2020年冬ドラマ

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】最終回(11話)のあらすじネタバレと感想!井沢の決断は?ミハンチームは不滅?!

月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」最終回(11話)が2020年3月16日(月)に放送されました。

ここでは、「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」最終回(11話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

小田切唯(本田翼)の恋人・篠田浩輝(高杉真宙)が、真犯人かつ香坂朱里(水野美紀)の弟・水島歩と判明しましたが、彼の真意はどこにあるのでしょうか。

井沢範人(沢村一樹)は一線を越えてしまうのか、ミハンチームはどこに向かうのか…。

堂々の最終回です!

ドラマ【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】最終回(11話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」を見逃してしまった方のために、動画を全話無料で視聴できる方法をご紹介します!...
【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?フジテレビ系月9にドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」が帰ってきました。 高い視聴率・評価を受けた前作よりスケールアップした今作...

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】最終回(11話)のあらすじ(ネタバレ)

篠田の失踪

加賀美聡介(柄本明)が「危険人物」になってしまった。

加賀美を止めるため、井沢範人(沢村一樹)たちミハンメンバーは篠田浩輝(高杉真宙)もとい「水島歩」の入院する病院に急ぐ!

しかし篠田は病室から消えていて、「一足遅かった」と加賀美がつぶやく。

・ ・ ・

篠田のアジトには捜査一課と鑑識が入る。

クラッカー・諏訪が篠田に不意打ちをかけて拳銃で撃ったが、返り討ちで心臓を一突きされたという状況のようだ。

早川誠二刑事(マギー)によると、小田切唯(本田翼)のミハン通信用の時計に盗聴器が仕掛けられていたらしい。

篠田は香坂朱里(水野美紀)の動きを知り、接触するように呼びかけ…殺したのだろう。

「小田切のヤツ、大丈夫か?」と心配する早川。

香坂の遺体に尽きそう小田切は自責の念で「私のせい」とつぶやき続ける。

監察官にも責められ、依願退職の意向を示す小田切。

吉岡拓海(森永悠希)と山内徹(横山裕)がそれを呼び止める。

「篠田を捕まえてから辞めろ、大丈夫、お前は強い!」と励ます山内だが、小田切は去ってしまう。

・ ・ ・

井沢は刑務所へ囚人・宇佐美に会いに行く。

宇佐美は篠田こと「水島歩」と同じ児童養護施設にいたことがあり、以前香坂は宇佐美に弟の動向を質問しに来ていたのだった。

当時宇佐美は歩をイジメていたが、施設長を殺すことで宇佐美を「地獄から救った」ことも事実だった。

香坂が「水島歩」に殺されたことを明かし、自分の妻娘を刺した“凶器”のナイフを見せる井沢。

「言っただろ、お前は超える…一線を」繰り返す宇佐美だ。

篠田の未完成の夢とは?

ミハンルーム。

井沢が加賀美に話を聞いていると、危険人物発生のアラームが鳴り出し、今更ながら「篠田浩輝」がピックアップされる。

街を放浪している篠田は防犯カメラを意識している様子で…モニターごしに井沢と目が合う!

「挑発だ」と山内。

どうやらテロ実行犯だった里谷(高岩成二)が、篠田の手助けをしているらしい。

加賀美が「まだビルを破壊できる爆弾の原料が1つ分残っている」と気づく。

篠田の協力者・小宮山も警備部で何やら行動を起こしていた。

「篠田を捕まえて、すべてを終わらせる!」と井沢。

・ ・ ・

あえて小宮山に会いに行く井沢。

なんと小宮山は、篠田からのメッセージを託されていた。

『未完成の夢を完成させる、そしてあなたの夢もかなえてあげる』とのこと。

携帯の履歴から、大田区に里谷がいたと加賀美がつかむ。

篠田はミハンのためになる何かをしようとしている…井沢の頭脳が回り出す。

以前も企んだミハン法制化に猛反対している南雲元総理の暗殺に違いない!

南雲は現在、大学病院でオペを開始する直前だった。

ミハンメンバーとSATが、既に益子医師の手術が始まっている病院へ爆弾撤去に向かう。

加賀美が偽装された電気工事を特定、山内が配電盤に爆弾を発見する!

しかしSATでも爆弾解除に3時間はかかるとのこと、起爆装置を奪わないことには安心できない。

病院内の避難誘導には早川刑事たちが当たっていた。

「篠田は今どこに?」と考える井沢・山内・吉岡。

「この世界から犯罪がなくなればどれだけいいか」と篠田と話していたこと、篠田の生い立ちを思い浮かべる井沢。

「始まりの場所だ、篠田はそこですべてを終わらせるつもりだよ!」と思いつく!

井沢のために戦うメンバー

ミハン専用車両で映画館・スフィア座に向かう井沢たち。

しかし里谷の車に足止めを食らってしまう。

「篠田に会い、彼の人生を聞いて賭けてみたくなった」と語る里谷。

テロ実行犯と猛烈な格闘戦が始まってしまい、里谷の相手は井沢がすることになる!

里谷の部下を片付けた山内は「俺は井沢さんを信じている!」と先に行かせ、吉岡と里谷を引き受けることにする!

何度里谷に投げ飛ばされても向かっていく2人。

里谷に打ちのめされる山内、部下にクビを締められかける吉岡。

そこに小田切が飛び込んできて不意打ちをくらわせ、形勢が逆転!

3人がかりに、流石に羽交い絞めにされる里谷だった。

スフィア座にて、井沢と篠田の対峙

1人スフィア座に駆け付けた井沢。

シアター内では篠田が古い名画を見ていた。

篠田は26年前に父と共に死にたかった、しかし加賀美からミハンの存在を知り、生きる意味を見つけたのだと語る。

映画の『END』を見届けて、起爆装置を井沢に見せる篠田。

「あなたには僕のやってきたことを否定できないはずだ」と、井沢が何度も一線を越えかけていたことを指摘する。

「香坂朱里を何故殺した?」と井沢。

「ぬくぬく守られて生きていて、加害者家族を救済?笑わせてくれる」と篠田。

篠田はあの日、SATの扮装で現場に侵入し、香坂と向き合って「水島歩」だと名乗ったのだ。

「26年前、アナタが私を救うべきだった」と弟に謝る香坂。

しかし「間違っているのはソッチだ」と、篠田は被害者のいないテロは法制化につながらないことを指摘する。

起爆装置を篠田から取り上げ、破壊しようと発砲した香坂。

「やめろ!」との篠田の声が響く。

その瞬間、別の方角から銃弾を浴び、香坂は倒れたのだった。

撃ったのはSATの扮装をした人物だ。

「犯罪がすべてを、人の人生を狂わせる!」と、自分が香坂を殺したのだと叫ぶ篠田。

真実を知った井沢の…決断!

「クライマックスだ」とあおる篠田に、井沢は「僕の妻と娘を殺したのは、お前だ」と静かに断言する。

「そうだよ、僕が殺した」と、笑う篠田。

ミハンの冤罪事件を知った井沢の妻に対し、町田前警察庁長官が宇佐美に暗殺の指示を出したことを、篠田は小宮山から聞いたのだ。

先んじて井沢妻と会い、ミハンのために沈黙するように説得した篠田。

しかし元監察官だった妻は説得を拒否、篠田は妻をナイフで刺し、それを目撃した娘をも刺殺したのだった。

「簡単でしたよ」と笑う篠田に、拳銃を向けるものの必死の形相で自分を抑える井沢。

しかし篠田は井沢娘の最後の言葉『助けて、助けてお父さん』を教え、ゲラゲラ笑う。

怒りで拳銃を構えなおす井沢を「そうしたら爆破も止められる!」と、あおる篠田!

・ ・ ・

山内・小田切・吉岡が駆けつけた時、まさに井沢は篠田に拳銃を構えていた。

走りこもうとする吉岡を山内が止める。

見ていられないと、顔を背ける小田切。

井沢は痛切な叫び声を上げる!

しかし、「死じゃイヤだよ」と言う娘を思い浮かべ…「アナタを信じています」と言う香坂を思い浮かべ…。

「おまえは一線を越える」との宇佐美の予言を抑え込む!

井沢は篠田の眉間に拳銃を寄せるが…発射は天井に向け、すべての銃弾を使い切ってしまう!

・ ・ ・

「キミは最初から爆破なんてするつもりはない」と、静かに篠田に話しかける井沢。

井沢の推理は、「篠田はあえてテロリストとして検知され、ミハンが防いだという既成事実を作ろうとしている」というものだった。

「キミは僕だ、僕が君だったかもしれない」篠田の目を見て語る井沢。

犯罪をこの世からなくしたい気持ちは、2人とも同じものだった。

「だから、僕は、キミを許す」との井沢の言葉を聞いたミハンの3人も、涙を浮かべる。

井沢の妻娘を殺したこと、香坂を死なせてしまったことを思い返し、篠田は「あなたは僕を殺していいんだ…頼む罰を」と、うずくまって泣き出す。

篠田は腹部の傷口が開いて出血していた。

到着した加賀美がそっと、息切れしている篠田を抱きしめる。

「もういい、もう終わったんだ」そう言い聞かせるのだった。

絶命した篠田の手から、起爆装置が滑り落ちる…。

事件のあとに…エンディング

ミハンルームでうなだれる小田切に、山内は篠田が所持していたものを渡す。

スフィア座のチラシの裏に書いた、謝罪から始まる小田切への手紙だった。

ミハンの情報を盗むために近づいた、でも小田切に接するうちに“見てはいけない夢”を見てしまったとのこと。

『あなたと過ごした時間は僕にとってかけがえのないものでした…あなたのことが好きでした』とある。

篠田の恋心に嘘はなかったと知り、涙が止まらない小田切だ。

・ ・ ・

南雲元総理の手術は成功した。

加賀美から篠田の死を聞いた北見俊哉(上杉柊平)は、「報われるといいな、彼の思い」とつぶやく。

里谷の自供で曽根崎公安部長(浜田学)も逮捕が決まり、早川の指示で門田駿(粗品)が警察官最後の仕事として手錠をかける。

・ ・ ・

香坂の死に場所に、花束を供える井沢。

香坂の最後を思い出し「あなたに出会えてよかった…そう思っていますよ」と語りかける。

自宅に戻る井沢を、山内・小田切・吉岡・加賀美が待ち構えていた。

ミハンの再始動が決まり、お祝いしに来たとのこと。

豪華な海鮮鍋を囲み、「ミハンが法制化するといいね」と語り合う4人と、少しずつ笑顔を取り戻す井沢。

南雲元総理はミハンを再評価して、法制化に協力する意志らしい。

井沢妻娘の遺影がないことに気付く山内。

「(お2人を)そろそろ解放してあげたらどうですか?」と励ます。

・ ・ ・

後日。

井沢は妻娘の写真に挨拶して出勤するようになっていた。

「止めに行ってくるよ、これから起こる犯罪を」

井沢、そしてミハンチームはこれからも続いていく…!

[完]



スポンサーリンク

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】最終回(11話)の感想

激しく感情を揺さぶられる、納得のいく最終回でした!

篠田と故・香坂の間で失意の小田切、篠田の暴走に自責の念の加賀美、そして怒りを懸命にコントロールする井沢…。

山内や吉岡がミハンと井沢のために奮闘する様子も良かったです。

「俺は井沢さんを信じている!」と井沢を行かせた山内は素敵で、結構しびれましたね!

山内は小田切と2人がかりでも里谷にかなわなかった過去があるのですから、決死の覚悟でしたね。

小田切の活躍も良かったです。

あれほど打ちのめされていたのに、対里谷に対する技のキレはすごく良かったし、映画館で篠田に対峙できずに苦悩する様子には共感できました。

篠田の手紙と小田切の嘆きのシーンには、もらい泣きしてしまいました!

そして何といっても沢村一樹演じる井沢の、拳銃をかまえつつ苦悶する迫真の演技はすごかったです。

よくぞ篠田のあおりに耐えきった!と思いました。

ただ1つだけ、気になることがあるんですよね。

篠田は井沢と対峙しているとき、殺意をあおってわざと「香坂を殺した」と言い張っていましたが、それはウソですよね。

シーンを見る限り、もう1人SATの衣装の人物がいたのですが…。

意外に門田刑事かなぁとも思ったのですが、彼は自首することもなく去ってしまいました。

やはり里谷たちテロ仲間の1人が「気を利かせた」ということでしょうか。

ちょっと井沢や加賀美に教えてあげたいなぁ…と思うところでした。



スポンサーリンク

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】10話の視聴者の声

まとめ

意外にもスッキリと清涼感のあるエンディングを迎えた「絶対零度」最終回でした。

来週はアフターストーリーと称して、未然犯罪防止法案が成立した1年後の井沢たちが、約2時間版で描かれます。

ミハンチームに対する挑戦者はなんと元陸上自衛隊員とのこと。

警察にはとどまったものの、ミハンから手を引いた小田切のこともちょっと気になりますね。

そして、春シーズンには「SUITS -スーツ-」がシーズン2として戻ってきます。

織田裕二と中島裕翔の名コンビや、法律事務所のみんな、そして新たに加わる上杉弁護士役・吉田鋼太郎に会えるのが楽しみですね!

1話からのあらすじと感想

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】1話のあらすじネタバレと感想!列車事故は犯罪の隠ぺい工作!井沢は犯人にキレる?!

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】2話のあらすじネタバレと感想!女子高生誘拐事件は犯罪のリレー?吉岡の負傷!

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】3話のあらすじネタバレと感想!失意のバレリーナを小田切刑事が救う!

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】4話のあらすじネタバレと感想!被害者家族のミハンに香坂の過去がリンク?!

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】5話のあらすじネタバレと感想!ミハンチームが犯罪防止に失敗!?東堂が再登場!

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】6話のあらすじネタバレと感想!天才少年のバラバラ殺人の裏を暴く井沢!

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】7話のあらすじネタバレと感想!妖艶な女社長は悪女か聖女か?

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】8話のあらすじネタバレと感想!ミハンチームの中に仕置き人が?!

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】9話のあらすじネタバレと感想!香坂がテロリストと公安部長の闇の犠牲に?!

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】10話のあらすじネタバレと感想!加賀美の過去と篠田の悲劇、驚く真実が判明!