2020年冬ドラマ

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】2話のあらすじネタバレと感想!女子高生誘拐事件は犯罪のリレー?吉岡の負傷!

スポンサーリンク



月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第2話が2020年1月13日(月)に放送されました。

ここでは、「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

「ミハンシステム」運用の実質的なリーダー・井沢警部補は精神が不安定な様子、また法務省から来た香坂にも裏がある感じで、なかなか不安定なリスタートを切った特殊捜査班・ミハンチームです。

今回はストーカーから発展した事件を捜査しますが、女子高生役の竹内愛紗は昨年「高嶺と花」のヒロイン役としても活躍した期待の若手女優さんですね。

果たして少女誘拐事件の裏には何が隠されているのでしょうか。

ドラマ【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】2話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」を見逃してしまった方のために、動画を全話無料で視聴できる方法をご紹介します!...
【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?フジテレビ系月9にドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」が帰ってきました。 高い視聴率・評価を受けた前作よりスケールアップした今作...

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】2話のあらすじ(ネタバレ)

オープニング・山内刑事が目撃したもの

爆発物捜索中の武装警官たちと小田切唯(本田翼)が目撃したのは、倒れている血まみれの香坂朱里(水野美紀)と、拳銃を持った井沢範人(沢村一樹)だった。

井沢との格闘で次々と倒されて行く警官たち。

ぼう然と見守る小田切は、井沢を見逃してしまう。

遅れて駆けつけた山内徹(横山裕)は、「お願い、止めて、井沢さんを!」との小田切の嘆きを聞き、状況に立ち尽くす…。

井沢の事情聴取

元警視庁次長・町田殺害の容疑者として、捜査一課・早川誠二警部補(マギー)の取り調べを受ける井沢。

しかしマイペースに早川に席をはずすよう伝え、監視窓から覗いている香坂に話しかける。

香坂に町田と会ったことを認め、妻娘殺害の凶器のナイフが送られてきたことを話す井沢。

実行犯の宇佐美被告は刑務所の中であり、指図した町田が差出人を知っているか聞きに行ったのだ。

「あなたは宇佐美と会っていた」と、むしろ香坂を疑い、いつの間にか井沢が香坂を取り調べる雰囲気になる。

のぞいていた公安部部長の曽根崎は山内を呼び出し、マスコミには自殺と発表し特別捜査チームが内密に捜査すると伝える。

「君は井沢から目を離すな」と、釘を刺す部長だ。

女子高生とストーカー

新たな事件に取り組むミハンチーム。

女子高生・時田明日香(竹内愛紗)を付け狙う馬場智樹が「危険人物」だとミハンシステムがはじき出したのだ。

馬場は明日香を尾行し撮影、察知してレストランに入った明日香を追いかけていく。

しかし馬場はストーカー規制に抵触しないギリギリのところで動いていた。

レストランに入る井沢に、遅れて山内が追いつく。

一方、専用車のモニター前で待機している吉岡拓海(森永悠希)は、加賀美聡介(柄本明)や小田切を相手に不平タラタラだ。

町田の事件から井沢を信用しきれない様子で、「井沢さんの何がわかるの」と小田切に叩かれる。

そのやり取りは、微妙な空気の井沢と山内にも聞こえていた。

山内に加賀美が魚市場のふぐ料理のお店を紹介すると伝え、「井沢さん、ご馳走になります」との山内の応酬で、何とかチームがほぐれていく。

井沢は明日香の行動にも不信感を覚えていた。

学校をサボっている上に、池袋の繁華街にも出入りしている。

お店で薬を服用している明日香をスマホに収めている馬場。

気づいた明日香は店を飛び出すが、馬場はイヤホンの競艇放送に夢中な様子だ。

誘拐事件発生!

馬場は借金まみれでヤミ金からも追われており、通常のストーカーでないのは確かだ。

ミハンルームの井沢・香坂たちは、馬場の目的を探るため吉岡が闇金関係者の設定で雀荘に潜入することを決める。

一方時田家を見張っていた山内・小田切は、親子喧嘩を目撃。

母からビンタを食らい飛び出す明日香は夜なのに池袋の繁華街を目指していく。

尾行するが、人混みで見逃してしまう2人。

加賀美が多数の防犯カメラで明日香を追跡するが見つからない。

「まさかね」との加賀美のつぶやきを聞いて、井沢が吉岡に馬場を探すように指示する。

なんと、馬場は防犯カメラのない雀荘の裏口から脱出していた。

加賀美が明日香の携帯のGPSを調べ、山内・小田切が向かうと、スマホと薬入りのカバンが落ちていた。

拉致されたに違いない。

・ ・ ・

香坂は誘拐事件として捜査一課に連絡。

北見俊哉(上杉柊平)に呼ばれた早川と門田駿(粗品)は、ミハンルームのハイテクな状況に驚く。

しかし、門田は早速同期の吉岡に「違法捜査だ」と因縁をつけて見下し、早川は「予測しといてなんで防げなかった」と嫌味を言うのだった。

井沢のプッシュで、まだ捜査を続けるミハンチーム。

明日香は喘息の持病があり危険な状態、しかも防犯カメラを的確に避けたことから協力者も気になる。

裏口を指示した協力者は、時田家付近から馬場に電話をかけていた。

時田家を見張っていたのだろうか。

山内が黒のワンボックスカーが明日香を見失った場所で走り去ったのを思い出す。

加賀美が車両情報・クレジットカード履歴等から探り始める。

犯罪のバトン

小田切と吉岡はカップル設定でホテルに潜入、偽造クレジットカードでレンタカーを借りた浦上努を見張る。

ラウンジに女性といる浦上の席に盗聴器を仕掛け、井沢と山内は浦上の長期滞在している部屋に侵入する。

乱雑なルーム内に明日香はいなかったが、井沢は偽造パスポート・偽造免許証を製造している証拠を発見。

置いてある顧客リストには馬場の名前もあるので、接点は確実だ。

浦上と行動を共にしている女性は、騙されて利用されているらしい。

女性が立ち去った後、浦上はビジネスマン風の男と接触していた。

「第3の男」の尾行を山内に引き継ぎ、浦上を追いかける吉岡。

しかし、待ち伏せしていた浦上にガラス瓶を叩きつけられる!

浦上はホテル裏口から逃亡、防犯カメラの死角に入ってしまった。

小田切が尾行した浦上の彼女は大手警備会社で情報管理の仕事を担当していた。

彼女が防犯カメラの情報を横流ししているようだ。

・ ・ ・

加賀美のアドバイスで浦上を待ち伏せした井沢。

2人で格闘になる中、井沢はアタッシュケースを没収し、「吉岡くんの分ね」と一発くらわせる!

案の定、ケースには札束が揃っていた。

その時、香坂から「捜査中止」の命令が入る。

吉岡の潜入がバレ、浦上も黙秘している今、もはやミハンの仕事ではないという香坂。

「これは犯罪のリレーなんです」と言い募る井沢は、捜査を降りる気はない。

馬場は偽造バスポートで高跳び、手配した浦上や接触した第3の男の周辺にも明日香は見つからない。

「ミハンの捜査でなければ突き止められない」と主張する井沢。

防げなければ辞める覚悟があるとの井沢に、沈黙で黙認を示す香坂だった。

クラブMのマダムと明日香

負傷したが「使えない新人の烙印はゴメン」という吉岡は、加賀美の指示に従うことになる。

2人は明日香の最近の動きをトレースし、「クラブM」に行きあたる。

一方、明日香の両親も、馬場が真犯人ではない可能性を示唆された後、ある場所に向かっていた。

山内と小田切が尾行して着いたのは、やはりクラブMだった。

「ミハンも引き続き動くと上を説得します」と、香坂も動き出す。

・ ・ ・

クラブには小田切がホステス志願として潜入する。

時田夫妻の様子を盗聴器で聞き込む小田切。

「あの子はどこにいるの?!」と、明日香の母親はクラブのマダムに食ってかかっていた。

明日香が会いに来たことを認め、自分に似て美人だからここで働くよう誘ったと、とぼけるマダム。

母親は包丁を取り出すが、居場所は知らないと主張する。

両親はボーイに追い出されたが、マダムは何か笑っていた。

「私に似て」に引っかかった井沢。

吉岡は明日香が親子鑑定のために民間の科捜研に出入りしていたことを突き止める。

どうやらクラブMのマダムは…?

探偵・井沢と明日香の行方

「北目黒興信所」を名乗り、明日香から依頼を受けていると言って時田家に乗り込む井沢・山内。

本当の両親と行方不明がつながっていると指摘し、「警察にはできない調査ができる」と励ます井沢に心を開く両親。

かつて母親は、児童相談所で働いていて、虐待を受ける赤ちゃんの明日香を一時保護する仕事をしていた。

実母であるマダムは「買わない、その子?」と持ちかけたのだ。

一度は断ったものの、その後も虐待を受けて死にかける明日香を見て、両親は実親から100万円で明日香を買う決心をした。

ところが最近になり、クラブを大きくしたくなったマダムは時田家に金をせびりに来るようになったのだ。

それが、明日香が事情を知るきっかけになってしまった。

事情を知ったミハンルームでも暗い雰囲気が漂う。

「虐待を防ぐにはミハンと同じ、法整備をしなきゃいけない」とつぶやく香坂だ。

・ ・ ・

クラブMにホステスとして潜入している小田切は、マダムが元夫らしい人物と連絡を取っていることを突き止める。

明日香の実父・河田は、現在人材派遣会社を経営していた。

「慌てず急ぐ」とつぶやく井沢は、「第3の男」を尾行しているうちに、河田の会社に行き当たる。

犯罪のバトンの行き着く先は、河田というわけだ。

・ ・ ・

一方、明日香の方は喘息の発作を起こし、手術服を着た男に注射と薬を施されていた。

症状が落ち着いた明日香は「近寄ったら飛び降りる!」と窓ガラスを割り暴れる!

しかし、杖を突いた河田が現れ、本当の父親だと名乗り「会いたかった」と嘆いて見せる。

「貧乏で自分のことで精一杯だった、育ててくれたご両親には感謝している」と言いつのり、明日香の手を取って抱きしめる河田。

そのうちに、麻酔の効果で明日香の意識が遠のいていく。

「起きたら全て終わっている」と、豹変してニタリと笑う河田だ。

実父・河田の目的

調査によると、河田は現在休職、過去には人工透析を繰り返しており、悪性の腎不全で死の危険を抱えていた。

河田の会社も強制労働・強制売春・臓器売買等を繰り返している凶悪な組織だった。

河田が明日香を拉致したのは、同じ「RH-O型・ボンベイ型」という珍しい血液型である娘から腎臓を盗むのが目的なのだ。

手術室に運ばれていた明日香にメスが当てられる直前、ギリギリでミハンチームが乗り込む!

山内・小田切・が部下たちを倒し、手術室に乗り込む井沢。

クモの子を散らすように逃げる闇医師たち。

車いすの河田に向き合う井沢だが、河田は「偶然保護した」などとあくまでとぼけようとする。

河田を見据えたまま香坂に電話をかける井沢。

実は取調室では、「第3の男」こと河田の部下・高橋が全面自供をしていた。

高橋は減刑を条件に司法取引したのだ。

井沢は河田の襟首をつかみ凄んで見せる。

「お前の墓場は刑務所だ…死の瀬戸際まで、孤独に苦しめ!」

井沢の様子を手術室の外で見守っている、山内と小田切だった…。

・ ・ ・

明日香はミハンチームの車で送り届けられる。

小田切の腕の中で、「売られたり買われたりもうイヤ、消えてしまいたい」とつぶやく明日香。

「帰る場所がある、君を待つ家族がいる」と語りかける井沢。

時田家では、義理の両親が玄関外で待ち構えていた。

「こんなに幸せなことはないよ」と送り出す井沢。

涙ながらに両親に迎えられて、抱き合って心を溶かす明日香だった。

ミハンチームの夜

馬場は高跳び先の韓国で拘束、浦上も逮捕、河和田の会社にも捜査のメスが入り、事件解決となった。

「時田夫妻は時効だよね」と心配する小田切は、人身売買の時効は10年と聞き、ホッとする。

井沢から正式な養子縁組をするように、アドバイスする予定だ。

「お疲れ」と比較的明るく帰っていく井沢。

続いていそいそと帰る小田切に「先週の水曜日も…」と、グループセラピーにはまっていることをからかう吉岡。

どうやら小田切の目的は、患者仲間となった篠田浩輝(高杉真宙)らしい。

・ ・ ・

香坂に向き合う山内は、ミハンが明日香の救出に不可欠だったこと、さらに井沢の功績を強調して「俺が井沢さんの近くで監視し続けます!」と主張する。

しかし香坂に「もしものときには撃てるんですか、井沢警部補を?」と言われ、前回の事件で井沢の拳銃で負った方の傷を思い出すのだった。

自宅に帰宅した井沢は、またもや妻娘の遺体を発見したときのことを思い出して、涙を流して絶叫していた。

その様子を外から目撃した山内は、井沢の電話を鳴らしてみる。

電話に出た井沢は山内の話を遮り、「もしも僕がまた1線を越えたら、撃っていいから」と頼んでくる。

「殺してくれ、次は」と強調され、呆然の山内だった。

エンディング・山内刑事の決意

その61日後。

駆けつけた山内刑事は、複数の警察官を倒した井沢を目撃した。

井沢は山内のことすら本気で締め上げて倒してしまう。

転がった山内は、腰の拳銃に手をかけ威嚇射撃をする!

しかし、動じず去っていく井沢。

山内は、意を決して再び度発砲する…。



スポンサーリンク

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】2話の感想

ストーカー転じて臓器強盗事件という、緊迫感のある第2話でした。

加賀美と、ケガで彼の補佐についた吉岡のコンビがハッキングを駆使して情報収集する様子はすごかったのですが、一転、繁華街の防犯カメラの死角に入るという犯人の技にも驚いてしまいました。

フタを開けてみればセキュリティ会社の女性に結婚詐欺を持ちかけて、情報を引き出していたのですね。

森永悠希演じる吉岡拓海は当初、地位と演技を鼻にかけた嫌なヤツでしたが、小田切とのカップル演技は息が合って面白かったり、加賀美に弟子入りした感じだったりと、なじんできた様子が良かったです。

しかし、井沢が見抜いた「犯罪のリレー」という手法と、行き着く先が捨てた実娘からの臓器強奪とわかったときには、背筋が凍る思いがしました。

「赤ちゃん売買」に踏み切るしかなかった心ある義理の両親が時効を迎えていて、小田切と一緒にホッとしました!

今回さらに、香坂は何やら虐待問題で、吉岡は腎臓の病気関係で、心にわだかまりを抱えている様子が見えましたね。

井沢・山内・小田切に加え新メンバーも心に闇を抱えているとしたら、加賀美も思うところがあってミハンに参加したのかもしれません。

法務省が加わっても、やはり愚連隊風のミハンチームです。



スポンサーリンク

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】2話の視聴者の声

まとめ

井沢リーダーは、自分が妻娘の姿を乗り越えてられていないことを山内に告白するまでに不安定になってしまいました。

第2話でも冒頭と最後に挿入された、2ヶ月後の場面で井沢の明らかな「暴走」が公開されているので心配です。

エンディングで果たして山内が本当に井沢を打つことになるのかも、気がかりですね。

次回・第3話はバレリーナの「危険人物」が記憶喪失になるという新機軸な事件です。

小田切刑事がグループセラピーで知り合った男性・篠田に正体を知られる一件も描かれるので、本田翼と高杉真宙、美男美女の演技に目が離せませんね!



スポンサーリンク