2020年冬ドラマ

月9【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】6話のあらすじネタバレと感想!天才少年のバラバラ殺人の裏を暴く井沢!

月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第6話が2020年2月10日(月)に放送されました。

ここでは、「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

今回のミハンチームは、珍しく既に起きた凶悪犯罪を扱うことになります。

井沢範人警部補(沢村一樹)は精神科医に扮して、バラバラ殺人の判にと目される高校生・浅井航(清水尋也)と向き合います。

早々に変装が見抜かれる井沢は、どうやって事件の真相にたどりつくのでしょうか?

また吉岡拓海刑事(森永悠希)の事情についても注目です!

ドラマ【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】6話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」を見逃してしまった方のために、動画を全話無料で視聴できる方法をご紹介します!...
【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?フジテレビ系月9にドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」が帰ってきました。 高い視聴率・評価を受けた前作よりスケールアップした今作...

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】6話のあらすじ(ネタバレ)

オープニング

ヨロヨロと歩いている怪我をした男…門田駿刑事(粗品)だ。

対峙した吉岡拓海(森永悠希)は、「門田!」と、元同期を睨み付ける…。

・ ・ ・

その37日前のこと。

「ミハン実用化に向けてゆるぎない信念を持たなければ」と、曽根崎公安部長(浜田学)は井沢範人の書類を握り潰す。

井沢(沢村一樹)は香坂朱里(水野美紀)の指示で心療内科を受診、受付で篠田浩輝(高杉真宙)と出会う。

心の傷や犯罪をなくす理想を語り合う2人だ。

バラバラ殺人を予告しなかったミハンシステム

母と電話で話した吉岡は、ミハンメンバーに「ミハンの捜査から外れたい」と言い出す。

しかし、香坂・曽根崎と捜査一課の早川誠二(マギー)・門田が入ってくるので流されてしまう。

『エリート高校生が猟奇殺人で逮捕』とのニュースを示す曽根崎。

17歳の少年が女性を殺害し、遺体をバラバラにした容疑で逮捕された事件だ。

少年は長身学校に通うエリート高校生・浅井航、被害者は主婦の松永由貴・26歳。

監視カメラに航のマンションに入っていく2人が映っていたので逮捕となった。

航はどうやら産業廃棄物の焼却炉に遺体をゴミ袋で持ち込んで処分したらしい。

その日少年の部屋では6000リットルの水が消費されており、風呂場で被害者の血痕も発見された。

「この事件がなぜ未然に防げなかった?」とインネンをつける曽根崎。

ミハンシステムがこの事件を探知しなかったのは、システムを育てるべき人材、つまり井沢の責任というわけだ。

航は猟奇犯罪についてネットで調べており、犯行直前には刃物をホームセンターで購入している様子が防犯カメラに映っていた。

山内徹(横山裕)に「監察官、納得できる報告を待っている」と言いおく曽根崎。

「思いっきり難癖じゃん」と小田切唯(本田翼)。

「完全にロックオンだ」と加賀美聡介(柄本明)。

香坂が事件をミハンで調べ直そうと言い出し、「じゃぁやりますか!」と、井沢が気合を入れる。

殺人犯は天才高校生

看守のふりをした加賀美が航を呼び出し、精神鑑定を担当の医師に扮した井沢と吉岡に引き合わせる。

航は3年前に母親が病死、高校入学の時に父親から離れ一人暮らしを始めていた。

家庭環境を聞く井沢に「教科書通りで、僕の心が見えるんですか」と返す航。

「殺してみたかった、人を」と冷静に答え、被害者は殺してみたい女性のイメージにぴったりだったと語る。

井沢はあえて、「実際やってみてどうだった」と囁く。

「温かいですよ、人の体から溢れる血は」との答えに、嫌悪を見せる吉岡だ。

・ ・ ・

航の高校へは教育委員会のメンバーとして山内と小田切が話を聞きにいく。

呼び出された同級生男女4人は「全国模試1番」、「クールで近寄り難かった」などと回答。

1人は、携帯で航空地図を見ていた航に声をかけたら「死に場所」という返事が返ってきたと明かす。

航のPCを解析した加賀美は、航が飛び降り自殺に適したビルを検索していたことを突き止める。

自殺を考えていたのに偽装工作、しかもあっさり自白している航は矛盾だらけだ。

吉岡は焦れて「彼は殺しに心底満足している、後悔もない、性的サディストですよ」と言い出す。

「他人の命を救うために人生をかけられません」と早退してしまう吉岡。

思わず「反抗期」とつぶやく小田切だ。

井沢は平常心で受け止めている様子、加賀美は「僕の潜入が増えるかな」と喜ぶ。

見えてきた航と由貴の秘密

あえて留置所内に入って航と向き合う井沢。

井沢の質問に、航は「死ぬ前に人を殺す夢を叶えたかった」と答える。

偽装工作の件を突っ込むと、「もっと殺してみたいと欲が出た」と言い出す。

「じゃぁ、なぜあっさり自白したの」と井沢。

防犯カメラの状況証拠を論破できそうになかったと言い訳する航に、「偽装工作は完璧だったのに」と切り込む。

「初めてだったから…次はもっとうまくできると思います」と答える航に「人の命をなんだと思っているんだ!」と憤る吉岡。

最後に井沢は、死にたがった理由が家庭環境にあるのかと聞いてみる。

航が「個人の問題です」と返すので、確信する。

捜査から外れて去っていく吉岡を見送る井沢と加賀美だ。

・ ・ ・

山内と小田切は、航が探した「死に場所」の屋上に上がってみる。

近くのビルでタバコ休憩をとる目撃者を見つけ、聞き込みをする2人。

航らしき少年は自殺しそうに見えた、しかし女性の連れがいたので通報はしなかったと証言してくれる。

被害者・由貴と航が一緒にいるのをよく月曜日に見かけたとのこと。

専業主婦だった由貴は、月曜日に料理学校に通っていたが、2人の接点は謎だ。

・ ・ ・

井沢と加賀美は航の家族について、近所から「母親の体にアザが見られた」との証言を得る。

夫のDVがあったのだろうか。

次に由貴の夫・直哉に会いに行く2人。

「少年」に憤っている直哉は、自殺願望の話を否定、由貴は妊娠がわかったばかりで、悩みはないはずと半泣きになる。

井沢は、妻の話題で直哉が壁の絵に目をやったことに気づいていた。

電話で直哉が席を外したとき、加賀美が壁を調べてみると、絵の後ろの穴を発見。

コチラもDVかと顔を見合わせる2人だ。

由貴が自宅から緊急搬送されたことがあることを香坂が突き止める。

DV夫の子供を妊娠した由貴の気持ちを察し、同情する一同。

航は自分の母親と由貴を重ね合わせたに違いない。

また加賀美により、航が生活圏ではない池袋で身分証明書の偽造屋があるビルを訪ねたことがわかる。

吉岡の弟と事件の真相

その頃山内は、病院で吉岡が車いすの弟を介護している姿を見守っていた。

弟は難病で、下半身が麻痺していてろくに学校も行けない状態が続き、しかも容体は悪化しているとのこと。

「替えられない未来、救えない命もある…僕にできるのは『大丈夫』って嘘をついてやること」と吉岡。

「犯人の少年もお前と同じだった」と言い出す山内。

彼も、大切な人を守るために嘘をついていたに違いない。

・ ・ ・

またもや会いに来た井沢にイラつく航。

井沢は調査で分かったことを航に語って聞かせる。

浅井航の母は父にDVを受けており、航は助けられなかった自分を責め、自殺を考えていた。

しかし死に場所でやはり自殺を考えていた松永由貴と打ち解け、彼女もDV被害者だと知る。

結婚してから3年間ずっと苦しんでいた由貴に航は母を重ね、「DVは一生続く」と説得を試みたに違いない。

「何が言いたいんですか?!」と声を荒げる航。

その時吉岡が取調室に入ってきて「嘘をつくなら徹底して演じないと」と優しく声をかける。

「彼女は俺が殺した!」と、言い張る航。

ミハンチームは、航が由貴を死んだことにして逃亡させたのだと結論づけていた。

航はわざと防犯カメラに写って、バラバラ殺人の犯人として逮捕されたのだ。

「君はもう嘘をつく必要はない」と吉岡。

…航は「あなたに会っていなければ、僕は死んでいた」と由貴を説得した時のことを思い浮かべる。

井沢は「精神疾患の診断がおりれば、医療少年院…完治したら数年もすれば自由の身」と、航のプランを明かして見せる。

「僕が彼女を殺した、それが真実だ!」と言い張る航だった。

警察が次の危険人物を呼ぶ?!

事件が井沢つぶしに使えると曽根崎部長に進言したのは門田だった。

門田の失策に「今度私に恥を欠かせたら…」と、襟首をつかんで凄む曽根崎。

取調室にいる吉岡に門田から電話が入る。

汚名を返上したい門田は、由貴の情報を必死で吉岡に求める。

「潜伏先の候補を送る、でもミハンも動く」と吉岡。

そんな門田を見張っている影が動く!

ミハンルームで曽根崎部長が香坂に成功を讃え、かつ「すっかり井沢派ですね」とイヤミを言っていると…。

ミハンシステムがアラートを鳴らす!

曽根崎が驚くことに、探知された危険人物は『松永直哉』だ。

門田にゴルフクラブで殴り掛かり、携帯を奪ったのは直哉だった。

緊急事態に、航へ「彼女の夫が気づいた」と情報を求める井沢。

「僕たちが必ず守る」と吉岡が約束する!

・ ・ ・

とあるホテルで写真を見せ、「妻なんです」と言い張って、乗り込む直哉。

掃除係から鍵を盗み、由貴の部屋に侵入、「お前を殺してオレも死ぬ!」と女性を締め上げる!

しかし、そこにいたのは女装した吉岡だった!

「悲劇の夫を演じたみたいだけれど、芝居は僕の方が上だ!」と吉岡。

「これで殺人未遂成立」と、掃除係の小田切と受付係の山内。

吉岡は「俺だって警察官だ!」と、直哉に文字通り齧りついて取り押さえる!

小田切がとどめをさし、ヘロヘロの吉岡を山内と小田切で讃えるのだった。

・ ・ ・

留置場の航と由貴は無事再会を果たす。

「偽計業務妨害には情状酌量が認められるだろう」と吉岡。

「彼女とじっくり話し合って」と言うが、航は否定して「彼女は僕のことは好きじゃない」ときっぱり言う。

「生まれてくる子供のために計画に乗った」のだと達観している航。

感じ入る吉岡、「男前だね、惚れちゃうね」と加賀美。

「あなたたち一体?」と問いかける航に、「もちろん精神科医だよ」と耳打ちする井沢。

「嘘つき」と、素直な笑顔を見せる航だった。

ミハンチームの成長

山内はまた吉岡の弟の病院に行ってみる。

「お兄ちゃんは足を引っ張っていませんか」と心配する弟。

吉岡は難病の弟の夢を継いで、無理して警察官になったらしい。

「臆病だからホントは向いてないと思う」という弟は、自分が長くないことも知っており「お兄ちゃんはウソが下手」とつぶやく。

山内は「アイツはすごい、俺たちのチームには欠かせない存在だよ」と請け合い、弟を笑顔にする。

その様子をこっそり聞いて、泣いてしまう吉岡。

吉岡の肩をしっかり抱く山内だった。

・ ・ ・

居酒屋で、1人事件解決と海鮮を楽しむ香坂に「本当にいた!」と井沢が話しかける。

吉岡もミハンに残る気になり、「いいチームになってきた」と言う香坂。

問題は自分だろうと、心療内科の診断結果を先読みして「でも僕が必要だと思っている?」とほほ笑む井沢。

「否定はしません」と、香坂。

ビールを持ってきた店長に笑いかける香坂を、少し意外そうに見つめる井沢だった。

・ ・ ・

篠田はついに小田切に「付き合ってください」と告白する。

驚く小田切だか、嬉しそうな様子だ。

小田切のそんな笑顔を撮影して、家に大事に持っている篠田。

いくつかの写真を見比べて、同じコートの男が写っていることに気がつく。

どうやら加賀美らしいが…。

エンディング

34日後。

小田切に「あなたに伝えたいことがある」と、篠田から電話が入る。

苦しそうな息の様子を心配して、駆けつける小田切。

居酒屋の路地には、腹を刺されて血まみれで倒れている篠田が…。



スポンサーリンク

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】6話の感想

予告で感じたよりも一層深い内容で、もらい泣きするシーンの多いストーリーでした!

猟奇的な殺人犯だと思われた天才少年・航は、むしろ自殺を考える繊細で母親思いの高校生でした。

また、“被害者”だった女性・由貴と色恋はなく、「母親の代わりに救いたい」との気持でいたということにも感動しました。

演じた俳優・清水尋也は20歳ですが、少年と大人の両方の面を持つ世代を上手く演じていたと思います!

ミハンチームの方でもいろいろなことがありましたね。

曽根崎部長にチームの足を引っ張るネタを提供したのは捜査一課の門田刑事(粗品)でした。

焦った門田は下手を打つだろうと思ったら予想通りの展開で、門田に軽蔑半分・同情半分という感じです。

また、吉岡は犯罪被害者や遺族ではなく、難病の弟の夢を抱えて刑事になったということが今回わかりました。

ミハンの活動に本気になってくれて嬉しいです。

でも、ホテルでDV夫・直也が由貴を襲う場面で、「きっと小田切の変装だろう」と願っていたら…なんと吉岡の女装だったのには驚きました。

その後現れた小田切は何だか魔女っぽい掃除婦、情報を明かしたトロい受付係は山内というわけで、いいチームです。

山内と吉岡の弟、そして山内が吉岡の方を抱くシーンにも、大いに泣けました!



スポンサーリンク

【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】6話の視聴者の声

まとめ

SNSでは横山裕と吉岡の弟役・高村佳偉人くんの「水球ヤンキース」以来の再共演についても盛り上がっていましたね。

高村佳偉人くんは「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などにも出ている子役さんです。

それにしても最後、突然篠田が刺されていたシーンには驚きました。

今回に限っては、オープニングとエンディングの内容が噛み合っていなかったことも気になりますね。

いったい、およそ30日後に何が待っているのでしょうか。

次回はフィットネスクラブを舞台に、未亡人であるクラブの社長が悪女か聖女かという問題にミハンチームは悩まされます。

佐藤江梨子演じる妖艶な女性の予告から、見ごたえがある戦いが予想されます!



スポンサーリンク