸軍上官に歌詞を見てもらうことになります。

「この度は再度の機会を頂きありがとうございます。今回の詩も期待に応えられるものになっていないかもしれません。馬という言葉も1度しか出て来ません。」

「じゃあなぜ来たんです?」

「今回の歌詞は、恩師に捧げるつもりで書きました。先生はもうすぐ戦地へ行かれます。私はこれまで戦いに行く人の心を想像することが出来ませんでした。今回はその心に近づきたいと祈りながらこの歌詞を書きました!」

そう話して歌詞を見せる鉄男。

上官はその歌詞を読むと「これで行きましょう。」と了承します!

「ありがとうございます!!」と喜ぶ鉄男。

「暁に祈る」は裕一作曲・鉄男作詞・歌手久志(山崎育三郎)で完成します。

そして、藤堂は「暁に祈る」の歌とともに昌子(堀内敬子)と幼い息子を残して戦地へ旅立って行くのでした。

昭和15年「暁に祈る」の映画が公開され大ヒットとなります!!

この大ヒットを機にとうとう福島3羽カラスの名が世に広く知られることとなりました。

一方、吟(松井玲奈)は国防婦人会で義弟の裕一が「暁に祈る」の作曲をしたことを褒められます。

戦意高揚の曲を作ることは素晴らしいと皆口々に話し「婦人会の曲も作ってもらったらどうかしら?」と盛り上がりますが、吟は全く乗り気にはなれないのでした。

豊橋では五郎(岡部大)が岩城(吉原光夫)の厳しい指導に耐えながら馬具職人の修行に励んでいました。

修行に励む五郎を見ながら、五郎の上達ぶりを褒める光子(薬師丸ひろ子)と梅(森七菜)。

「岩城さん、五郎ちゃんのこと気に入ってるみたい。ずいぶん仕事も早くなったし。もうそろそろいいんじゃない?」

「いかん。甘やかしても本人のためにならん!」と厳しい梅。

五郎が夜になっても1人で熱心に作業をしていると梅が様子を見にやって来ます。

「まだやっとったの?」

「目をつぶってでも出来るようになるくらいにならないと。」

「ちょっと、やってみて。目をつぶって。」

五郎が目をつぶると梅はそっと頬にキスをするのでした。

音(二階堂ふみ)の音楽教室には華(田中乃愛)も参加するようになり、順調に楽しく進んでいました。

ある日、弘哉(外川燎)が目標を持つために歌の発表会をしないかとみんなに提案します。

その提案に乗り気な子供たち。

音も「やろうか!発表会!!」と発表会を開催することになります。

「先生の歌も聞いてみたい!!」と子供たちに言われた音は、久しく歌から離れているため戸惑いながらも嬉しさを隠せません。

裕一も音が発表会で歌うことに大賛成です!

発表会に向けて盛り上がる古山家でしたが、昭和16年12月・太平洋戦争が開戦したのはこの数日後のことでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  75話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「エール」  75話の感想

「暁に祈る」の歌詞を鉄男が藤堂先生への思いを込めて書き上げました。

藤堂先生が「ある1人の人への思いを込めた歌詞はたくさんの人に響く」と言っていた通り、鉄男の藤堂先生への強い思いが歌詞に表現されたのでしょう。

陸軍にも採用され、裕一が曲を書き上げてとうとう福島3羽ガラスでの初レコードが大ヒットしました。

やはり3人の才能はすごかったのですね!!

これから3人でたくさんのヒット曲を作り出してくれるに違いありません。

藤堂先生がこの「暁に祈る」をお守りに無事に帰還できますように…。

しかし、世の中は戦争の影がますます色濃くなってきました。

裕一たちには自由な発想で曲を作って欲しいですが、愛国歌や戦意高揚のための歌ばかりの依頼になってきてしまっています。

とうとう太平洋戦争が開戦し世の中が厳しい生活を強いられるようになると思いますが、裕一はこれからどんな音楽を作って行くのでしょうか?

今は古山家の生活は変わりなく過ごしていますが、これから音の音楽教室も出来なくなるような気がします。

やっと華が大きくなって音も歌を歌おうという気持ちになって来たタイミングなので、音楽教室や発表会が開催できることを祈るばかりです。

【エール】76話のあらすじと感想!久志が出征するも身体検査で引っかかり即日帰京。NHK朝ドラ「エール」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。...